人気ブログランキング | 話題のタグを見る

blog keiがっぱの言いたい放題

ちょっと欲をかき過ぎたかしら・・・?

「あんたねぇ・・・。」
女将さんが絶句している。

女将さんが目の前にしているのは・・・青柚子
我輩が”かっぱ母”の家の庭から収穫してきたものだ。

一昨年、収穫してきた青柚子で作ってもらった柚子胡椒が、
とっても美味しかった。
で、今年も作ってもらえるかと女将さんに聞いてみたところ、
快諾してもらえたので、張り切って採ってきたのだ。

ご存じのように、柚子のとげは凶器のように鋭い。
我輩は皿と水かきを傷つけないように注意しながら、
”美味しい柚子胡椒”を夢見て、頑張ったのである。

しかし、我輩の柚子胡椒への欲がちょっと大きすぎたようで・・・。
採ってきた青柚子は10kgのみかん箱一杯に!
ちょっと欲をかき過ぎたかしら・・・?_e0234016_15232348.jpg

女将さんが絶句したのもわかるでしょ?
(柚子胡椒のためには30個くらいで良かったらしい・・・)

まあ、香りがいいから、焼き魚にかけたり、
ポン酢にしたり、お酒に絞ったりで使い道はあると思うけど。
( ̄▽ ̄;)
柚子胡椒を作るには、皮を摺りおろさなくちゃならないんだよね。
水かきがあるから、我輩は手伝えないかも。
ごめんなさーい!



# by keigappa | 2021-09-11 15:27

大当たり、多すぎ!?

「ひぃぃ~っ!!」
女将さんが、奇妙な声を上げたと思ったら、
水をがぶがぶ飲んでいる。

あら、次は豆乳を出して飲み・・・、
えっ、ヨーグルトも食べ始めたよ?

「はぁ~、やっと落ち着いたぁ・・・。」

女将さんの奇妙な行動の原因は、これ。
大当たり、多すぎ!?_e0234016_15533927.jpg
そう、ししとうです。

今年は加満田のメインの畑が流されちゃったので、
きゅうりやゴーヤは、ほぼ全滅でしたが、
別の場所で作っていたししとうは今が旬。

でも、今年のししとうは当たり(辛いってことね)が何故か多い。
それも激辛の大当たりが・・・。

今回も女将さんがししとうを炒めた後のキッチンに漂う香りは、
紛れもなく唐辛子炒めの香り。
なんで、そんなことわかるのかって?
だって食べたことあるもーん。

我輩が若い頃、激辛料理が流行っていて、
我輩は辛さに強かったので、色々チャレンジしていたんですな。
スープが真っ赤な”スーパーオロチョンラーメン”とか、
食べた後に胃薬を渡される”激震ラーメン”とか。

で、友人と行ったメキシコ料理店で、
「一番辛い料理ください!」
って言ったら、出てきたのが”唐辛子炒め”だった。
それを食べてどうなったかは、ご想像におまかせします・・・はい。

我輩は辛いものが好きだから、
今年のししとうもありがたく頂いておりますが、
こう当たりの比率が多くては、
なかなか他人様には差し上げられませんなぁ。

なんでも、ししとうは唐辛子の品質改良して、辛くなくしたもの。
で、暑さとか、水不足とかのストレスに晒されると、
先祖返りして辛くなっちゃうらしい。

ああっ、今年はししとうにとってもストレスが多い年なのねぇ。
そう思うと、激辛のししとうも可愛く見えて・・・くるのは、
我輩だけか。




# by keigappa | 2021-09-03 16:00

川の大木がようやく撤去されたよ

湯河原パークウェイの崩落により、加満田が被災してから約1か月半。
川の堰堤に刺さるように留まっていた大木が、
ようやく撤去されました!

最初は、加満田の駐車場の杉の木を切らないと、
重機が入れられないのでは・・・という話だったのですが、
とっても大きなクレーン車を使うことで、何とかなりました。

とにかく大きな木なので、まずは川にある状態で裁断。
川の大木がようやく撤去されたよ_e0234016_16393529.jpg
それをクレーンで上げて、さらに運べる大きさに裁断します。
川の大木がようやく撤去されたよ_e0234016_16395309.jpg
大木を撤去した後には、大量の流木が残っているので、
川の大木がようやく撤去されたよ_e0234016_16401257.jpg
それも、順番に吊り上げます。
川の大木がようやく撤去されたよ_e0234016_16403308.jpg
ようやく、すっきりした元の川の状態に。
川の大木がようやく撤去されたよ_e0234016_16405733.jpg
引き上げてみると、改めて大きさに驚かされますねえ・・・。
川の大木がようやく撤去されたよ_e0234016_16412490.jpg
それにしても・・・、
ちょっと、コースがずれて建物を直撃していたら、
今頃、加満田はなかったかも。
ヒェェ~~!! ( ̄▽ ̄;) /
ご先祖様に感謝して、お彼岸にはお墓参りに行ってこよっと!



# by keigappa | 2021-08-27 16:43

”偽痛風”って何??

加満田が営業再開してから10日ほど。
おかげさまで、何の問題もなく・・・とは、
いかないんだなあ、これが。

そもそも土砂災害なんて、加満田創業以来初めてのこと。
蓋を開けてみなければわからないトラブルも数々・・・。
これで建物自体が土砂を被っていたらと思うと、ぞっとしますなあ。

でもまあ、旅館の方は、低空飛行ながら、
なんとかやっております。
こっそりと(?)来て下さるお客様達に感謝!

でも、我輩には、もっと大きなトラブルが・・・、
いや、全く個人的な問題なんですけどね。

”かっぱ母”は、週に3回、デイサービスに通っているのだが、
ある朝、デイサービスの人から電話が入った。

「お母様が脚が痛くて歩けないそうです。」

うわぁぁぁぁぁぁぁ、やばい!
また、骨折かぁ~???

”かっぱ母”は、高齢な上に結構そそっかしい。
今までに2度ほど骨折している。
”転ばないように!”は、電話を切るときの合言葉だ。

とにかく午後からお休みをもらい、駆け付けた我輩を迎えたのは、
車椅子に座った”かっぱ母”
病院に連れて行ってくれたスタッフさんが、
困惑顔で説明してくれたところによると・・・。

「骨折ではなくて、”偽痛風”だそうです。」

はあぁ?
”偽痛風”?
なに、それ?

スタッフさんも、初めて聞いた病名だそうだが、
”プリン体”が溜まる痛風と違って、
”ピロリン酸カルシウム結晶”とかいう物質が、関節に溜まる病気らしい。
突然起こって、痛風と同じくらい痛むけど、
治療法はなくて、鎮痛剤飲んで数日でおさまるそーな。

いやぁ、色々な病気があるもんですなあ。
まあ、骨折じゃなくてよかったわー。

当日は、車椅子でしか移動できなかったけれど、
翌日はなんとか伝い歩きが出来るようになり、
三日後には自力歩行が出来るようになったので、一安心。
膝自体は1.5倍位に腫れているものの、
じっとしていれば、痛みはないらしい。
何はともあれ、入院沙汰にならなくて、本当によかった。

高齢の親と離れて暮らしていると、介護の問題は切実。
自宅で気儘に暮らさせてあげたい気持ちと、
安全のために施設に入ってもらうべきかという考えと、
振り子のように行ったり来たりする。

なーんて悩んでいるうちに、
我輩自身も高齢者の仲間入りしちゃいそうだけどねー。
アレマァ( ̄◇ ̄;)アレマァ



# by keigappa | 2021-08-22 17:51

太陽が恋しい・・・

今日も雨である。
加満田が営業再開してから、1週間近くなるが、
その間、ほとんど太陽を見ていない気がする。

このところ我輩はずっと体調が悪い。
最初は夏風邪だったと思うのだが、
加満田営業再開の日、とても具合が悪くなった。
最初は吐き気と発熱、そして下痢。
それ自体は2日ほどで収まったものの、
その後ずっと、気分の落ち込みと食欲不振が続いている。

もしや、これが、”コロナ鬱”って奴・・・?

そもそも、我輩には食欲不振よりもはっきり分かる不調の尺度がある。
”お酒が飲みたくない”のである。

このブログを読んでいる皆様は、
我輩がいかに酒飲みかよくご存じのはず。
その我輩が、”お酒が飲みたくない”のは、
かなり心身の状態が悪いということなのである。
(なにせ、胃腸薬をバーボンで飲んでたような奴ですからなあ・・・)

我輩にとって、お酒と食事は切っても切れない仲。
お酒を飲まない食事には、まったく熱意がわかず、
「カップ麵でいいや」
とか
「卵かけご飯でいいや」
となってしまうのだ。

コロナでお客様が少ないところに、土砂災害での休館。
その精神的ストレスから、ついに”コロナ鬱”に!
・・・って、ありそうなパターンだけど、
本当は違うんだよなあ。

原因は多分、日照不足
だってほら、我輩は河童だから。
健康のために必要不可欠の”甲羅干し”が、
雨続きでず~っとできないでいるでしょ?
もう甲羅がじっとりと湿っぽくて、カビが生えそうなの。

夏の暑さが嫌いな人には、ありがたい天気なんだろうけど、
我輩はギラギラした太陽が恋しい。
ああっ、思いっきり紫外線を浴びたい!

「うーん、じゃあ日焼けサロンでも行ってみる?」

・・・女将さん、それは違うと思います・・・。
( ̄▽ ̄;)




# by keigappa | 2021-08-16 15:26



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る