人気ブログランキング | 話題のタグを見る

blog keiがっぱの言いたい放題

久々にやっちまいました~!

皆様ご存じの通り、我輩はかなりの酒好きである。
もういい歳になっているのだから、
節度ある飲み方を、と思いはするのだが・・・、
はーい、また、やっちまいましたぁ~!!

とっても久しぶりの外食。
しかも、安心の回収者(飲まずに車で連れ帰ってくれる友人)付。
はしゃぎすぎて、はしご酒の翌日は、お定まりの二日酔い。

その日は全館休業日で、我輩は留守番役だったから、
二日酔いでも務まる状況だったけれど、
胃腸は完全にノックダウン状態・・・。
はぁ~、本当に我輩って、「学習しない河童」だわ。

そんな状況の我輩に、ブログネタを提供してくれるのが社長さん。
青い顔して絶食中の我輩に、
なんと”天丼”を差し入れてくれましたぞ。
いやぁ、お気持ちは嬉しいけれど、
無理ですって、絶対!
ムリッス ( ̄▽ ̄;) /スミマセン

他の人なら、
「いやがらせか!?」
って、思うところだけれど、
社長さんは、胃腸を壊したことがない人。
(我輩は社長さんを”鉄の胃腸と肝臓を持つ男”と呼んでおります)
昼には回復して、天丼食べられると、本気で思っているらしい。

実際、社長さんは前日飲み過ぎて、
プンプンとお酒の匂いがする状態でも、
朝からチャーシュー丼とか食べているしね。
ああ、胃腸の丈夫な人って、本当に羨ましいわ。

今回も、絶食とおかゆライフを続けて、
完全復帰まで数日かかった我輩。
胃腸が弱いんだから、深酒しなけりゃいいのにねー、まったく。

でも、女将曰く、
「あんたの胃腸が丈夫だったら、
今頃、間違いなくアル中になってるわ。」

ごもっともです・・・はい。




# by keigappa | 2022-09-18 17:45

熟したゴーヤはちょっと怖い・・・

皆さんはゴーヤがお好きだろうか?
あの苦みがちょっと苦手という方もいると思うが、
我輩は加満田に来てから、大好きになってしまった。

定番のゴーヤチャンプルーはもとより、
女将の一品で出す佃煮もうまいし、
コンビーフやジャガイモを詰めて、チーズ焼きにするのもいい。
個人的にはカレーに入れるのも好きだ。

だが、皆さんは知っておられるだろうか?
ゴーヤが熟すと、ちょっと怖い姿になるのを。
こちらの写真をご覧あれ。
熟したゴーヤはちょっと怖い・・・_e0234016_18521858.jpg
まるで血のような赤い膜に覆われたゴーヤの種。
(このゴーヤはまだ緑色だが、完熟すると黄色や橙色になるのだ)

この赤い膜はザクロのように食べることができる。
(まあ、そう美味しいものでもないけどね。)
で、その中にあるのが、完熟した種。
熟したゴーヤはちょっと怖い・・・_e0234016_18551097.jpg
これを蒔けば、来年ゴーヤが食べられるというわけですな。

たいていの人はゴーヤの白い種しか見たことないでしょ?
我輩も最初に見た時はびっくりしちゃった。
やっぱり南の方の植物は色が鮮やかだよねー。

年々暑さを増す日本の夏。
来年はゴーヤで緑のカーテンを作ってみてはいかがかな?







# by keigappa | 2022-09-11 18:58

急に暇になっちゃった・・・

9月に入ったら、急に暇になってしまった。
夏休みも終わり、皆様お仕事にいそしんでおられるのだろーか・・・?

しかし、こういう時こそ、油断禁物なのだ。
ふっと気が抜けて、夏の疲れも出てきやすい。
幸い、今年はまだお腹も壊していないが、
(毎年、壊すのもどうかとは思うけど・・・)
飲みすぎ、食べ過ぎには十分注意なくては!

暑い間はどうしてもビールを飲むことが多くなるけど、
このところ、朝夕の風が爽やかになってきたので、
またまた日本酒やワインを飲むことが増えてきた。

というわけで、ブログネタが尽きた時の定番、
頂いたお酒のご紹介でーす。
(予め写真をとっておいて、クポッと飲んでしまい、
ネタがないときに使わせて頂いているのだある。)

急に暇になっちゃった・・・_e0234016_16292127.jpg

はい、こちらは、「純米大吟醸 幻々」
兵庫県産酒造米「山田錦」を40%まで丁寧に自家精米し、
三ヶ根山麓の軟水で醸造した純米大吟醸酒とのこと。
下さったY.M様は、ご自身はお酒を飲まない方なのに、
毎回、我輩に珍しいお酒を持ってきて下さるんですなぁ。
感謝!♪(⌒▽⌒) /~感謝!!

今回もお店の人に尋ねて、
お勧めのお酒を持ってきて下さったそうです。

「かっぱさんが辛口好みとは知っていますが、
お店の人が一押しだというので・・・。」

うん、確かに辛口の酒という感じではありませんなぁ。
なんというか、とても柔らかく癖のない飲み口。
吟醸酒ですが、燗でも美味しい酒といのこと、
納得です!!

個人的には常温で飲むと、
よりまろやかに旨味を感じられるように思えましたぞ。
いつもながら、Y.M様、ご馳走様でした。

さて皆様、暑さも和らぎ、自然散策にもよい季節です。
お客様の少ない今は、のんびりするにはお勧めですぞ。
是非、加満田にお出かけ下さーい!!
河童もお待ちしておりまする!



# by keigappa | 2022-09-04 16:33

じいじの椅子!

加満田のフロントにはパソコンが2台ある。

フロントのカウンターから見える方は、
フロント会計システムが入っており、
主として我輩が使っている。

そして、お客様に見えない位置にある方は、
予約サイトのコントロールなどで、
主として女将さんが使っているのだが・・・。

そのパソコンの所にある椅子は、
一規君(鎌田家の初孫、当年1歳なり)
「じいじの椅子」として認識されている。
そこに別な人が座っていると、
”じいじ、じいじ!”と、どくように促される。

これは女将にとってはとても不本意なことである。
いつもこの椅子に座って仕事をしているのは、”ばあば”
”じいじ”は通常、フロント内ではなく、
鎌田家のリビングにいるのだ。

でもねー、これには理由があるんですなぁ。
一規君が鎌田家に来るときは、当然父親である一輝も一緒。
そして、彼曰く、
「俺がここに来るのは、
うまい飯を食うためだ!!」

かくして、一輝一家が遊びに来る時、
”ばあば”はひたすらご飯作りに追われる。
そして、いつもの席を一輝に奪われた”じいじ”は、
パソコン前の椅子で子守りすることに・・・。

かくして、この椅子は、一規君がいる間中、
「じいじの椅子」と化すわけである。

ちなみに、一規君は我輩を何だと思っているんでしょうかねえ・・・?
先日、一輝は我輩を指さして、
「けいちゃん、河童!」
と、教えてはおりましたが・・・。
ヘヘヘ(⌒▽⌒;)ヘヘヘ


# by keigappa | 2022-08-28 18:32

モデム狂騒曲!?

館内のFree wi-fiに繋ぐモデムが突然故障した。
いきなり電源が入らなくなってしまったので、
機器故障だろうと思い、NTTの故障受付に電話した。

とにかくNTTの故障受付は、なかなか電話がつながらない。
(特に最近は自然災害のせいもあるらしい)
それでも何とか受け付けてもらえたので、
交換用のモデムを送ってもらうことにした。

その時、女将さんは考えたのだ。
フロントで使っているモデムも館内用のモデムと同じタイプ。
同じくらい古いということは、こちらもいつ壊れるか分からない。
しかしフロントのモデムが壊れるということは、
電話もFAXも予約システムも会計システムも
すべてダウンするということである。
これは非常にまずい!

そこで、女将はNTTに壊れていない方のモデムも
交換したいと申し出たのである。
NTT曰く、
「壊れている方は、交換するだけでOKですが、
使っている方は、切り替えが必要ですから、
指定した時間に機器を交換してください。」

さて、当日、壊れた館内用モデムは差し替えるだけで、
問題なく動いた。

次はフロント用モデムを差し替える。
指定時間は16:00~18:00、機器交換を終了し電源を入れるが、
認証のランプが点かない。

「18:00過ぎてから、切り替えるのかな?」

そう思って待っていたが、相変わらずネット接続できぬまま、
時間はどんどん過ぎて、女将も我輩もあせり始めた。
電源をオンオフしてもだめ。
故障受付はまったく電話が通じないまま。
しかも、館内wi-fiを使って接続チェックをすると、
「機器の故障と思われます」って・・・?

おいおい!
今日届いた新品なんだよ~!!
アリエネー( ̄▽ ̄;) /

結局、元の古いモデムに繋ぎなおして、接続はできたものの、
いつ切替が行われるのか気が気でなく、
翌日、また故障受付に電話した。

この時の担当者はとっても優れ者だった。
直ぐに原因を特定してくれて、
(自動でできるはずの切替が出来ていなかった)
こちらの状況を見ながら、手動で切替を行ってくれた。
その間わずか10分!
昨夜の苦労はなんだったんだぁ~!

認証ランプが点いた時の安堵感。
モデム狂騒曲!?_e0234016_09143546.jpg

しかし、以前から感じていることだが、NTTの故障受付、
当たりとはずれの落差が大きすぎるんだよねぇ。
今回は当たりで、本当に助かりました~♪

8月もあと10日ほど。
そろそろ夏の疲れが出てくる頃ですぞ。
皆様、加満田の良質な温泉に
浸かりにいらして下さいねー!!



# by keigappa | 2022-08-21 09:23



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る