人気ブログランキング |

blog keiがっぱの言いたい放題

映画版CATSを観てきたよ

”かっぱ母”と一緒に映画版の”CATS”を観てきた。


ミュージカル”CATS”は、劇団四季の初演を見て以来、
5~6回は観ただろうか。
(ロンドン公演も観たのだ、えっへん!)


映画化されると聞いて楽しみにしていたのだが、
豪華な出演者のわりに、どうも評判がいまいち。
興行的にも本国アメリカでは大コケしてしまったらしい。
さて、どんなもんかいな・・・?


うーん、これは実に微妙・・・。
ダンスと歌は間違いなく素晴らしい。
(まあ、ジュデイ・デンチに歌わせるのはちょっと無理があるけど、
演技の貫禄でカバーってことで。)

ジェニファー・ハドソンの歌う”メモリー”だけでも、
一度は観る価値あり。


悪評の主たる原因は、
「VFX」による合成猫人間が気味悪い!
・・・ということらしい。


まあ、我輩はそんなに気にはならなかったけど、
(我輩も妖怪だしね)
”AI美空びばり”と同じような違和感はあるかも。

ただ我輩の好みからすると、コメディ部分が下品すぎる。
ジェニエニドッツはゴキブリを食べるし、
バストファージョーンズは残飯を貪るし・・・。
こんな場面じゃなかったはず!?
せっかくの名優たちが気の毒になったわ。


猫人間になっていても顔がわかるようなオスカー俳優が、
ずらりと並んだこの作品。
けっして駄作ではないのだけど、また観たいとは思わないな。
素晴らしい原作と音楽、素晴らしい俳優とダンサー&歌手、
そしてそれを名監督が撮影。
それでも素晴らしい作品になるとは限らない。
いやはや映画って奥が深いですなあ。
-y(^。^)。o0○





# by keigappa | 2020-02-08 19:43

本当に器用だねえ・・・

まずはこれをご覧いただきたい。

本当に器用だねえ・・・_e0234016_09182077.jpg

加満田の”なんちゃって女将”が、ある目的で制作したものである。

”バッグ”?
いいえ、違いまーす。
こうやって置いたらわかるかな?

本当に器用だねえ・・・_e0234016_09193961.jpg
そう、正座の時、お尻の下に敷いて足のしびれを防ぐあれです。


本人曰く、ちょっと体重が増えすぎて(?)、
長時間の正座がつらくなってしまったそーで。
お客様の部屋への挨拶なら10分程度だが、
お茶会などでは1時間くらい正座しなくてはならない。
しかし、正座椅子は6,000円~8,000円もする。

「じゃあ、作っちゃお!!」
(手仕事好きで器用な人の発想は我輩には理解できません・・・)


しかし、本当に器用だねえ~!
(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ
どう見ても売り物になるレベル。

この材料を聞いてまた驚きましたぞ!
なんと中身は牛乳パックで、
古いクッションの一部を切ってクッションにし、
この和風柄のカバーは破れた座布団カバーの再生利用。
いやはや、立派なもんです!


これなら、加満田で売れるかも・・・なんて、すぐ考えちゃう我輩。
でも仕事となると、絶対やらないんだろーなぁ。
うちの”なんちゃって女将”は。
( ̄▽ ̄;)



# by keigappa | 2020-02-02 09:23

姫柚子の収穫は命がけ!

”かっぱ母”の家には、姫柚子と鬼柚子と夏みかんの木がある。
庭いじりと家庭菜園は、”かっぱ父”の趣味であって、
我輩と”かっぱ母”はもっぱら食べるの専門であった。


とはいえ、たわわになっている実を見ると、
ついつい「もったいない精神」が発動してしまう。
しかし、湯豆腐にかけるくらいしか、我輩には使い道がない。


ところが、先日少し持って帰ってきた姫柚子を、
女将さんが砂糖煮にしてくれた。
お客様にお出ししてみたところ、なかなか好評だったらしく、
「加満田で使うから、取っておいで~」
とのこと。


日頃、女将さんに養われている我輩。
はい、がんばりましたよ~!!
どーんと、収穫!!

姫柚子の収穫は命がけ!_e0234016_18223180.jpg
あまりの量に女将さん、絶句・・・。
こんなにはいらなかったみたい。
( ̄▽ ̄;)

木は1本だけなんだけど、たわわに実っていましたからねぇ。

姫柚子の収穫は命がけ!_e0234016_18231716.jpg
青空に映えて、柚子の黄色がきれいでしょ?


しかし、実は姫柚子の収穫は命がけ。
なぜなら、柚子の棘ときたら、バラの比じゃない。
もう、ほとんど縫い針でしょ、これ。

姫柚子の収穫は命がけ!_e0234016_18235144.jpg
こんなのが、我輩のお皿を直撃したら・・・
ヒェェ~~!! ( ̄▽ ̄;) /
水かきだけでも大変なことになっちゃう。


幸いケガもなく、無事収穫。
もうついでに夏みかんもみんな採ってきちゃった。

姫柚子の収穫は命がけ!_e0234016_18244815.jpg
姫柚子の収穫は命がけ!_e0234016_18250338.jpg

ただいま、フロントにてご希望の方に姫柚子お分けしております。
社長さんは日本酒に絞って飲むのがお勧めだそうですぞ。
はちみつを入れたホット柚子は風邪の予防にいいかもね。
我輩も柚子を使ったカクテルでも作ってみるとしますかな。




# by keigappa | 2020-01-25 18:27

食べちゃダメ!!

皆様ご存じのように、加満田はとても自然環境に恵まれている。
庭を散策すれば、木々の緑は色鮮やかで、
川の水音と鳥のさえずりがBGMとなる。


それは良いのだが、当然そこには自然界のルールも持ち込まれる。
つまり「弱肉強食」


加満田庭園には我輩が住む池があり、
そこでは真っ黒な鯉たちも生活している。
この池では色のついた鯉は生き延びられない。
目立ちすぎて、すぐに食べられてしまうのだ。
(犯人は我輩ではありませんぞ!)


黒い鯉とて安心してはいられない。
ちょっと油断して浅瀬にいようものなら、
あっという間に捕まってしまう。
その恐ろしい捕食者の正体は”鷺”
姿は実に優美なのだがねえ・・・。


数日前に、池のほとりで佇む姿を女将さんが撮影した。

食べちゃダメ!!_e0234016_15582090.jpg
うーん、絶対、狙ってますなぁ、これは。

なにせ池の鯉たちは人間から餌を貰い慣れているので、
人影が近づくとうれしくて寄ってくる。
もっと警戒しないと食べられちゃうよ~!!


なんと、鷺の奴は今日もいました!!

食べちゃダメ!!_e0234016_15585590.jpg
困ったなあ、鯉が食べられちゃうと、
常連の”Iさん”が、がっかりしちゃうよ。
”Iさん”は、鯉たちをこよなく愛していて、
わざわざ自分で餌まで買ってきてあげている人。
今はチビ鯉たちがいるんだけど、
彼らが生まれたのも”Iさん”が真っ先に気づいたくらい。


とはいえ、鷺にとっては美味しそうなお魚たち。
「食べちゃダメ!!」
って言っても、聞いてくれないだろうなあ・・・。
コマッタ( ̄◇ ̄;)コマッタ



# by keigappa | 2020-01-19 16:01

欲張りすぎて・・・お尻が甲羅!

初詣を兼ねて浅草にお参りに行ってきた。
15日は浅草寺の五重塔の参拝日なので、
それに合わせて14日の午後から出かけて、
このところ恒例行事となった浅草歌舞伎を観ようと思ったのだが・・・。


なかなか日時の合うチケットが見つからない。
「こりゃ、今年はダメかな~?」
と、諦めかけていたところに、なんと14日夜の部の歌舞伎座チケットを発見!
しかも演目がいい。
白鷗の「五斗三番叟」に、猿之助と團子の「連獅子」
とどめは勘九郎と七之助で、三島由紀夫作「鰯賣戀曳網」
(作品は知らないが、七之助の傾城なら必見!!)


今年の初観劇は正月らしく、歌舞伎座となりました。
その日は浅草のホテルに泊まって、翌朝は浅草寺を参拝し、
五重塔の中で先祖供養。


さて、その後、せっかく交通費をかけて東京まで出てきたのだからと、
もう1本、芝居のチケットをゲットしてあるわけです。
13:00~日生劇場にて、ミュージカル「フランケンシュタイン」を観劇。
これは初演の時から気になっていたんだけど、どういうわけかタイミングが合わず、
観たことがなかった作品。

明るい作品ではないので、好き嫌いは分かれると思うけれど、
我輩は「ジキル&ハイド」とか「ドラキュラ」とか、
人外のものを取り上げた作品は結構好きなので、
(河童だからかしらん?)
この作品も気に入りましたぞ。

ただ、ミュージカルとしては、印象的な曲はなくて、
主演二人の熱唱、熱演、ビジュアルゆえの評価の高さともいえるけど。
元宝塚トップの音月桂さんが、
貴族の令嬢ジュリアと場末の娼婦カトリーヌの二役を演じているのだけど、
これは圧倒的にカトリーヌの方が良かった。
まあ、感情表現しやすい役だからかもしれませんけどね。


さて、芝居が終わって、16:10。
我輩の東京遊びはまだ終わりませんぞ。
見損なっていた「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を観なくては!

タイミングよく16:30からの上映回があったのはいいけれど、
我輩のお尻は休む間もなく椅子の上。
芝居も映画も3時間超とあって、お尻も甲羅となった次第・・・トホホ。
---( ̄▽ ̄;)---
今夜は温泉で、よーくほぐしておこうっと!



# by keigappa | 2020-01-16 16:38



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る