blog keiがっぱの言いたい放題

恵方巻き食べた?

今日は節分。
皆さんは豆まきをしましたか?

我輩が子供の頃は、どこの家からも
「鬼は外!」「福は内!」の掛け声が聞こえたものですが、
今はあまり聞かなくなりましたなぁ。

代わって節分の主役となったのが”恵方巻き”
本来は関西の一部で行われていた風習が、
あっという間に全国に広まったのは、
コンビニで仕掛けたからだとの噂ですが。
いまやコンビニ、スーパー、寿司屋、デパ地下と
あらゆるところで見かけるようになりました。
値段も数百円のものから、15,000円という超豪華版まであるそうですぞ。

かくゆう我輩も数年前から、毎年”恵方巻き”を食べております。
別に流行りに乗ったわけではありませんぞ。
優しい社長さんが、かっぱにも買ってくれるからなのです。
今年も五所神社の豆まきの後で、セブンに寄って買ってきてくれました。

e0234016_18070979.jpg

わーい、これ持って帰ってお酒のつまみにしちゃお!

「あんたねー、恵方巻きはつまみにしちゃだめなの。
恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじり。
しかも無言で一気に食べきらなきゃいけないんだから。」


そ、そうでした。
忘れてたわ・・・。(@_@;)


「あ、それから今年も豆まくのは、あんたの仕事だからね。」

はーい、がんばりまーす。


でもさ、河童に追い払われるのって、
鬼にとっては、屈辱的じゃないかなあ?
σ(^◇^;;



[PR]

# by keigappa | 2018-02-03 18:14

雪かっぱ登場!

月曜日の雪、交通などに多大な影響がありましたが、
皆様のお住まいの地域ではいかがでしたかな?
奥湯河原では雪見風呂が楽しめる程度に積もったものの、
翌日にはすっかり溶けてしまいました。
しかも、町内ではほとんど雪にならなかったようです。
いやはや、やっぱり湯河原は温暖ですなあ。


し、か、し、
我輩はその時、”かっぱ母”の家にいたのであります。
”かっぱ母”にとってはよかったけどね)
なにせ湯河原よりかなり寒いので、
朝起きたら、雨戸が凍りついて開かなかったし、
雪もこんなに積りました。

e0234016_17330904.jpg

近所の皆さんがせっせと雪かきをしているので、
我輩もがんばりましたぞ。
とはいえ、ただ雪をかくだけじゃつまらないし、
めったにないことなので、雪だるまを作ることに。
(何十年ぶりかしらん?)


雪かきすること3時間半。
(雪かき用のスコップがなくて、
プラスチックのちり取りで雪かきしていたのだ。)

はい、皆さん、
雪だるまならぬ雪かっぱの完成でーす。

e0234016_17351720.jpg

ふむふむ、なかなか可愛いではないか!


近所のSさんがお孫さんと来たので、
一緒に記念撮影してあげたら、
「お手ては・・・?」
と、聞かれてしまった。

手ですか・・・うーん。
やっぱりあった方がいいかしらん?


で、手をつけてみたんだけど、
なんだかマッチョな河童になっちゃった感じ。

e0234016_17363912.jpg
でも、横顔はキュートでしょ?

("⌒∇⌒")


e0234016_17371498.jpg


[PR]

# by keigappa | 2018-01-26 17:42

ニューオーリンズの憧れの味


我輩は生牡蠣が好物である。
生の貝は苦手で食べられない癖に、なぜか牡蠣だけは大好き!
冬場は機会あるごとに生牡蠣を食べている。


というわけで、先日東京に行った際もオイスターバーで
「一人酒&夕食」を楽しんだのだが、
そこで夕食に食べたのがこれ。
”シーフードガンボ”である。

e0234016_17261529.jpg

”ガンボ”というのは、アメリカ南部の郷土料理で、
オクラなどでとろみをつけたシチューのようなもの。
カレーのようにご飯にかけて食べる。
我輩はこの料理に思い入れがあって、
オイスターバーなどで見かけるとよく注文する。


我輩がアメリカで食べたのかって?
残念でしたー!
我輩が”ガンボ”なる料理に興味を持ったのは、
ある雑誌の紀行文がきっかけなのだ。

それはまだ我輩が中学生ぐらいの時だったろうか。
「リーダーズ・ダイジェスト」というアメリカの雑誌の日本版を
定期購読していた。
記事や読み物が面白くて愛読していたのだが、
あるとき読んだニューオーリンズの紀行文の中に出てきた
”ガンボ”なる料理に、我輩はいたく興味をそそられたのである。


今のようにネットが普及した時代であれば、
すぐに写真を見たり、レシピを検索したりできる。
しかし当時は、文章から想像するのみ。
そしてそれは未知なる味への憧れとして、
我輩の頭(の皿?)にインプットされてしまったのだ。

残念ながら、「リーダーズ・ダイジェスト」日本版は、
休刊してしまって、今はない。
だが、あの雑誌は小さな河童に大きな世界を見せてくれたと思う。
やはり若くて感性が柔軟な内に、読書はすべきですなあ。

えっ?
柔軟な感性に刷り込まれたのは、食べ物のことだけかって?
そこは深く追求しないでくださーい!
σ(^◇^;;



[PR]

# by keigappa | 2018-01-21 17:35

今年も行ってまいりました


さて皆様、これは何処でしょう?
e0234016_09452959.jpg
これは浅草寺の五重塔です。
でもなんだか感じが違う?

そう、これは内部から撮影したものなんですね。

意外と知られていないのですが、浅草寺の五重塔は
基壇状の建物(塔院)の上に建っていて、
塔の四方を囲うように霊牌殿が設けられているのです。
霊牌殿1室(区画)ごとに一躰の聖観世音菩薩があり、
その周囲に永代供養位牌が奉納されているのですが、
実は”かっぱ父””かっぱ祖母”の位牌もここにあるのですな。

塔の中に入れるのは毎月15日と彼岸等の期間だけ。
だから今年も15日に初詣兼ねて浅草にいってまいりました。

ちなみに翌日も我輩は浅草へ。
恒例の「浅草歌舞伎」を見るためです。
劇場内部には記念撮影用にこんなパネルもありましたぞ。

e0234016_09482393.jpg
中に入って撮れば、皆に囲まれているかのように撮れます。
いやはや、若手歌舞伎俳優はもはやアイドルなんですなぁ。

そういえば、浅草で別なアイドルに遭遇。
新仲見世商店街のゆるきゃら「新にゃか」君です。

e0234016_09501016.jpg
我輩は初めて会いましたが、フレンドリーで可愛い奴でしたぞ。
頭が風呂敷ってところがいかにもですなぁ。


正月の忙しさが嘘のように暇になってしまったこの頃。
大風呂で河童が泳いでいても驚かないで下さいね~!
~(^◇^)/ 


[PR]

# by keigappa | 2018-01-18 09:52

女将さんの怪しいおやつ

クンクン、何やら香ばしい匂いがするぞ。
女将さんが何かを炒っているよーだ。
銀杏かなぁ~と期待して覗いたら・・・。

ん?
何ですかな、これは?

e0234016_20354553.jpg

なんと正体は南瓜の種でした。
しかし、なんで南瓜の種?


女将曰く、

「子供の頃、中華料理店で最初に出される
白い殻つきの南瓜の種が好きでねぇ。
スイカの種は嫌いだったんだけどね。」


郷愁があって、南瓜の種を炒ったそうだが、
そこにはもうひとつ隠された理由があったのだ。


「これだと剥くのに時間がかかるし、
固いから一度に沢山食べられないからいいの。」


そう、女将さんはナッツ類が大好き。
ピーナッツとかアーモンドとかカシューナッツ等は
ぱくぱく食べられちゃうからねぇ。
気がついたら体重が・・・
きゃ~!!(☆□☆)ショック
って事態に。


我輩も貰って食べてみたけれど、
とっても根気がいるから、我輩のつまみには向かないなぁ。
女将さん、今度は銀杏炒ってね。



[PR]

# by keigappa | 2018-01-12 20:41



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る