blog keiがっぱの言いたい放題

女将の好物


我輩のブログを真っ先に読んでくれる愛読者がいる。
実は・・・
加満田の社長なのだ。
(うーん、社長の悪口は書けませんな。)

で、早速、先日のきゃらぶきのブログについて、
社長からチェックが入った。

「女将の好物を土産に持っていくと・・・って書いてあるけどさ、
なにが好物なのかは書いてないね。」

いやー、そうなんすっけど、そこまで書くと物欲しげかなーと。
でも、いーか。
別にかっぱが欲しがってるわけじゃないし。

というわけで、女将の好物を書いちゃうぞ。
お土産のご参考にどーぞ!?
(いや、決して女将に言われて書いているわけではありませんよ。)


<洋菓子>
実家が茶懐石の料亭だったせいか、女将は和菓子にはかなりうるさい。
”やっぱり、〇〇の△△でないと・・・・。”とかぬかすのだ。
しかし、洋菓子はどこのでもいいそうで、ケーキ、クッキー、チョコレート、
なんでもこい!の状態である。

<ナッツ類>
これは危険な好物。
なぜなら、袋を開けたら最後、お腹をこわすまで食べ続けて
しまうからである。
酒飲みにとってはつまみだが、女将にとっては麻薬らしい。
以前、かっぱが女将にあげた時は、食べ過ぎないようにと
あやこ(娘)が袋を取り上げていた。

<スナック菓子>
和風旅館の女将がポテトチップスとかキャラメルコーンが好物
というのもどうかと思うが、
昔のCMどおり、”やめられない、止まらない”状態に陥るらしい。
女将はスナック菓子を食べる時、面白い癖がある。
少し食べて、きっちり袋を閉める。
    ・・・・少しの間・・・・
また、開けて少し食べ、袋を閉める。
    ・・・・少しの間・・・・
またまた、開けて食べる。
     (繰り返し)
当然、最後は袋は空に・・・。

なんで、いちいち袋をちゃんと閉めるのかと聞いたら、
一応そこでやめようと思うらしい。
この開け閉めは、心の葛藤を表しているんだそーな。
見てるとけっこうまだるっこしくて、
「一気に食えーっ!!」
と言いたくなるけどね。

<中華>
女将は中華料理が大好物。
したがって、豚饅とかシュウマイとかギョーザとかを頂くと
♪狂喜乱舞♪している。

<そのまま、食べられるもの?>
これは、好物というより有難いものというべきか・・・。
いなりずしとかカツサンドとか、そのまま社長や娘のご飯になるものは、
とっても嬉しいらしい。
いつも、ご飯つくりに追われているもんねー。


今回はかっぱブログ初の”写真無しブログ”になってしまった。
(まさか、豚饅の写真を載せるわけにもなあ)
女将、お土産もらったら、かっぱのおかげだからねー。
おすそ分けよろしくー!

****<おことわり>****
KEIがっぱは、勝手なことを言っておりますが、
加満田旅館のご宿泊にお土産が必要なわけではありませんので、
お間違いになりませんようお願いいたします。
[PR]

# by keigappa | 2011-06-10 17:07

ほたる博士の出番です


6月4日から湯河原温泉の「ほたるの宴」が始まった。
e0234016_14583021.jpg

湯河原温泉では、蛍の生育に力を入れていて、毎年この時期には
万葉公園でイベントを行うのである。

加満田の社長は、民生委員やらPTAやら社外活動に大変熱心だが、
(いえいえ、決して社業に不熱心と言っているわけではありませんよー。)
こと”蛍”に関しては、特に熱が入っている。
なにせ、蛍の着ぐるみまで作って着てしまったことがあるのだ。
ただし、ゴキブリのように見えて、不評だったらしいが・・・。
(この写真、どこかにあるらしい。後日公開予定。)

毎日、どこで何頭(蛍って、”頭”で数えるんだよ、知ってた?)でたとか、
どこら辺まで飛んでるとか、仲間たちと情報交換している。
ちなみに、昨夜は万葉公園より下流の川沿いでたくさん飛んでいたそうだ。

蛍のシーズンには、ご希望のお客様を蛍の見えるスポットまで車でご案内
しているのだが、昨夜はたまたま女将の手が空かず、社長がご案内した。
蛍について熱く語ったようで、お客様は大喜び。
今度、NHKで湯河原温泉と蛍を紹介する番組の取材があるが、
多分そこでも、蛍について熱弁をふるうことであろう。

加満田では、この時期、蛍を見たいというお客様向けのプランを実施している。
蛍にちなんで、LEDソーラーライトキーホルダーのプレゼント付。
e0234016_14585366.jpg

車のキーや家の鍵につけると便利ですぞ。
かっぱも愛用しておりまーす。
[PR]

# by keigappa | 2011-06-07 15:07

加満田名物きゃらぶき


加満田の庭では色々なものが採れる。
蕗もそのひとつである。

女将はこれできゃらぶきを大量に作るのだ。
この”自家製きゃらぶき”、常連さんの間では良く知られた
加満田の名物なのである。

しかし、きゃらぶき作りはなかなか大変な作業なのだ。
実は心ひそかに手伝えと言われるのではないかと
心配していたのである。
というのも、毎年、女将を手伝っていたMさんが入院中だったからである。

し、か、し、
ありがたいことに、お座敷係のゆうこさん
自ら女将の助手を買って出てくれた。
e0234016_2025127.jpg

なんか、楽しそうですなー。
二人で、蕗を塩ずりしております。
ゆうこさんは、とっても料理上手で、
先日も、かっぱは手作りの煮物をご馳走になりました。
(ゆうこさん、またちょーだいね~♪)

はい、蕗のあく抜きが終わって、準備完了です。
e0234016_20264230.jpg


でっかい鍋で、じっくり煮ます。
e0234016_2027628.jpg

煮ては冷ますを繰り返すこと、3~4日。
  (うーん、気長な作業だ・・・。)
ついに”自家製きゃらぶき”の完成でーす。
e0234016_20273281.jpg


優しい女将は、手伝わなかったかっぱにもくれました。
山椒の実の風味が利いていて、とってもおいしいよー。
加満田名物”自家製きゃらぶき”が食べたい人は、
加満田に泊まって、女将におねだりしてみてね。

ちなみに女将の好物をお土産に持ってくると、
帰りに持たせてくれる
・・・らしい。
    (かなり真実に近い内緒のお話でーす。)
[PR]

# by keigappa | 2011-06-04 20:32

穂先タケノコって何?


「あんた、穂先たけのこ食べる?」
女将に唐突に聞かれた。

「穂先たけのこ???」
恥ずかしながら、聞いたこともない代物なので、
どんなものなのか想像できない。
でも、食えるものには興味シンシン・・・の我輩の目の前に
差し出されたのが、これ。
e0234016_2041194.jpg

なんでも、2m~4m位に伸びた竹の穂先を切り落としたものらしい。

「これはどのよーにして食べるものなのでしょうか?」

「筍と同じだよ。
水煮しておいて、後は煮るなり、焼くなり
お好きなよーにどーぞ。」

で、いただいたのがこれです。
e0234016_205624.jpg

ちゃんと水煮して、皮を剥いてあるから、簡単に料理できます。
ありがと、女将♡

女将はこれを葱と生姜で炒めて、”女将の一品”を作成。
e0234016_2054726.jpg


我輩はつまみを2品。
日本酒用には、先端の細いところを刻んで柚子胡椒で和えたもの。
ビール用には牛肉と玉葱と炒めて、バルサミコ酢で仕上げてみました。

e0234016_2063176.jpg
e0234016_2065629.jpg


はぁー、今夜も酒がすすんじゃうなあ。
体重計の針が、ちょっぴり気になるかっぱでありました。
[PR]

# by keigappa | 2011-05-31 20:12

木の芽がいっぱい


山椒の木が元気にすくすく伸びて、
木の芽が一杯取れた。
e0234016_16401521.jpg

我輩は山椒の風味がとても好きなのである。

今年は加満田に来たおかげで、
筍を食べる機会がとても多かった。
むろん、木の芽も大活躍。

筍ごはんや若竹煮に入れたり、
細かく刻んで、筍の木の芽焼きにしたり、
味噌に入れて木の芽味噌を作ったり・・・。

はぁー、幸せ♡

そうそう、女将が作ってくれたあじ寿司にも
木の芽がたくさん入っていました。
生姜とはまた違った風味でおいしいよー。

木の芽だけではなく、山椒の実も大好物な我輩、
心密かに、女将が山椒の実を炊いてくれるのを
期待しておりまーす。
(卵かけご飯に入れるとおいしいんだよ。)

「あんたが採れば、作ってあげるよ。」 ←女将の声

はーい!がんばります!
でも、水かきがじゃまだなあ・・・。
[PR]

# by keigappa | 2011-05-28 16:43



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る