blog keiがっぱの言いたい放題

<   2018年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


どうしても花ちゃんが観たかったのだ

続けての観劇ネタで恐縮だが、我輩の愛する花ちゃん主演のミュージカル
「マリー・アントワネット」を観てまいりましたぞ。

e0234016_20324764.jpg

この公演は主役級がWキャストなので、キャストの組み合わせが大切。
花ちゃんは当然として、我輩はもう一人のMAことマルグリット・アルノーを
ソニンが演じる回がどうしても観たかったのだ。
公演は11月までやっているのだけど、我輩の行ける日でこの組み合わせの日が
なんと2回しかなくて、ネットで必死にチケットを探し、
なんとか希望の回をGET!
(”かっぱ母”がデイサービスに行っている間に、帝劇までひとっ飛び!)


なんと、ラッキーなことに前から3列目の席!
おおっ、花ちゃんが近い!感激ッ!!


作品全体を考えると、人物造形が薄っぺらだったり、
ストーリーがみえみえだったり・・・というアラは目につくので、
正直好きな作品とは言えない気がする。
同じフランス革命を取り上げた「1789」とイメージが被るし。
とっても感動する場面と”???”な場面が混在してる感じですな。


でも、本当にソニンはいい。
声量もあるし、眼力には圧倒される。
「1789」でも、そう思ったんだけどね。
今回のマルグリット役といい、「1789」のソレーヌ役といい、
パワーあふれる汚れ役が似合い過ぎていて怖い。(笑)

そして、花ちゃんはやっぱり綺麗だわ~♪
エリザベートとかアントワネットとか、
気品あふれるお姫様役がこの人には一番似合う。


荷物になるから買わないつもりだったパンフレット。
帰りがけにやっぱり買ってしまいました。
麗しの花ちゃん見ながら、ワイン飲むのさ、エヘヘ。
ヾ(〃^∇^)ノ♪


[PR]

by keigappa | 2018-10-27 20:39

勘三郎追善公演

久しぶりに歌舞伎を見てまいりましたぞ。

e0234016_18445758.jpg
友人の誕生日祝いで東京に行くことになったので、
昼間観られるよい公演はないかとネットで調べたら、
「芸術祭十月大歌舞伎」のチケットを発見!


なにせ十八世中村勘三郎の七回忌追善公演だから、
当然、我輩の好きな七之助も出るし、
前から4列目という好条件のチケットだったので、
迷わずGETしてしまいました。

それにしても、もう七回忌ですか・・・。
早いものですなあ。
会場には亡き勘三郎の遺影が飾られております。

e0234016_18495065.jpg
役者として一番華がある時期だったのに、
早すぎる死だったなあ・・・と、しんみり。


今回の演目は、七之助がお嬢吉三を演じる「三人吉三巴白浪」
勘九郎が酒呑童子を演じる舞踊劇「大江山酒呑童子」
そして、白鴎が主役の宗吾を演じる「佐倉義民伝」

我輩は七之助が好きなのだが、今回の演目で一番良かったのは、
勘九郎の酒呑童子であった。
(酒飲みの話だからではありませんぞ)
勘九郎の祖父の十七世中村勘三郎のために書き下ろされた
中村屋ゆかりの舞踊劇だそうだが、
童子姿で紅い紅さして踊る際の所作が美しく、
勘九郎がこれほど踊りが上手いと思っていなかったので、
正直なところびっくりした。

やっぱり歌舞伎はよいなあ・・・。

今月は夜も魅力的な演目と出演者なのだが、
さすがにそれを観ることは出来そうもない。
(スケジュール的にも懐的にも・・・(笑))

しかし、今月はなぜか観劇予定が集中。
この後、花ちゃんの「マリー・アントワネット」
宝塚の「エリザベート」を観る予定なのだ。
お誘いが集中するのは、紅葉シーズン前で暇だと思われているせいかも。

社長さん、お休みしてばかりですみません。
r( ̄_ ̄;)スマンスマン
来月は真面目にお仕事に励みまーす!!


[PR]

by keigappa | 2018-10-20 18:58

女将は廃品利用がお得意

湯河原温泉では毎週日曜日の朝、観光会館前広場で朝市が開催される。
女将さんは朝市の常連。
(・・・というより、ほぼ皆勤賞?)
病気で寝込まない限り、毎週行くので、休むと心配されてしまうのだ。


朝市で女将さんが必ずと言っていいほど購入してくるのが、
イワシ、アジ、サバといった青魚。
もちろん、頭付きでまとめ買いしてくる。
で、それを、ちゃちゃっと捌いて、刺身にしたり、
三枚におろしたり、干物にしたりするのである。
(我輩は完成品のおすそ分けにあずかるのだ)


こちらは女将さんがイワシを味醂干しにしているところ。
おいしそうでしょ?

e0234016_19321534.jpg
以前は笊の下に蒲鉾板を敷いたりしていたのだけど、
今回は不思議な物が、台になっておりました。
はい、こちらにご注目くださーい!
e0234016_19324892.jpg

笑えますね~♪
社長さんが食べたカップ麺の容器が、見事に廃物利用されておりました。
女将さんはこういう廃物利用が得意なんですよ。
災害時に強いタイプですな。


おっ、今もなにか青魚を料理しているみたい。
今夜のおつまみにもらえるか、覗いてこよっと。♡


[PR]

by keigappa | 2018-10-14 19:34

スマホが壊れた・・・

数日前の朝、いきなり我輩のi-phoneが壊れた。
アップルマークの後、画面は暗くなって沈黙。
まったく操作を受け付けなくなってしまった。


なんとなくその何日か前から、動作が不安定だなぁとは思っていたのだ。
アプリを立ち上げようとすると、なぜかアップルマークが出る。
その後は問題なく使えるのだが、度々アップルマークが出るのは、
いままでなかったことなので、気にはなっていたのだ。


しかし、いくら古いタイプ(5s)とはいえ、まだ購入して1年7ヶ月。
落としたり、水没させた覚えもないのに、
壊れるの早すぎませんかー!!(涙)


ネットで調べて、パソコンからリカバリーしようとしたが、
やっぱりだめ。
出荷時の状態に復元することもできず、お手上げ!!
諦めて機種変更することにした。

スマホなしの生活はとっても不便!!
・・・という人、多いんでしょうなあ。
我輩は全く問題ないみたい。
”かっぱ母”に何かあったら、加満田に連絡してもらえばいいし。
一応、家に固定電話もあるし。

そもそも、普段からバッグに入れっぱなしで、
あまり活用していないからなあ。
σ(^◇^;;
休みの日以外は、なくても困らないようですな。

しかし、日々仕事で人と連絡を取らなくてはならない人にとっては、
大変な事態でしょうなあ。
修理に持って行こうにも、近くにアップルストアはないし、
郵送でも1週間くらいかかるみたいだし。
まあ、そういう人は格安スマホなんか使わずに、
キャリアの代替機を借りるのかもしれませんが。


新しいスマホが届いたら、データの移行をしなくちゃならない。
i-cloudにバックアップが残っているといいけど。
(なにせ全く動かないので、データを吸い上げることも出来ないのだ)
でもまあ我輩の場合、大切なのは連絡先データくらい。
写真とかには大した思い入れもないので、いざとなったら、
以前のガラケーのデータから移行すればいいや。
(はぁ~、でもめんどくさいなぁ・・・)

今日は真夏並みの暑さですねー。
こう気温の変化が激しいと、色々と体調不良が起きやすくなります。
温泉に入って、緑を見て、のんびりリラックス。
そんな一日を加満田でお過ごしあれー!!



[PR]

by keigappa | 2018-10-07 15:46

タブラオでフラメンコを見てきたよ

今年は台風だの地震だのと次々に災害がやってきますねぇ。
幸い加満田では、台風による被害はありませんでしたが、
小田原辺りでは屋根が飛んだり、樹が倒れたりと、
色々な被害が出たようです。
皆様は大丈夫でしたか?


台風が来る前の話ですが、我輩、友人の”J"の誕生日祝いで、
久しぶりに東京で遊んできました。
誕生日祝いは、新宿のタブラオ「ガルロチ」で、
フラメンコショーを見ながらのディナーです。
ここは長年、「エル・フラメンコ」という名で営業していましたが、
数年前に名前が変わったようです。
でも、内装はあんまり変わっていない様な気がするなあ・・・。

e0234016_19315661.jpg

店名が変わっただけでなく、料理やシステムも一新したようで、
ショーチャージは別になり、料理もちょっとおしゃれになりました。

e0234016_19322117.jpg

ショーが2部構成なのは変わりませんが、入替はなく、
2部まで続けて見ることができます。
(やっぱり、2部まで見なくちゃ損でしょ。)
18:00に入店してディナーを食べ、19:20~20:00が第1部。
休憩をはさんで、20:20~21:00が第2部。

今回はダンサー2名とギター1名、歌い手2名の5名グループ。
ダンサーのレベルはなかなかのもので、かなり見ごたえがありました。

e0234016_19325803.jpg

”J"の誕生日祝い・・・と言いつつ、自分で行きたかった店に
付き合わせてしまったのですが、
”食事も美味しく、フラメンコも迫力満点!”
と、満足してくれたようです。
我輩も久しぶりに都会の夜を満喫してまいりました。
(その後、バーにも足を延ばしちゃった、えへへ)
さて、遊んだ後は真面目にお仕事しなくちゃねー!



[PR]

by keigappa | 2018-10-03 19:34



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る