blog keiがっぱの言いたい放題

<   2018年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


荒井城址公園の桜を見に行ってきたよ

昨日、ちょっと時間がとれたので、真鶴の荒井城址公園に行ってきた。
地元ではしだれ桜の名所として知られているのだ。


実は我輩、湯河原に住んで30年近くなるのに、
隣町にある荒井城址公園のしだれ桜を見たことは、今までに一度もない。
桜の見頃は短いので、なかなかタイミングが合わないし、
車で行くと酒が飲めないしねぇ・・・。
(まあ、花見にあまり熱心ではないせいでもありますが・・・)


昨年、友人が加満田に泊まりに来た時に、
ちょうど見頃だったから、行くつもりでいたら、
なんと当日はどしゃぶり!!
あえなく挫折したのであった。


昨日はあいにくの花曇りで、”青空に映える桜色”というわけには
いかなかったけれど、見頃を見られて満足!

e0234016_14332263.jpg
e0234016_14342188.jpg
e0234016_14334038.jpg
今週は天気がよさそうだから、皆さんも花見を楽しんでね。
小田原城の桜もお勧めだよ~!!


[PR]

by keigappa | 2018-03-28 14:36

そろそろ花見酒?

世間は春休みというものの真っ最中。
湯河原の街中でも、いつになく若者の姿を多く見かける。
我輩には春休みは関係ないけれど、
やっぱりなんとなくウキウキしてしまう。
だってねぇ、桜が咲くでしょ?
となれば、花見酒だよね~♡
”花より団子、団子より酒”がモットーです、はい。)


日本人は桜が好きだが、最近は外国人にも人気が高い。
以前は”フジヤマ&ゲイシャ”だったが、
いまや日本と言えば、”フジヤマ&サクラ”なのだ。

湯河原の千歳川沿いの桜並木の見頃は今週末から来週頭くらいかな?
今日はこんな感じでした。

e0234016_20010879.jpg
e0234016_20013610.jpg
ちなみにまだがんばって咲いている紅白の梅もきれいでしたぞ。
e0234016_20020568.jpg

今日はあいにくの雨だけど、週末はお天気も良いらしい。
我輩もカップ酒片手に夜桜見物とまいりますかな。
夜は6時~10時までライトアップしてるそうです。
日帰利用のお帰りにいかがですかな?



[PR]

by keigappa | 2018-03-23 20:05

かっぱのオムライスを作ってみたよ

加満田のお馴染さんには、何泊か滞在する方が多い。
しかし加満田の周囲には飲食店がとても少ない。
歩いて行ける範囲にあるのは、
お蕎麦屋さんの「紅葉亭」とレストランの「キッチン・イトウスタイル」
2軒だけなのだ。


しかし観光でいらした方はともかく、
お馴染さんの望みは、ひたすら
”温泉に入ってのんびりすること”
お昼ごはんの為だけに、着替えて出掛けたりはしたくない。
となると、お昼はどうする?


もちろん、食べない方も、持ってくる方もいるけれど、
加満田でおにぎりや蕎麦という軽食をとる方も多いのだ。
昼間は板場は休憩しているので、
お客様のお昼ご飯は女将さんが作る。
板前の料理とはまた一味違って、
家庭的な味を楽しめるのがまた良いのである。

そして加満田のお昼の人気メニューが、”オムライス”なのだ。
(女将さんはあんまり宣伝して欲しくないらしいけど)
確かに滞在中は、朝・夕とも和食だから、
合間にちょっと洋風な物が食べたくなるかもね。


我輩もケチャップご飯が大好き。
オムライスを作った残りを、女将さんがくれたから、
自分でオムライスをつくったよ。
せっかくだから、ブログネタになるように、
”かっぱのオムライス”にしてみましたぞ。

e0234016_17420289.jpg

目はプチトマト、髪の毛と手は葉ブロッコリー。
お皿はなんと大根の煮物!(笑)
(ちょうど大根を煮たところだったのだ)


可愛いでしょ?
でも、加満田のお昼にオムライスを頼んでも、
これは出てきませんからね~!!
(^◇^)ケッケッケ



[PR]

by keigappa | 2018-03-18 17:44

梅の宴は終わったけれど・・・

今年の"梅の宴"は11日の日曜日で終了したが、
今週一杯くらいは満開の梅が楽しめそうだとのこと。
先週は天気がいまいちだったが、今週は天気も良いので、
加満田に泊まって足を延ばされてはいかがかな?


1週間ほど期間を延長すればよかったのだろうけれど、
簡単にはいかないのかな?
出店していた飲食店なども、今週の方がお天気に恵まれて、
儲かったと思うんだけどなあ。


とはいうものの、我輩は今年も幕山梅林には行っていないのである。
人込みは苦手だし、何といっても我輩は、
”花より団子、団子より酒”
ですからねー。


近所を散歩して、ちょっときれいな梅を眺めて・・・。
我輩はその程度で十分なのですよ。
甲羅も干せて、気分上々!

e0234016_19373353.jpg


[PR]

by keigappa | 2018-03-13 19:38

ふきのとうの季節です

ふきのとうの採れる季節になった。
加満田では、庭仕事担当のAさんがせっせと採ってきてくれる。

e0234016_18175035.jpg
我輩は山菜とりには興味がないが、食べるのは大好き。
ふきのとうたらの芽独活の天麩羅でお酒をきゅっと一杯。
うーん、たまりませんなぁ。


ちなみに、先の画像のふきのとうは、
昨日まで廊下に吊るし雛と一緒に飾られていた。

e0234016_18185945.jpg
しかし、我輩がブログに書くのをさぼっているうちに、
吊るし雛は片付けられてしまったのだ。
(もう10日だもの、あたりまえか・・・。)


ふきのとうは天麩羅も美味いが、ふきみそも捨てがたい。
(女将特製のふきみそ、絶品ですぞ!)
むろん我輩はちびちびと舐めながら、燗酒を飲むのだが、
下戸の方はご飯のお伴にどうぞ。
これでおにぎりをするとまた格別なのだ。


さて、ご好評頂いている”鍋プラン”は3月末まで。
4月からは”春の味覚満喫プラン”が始まりますぞ。
加満田庭園の春の味覚を天麩羅等で味わえる人気のプラン。


はい、どっちのプランの時に来ようか悩んでるそこの貴方、
3月も4月も来るのが正解でーす!
\(o ̄▽ ̄o)/


[PR]

by keigappa | 2018-03-10 18:24

雛あられ今昔

昨日は”雛祭り”でしたねー。
皆さんは”雛あられ”を食べましたかな?


加満田では毎年、雛祭りには小さな器に入れた”雛あられ”
お客様に配っている。
しかし最近、この”雛あられ”が変化して、
昔ながらの小さな粒のものが手に入りにくくなったのだ。


以前は地元のスーパーでも簡単に入手できたのに、
最近売っているのは、”風船ひなあられ”と呼ばれる大粒のもの。
そうでなければ砂糖コーティングされた豆菓子。
そんなのがキャラクターの袋に入って売っている。


”雛あられ”といえば、色つきのポン菓子のような小さなものを
女将も我輩もイメージしていたが、これは関東風だそうだ。
ちなみに”風船ひなあられ”というのは、大きめでふわふわした奴。
(昔は少しだけ入っていたから有難味があったんだよねー。)


あくまで小さい雛あられにこだわる女将。
昨年、手に入らなくて苦労したため、今年は早々と注文しておいたらしい。
見たらなんと、銀座あけぼの”雛あられ”

e0234016_16371189.jpg
今年の”雛あられ”はひと味違いそうですなあ・・・。

我輩も欲しかったんだけど、今年の雛祭りは土曜日。
お客様が沢山いらしたので、我輩には廻ってこなかった。
残念・・・!
o(*≧O≦)ゝ


・・・と思っていたら、女将さんが少し残しておいてくれた。
ワーイ♪ \(o ̄▽ ̄o)/ ワーイ♪

次は、子供の日の柏餅もよろしくねー!



[PR]

by keigappa | 2018-03-04 16:41

ロシア風ニックネーム?

遊んでいないので(?)、ブログネタがない・・・。
誰かネタを提供して下さーい。(笑)
(^◇^;)


昔の話だが、友人とロシア風ニックネームを付け合って
遊んでいたことがある。
その時の我輩のニックネームは
”ケイチャンテ・キブンヤーネ”
(いかに気分屋で我儘な奴だったか分かってしまいますなあ・・・。)
ちなみに友人はというと、
”ヨウチャンティーバ・イヤミスキー”であった。


ネタ切れなので、遊び心で女将さんと社長さんにもつけてみました。
(いいのかしらん、そんなことして?)
女将は、”ルリチャンテ・ナンデモデキルケード・シタクナイーノ”
社長さんは、”シゲユキーハ・オシゴトキライナーノ”
(あはは、社長さん、あくまで遊びでーす)

皆さんも遊んでみて下さいね。
あくまでそれらしく発音するのですぞ。


さて加満田にも世界各国からお客様がやってくるようになった。
時には全く読めない名前のお客様もいらっしゃる。
日本のように姓と名で構成されている名前ばかりではないしね。
国によっては、先祖の名前を連ねる場合もあるようで、
えらく長い名前で入力に苦労する場合も・・・。(苦笑)


でも、こんな小さな町の小さな温泉宿を見つけて、
遠い国から来て下さるんだから、本当に驚き!
”カマタッテ・イガイト・イイヤドナノカーモ!”
なんちゃて。



[PR]

by keigappa | 2018-03-01 18:46



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る