blog keiがっぱの言いたい放題

カテゴリ:未分類( 675 )


たまには観光客気分

我輩の友人の”J”こと加藤あけ美君が、
「ぽたかふぇ。」の店長のミキさんと加満田に泊まりに来てくれた。
”J”は我輩の友人としては珍しく、ほとんど酒がのめないのだが、
ミキさんはかなりいける口とのことで、
我輩もご一緒させて頂きました。
いやー、久しぶりに板長の料理を堪能させて頂きましたぞ。

翌日は我輩も休みをとり、2人と一緒にちょっと観光客気分。
まずは甘党の”J”のために、
「湯河原スイーツファクトリー」に寄って、お土産を物色。

それから車で小田原城へ。
というのも、ちょうど小田原の友人から、
”紫陽花が見頃だよー!”
と聞いていていたので。
たしかに、紫陽花と花菖蒲がなかなかきれいでしたぞ。

e0234016_17505624.jpg

小田原城の天守閣にも久しぶりに上ってみました。
中の展示は結構見ごたえがあって、
歴史の好きな人には堪えられないんだろうけれど、
”歴女”とは程遠いポップアート系の二人。
難しい説明文よりも、
”甲冑姿の顔出し”での記念撮影の方が楽しかったようです。


良く知っている場所でも、初めての人と廻ると
違う視点で見ることが出来て、また楽しいものですな。
小田原城は小田原駅から歩いていかれる距離ですから、
加満田にお泊まりの折には、是非足を延ばして見て下さいね。



[PR]

by keigappa | 2018-06-15 17:53

今日も女将に養われております

このところ今一つ体調が優れない。
暑くなったり、涼しくなったりに、我輩の身体が適応できないようだ。
”かっぱ父”の三回忌を終え、気が抜けたせいもあるかもしれないが、
食べるのと飲むのが大好きな我輩が、料理をする気になれず、
酒も飲まずに、コンビニの蕎麦なんぞすすっている。

・・・なんて話をしたら、

「まあ、そりゃあ大変!」

と、女将さんが我輩を養ってくれております。
(我輩が酒も飲まないなんて、よっぽど具合が悪いと思うらしい)


湯河原では日曜日の朝、観光会館前広場で朝市が開かれる。
女将さんは必ず顔を出し、顔見知りの魚屋さんから、
色々と魚を入手してきて、鎌田家のおかずにする。
(魚を捌く見事な包丁さばきに、我輩はいつも惚れ惚れしております)


女将さんは青魚が好きで、鰯、鯖、鯵などを買ってきては、
煮たり、焼いたり、干したりと、
バリエーション豊かに料理するのだ。
河童の癖に魚に触るのが苦手な我輩の口に魚料理が入るのは、
もっぱら女将さんのおかげなのである。


こんな風に、にぎり鮨にしてくれたり、

e0234016_16570934.jpg

身体に良い鰯を梅しそ揚げにしてくれたり、

e0234016_16572905.jpg

美味しく食べさせてくれるので、
我輩もなんとか元気に働けるのである。
まったく有り難いことですなあ。


しかし、このつまみで酒を飲みたくならなかったということは、
我輩、やっぱりかなり体調が悪いのかも。
飲酒は健康のバロメーターですな。
(ということは、社長さんは体調の悪い日がないってことねー。)



[PR]

by keigappa | 2018-06-12 16:59

ビッグなサニーレタス

加満田庭園では色々な野菜を作っているが、
主に世話をしているのは庭仕事担当のAさん
毎日熱心に世話をしてくれるおかげで、
我輩も毎年美味しい胡瓜を頂いております。


女将さんが朝市で買ってきたサニーレタスの苗を植えたら、
こんなに見事な奴ができましたぞ!

e0234016_19220686.jpg

「せっかくだから、胡瓜と一緒に出してあげようかな・・・。」
と、女将が申しておりました。
今日のお客様はラッキーですな。


とはいえ、自然豊かなこの辺りでの野菜作りは猪との闘い。
今日お風呂に入りにきた近所の方も、
「じゃが芋、里芋、ユリ根、全部やられた~!!」
と、嘆いておりました。


猪さん、かっぱの好物の胡瓜は食べないでねー!!


[PR]

by keigappa | 2018-06-09 19:26

蛍のシーズンが始まりました

湯河原の初夏の風物詩と言えばですね。
きれいな水にしか住めない蛍が自然発生するってことは、
湯河原が豊かな自然に恵まれている証拠ですぞ。
(河童も住める湯河原ばんざい!)


今年は蛍の発生が早く、もうあちらこちらで飛び始めている模様。
でも確実に見たいならば、湯河原温泉の初夏の定番イベント
「ほたるの宴」の会場(万葉公園)にどうぞ。

e0234016_17491339.jpg
観光会館前の広場では飲食ブースも出ているから、
蛍を見た後、生ビールを一杯・・・なんてこともできちゃう。
ビールだ♪ \(o ̄▽ ̄o)/ ビールだ♪


加満田では6月末まで、「観蛍の夕べプラン」をご用意。
イベント期間終了後も、奥湯河原周辺には自生の蛍が飛ぶので、
蛍が見られるポイントまで車でご案内しますぞ。
イベントの人混みを避けて、静かに蛍を見たい方にお勧め。
ちょっと便利なソーラーライトキーホルダーのおまけ付でーす。


[PR]

by keigappa | 2018-06-02 17:52

魚肉さんソーセージをGET

友人の”J”が高円寺の「ぽたかふぇ。」で、
girlちゃんのTシャツ展をやっていたのだが、
なかなか時間がとれず、なんとか最終日に滑り込みセーフ。
休みは”かっぱ母”の所に行くことが多いので、
その日も”かっぱ母”の家からの往復となった。


なんとも暑い日で、まずはビール!
ランチは「ぽたかふぇ。」お勧めのキッシュプレートである。

e0234016_19335862.jpg
ここのキッシュは手作り感に溢れていて実に美味しい。

”J”の作品とコラボしたデザートもあって、
「ぷるぷるサマー!girlちゃんTシャツ展」にちなんで
ぷるぷる揺れるスイーツ!
(中身は苺ゼリーだそうです)

e0234016_19373605.jpg

甘いものにはあまり心惹かれない我輩。
でも「ぽたかふぇ。」には、ベルギービールも置いてあるのだ。
そうなると、また何かつまみたくなっちゃうなぁ・・・。

「魚肉さんのソーセージ、ありますよ。」


”魚肉さん?”


”魚肉さん”という魚肉ソーセージのキャラクターで、
色々なグッズもあるんだそーな。
このソーセージは、日本で初めて魚肉ソーセージを作った会社との
コラボ商品とのこと。
薄くスライスして焼いて食べると、ビールにぴったり!


お土産用もあったので、社長さんにも買ってきたよ。

e0234016_19400248.jpg
この箱、周りに手や足のイラストがあって、
切り抜いて”魚肉さん”遊びが出来るようになっている。
でも、社長さんはやらないだろーなぁ。(^_^;)



[PR]

by keigappa | 2018-05-27 19:42

かわいそうな目玉のおやじ

社長さんがお友達と出雲方面に旅行に行き、
こんなものを買ってきてくれましたぞ。

e0234016_16282799.jpg
はい、鬼太郎のお父さん”目玉のおやじ”ですねー。
我輩も”かっぱ父”と行きましたが、
境港にある”水木しげるロード”辺りでは、
妖怪グッズや鬼太郎にちなんだ土産が沢山売っているのですな。

し、か、し、
これはただの人形ではありませんぞ。
社長さんがこれを買ってきた訳は・・・

”まったく、もう!社長ったら!(怒)”
って思ったら、これ投げてねー。(笑)


実は我輩、かなりのイラチ(いらいらしやすい奴)なのだ。
しかも我儘なのですぐ態度に出てしまう。
(わかっているなら直せ!!)
マイペースな社長さんに時々(いや、しょっちゅう?)
イラッとしてしまうことを、社長さん自身がよくご存じ。


そんな時にこれを壁に投げつけるのだそーです。
なかなか写真に撮るのは難しいんだけど、
ベシャっとつぶれて、じわじわ復元してきます。

e0234016_16343505.jpg
e0234016_16350226.jpg

でも、社長さん、これが必要なのは、
我輩より女将さんみたい・・・。
σ(^◇^;;
すでに投げつけるのに適した場所も見つけたようですぞ。
間違って我輩に投げつけないでねー!!


[PR]

by keigappa | 2018-05-19 16:40

ホタルイカは2度美味しい

我輩はかっぱの癖にあまり魚介類を食べない。
けっして嫌いなわけではないのだが、
生魚に触るのが苦手で、つい買うのをためらってしまう。

そんな我輩が自分でも購入するのがイカである。
(イカ刺しは好きなんです、あまり生臭くないしね。)

そして今の時期、必ず一度は購入するのがホタルイカ
1パック買って、2度楽しむのだ。


買ってきたその夜は、わかめと一緒に定番の酢みそ和えで。
これはやっぱり日本酒が合う。
出入りの酒屋のお勧めで購入した黒龍酒造の「氷室 吟醸生原酒」
これはいけませんぞ、美味しくてスイスイと飲めてしまう。
4合瓶で購入したのに、あっという間に3合飲んでしまって、
翌日、1升瓶で買い足しました。(^◇^;)


残ったホタルイカは、翌日アヒージョパスタに。
今回はGoodなタイミングでアスパラを頂いたので、
一緒にパスタにしましたぞ。

e0234016_17151488.jpg

これはもう白ワインしかないでしょう!
・・・と、言いたいところですが、残念!
これを作ったのはランチタイム。
午後もお仕事なので、ドリンクはノンアルコールビール。
レモンと塩を入れるとメキシカンビールっぽい味わいになるので、
それでがまん。
次回はやっぱり夜作ろうっと!



[PR]

by keigappa | 2018-05-16 17:18

甘いのと辛いのを交互にやると止まりません


常連の”M.I様”は、よく海外に行かれる。
そして有り難いことに、女将さんと我輩に、
ちょっと珍しいお菓子などを買ってきて下さる。

今回はオーストラリアに行かれたそうで、
甘いチョコレート菓子と塩辛いナッツ類を頂いた。

e0234016_19482807.jpg

「甘いのと辛いのを交互に食べて、
お酒飲むと止まりませんよねー。」


そーなのである。
我輩は決して甘党ではないのだが、食後のひと時、
録画した映画を見ながら、チョコレートをつまんで、
ウィスキーかブランデーなんぞ飲ろうものなら・・・
もう、止まりません!
しかも合間に、ナッツやチーズなんか食べちゃうとエンドレスモード。
翌日、深~く反省する羽目に・・・。
(^◇^;


ちなみにナッツの内の一つは、なんと”鮑味”!
(ど、どんな味なんだろー。なんかこわいなぁ・・・。)
鮑ってオーストラリアでポピュラーな食べ物なのかしらん。
でも、我輩は鮑苦手だから、パスさせていただきましたけどね。


チョコを食べるべきか否か・・・。
体重計とにらめっこしている女将かっぱなのでした。



[PR]

by keigappa | 2018-05-12 19:54

飯田商店のカップ麺がますます美味しくなったそーな

以前、我輩が”かっぱブログ”で紹介した
湯河原の超有名ラーメン店「飯田商店」のカップ麺。
それなりに美味しいものだったが、さらに進化をとげたらしい。
e0234016_18503428.jpg
前回紹介したのは、縦型のビッグサイズだったけど、
今回のはどんぶりタイプ。
一番の違いは麺がノンフライ麺になったことと、
スープが無化調(化学調味料を使用しない)であること。
飯田商店の店主がこだわるスープの味の再現に、
メーカーが真摯に応えてくれたよーですぞ。

我輩はめったにカップラーメンを食べないのだけど、
社長さんがひとつくれたので、お味見してみました。
うーん、たしかにカップ麺とは思えないレベルです。
ノンフライ麺にしたことで、スープの美味しさがよくわかりますな。

ちなみに加満田の社長と女将のお勧めの食べ方は、
三つ葉を入れて食べること。
”ラーメンに三つ葉!?”
と思われるでしょうが、鶏ガラスープに醤油は和風の味付け。
三つ葉はとても合うのですよ。

飯田商店のラーメンをお店で味わうのは至難の業。
(お昼のために、朝7時から並んで整理券をとるそーな)
まずはカップ麺でお試しください。
湯河原町内では、スーパーでもコンビニでも山積みしてありましたぞ。

あ、ところで、社長さん。

お腹が出てきたのが気になるなら、
スープは残した方がいいと思うんだけどなぁ。
(^◇^)ケッケッケ



[PR]

by keigappa | 2018-05-06 18:51

お客様の愛が女将を太らせる?

ゴールデンウィークですねえ。
皆様は楽しい休日を過ごされているのでしょうなあ。
我輩は真面目にお仕事に励んでおりますぞ。
ゴールデンウィークぐらいちゃんと働かないと、
加満田に養って貰えなくなっちゃいますからね。


忙しいと痩せる・・・というのは、一般的なイメージですが、
加満田では”忙しいと太る!”のです。
特に女将さんの場合はね。


理由は簡単。
ちゃんと食事をする暇がなくて、間食が増えるから。


そもそも常連さんが多い加満田では、
お客様からお菓子などを頂くことが多いわけです。
むろん、皆で分けて頂くのですが、
「女将さんに・・・」と、特に好物を頂く場合もありまして、
(我輩のブログのおかげ?)
そうなると、女将さんは誘惑に負けちゃうのですな。


こちらの写真をご覧ください。

e0234016_17342233.jpg
先月、常連のO様から頂いたものですが、
なかなか写真を撮ってくれなくて、ブログに書けずにいたのです。
その間、中身の方は着々と減っておりまして、
すでに4箱は空になっております。(笑)


写真を撮るまで箱を壊さないよーに・・・と、
隙間から引っ張り出してはポリポリ。
本当にこういうものに目がないんだからーっ!
(^_^;)
お客様の愛は、着実に女将(のお腹周り?)を育てて下さっておりまーす。

ちなみに我輩はお酒を頂きましたが、
ゴーデンウィークがあけてから、しみじみ味わおうと思っております。
開けたらご報告しますねー!
では、皆様よい休日をお過ごしください。



[PR]

by keigappa | 2018-05-02 17:37



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る