人気ブログランキング |

blog keiがっぱの言いたい放題

カテゴリ:未分類( 743 )


かっぱ母に異変!?

”かっぱ母”はかなりの高齢なのだが、
虚弱な我輩と違ってかなり元気である。
(本人曰く、頭以外は・・・)

杖もつかず歩行できるし、食べ物の制限もない。
なによりも我輩が羨ましいのは、身体が柔らかいせいか、
間接痛、神経痛、肩凝り、腰痛に縁がないのだ。

”かっぱ父”
に似て身体の固い我輩は、年中どっかしら痛い。
我輩より31才も年上の”かっぱ母”は、それを見て
”あらあら、大変ね~。お気の毒。”
と、まったく他人事なのである。


そんな元気な”かっぱ母”に異変が起きた。
身体がだるくて自分のものではないようだと言い、
胃腸は丈夫なはずなのに、胃のあたりに痛みと違和感があるといって、
食欲ががたんと落ちた。
デイサービスも休みがちになって、心配したスタッフから何度も連絡が来た。

いよいよこれは”フレイル”か!?


見るからに衰弱し、辛そうに身体を動かす”かっぱ母”をみて、
これはもう入院か、施設を探すしかないかも・・・と覚悟した我輩。
しかし、お風呂に入れてあげようと服を脱がせたら、ビックリ!
お腹から背中にかけて爛れたような発疹の痕がある。

な、なんじゃ、こりゃ?


翌日、病院に連れて行って、具合の悪かった理由が判明。
なんと帯状疱疹でした。
そりゃ、だるくて辛いわなぁ。
しかもお腹周りに出来たせいで、本人は胃が悪いと思っていたから、
あまり食べてなくて体力もがたんと落ちていたわけです。

”病気でよかった”って言うのも変だけど、
理由もなく弱っていたわけじゃなくて、ひと安心。

その後、我が家で静養生活。
揚げ前据え膳で3食しっかり食べて、グーグー寝ていたら、
すっかり元気を取り戻しましたぞ。
いや~、よかった、よかった。
("⌒∇⌒")


すっかり味をしめた”かっぱ母”
今後は我が家を3食昼寝付きの別荘代わりにする気満々。
まあ、元気でいてくれるのが何よりです、はい。



by keigappa | 2019-07-21 16:44

なぜかバナナ・・・

ときどき我輩の机の上にバナナが置いてある。

e0234016_15584809.jpg
河童にきゅうりなら分かるが、なぜバナナ・・・?

バナナをくれるのは社長さんである。
素直な社長さんは、スーパーやコンビニの戦略に乗せられやすい。
とあるドラッグストアのレジ近くにバナナが積んであるらしく、
そこで買物をすると、ついバナナを購入してしまうのだ。


とはいえ、バナナがそう好きなわけではなく、
ひとりで食べるには、5本はいささか多い。
そこで、健康のためにスムージーを毎日作って飲んでいる我輩に
おすそ分けしてくれるというわけだ。


ちなみに、そのドラッグストアのもやしを気に入っていると言ったら、
たまに、もやしも買って来てくれるようになりましたぞ。
こうやって、どんどん養われ度が上がっていく我輩。
最近はきゅうりいんげんも採れるようになって、
ますます豊かな食生活。


雨続きで気分が今ひとつ上がらない時も、
美味しいつまみで、お酒をクポッすれば気分上々になれるのさ!
木々は青々、河童は赤ら顔なんちゃってね。




by keigappa | 2019-07-14 16:04

話題性ありすぎるお土産

”ひっ、ひぇ~!?”
(かっぱの内なる悲鳴・・・)


正直、びびってしまった。
何にかって?
”M.I様”のお土産にである。

旅行が趣味の”M.I様”
毎回、我輩にお土産を買ってきて下さるのは嬉しいのだが、
ブログネタになるような面白いものを・・・と、
考えて下さるらしく、回を重ねるごとに、
珍しいけれど、ちょっと怖いものになってきているのである。


で、今回頂いたのはこちら。

e0234016_17533301.jpg
後ろのロシアケーキは歌舞伎座土産。
(三谷幸喜の新作歌舞伎の舞台がロシアだかららしい。)
我輩がびびったのは、前方の二品。
”むつごろうの丸干””クロコダイルのジャーキー”

”むつごろう”って、有明海の干潟の中で跳ねてる魚だよね?
食べられるの、あれ?


”クロコダイル”ってワニでしょ?
確かにワニのステーキとか出す国もあるけど・・・、
河童が食べるの?、ワニを?

実は怖がりな我輩。
でも頂いたからには、食べなくてはブログが書けない。
勇気を出して、箱を開けて・・・さらにビビりました・・・。

e0234016_17573465.jpg

こ、これ、まるで河童のミイラ・・・。
Σ(@д@;ノ)ノ ヒィィィ~...


ビビりすぎて、味がわからない状態。

続いてこちらがクロコダイル。

e0234016_17585895.jpg
e0234016_17592110.jpg

なんというか、エイヒレに近い味なんだけど、
頭の中でワニが踊っちゃってる。
我輩、フック船長状態です。
ワニ、怖い!!


”M.I様”、ごめんなさい。
河童は意外と食べ物には、保守的な生き物なのです。
(そもそも姿造りが食べられないくらいだし)
挫折した河童の代わりに、残りは板長が頂きました。
m(_ _;)m



by keigappa | 2019-07-05 18:02

女将さんのささやかな楽しみ

ん?
珍しく女将さんが熱心に書類を書いているぞ?


と、思ったら、書いていたのはこれ。

e0234016_19162890.jpg
笑わないでね。
これ、女将さんのささやかな楽しみなのです。


加満田ではJA全農とちぎからお米を取り寄せているのだけど、
このお米の袋についているシールをせっせと集めておいて、
応募はがきに貼って出すと、栃木の名産品とかが当たるらしい。


以前はバーコードを集めると商品と交換できたらしいが、
(栃木の旅館に泊まったりできたそーな)
今は抽選になってしまった。
それでも、前回も苺をGETして喜んでおりましたな。


ちなみに今回は大物の炊飯器狙いだそーですが、
さて、どうなりますか・・・。

しかし、老舗旅館の女将にしては、なんともつましい生活ですなあ。

ゴールデンウィークの後は、ずーっと暇な状態。
湯河原上空を閑古鳥が飛んでいるようですぞ。
これではお米もあんまり消費できないなあ・・・。


というわけで皆様、どーか加満田に来て、
女将さんのために(?)、せっせとお米食べてあげて下さーい。
(≧∇≦)



by keigappa | 2019-06-29 19:18

お客様にも養われております・・・

我輩が”かっぱ母”の家に行っている間に、”Y.I様”がいらした。
今回もお目にかかれず、心苦しい限りである。
年に数回見えるのだが、お仕事の関係で火曜日にいらっしゃることが多く、
我輩がいない時に当たりやすいのである。


にもかかわらず、”Y・I様”は、
我輩にいつもお土産のお酒を持ってきて下さるのだ。
今回も我輩の好きなワイルドターキーを頂いた。

e0234016_18171292.jpg

考えてみると、随分長いこと自分でバーボンを買っていない。
ということは・・・、
我輩の消費ウィスキーはほとんど”Y・I様”に頂いているってこと?
いやぁ、すっかり養われておりますなあ。(^_^;)


加満田にいると、野菜はもらえるし、
女将さんは色々とおかず作ってくれるし、
加えてお客様にお酒やお菓子はもらえるし(?)・・・もう、最高!
河童にとって極上の住み心地ですぞ。


でも、頂くばかりでは心苦しいなぁ・・・。
「河童の恩返し」、何ができるかしらん?
皿洗い?草むしり?
うーん、あんまりお役には立てそうにないかも。
まさか、「お背中流します!」ってわけにもいかないしねぇ。


なんのお礼もできませんが、
加満田を愛して下さるお客様、
そして河童を養って下さるお客様(?)に、
心からの感謝を念をお送りいたします。
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ- 感謝~!!




by keigappa | 2019-06-23 18:21

社長さんが表彰されちゃうのだ

加満田の社長さんは、”いい人”である。
これは従業員一同の一致した見解。
あんまり旅館のお仕事には熱心じゃないけれど(笑)、
民生委員や奥湯河原区長、その他地域のためには日々尽くしているのである。


そんな努力が認められて、この度表彰されることになった。
なんと令和元年の「神奈川県県民功労者表彰」の受賞者に決まったのだ。
この表彰は県の最高表彰のひとつで、
”団体や地域の活動などを通じて社会福祉、保険衛生、産業、経済、
教育・文化、生活環境等の分野で長年にわたり活躍し、特に優れた方々”

を表彰するのだそーな。


おおっ!
社長さん、すごいじゃないですかぁ~!!


でも、県も認める”いい人”となったからには、
酔っぱらってへべれけになっちゃだめですよ~♪
皆様の規範となるべく、清く正しく生活しましょうねー。(笑)
(^◇^)ケッケッケ




by keigappa | 2019-06-16 18:03

初物きゅうりで元気100倍!

”しばらくブログが更新されないなあ”
”かっぱの奴、サボっているな”


なーんて、皆様に思われていたのではないだろーか。

けっしてサボるつもりはなかったのだが、我輩にも事情があったのである。

”かっぱ父”の命日に合わせて、”かっぱ母”やその弟妹と一緒に
「お墓参り一泊ツアー」を催行。
その後、溜まった仕事を片付けてから、ブログを書く・・・予定だったが、
溜まった仕事を片付けないうちに、急性腸炎でダウンしてしまったのだ。

「あんたはほんとに虚弱な河童だねぇ~。」


例によって、女将さんには呆れられるし、
情けないやら、申し訳ないやら・・・。
発熱と下痢で買物に行く気力もなく、ゼリー栄養食で過ごすこと3日。
(でも体重はあまり落ちない、ゼリー栄養食恐るべし!!)

ようやく本日、お仕事に復帰しました。

そして女将さんが我輩にくれた特効薬。
じゃーん!

e0234016_20044535.jpg
今年の初物きゅうりでーす!!

もう、さっそく食べましたよ。

数日ぶりの生野菜!うまっ!!

やっぱり河童の元気の素はきゅうりですな。
今年の豊作を心から願っております。

しかし、この時期お腹の弱い人は特に用心が必要ですなぁ。
皆様も十分にお気を付け下さいね。



by keigappa | 2019-06-12 20:08

師匠の庭を見に行ってきた

庭仕事初心者の我輩には、”師匠”がいる。
高校の同級生だったM君である。
”かっぱ父”と違って草花オンチの我輩のために、
わざわざ有休を使って指南に来てくれたりする有りがたーいお方なのだ。


以前から遊びに来るよう誘ってくれていたので、
加満田の全館休業日を利用して、泊まりがけでお邪魔してきた。

M君は母上と二人暮らしで、庭付きの家を借り、
その庭で色々な野菜を育てている。
よくある家庭菜園を想像していた我輩は、庭を見てびっくり!
まるで「モリのいる場所」に出て来る庭のようなのである。

e0234016_17510559.jpg
e0234016_17512811.jpg

色々な花と野菜が混然一体となっていて、
自然のまま、伸びやかに育っている。
正直、説明を受けないと、どれが何なのか我輩にはわからない。
(むろん、キャベツとかサニーレタスくらいはわかりますけど)

「自然農法というより放置プレイ!」
と、本人は笑っていたが、
夕食に頂いた野菜はどれもしっかりした野菜の旨みを感じましたぞ。
採れたてアスパラ、うまい!


しかしフルタイム勤務しながら、
これだけの野菜や草花、果樹の手入れをしているとは恐れ入る。
うーん、さすが“師匠”!!
我輩もがんばらねば!


「来年はアスパラ植えるといーよ!」
にこやかに勧めてくれるM君


ああ、食い意地ゆえに、植えてしまいそうな我輩。
”師匠”、これからもご指導よろしくねー!!




by keigappa | 2019-05-30 17:55

今日は湯かけまつりなんだけど・・・

本日は「湯かけまつり」である。
どんなお祭りかというと、温泉の神様への感謝を込めて、
神輿に温泉をぶっかけるのである。
神輿に温泉の湯を掛けるお祭りというのは、かなり珍しいらしい。


不動滝から泉公園まで練り歩く神輿に、
沿道の観客が温泉のお湯を勢いよく掛けて励ます。
(温泉は沿道に手桶とともに用意されております)
つまり担ぎ手はずぶ濡れになりながら、約2㎞練り歩くわけだ。

今日は真夏日に近い陽気で良かったけれど、
気温の低い時や風の強い時はかなりつらい状態になるでしょーなぁ。


なーんて、他人事ではないのだ。
この祭り、観客もずぶ濡れになる危険性”大”なのである。

理由はふたつある。


ひとつは、神輿に掛けようとした向こう側の観客のお湯が
勢い余って、こっち側に飛んでくる場合。

もうひとつは、御神酒の入った担ぎ手たちのテンションが上がって、
観客に向けてお湯を掛けてくる場合。

まあ、どちらにしても、一瞬のことで逃れようがないので、
”濡れるのも一興”と楽しんで下され。(笑)

でもねー、
なーんでか、「湯かけまつり」の日って、加満田は暇なんだよなぁ。
今日も土曜日とは思えないくらい。
もしや、御神酒を飲みたい社長さんの陰謀では?(¬_¬。)


「それはない!」
女将さんは言下に否定。
「たとえうちが満室でも祭りが優先だから。」


そ、そうなの?
(@_@;)


まあ、我輩は見には行かれないけれど、
温泉の神様に感謝して、自分で温泉浴びてきまーす。
皆様、来年の「湯かけまつり」の日は、加満田に来てね~!!



by keigappa | 2019-05-25 17:14

漫画の中に見覚えのある風景が?

数ヶ月前のことである。
集英社から取材依頼があった。

”旅行本?”
”温泉関係の本?
”加満田ゆかりの作家について?”


いーえ、全然違いまーす。

漫画家の先生が作品に描く場面(旅館や料理、露天風呂等)の
参考にするために取材をしたいとのことであった。
その作品は「明日ちゃんのセーラー服」
いわゆる”萌え系”というのですかなぁ。
セーラー服の可愛い女の子が主人公の青春漫画らしい。


我輩もかつてはかなり漫画好きであったが、
今はたまにしか読まなくなった。
しかも、我輩の好みは、”アクション系””バトル系”で、
”胸キュン青春系”には、とんと縁がない。
(ちなみに今、「キングダム」を読んでおります。)
したがって、この先生の作品も初めて拝見した。

e0234016_17351572.jpg

表紙だけは画像を使って紹介してよいという許可を頂いた。
が、皆さんには是非一度、お手にとって中をしっかり見て頂きたい。
加満田を愛して下さる皆様なら、
「おお、これは○○の間!」
とか
「この画は、あそこをモデルに描いたな・・・」
なんて、気が付いて頂けるにちがいない。


加満田でゆっくり寛ぎながら、ご夫婦やご家族、お友達と
そっくりなところ、変えてあるところ、
見つけながら話のタネにするのも一興ですぞ。
ちゃんと巻末に<取材協力>として、加満田の名前も出ております。




by keigappa | 2019-05-18 17:37



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る