blog keiがっぱの言いたい放題

カテゴリ:未分類( 685 )


忙しいと料理がしたくなる?

さすがにお盆シーズンは忙しい。
連日多くのお客様がご来館下さり、ありがたい限りだが、
今年は暑さも厳しく、皆バテバテという感じである。
お座敷さんや番頭さんは運動量が多いので大変なのだ。
この10日ほどで、ひと回りスマートになったような気がする。


”夏バテでそうめんしか食べられない”
・・・なんて話を聞くと、実に申し訳なく感じるのだが、
我輩は夏に食欲が落ちることがないんですな。
それなのに、
”夏バテしないように食べなくちゃ!”
とばかりに栄養のあるものを食べて、ビールを飲むから、
”夏痩せ”ならぬ”夏太り”をしてしまう。


加えて我輩には妙な癖があり、
忙しくなると無性に料理がしたくなるのだ。
まあ、ストレス解消になるのでしょうなあ。

幸い、現物支給給与でお野菜を色々頂けるので、
それをあれこれ料理して楽しんでいる。

ピーマンをもらったので、こんなの作ってみましたぞ。

e0234016_16503341.jpg
”ピーマンの肉詰め”
いやいや、”ピーマンのドライカレー詰め”でーす。

ドライカレーにチーズと卵を混ぜて、
ピーマンに詰めて焼いてみました。
冷たくして前菜風にしてもいいし、
むろんビールつまみにもなります。
女将さんにも持ってきてあげたら好評でした


ゴーヤピーマンの苦みとカレー粉は相性が良いし、
食欲増進効果もバッチリ!
あっ!
我輩は食欲増進する必要はなかったんだわ・・・(笑)。
σ(^◇^;;



[PR]

by keigappa | 2018-08-16 16:57

万願寺唐辛子を育ててみた

いよいよお盆に突入!
我輩もかっぱなりにお仕事に励んでおりますぞ!


しかし毎日暑いですなあ~。
今年は猛暑と豪雨のせいで、野菜がとても高いそうですな。
こういう時は、加満田の現物支給給与が本当に有り難い。
きゅうりミニトマトいんげんししとうピーマン
そろそろゴーヤも採れ始めました。
庭仕事担当の”Aさん”のおかげです。
感謝、感謝!


実は我輩も今年、庭に1本だけ野菜の苗を植えてみたのだ。
”かっぱ父”は、家庭菜園が趣味だったが、
我輩はもっぱら、”食べるの専門の人(かっぱ?)
ふとした気まぐれで植えてみた苗は万願寺唐辛子である。
(なんか世話しないで済みそうだったから・・・笑。)


「酒のつまみに5~6本採れればラッキーだな」
なんて考えていたのだが、
いやはや、1本からけっこう採れるものなんですなあ。
なんやかんやで今までに40本位収穫出来ましたぞ。

e0234016_19251356.jpg

真っ赤になったのは辛いのかと思っていたら、
普通の唐辛子と違って、甘味が増してパプリカみたい。
焼くととても美味しい。
とてもヘルシーでお酒にも合うから、
すっかり味をしめてしまいました。
やっぱり、育てるなら花より食べられるものがいいなぁ。
(^▽^)



[PR]

by keigappa | 2018-08-11 19:28

河童ってこんな奴?

我輩は加満田の池に住みつく前は、
他の旅館にお世話になっていたのだが、
その旅館の常連だった方が今でも加満田にいらして下さる。
中でもN様は我輩と同い年ということもあって、
ちょっとお友達みたいな感じでお付き合いさせて頂いている。


そのN様に以前頂いたのが、これ。

e0234016_19372792.jpg
遠野に旅行した時に目に付いて、我輩に買ってきて下さったのだ。
手拭いに河童についてあれこれ説明してある。

まあ、我輩としては、納得できない点も多々あるが、
これは遠野の河童についての説明だから、
我輩とは種族が違うのだということにしておこう。
(しかし、なんで尻の穴が三つもあるのかなぁ・・・。)


加満田では今、”かっぱまつり”として、
清水崑先生の原画の他、様々なかっぱグッズを展示中である。
この手拭いも談話室に展示させて頂いているので、
加満田にお出での際には、是非ご覧いただきたい。


連日の猛暑で河童の皿も干上がりそうである。
加満田の美味しい水と”かっぱ水”
そして”麦の水(ビール)””米の水(酒)”
せっせと皿に注ぎ込んで、夏を乗り切ろう!!


[PR]

by keigappa | 2018-08-02 19:41

かっぱ水みたいなものかしらん

連日の暑さにバテバテという方も多いのではないだろうか。
我輩は比較的暑さには強い方だが、皿が乾くと命にかかわるので、
水分の補給には十分気を付けている。


幸い、胡瓜のシーズンになり、我輩も現物支給給与として、
胡瓜を頂けるので、毎日ポリポリ。
胡瓜は身体を冷やす効果もあり、水分補給には最適な野菜なのである。


最近、知人に、胡瓜を使った”デトックスウォーター”なるものを教わり、
さっそく作ってみた。

e0234016_17054272.jpg
胡瓜、レモン、生姜のスライスとミントの葉をミネラルウォーターに入れて、
24h冷蔵庫で冷やすだけの簡単なものだが、身体の老廃物を出して、
ダイエットにもいいそうな。
河童の世界には”かっぱ水”なるものがあるが、
多分それと似たようなものなのだろうと思う。

かなり胡瓜の香りが強いので、好みは分かれそうだけど、
河童には最適な飲物かも。


ちなみに、胡瓜は世界一栄養のない野菜としてギネスに載っているそうな。
ちょっとショックだなあ・・・。


[PR]

by keigappa | 2018-07-28 17:07

梅干してます

連日異常なほど暑いが、晴天が続いているので、
梅を干すにはありがたい陽気。

加満田では、毎年、「梅酒」「梅ジュース」「梅干し」
作っているが、梅干しだけは天候の影響を大きく受けるのである。
梅を干したり、仕舞ったりは、女将さんとお勝手のMさんの仕事なので、
長梅雨の年などは、いつ干せるのかと、二人で毎日天を仰いでおりましたぞ。


加満田は木々に囲まれているので、意外と梅を干せる場所が少ない。
(まさかお客様の部屋の前には、干せないしねぇ・・・)
仕込んだ梅干しを一気に干す場所がないので、
従業員の出入口付近で、少しずつ天日干しをするのである。

e0234016_18162065.jpg

女将曰く、今年の梅干しは、あまりしょっぱくなく、
よい仕上がりだそーな。
暑くて食欲のない時は、梅干しのおにぎりが一番!
皆さん、しっかり食べて夏を乗り切りましょうぞ。



[PR]

by keigappa | 2018-07-22 18:18

なんちゃって女将の緊急避難?

このブログをずっと読んで下さっている方々には周知の事実だが、
加満田の女将は、”なんちゃって女将”である。
ちなみにこれは我輩が付けたわけではなく、
当人がそう自称しているのだ。


今時、着物を着て客室に挨拶回りする女将さんは珍しいし、
そういう時の女将さんは、我輩の目から見ても、
いかにも老舗旅館の女将という落ち着いた物腰である。

し、か、し!
本来の女将さんは、結構いいかげんでグータラなのだ。
その”なんちゃって”ぶりが、格好のブログネタになるのである。


そして今朝もやらかしてくれました!
もう、我輩、笑いをこらえるのに必死でしたぞ!!


加満田にいらしたことがある方はご存じだと思うが、
加満田のフロントには呼び出しボタンがある。
フロントの奥にいると声が聞こえないので、
お客様がそのボタンを押すと奥の鎌田家でチャイムが鳴る。


今朝、そのチャイムがなったので奥から出てきたら、
カウンターの向こうには、もちろんお客様がいらっしゃるのだが、
なんとカウンターの下に女将さんが、
”伏せ”の姿勢で隠れているではないか!
その姿は、まるで熊に遭遇した人の死んだフリ。


思わず噴き出してしまいそうだったが、
お客様の手前、何食わぬ顔で会計を済ませた。

お客様はもちろん何も気付かず立ち去られたが、
その後で女将さんいわく

「あんた、あんまり落ち着いているから、
私に気付いてないのかと思った。」


んなわけないでしょ!!
ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


そもそもなんで隠れたかというと・・・
着物を着る前の女将さんは、かなり”なんちゃって”な格好なんですな。
つまり、”けっして人前に出てはならない姿”
(いや別に露出度が高いわけではありませんが・・・)
その姿で、”伏せ”をしているところをご想像下さい。
かなり笑えるでしょ?


でも、先日いらしたお客様が言っておられました。
「加満田はこのユルさがいいんだよね~。」


連日、信じられないくらいの暑さですが、
朝夕には涼風が立つのが、奥湯河原のよいところ。
木々の緑と温泉パワーで心身をリフレッシュしましょう。
”なんちゃって女将””酒飲みかっぱ”が、
皆様をゆる~くおもてなしいたしますぞ。



[PR]

by keigappa | 2018-07-16 18:12

かっぱのあられ&かりんとうが新発売!

いやぁ、暑いですねぇ・・・。

今年は梅雨明けが早かった分、夏の暑さも早々やってきて、
長~い夏になりそうです。
日本の暑さはもはや亜熱帯並みですな。
(まあ、それでも奥湯河原はましな方ですけどね。)


暑いとビールが美味い!
・・・のは良いけれど、
仕事する気力が出なくて困っちゃう。
体力自慢の女将さんも今年は色々あって、ちょっとバテ気味。

「女将さん、今年の”かっぱまつり”は、何もしないの?」


「・・・。(無言)」


一応、展示はするものの、昨年のフォトコンテストとか、
その前のはがき絵コンテストのような企画はないらしい。
そのかわり、今年は加満田オリジナルの新商品が登場!
「かっぱのあられ&かりんとう」でーす!

e0234016_18011551.jpg
ミニサイズだから、湯あがりのビールのお伴やお茶請けにも最適。
清水崑先生のかっぱ絵が可愛いので、
お土産にも喜ばれること間違いなしですぞ。

あられは、”柿の種””あげせん柿種””あげせんカマンベール”
かりんとうは、”りんごとシナモン””白蜜””黒糖丸”

1袋150円だから3種セットで450円。
お財布に優しいお土産でしょ?

まずは自分用に1袋、いかがかな?

でも、あれこれ味をみたいからと、
食事前に食べ過ぎぬよう、くれぐれもお気を付け下さいね。
("⌒∇⌒")



[PR]

by keigappa | 2018-07-13 18:04

努力を無にして悪いけど・・・

いやはや、”たがが雨、されど雨”
まさかの大雨で各地に甚大な被害が出てしまった。
早々と梅雨が明けたと思ったら、まるで亜熱帯地方のスコールのような大雨。
被害を受けた方々の生活が一日も早く再建されることを、
我輩も心からお祈り申し上げます。


人間が長い歳月をかけて橋や道路を造っても、
自然がその力をふるうと、一瞬にして全てが破壊される。
それでもまた立ち上がり、積み上げていくしかない。
打ちのめされたままでいるわけにはいかないのだ。


なーんて、熱く語っていたくせに・・・


我輩も一瞬で破壊してしまったのです。
蜂君がせっせと造っていた巣を。
だって、蜂君たらこんなところに巣を作ろうとしていたんですもの。

e0234016_19125343.jpg
これ、我輩の洗濯ハンガーなのです。
ここに巣を作られたら、我輩の洗濯ものが干せないじゃありませんか。
で、ぺしっと潰してしまいました。
蜂君、努力を無にしてごめんねー!!
( ̄▽ ̄)ゞワルイワルイ


[PR]

by keigappa | 2018-07-07 19:15

この野苺は食べられるの?

家庭菜園と果樹の手入れが趣味だった”かっぱ父”と違い、
草花には全く興味がなかった我輩。
こんなに自然豊かな環境にいながら、
庭園に咲く花の名前もわからぬ駄目がっぱだったが、
最近、ちょっとだけ草花への興味が出てきたのだ。


”かっぱ母”
のために、花壇に花を植えたり、
雑草対策にハーブを植えたり、植木の刈り込みをしたり。
そんなことをしていると、だんだん他の家の花壇や公園の花が気になって来る。

いつものウォーキングコースでも、咲いている花に気付くようになった。
(あいかわらず、名前はわからないんだけどね。)

考えてみると、我輩でも子供の頃は学校の帰りに、
木イチゴやグミを食べたりしたものだった。

気をつけてみると、道端には色々な花が咲いたり、
実がなったりしているのだ。
先日も子供の頃食べた木イチゴを見つけて、
懐かしい思いで食べてみたのだが、
今回はまた違う野苺を見つけた。

e0234016_17072002.jpg

「食べられるのかなあ?これ。」


なにせ、女将の芹摘みを手伝って、せっせと毒芹を摘んでしまった我輩である。
念のためネットで検索してみたところ、
”ナワシロイチゴ”という野苺だと判明した。
食べられるけど、あまり甘くないので生食には向かないらしい。
”物は試し”とひとつ口に入れてみたけど、
やっぱりすっぱくて、あまりおいしくはなかった。
ジャムにでもすればいいのかもね。


最近は自宅のベランダでもハーブを栽培中。
ミントにバジルにローズマリー。
どこまでも食べられるものしか育てない、
も食いしん坊なかっぱなのでした。
(^◇^)ケッケッケ



[PR]

by keigappa | 2018-06-27 17:13

バーボン好きのかっぱです

我輩が”かっぱ母”の所に行っている間に、
常連の”Y・I様”がみえて、
またまた我輩にバーボンを下さった。

年に数回お見えになるのだが、このところなぜか、
我輩が”かっぱ母”のところに行っている時にばかり当たってしまい、
全然お目にかかれないのだ。
にもかかわらず、お土産ばかり頂戴して、本当に申し訳ない限り。
(と言いつつ、顔がニヤけている・・・と女将より指摘あり)

「Y.I様はあんたがバーボンしか飲まないと思っていたみたいだよ。
だから、”うちの河童は節操がないので、焼酎以外はなんでも飲みます”
って言っといた。」


”節操がない”はあんまりですけど・・・。
σ(^◇^;;


まあ、たしかに我輩、酒は何でも飲みます。
ビール、ワイン、日本酒、ウィスキー、ウォッカ、ラム、カクテル・・・etc.
焼酎だって飲めないわけじゃないし。
(あんまり好きじゃないけどね)

でも、やっぱりバーボンの香りが好きなんだよね。
特に好きなのが「ワイルド・ターキー」

Y.I様は毎回ひねりを効かせたバーボンを持ってきて下さるので、
我輩、感謝♡感謝!なのです。

e0234016_19074261.jpg

今回は、”かっぱ母”の家でとれたミントを一杯持ってきたから、
”ミント・ジェレップ”なんぞ作っちゃおうかしらん。
ワクワク ((o(⌒∇⌒ o)(o ⌒∇⌒)o))ワクワク




[PR]

by keigappa | 2018-06-23 19:11



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る