人気ブログランキング |

blog keiがっぱの言いたい放題

大変だけど心穏やか?

”かっぱ父”亡きあと、”かっぱ母”は1人で暮らしているので、
我輩は月に2回のペースで実家に通っている。
病院の付き添いや庭の手入れなど、
片付けなくてはならない用事が色々あるのだ。


しかし当然、お店には迷惑がかかる。
我輩の留守中、女将さんと社長さん二人きりで
切り盛りしてくれているわけだからねぇ。
(まあ、女将さんが8割ですけど・・・笑。)


というわけで、今朝しみじみと、

「理解のある社長さんと女将さんのおかげで、
なんとか”かっぱ母”との生活も成り立っています。
本当に感謝しております。」


と言ったのだが、そこで女将さんが一言。

「(あんたがいないと)身体は大変だけど、心は穏やかだから。」


えっえ~?
そ、そーなの?
ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック


聞いていた社長さんは、バカ受けして、
我輩の甲羅をベシベシ叩きながら笑い転げておりましたが。


以前にも触れたとーり、我輩、女将さんにとっては微妙な存在でして・・・。


”いないと不便だけど、いるとストレス”
が、女将の本音。


社長さん曰く、
「しかも時々”ウニ”になるしねぇー。」


”ウニ”
とは我輩がテンパッてイライラしている状態。
仕事で煮詰まると我輩の甲羅には棘が出るらしい。
(お前はガメラか!?)
先日も新しい会計ソフトと格闘している間、
すごい状態になっていたようですな。
棘に当たらないよう、社長さん迂回していたそーな。


「あんたがいないのは、私にとってちょうどいい息抜きになるの。
だからママにそう言っておきな。」


”かっぱ母”と我輩に気を使わせないよう、そう言ってくれる女将さん。
ちょっと口は悪いけど、とっても優しいのだ。
女将さん、これからも“養われかっぱ”をよろしくお願いします。



by keigappa | 2019-03-17 19:10
<< 筍のシーズンなのに・・・ 露天で花見もおつなもの >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る