blog keiがっぱの言いたい放題

ワイルドターキー・レアブリードに再会!

ご来館の度に我輩にお酒を持ってきて下さる”Y.I様”に、
12月に頂いたバーボンをようやく開けた。
「ワイルド・ターキー・レアブリード」である。

e0234016_19290122.jpg

我輩が、このお酒を頂くのは2度目。
熟成年数の異なる原酒をブレンドしたこの酒は、
バーボンらしい甘みと苦みがほどよくミックスし、
とても飲みやすく感じられるのだが・・・アルコール度数は56.4度!
いい気になって飲むと翌日後悔する羽目になる。

我輩は週に5日酒を飲む。
(週に2日は肝臓を休ませております、はい。)
我輩は食事とアルコールの組み合わせにこだわるので、
食事と共にビールかワインか日本酒を飲み、
(1種類とはかぎらないけどね・・・へへへ)
その後で、映画など見ながらウィスキーやラム等を楽しむ。
これは至福の時間なのだが・・・。

ここで要注意!
映画の内容が我輩の飲酒量に著しく影響するのである。

一番悪いのは、テンションがあがるアクションものやミュージカル、
ゲラゲラ笑えるコメディ。
それから美味しそうに酒を飲むシーンがある映画。


反対にあまり飲みたくならないのは、シリアスな人間ドラマ、
法廷劇とか真面目に見ていないとわからなくなるしね。


多分、一番酒が進まないのはホラーだけど、
我輩は苦手なのでめったに見ることはないなあ。


食後のバーボンは最高だけど、ついついナッツとかチーズとか
高カロリーなつまみに手を出し、
1杯のつもりが2杯になり・・・
ああ、体重計が無情な宣告!


”今宵、飲むべきか、飲まざるべきか?”
再会したバーボンの誘惑に勝てないかっぱなのでした。
(^◇^;)




by keigappa | 2019-02-02 19:32
<< 頭の皿が痛い・・・ 下心の夏みかん >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る