blog keiがっぱの言いたい放題

下心の夏みかん

”かっぱ母”の家で、夏みかんを収穫してきた。

e0234016_16181030.jpg
”かっぱ父”が残した果樹は、巨峰キウイフルーツ
夏みかん鬼柚子姫柚子である。

我輩に興味も時間もないため、家庭菜園は全滅したが、
果樹は頑張って毎年実をつけてくれる。
そうなると根が貧乏症の我輩としては、
せっせと収穫せずにはいられないのだ。


女将さんは柑橘類が大好きだが、我輩はあまり興味がなく、
夏みかんもたまに絞ってカクテルにしたりする程度。
幸い近所に夏みかんの好きな人がいるので、差し上げて来る。

しかし、今回は鎌田家に運んでまいりました。
これには理由というか下心がありまして・・・。


「夏みかん持ってきたら、
マーマレイド作ってあげるよ」


と、女将さんが言ってくれたからなんですな。


実は先日も鬼柚子を持って帰ってきたのです。
女将さんの作る「鬼柚子のジャム」は、”かっぱ母”のお気に入り。
”かっぱ母”のところに持って帰れるようにと、
前日に作ってくれたのですが、

「ごめーん!!やらかした!」


???


「最後にほんの少し砂糖を足すつもりが・・・入れちゃったぁ!」


えっ?え、えっ~??
(@_@;)


いや~、女将さんは見かけに寄らず(?)そそっかしいんです。
煮物作っていて、味醂と間違えて酢を入れたことも。
不思議とそれでも不味くはならないんですよ。
前回の「鬼柚子ジャム」も別に変な味にはならなかったし。


とはいえ、女将さんとしては満足のいく出来栄えではなかったらしく、
夏みかんを持ってきたら、リベンジすると申しておりましたので、
我輩、下心たっぷりに持って帰ってきた訳です。


さっき見たら、早速皮をむいて、綺麗に洗ってある。
楽しみだなぁ♪
あっ、そうだ、ヨーグルトでも買ってきておこーっと!!



by keigappa | 2019-01-26 16:27
<< ワイルドターキー・レアブリード... もはや恒例の浅草歌舞伎 >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る