blog keiがっぱの言いたい放題

猪ジャーキーを食べてみた

加満田がある奥湯河原は実に自然豊かな所である。
”自然”には木々の緑だけでなく、自然動物も含まれる。
時には猿や猪や狸が現れ、青鷺が池の鯉をさらっていくこともある。

お互いに仲良く共存出来ればよいが、
人間には人間の都合というものがある。
手入れをした庭をほじくり返されたり、
屋根裏に入られたりするのを、
黙って見過ごすわけにはいかないのだ。


とりわけ最近被害が大きいのが、猪によるもの。
菜園の野菜は食べられ、柵は壊され、あちらこちらが穴だらけにされる。
夜行性なので、めったに遭遇することはないとはいえ、
大形獣だから危険性もある。


天城の方では、猪鍋が有名だが、あまり一般的な食材ではない。
しかも、ハンターの高齢化が進み、解体も手間と体力を要するため、
有効利用されずに埋められるケースもある。
その現状を打破しようと、若手狩猟者たちが作ったのが、
野生動物解体処理施設「山の恵」である。

野生動物を解体し、皮や肉を有効利用し、後進の育成に役立てる。
その一環として作られた「いのししジャーキー」
湯河原の「石澤商店」で扱うことになったので、我輩も食べてみた。
(石澤商店は加満田がみかんを仕入れてるみかん屋さんでーす)

e0234016_18283291.jpg
かなり塩気は強いけど、”猪”って言われなかったら、
ビーフジャーキーだと思うんじゃないかな?
ちょっと珍しい湯河原土産にいいかもね。
石澤商店で販売中でーす!
("⌒∇⌒")


[PR]

by keigappa | 2018-11-01 18:32
<< 次期社長が無事(?)結婚 どうしても花ちゃんが観たかったのだ >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る