blog keiがっぱの言いたい放題

魚料理は女将におまかせ


我輩は結構料理好きなのだが、生魚を触るのが苦手である。
(あっ、今、”河童のくせに・・・”って思ったでしょ?)
とはいえ、魚を食べるのは決して嫌いではないのだ。
そして、有り難いことに、女将は魚を料理するのがとても上手なのである。

朝市で安く買ってきた(時にはただでもらってくるらしい)魚も、
女将の手にかかると、ちょっとした居酒屋には負けない料理になる。
鯖が〆鯖になって、棒寿司になったり、
文化干しになったり・・・。
(干してる間に、カラスに盗られたこともあったけどね。)

板場から鰤のアラがきたから、何になるのかと思ったら、
なんとトマト煮になって出てきたよ。
e0234016_20463150.jpg

これがまた、ワインに合うんだわ。

女将さんが色々と作ってくれるので、
我輩、魚料理はすっかり女将任せになってしまった。
干物も焼いてもらって、持って帰るだけ。
うーん、まさに「河童天国」ですな。
[PR]

by keigappa | 2016-02-04 20:47
<< はたして河童は動物か? 「やっぱり痩せる日はこない?」 >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る