blog keiがっぱの言いたい放題

捨てられない社長となんでも捨てちゃう女将


「断捨離」という言葉を耳にするようになって久しい。
片付けコンサルタントの”こんまり”こと近藤麻理恵さんは、
米国「TIME(タイム)」誌 世界で最も影響力のある100人に選ばれたそうな。

さて、ここで質問。
あなたは物を捨てられる人ですか・・・?

物は捨てなければ、増える一方。
収納スペースには限りがあるから、だんだん他を浸食し出す。
わかっちゃいるけど、捨てられない。
”いつか役に立つのでは?”と思っているけど、
だいたい持っていることも忘れたり、どこにあるか分からなかったり、
日の目を見ることはほとんどない。

で、加満田の社長さんは、まさにこのタイプ。
様々な資料、書類の類はもとより、コーヒー缶のふたから、
食べたアイスのバーまで、捨てられずにとってある。
したがって、社長さんのお仕事エリアは足の踏み場もない状態。
我輩はいつも探しものに苦労しているのである。

反対に女将さんは、物に執着がないタイプ。
余計なものがあるのが嫌いで、洋服も最低限しか持たない。
1人だったら、タンス1個で生活できるそーだが、
時々勢い余ってこんなことも・・・。

夜、レジを閉めたら、お金が合わなかった。
2万円以上も足りないので、青くなって原因を探したところ、
お米が届いて代引きで支払っていたことが判明した。
しかし、である。
肝心の領収書がない。
支払ったのは女将さんなのだが、当人もどこにやったか、
とんと記憶がない様子。

結局、我輩が見つけたのだが、どこにあったと思います?
なんとごみ箱の中!
女将さん、無意識に捨てちゃっていたんですねー。
破っていなかっただけよかったけれどさぁ。

なにも捨てられない社長さんなんでも捨てちゃう女将さん
二人合わせて、2で割れればいいんだけどねー。
(^_^;)

[PR]

by keigappa | 2016-01-17 15:21
<< 雪見酒は好きだけど・・・ 浅草歌舞伎でこんなの買ってみた >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る