blog keiがっぱの言いたい放題

大丈夫か?日本


桜島に続いて、今度は阿蘇山が噴火した。
鬼怒川の堤防決壊による被害地域では、
いまだ行方不明者も多く、捜索と復旧作業が続いている。
(地図で見たら、本当に河童の両親の家の近くでした・・・。)

いつもは私達を優しく癒してくれる自然だが、
甘く見ると、突然牙をむく。
そしてその力は圧倒的で、人間は自分の小ささを思い知らされるのだ。

今回の鬼怒川の堤防決壊は人災の側面もあるという。
民間企業がソーラーパネルの設置の為に、堤防を削ったということだ。
因果関係は、十分な調査をしなくてはわからないが、
もし真実なら、被災した人々はやりきれないことだろう。

我輩は河童である。
豊かな自然ときれいな水は、我輩にはかかせないものだ。
だから、心配になってきているのだ。
大丈夫か?日本。
地震が頻発し、火山が活発化してきている。
気候変動が激しくなり、局地的な豪雨や竜巻、
大型の台風などによる被害も相次いでいる。

そんな国で、原発は再稼働している。
被災地で人々を救助している自衛官も、
いつか他国で戦うことになりはしないか。
それは本当に必要なことなのか?

我輩には、よくわからない。
ただ漠然と不安になっているのだ。
国とか、宗教とか、人種とか、そんなことで争っている人間に、
いつか自然が裁きを下すのではないかと。

小さな国の小さな町の小さな池のほとりで、
一匹の河童が、そんなことを考えていましたとさ。
[PR]

by keigappa | 2015-09-14 18:51
<< かながわ旅行券を使ってみたよ 台風は過ぎたけれど >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る