blog keiがっぱの言いたい放題

台風は過ぎたけれど

台風は過ぎ去り、今日の湯河原は久々の快晴となった。
しかし、栃木や茨城、宮城などで、大変な被害で、
被害に遭われた方々を思うと、心痛むばかりである。
しかも、今回の被害地のひとつ、茨城県常総市は、
我輩の親の住む守谷市のすぐ隣なのだ。

実は我輩、台風にもめげず、9日から東京に行っていた。
なにせ買っておいた「ピピン」のチケットは、9日の昼の公演。
前日には、台風情報を睨みつつ、
”どーか、電車よ、止まらないで~!”
と、祈り続けた。
その甲斐あって、なんとか無事に公演を見ることが出来た。
(まあ、電車は一時止まっていたけど、なんとか動いてくれました。)
東京の雨は強くなったり、弱くなったりしていたけれど、
たいしたこともなく、友人ともんじゃを食べて、浅草に泊まった。
で、翌日も、プラネタリウムをみたり、「ボルドー展」に行ったりと、
休日を満喫していたら、友人達から次々とメールが・・・。

「守谷市にも避難勧告が出されたそうだけど、ご両親大丈夫?」

ええ~っ!
そうなの?
全然、知らなかった・・・。σ(^◇^;;

そもそもTVを見る習慣がないし、スマホも持っていない我輩。
加満田にいる時は、一応、ネットでニュースをチェックしているし、
重大ニュースがあれば、”TVは友達!”の社長さんが、
頼まなくても教えてくれるけど・・・。
出先では、ほぼ情報難民状態であることが判明してしまった。
(トホホ・・・)

幸い、親達は何事もなく、元気でありましたが、
次々と友人知人から、心配して電話がかかって来るのに、
なぜ我が子からはかかってこない?
・・・と、怪しんでいたそーな。
親不幸な子ですみません・・・。
<(_ _)>

しかし、地球温暖化の影響なのか、このところ台風や竜巻、
大雨などによる被害が相次いでいるでしょ?
被害に遭うのは、明日は自分かもしれないよ。
オリンピックに浮かれるのもいいけれど、
足元を見つめることを忘れていないかなあ。
自分達の住んでいるこの地球、もっと皆で大切にしないと、
大変なことになっちゃうよ!
・・・と、池のほとりで、独り言を言っている河童なのでした。
[PR]

by keigappa | 2015-09-11 20:09
<< 大丈夫か?日本 河童の癖に、濡れるのはいやなのだ >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る