blog keiがっぱの言いたい放題

河童へろへろ・・・


”もう、だめっ!かっぱ限界!”
(≧◯≦)

冒頭から泣きを入れてしまいましたぁ・・・。

”かっぱブログ”が更新されないなあ・・・と、
思っていたお客様もいらっしゃるだろうが、
ベトナム呆けでサボっていたわけではありません。
帰って来てからというもの、怒涛の忙しさ。
溜まった仕事はあるわ、30人の宴会はあるわ、
月末月初の締めはあるわ・・・、
ブログどころか、この我輩が晩酌をする暇もない忙しさで、
かっぱは、もうヘロヘロなのであります。

もともと、我輩はそうタフな方ではないのですよ。
ミュージカルやワインを愛する都会派の河童ですから。
日々、川で魚を捕ったりする野生派の河童なら、
もっと体力もあるんでしょうけどねえ。

とにかくもう、腰が痛い・・・。(涙)
腰が痛くて、甲羅も背負えません。
(いや、甲羅って結構重いんですよ、実際)

連休が終わって、ほっと一息。
”今夜は晩酌出来るかなー?”
なんて考えていたら、女将さんが怖い一言。

「これから紅葉シーズンで忙しくなるからね。
遊んできたんだから、気合入れてがんばるよ!」

ひぇぇぇ~!!!
我輩には無理っす!!

しかし、女将さんはタフだねえ・・・。
朝も早くから夜遅くまで、休む暇なく働いて、
その合間に家事やって(これはちょっと手抜きだけど)、
我輩の何倍も動いているのに、けろっとしている。
それも着物でですよー!
いやぁ、本当にすごいわ。

「あたしゃ、寝れば回復するの。
それにしても、あんたは本当に弱いねえ・・・。」

・・・すみません・・・

我輩もそろそろ引退して、
もっと若くてタフな河童に、加満田の池を譲った方がいいかなあ・・・。
お腹もこわして、気弱になっている河童なのでした。

by keigappa | 2014-11-03 19:53
<< かっぱちゃんの天国と地獄 女将と河童のバカンスはどこへ? >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る