blog keiがっぱの言いたい放題

初体験!能舞台


歌舞伎は何度か観ている我輩だが、「能」は機会がなくて、
一度も観たことがない。

今回、ひょんなことから、「能」を初体験する機会に恵まれた。

”J”の誕生日祝いをするため、東京に行くことになったため、
(そう、やっぱり、それを口実に遊んじゃうのだ)
”何か観たいよーな芝居はないかなぁ・・・?”と、
ネットで探していたら、偶然、
「”第二回 能楽祭”のチケットを譲りたい」
という投稿にめぐり合ったのである。

そもそも、「能」の公演はほとんど、土日に行われるため、
我輩が行かれる可能性はほとんどない。
今回は、本当にラッキーだったのだ。

「能」を観にいくといったら、女将さんいわく、

前の日は、導眠剤飲んで、よーく寝ておきなさい。
そーしないと、100%寝るよ。」


そーなの?

でも、素直な我輩、ちゃんと言われたとおりにして、
よく寝ておきました。
それが、正解!
だって、譲って頂いたチケットは舞台正面最前列のど真ん中!
死んでも寝れないでしょ、ここじゃ!
e0234016_20221347.jpg


今回の「能」の出し物は、「國栖(くず)」という演目。
漁師の老夫婦が、追っ手に追われる天皇をかくまう話で、
最後に出てくる”蔵王権現”が、すごい迫力でした。
その他に、仕舞や狂言などもあって、バラエティにとんだ内容。
伝統芸能に触れた貴重なひとときでした。
(でも、やっぱり眠かったけど・・・)

「能」の足運びとか、坐り方には、独特のものがあるのですね。
席が良かったので、じっくり観ちゃいました。
「能楽祭」というのは、一種のファン感謝デーみたいなものらしく、
公演後、出演者を囲んでのカクテルパーティも開かれたようです。

何事も経験。
チャンスがあれば、また観てみたいとは思いますが・・・。
平日の公演は、やっぱりないんだろうなあ。

なーんて、ブログを書いていたら、社長さんがチラシを見て一言。

「あっ、僕、ここで踊ったことあるよ。」

えーっ?なんで?

「僕、仕舞やってたから、宝生流。」

そ、そーなの?

「あっ、私は観世。」(←女将です)

我輩と違って、育ちのいい(?)加満田の社長夫妻。
教養の差を感じたかっぱでありました。
[PR]

by keigappa | 2013-09-27 20:35
<< 加満田庭園の栗が採れました かっぱ像の名前が決まったよ >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る