blog keiがっぱの言いたい放題

かっぱなりの感想ですが・・・


我輩は先日のお休みに、劇場のはしごをしてきた。
昼は、渋谷の東急シアター・オーヴで、
フランスミュージカルの「ノートルダム・ド・パリ」を観劇。
夜は、天王洲アイルにある銀河劇場で、
アカペラのパフォーマンス集団の「ボカピープル」を見た。

まず、前評判の高い「ノートルダム・ド・パリ」
フランス版ミュージカルは、ブロードウェイミュージカルと異なり、
シンガー(歌う人)とダンサー(踊る人)の役割がはっきりしている。
シンガーはあくまで、朗々と歌い上げるし、
ダンサーは鍛え上げた身体で、アクロバティックなダンスを見せる。
その辺は好みの分かれるところであるが、
今回の作品は、我輩的には今ひとつであった。

音楽は美しいし、演出も悪くはない。
ダンサーの動きは、まるで”シルク・ド・ソレイユ”のようでさえある。

・・・が、惜しいかな、感情移入できないのである。
主人公のカジモドはともかく、後はとにかくジコチューな奴ばかり。
司祭のフロロは、エスメラルダに横恋慕したあげく、
”自分に道を誤らせたお前が悪い!”と、他人のせいにする。
近衛隊長のフェビュスは、婚約者がいながら、
”どっちの女も欲しいんだい!僕はハンサムだからいいんだい!”
とか考えて、エスメラルダと浮気するし。
ヒロインのエスメラルダも、カジモドが自分に惚れているのをいいことに、
”貴方は一番の友達よ、だから助けてねー。”と、困った時だけ、助けを求めるし。

加えて、衣装も地味で、エンディングも盛り上がりに欠ける。
シンガー、ダンサー、装置、音楽、それぞれは良いのに、
仕上がりがいまひとつで残念な感じだった。
あくまで、我輩の勝手な感想である。あしからず。

もうひとつの「ボカピープル」
これは、当たりであった。
白塗りで赤い唇、白いタイツを頭から被った怪しい姿の
男女8人のアカペラグループが、楽器も音響も一切使わず、
クイーンやらマドンナやらの曲を演奏(!)し、
かとおもえばオペラを歌い、ビートを刻み、コントを演じ・・・。
お客も巻き込んでの、笑えるパフォーマンスの数々、
いやー、楽しみました!

ユーチューブでも、彼らのパフォーマンスは見られるそうなので、
是非チェックして見て下さいな。
客席もノリノリで、とっても楽しかったよー。
落ち込んでいる時は、”ボカピープル”を観よう!
[PR]

by keigappa | 2013-03-08 21:03
<< 梅も満開、花粉も全開! 昼下がりの惨劇!? >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る