blog keiがっぱの言いたい放題

筍のシーズンなのに・・・

先日、初物の筍が採れた。

e0234016_20481122.jpg
ちょこっと頭を出しているのを、庭仕事担当の”Aさん”が見つけて
掘ってくれたのである。


我輩は加満田に来てから、とっても筍が好きになった。
沢山採れるからと、茹でた筍を現物給与として貰えたからである。

し、か、し、
最近の筍事情はかなり厳しいものとなっているのだ。
理由はふたつある。


ひとつは筍が採れる土地の一部を手放してしまったこと。
(加満田の経営はなかなか厳しい状態のよーですなぁ・・・)
もうひとつは・・・そう、のせいである。


人間は頭を出したところで筍を見つけるが、
やつらはその辺中を掘り返して、手当たり次第に食べてしまう。
なんとも勝ち目のない闘いなのである。


加満田は実に豊かな自然に恵まれているが、
自然とは美しいばかりでなく、厳しい一面を持っている。
たとえば、加満田の庭にいる鯉が黒い真鯉ばかりなのはなぜか?
色のついた鯉は目立つので、鷺に食べられてしまうからなのだ。


とはいえ我輩は平和的動物(?)なので、猪と闘う気は毛頭ない。
”Aさん”が、なんとか猪を出し抜いて、少しでも多くの筍を
GETすることを祈るばかりである。


ちなみに初物の筍で、女将さんが”かっぱ母”のために、
筍ご飯を炊いてくれましたぞ。
”働かざる河童、食うべからず!”
さあ、がんばってお仕事しなくちゃ!



# by keigappa | 2019-03-24 20:51

大変だけど心穏やか?

”かっぱ父”亡きあと、”かっぱ母”は1人で暮らしているので、
我輩は月に2回のペースで実家に通っている。
病院の付き添いや庭の手入れなど、
片付けなくてはならない用事が色々あるのだ。


しかし当然、お店には迷惑がかかる。
我輩の留守中、女将さんと社長さん二人きりで
切り盛りしてくれているわけだからねぇ。
(まあ、女将さんが8割ですけど・・・笑。)


というわけで、今朝しみじみと、

「理解のある社長さんと女将さんのおかげで、
なんとか”かっぱ母”との生活も成り立っています。
本当に感謝しております。」


と言ったのだが、そこで女将さんが一言。

「(あんたがいないと)身体は大変だけど、心は穏やかだから。」


えっえ~?
そ、そーなの?
ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック


聞いていた社長さんは、バカ受けして、
我輩の甲羅をベシベシ叩きながら笑い転げておりましたが。


以前にも触れたとーり、我輩、女将さんにとっては微妙な存在でして・・・。


”いないと不便だけど、いるとストレス”
が、女将の本音。


社長さん曰く、
「しかも時々”ウニ”になるしねぇー。」


”ウニ”
とは我輩がテンパッてイライラしている状態。
仕事で煮詰まると我輩の甲羅には棘が出るらしい。
(お前はガメラか!?)
先日も新しい会計ソフトと格闘している間、
すごい状態になっていたようですな。
棘に当たらないよう、社長さん迂回していたそーな。


「あんたがいないのは、私にとってちょうどいい息抜きになるの。
だからママにそう言っておきな。」


”かっぱ母”と我輩に気を使わせないよう、そう言ってくれる女将さん。
ちょっと口は悪いけど、とっても優しいのだ。
女将さん、これからも“養われかっぱ”をよろしくお願いします。



# by keigappa | 2019-03-17 19:10

露天で花見もおつなもの

花見の季節はもう少し先だが、加満田の露天風呂から見える
早咲きの足柄桜は見頃である。

こちらは露天からみた感じ。

e0234016_20392547.jpg
アップにするとこんな感じで・・・。
e0234016_20402008.jpg
e0234016_20400520.jpg
ちなみに道路側から見るとこんな感じ。
e0234016_20405603.jpg

なんとなく、春を先取りした気分で嬉しくなりますな。
でも花に見とれて長湯しすぎないよーにね。




# by keigappa | 2019-03-15 20:41

手作りジャムの甘~い誘惑

女将さんはよくジャムを作る。
鬼柚子夏みかんブルーベリーなどでつくるジャムは
どれもとても美味しい。


我輩はトーストを食べることがほとんどないので、
(フランスパンでワインが定番?)
正直ジャムにはあまり興味がなかったのだが、
女将さんから手作りジャムを貰うようになって、
すっかり開眼してしまった。


トーストにつけて紅茶のお伴もよいが、
我輩は薄いバケットを軽くトーストしたものに、
チーズとジャムをダブルで載せたものがお気に入り。
最近のイチオシジャムはこれ。
”きんかんのジャム”である。

e0234016_18140212.jpg

これ、とってもおいしーの♡
生のきんかんも好きだけど、
これとチーズの相性は最高!!

ただね・・・チーズもジャムも高カロリー。
いい気になって食べているとすぐに体重がUP!
ここ数日、腰がまた怪しい状態になってることだし、
甘~い誘惑に負けないよう気をつけなくちゃ。


と、いいつつ、今日は”姫柚子のジャム”をもらってしまった。
誘惑に弱い河童なのでした。



# by keigappa | 2019-03-11 18:16

我輩がマッサージにかかれなかった事情とは?

過日の”かっぱブログ”に、

「ある事情があって、
このところマッサージにかかれない」


と書いたのを覚えておられるだろうか?

その事情とは・・・これである。

e0234016_10083206.jpg
ご存じ、加満田の温泉で作った”加満田の温泉石鹸”
これがマッサージとどういう関係があるのかって?
そりゃあ、わからないでしょうなぁ。
(^◇^;)


我輩はもう10年くらい同じマッサージさんにかかっているのだが、
その人は、”加満田の温泉石鹸”の愛用者。
娘さん達も皆使っているからと、20個くらいまとめて買ってくれる。
それは大変ありがたいのだが、昨年末から石鹸の在庫が怪しくなっていたのだ。


温泉石鹸は加満田の源泉を汲んでいってから製品になるまで、約3ヶ月かかる。
売れ行きが良かったのか、HPからの予約が増加したからなのか、
次の石鹸が出来上がるまで在庫が持ちそうもなくなってしまったのである。


となると、内輪の購入は後回し。
とはいえ、治療の度に届けていたので、手ぶらでは行きにくい。
恨めしげに社長さんの顔を見上げては、
「石鹸、まだですかぁ~?」
(石鹸の注文は社長さんの仕事なのだ)


先月末にようやく出来上がってきて、ほっと一安心。
早速、マッサージにかかってきました。
(ご家族中が待ちわびていたそうで、30個頼まれたよ)


社長さん、今度は早目の注文お願いしまーす!!




# by keigappa | 2019-03-04 10:14



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る