人気ブログランキング |

blog keiがっぱの言いたい放題

大好きアレクサ君!

我輩は基本的に1人でいるのが好き。
酒を飲むと飲めや歌えやになるため、
社交的だと誤解されることが多いが、
1人になる時間がとれないとストレスを感じる。


自分のためにつまみを作り、それに合わせて酒を選ぶ。
(つまみは社長さんや女将さんにもらうことも多いけどね)
クポッと一杯!
至福の時!!

なので、家族とか同居人とかペットの類を必要と感じたことはないのだが、
そんな我輩にも相棒はいる。
Amazonのアレクサ君だ。


我輩は酒を飲む時にBGMをかけることが多い。
いちいちCDをかけるのもめんどうだし、
Amazonのプライム会員にもなっていることだし・・・
ということで、最初に買ったのが小さなAIスピーカーの"Echo-dot"

e0234016_18035327.jpg
ちなみにアレクサとは搭載されているAIの名称で、
「アレクサ、○○して」と頼むことで、ソフトが起動する。


これが便利なんですなあ。
音楽の再生はもちろん、ちょっとした調べ物もできるし、
料理しながら、
「5分たったら教えて」
なんてことも頼める。


淋しがり屋の人なら会話の相手もしてくれますぞ。
「アレクサ、ただいま」
といえば、
「お帰りなさい。帰ってきてくれて嬉しいです」
なんて言ってくれちゃう。


最近、我輩は画面付きのタイプの"Echo-show5"を2台購入。

e0234016_18053175.jpg
何のためにって?
ふっふっふ、”かっぱ母”とTV電話するためでーす。

”かっぱ母”はスマホを使っていない。
しかし最近は耳が遠くなってきたので、
電話だけではコミュニケーションが難しくなってきた。


で、画面付きの"Echo-show5"”かっぱ母”の家と我が家にセット。
これでお互いに顔を見ながら会話ができるというわけ。
”かっぱ母”も大満足しておりますぞ!
いやはや、便利な時代になったものですなあ。
(^。^)y-.。o○



# by keigappa | 2019-08-18 18:11

まるで”かりあげクン”?

以前、女将さんは長めの髪をひっつめにしていたのだが、
いくつかの理由により、1年半ほど前に短くした。
本人曰く、
1、ひっつめは頭が痛くなる
2、白髪が増えてきたので老けて見える
3、髪が長いと手入れがめんどくさい

   (きっと、これが一番の理由だと思う・・・)


我輩もそうなのでよくわかるのだが、
一度短くすると、どんどん短くしたくなる。
楽だからねぇ!!

そしてついに女将さんは、”かりあげクン”になってしまった。

地元の床屋さんにこうお願いしたそーな。

「前髪を切らないでおかしくない
 限界の長さまで切って!」


その結果がこれである。

e0234016_17484723.jpg

はい、おちゃめですねー。
女将さん、耳のつもりか、角のつもりか、
ふざけておりますが、これは何でしょう?

答えは、茄子でーす。
まるできゅうりのように長い茄子ですなあ。


我輩が真面目に仕事をしていると、
着物姿でいきなりこういうことするんです、女将さんは。
「老舗旅館の女将」なーんてイメージ、まるで無し!
中身も”かりあげクン”ですぞ、ほとんど。(笑)



# by keigappa | 2019-08-11 17:56

蜂の一刺し!

いやはや、梅雨が明けたと思ったら、連日の猛暑!
我輩は暑さには強い方だが、さすがにちょっとバテ気味である。
とにかく皿が乾き過ぎぬよう、水分補給には気を付けねば。


人間も河童もぐったりの暑さだが、虫さん達は元気だ。
蝉は鳴き、蝶は舞い、バッタが飛ぶ。
それは良いのだが、この時期、我々を悩ますのが、
せっせと巣作りに励む蜂さん達なのである。


彼らは実に勤勉で、休まず働き、あっという間に巣を作る。
木の上に作っている分には問題ないのだが、
彼らは雨を避けるために、軒下などに好んで巣を作る。
お客様が刺されると困るので、我々は巣を見つけると、
強力な殺虫剤で彼らを追い払い、巣を壊さざるえない。

まあ、彼らにしてみれば、何日間かの労働を一瞬で無にされるわけで、
恨まれても仕方ないのだが・・・。


やられちゃいました、蜂の一刺し。
<( ̄□ ̄;)>
子供の頃に刺されて以来だから、数十年ぶり。

まあ、我輩が不用心だったんですな。
なんだか蜂が飛んでいるから、巣があるだろうと見回したんだけど、
どうしても見つけられない。
社長さんに殺虫剤を構えてもらい、よく見ようと網戸を開けた途端、
蜂がわっと飛び立って、一匹に指をチクリとやられました。
(頭の皿じゃなくてよかった・・・)

どうも下に巣を作っていたよーです。

幸い、アシナガバチでした。
スズメバチだったら、もっと大変なことになっていたでしょうなあ。
それでも2時間くらい痛かったけど・・・くすん。


社長さんが、ちゃんと敵はとってくれたけど、
蜂さん達にとっては、こっちのほうがよっぽど悪者だよね。


梅雨寒の後は猛暑で、今年の夏は体調管理が大変。
皆さんも早目にしっかり休養を取るようにしてね。
もちろん加満田の温泉が一番のお勧めだよ~!!




# by keigappa | 2019-08-04 19:24

うな重大好き!

我輩はうなぎに目がない。

かなりの贅沢品なので、そう度々は食べられないが、
浅草に行けば”小柳”、女将さんがアッシーしてくれるなら”友栄”
ああ、三島の”桜家”もいいねえ・・・なんて、
涎が出そうになってくる。


そして、今日は「土用の丑の日」
やっぱり、うなぎを食べなくちゃね!!


親方に焼いてもらおうか、それともスーパーで買ってこようかと
思案していた我輩に、天の声が!

「久しぶりにご飯でも食べにいこーか?」


女将さんからの嬉しいお誘い。

「何、食べたい?」


鰻!うなぎ!ウナギ!
今日は何と言ってもでしょ!?

というわけで、本日のお昼は”itta”でうな重♡

e0234016_19514308.jpg

ここの鰻はとってもさっぱりしていて美味しい。
女将さんのお気に入りです。
〆にダシ茶漬にして食べるのが、またうまいんだわ。


ここはランチ専門で、アルコールも置いていないから、
我輩はあまりそそられなかったんだけど、
加満田にいらっしゃる際(またはお帰りの際)のお昼にはお勧めですな。


ちなみに看板猫のちーちゃんが出迎えてくれるのも、
猫好きの人にはこたえられないかも。


しかし、土曜日に女将さんとのんびりランチ出来ちゃうってことは、
いかに加満田が暇かってことですなぁ。
大丈夫なんだろーか、加満田!?
( ̄□ ̄;)




# by keigappa | 2019-07-27 19:54

かっぱ母に異変!?

”かっぱ母”はかなりの高齢なのだが、
虚弱な我輩と違ってかなり元気である。
(本人曰く、頭以外は・・・)

杖もつかず歩行できるし、食べ物の制限もない。
なによりも我輩が羨ましいのは、身体が柔らかいせいか、
間接痛、神経痛、肩凝り、腰痛に縁がないのだ。

”かっぱ父”
に似て身体の固い我輩は、年中どっかしら痛い。
我輩より31才も年上の”かっぱ母”は、それを見て
”あらあら、大変ね~。お気の毒。”
と、まったく他人事なのである。


そんな元気な”かっぱ母”に異変が起きた。
身体がだるくて自分のものではないようだと言い、
胃腸は丈夫なはずなのに、胃のあたりに痛みと違和感があるといって、
食欲ががたんと落ちた。
デイサービスも休みがちになって、心配したスタッフから何度も連絡が来た。

いよいよこれは”フレイル”か!?


見るからに衰弱し、辛そうに身体を動かす”かっぱ母”をみて、
これはもう入院か、施設を探すしかないかも・・・と覚悟した我輩。
しかし、お風呂に入れてあげようと服を脱がせたら、ビックリ!
お腹から背中にかけて爛れたような発疹の痕がある。

な、なんじゃ、こりゃ?


翌日、病院に連れて行って、具合の悪かった理由が判明。
なんと帯状疱疹でした。
そりゃ、だるくて辛いわなぁ。
しかもお腹周りに出来たせいで、本人は胃が悪いと思っていたから、
あまり食べてなくて体力もがたんと落ちていたわけです。

”病気でよかった”って言うのも変だけど、
理由もなく弱っていたわけじゃなくて、ひと安心。

その後、我が家で静養生活。
揚げ前据え膳で3食しっかり食べて、グーグー寝ていたら、
すっかり元気を取り戻しましたぞ。
いや~、よかった、よかった。
("⌒∇⌒")


すっかり味をしめた”かっぱ母”
今後は我が家を3食昼寝付きの別荘代わりにする気満々。
まあ、元気でいてくれるのが何よりです、はい。



# by keigappa | 2019-07-21 16:44



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る