blog keiがっぱの言いたい放題

<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


根曲がり竹は美味なのだ


今年も志賀高原から”根曲がり竹”が届いた。
e0234016_1929763.jpg

加満田に来るまで知らなかった食べ物だが、
今では大好物になってしまった。

鎌田家ではさば缶と一緒にみそ汁にするのだが、
我輩はあまりさば缶が得意でないので、
自分で皮ごと丸焼きにして酒のつまみにする。
e0234016_19292734.jpg


皮を剥いて、こしょう味噌をつけて食べると・・・
うまいっ!
ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ

その日のメニューは洋風で、ワインを飲んでいたにもかかわらず、
思わず冷蔵庫から冷酒を出して、ぐびり。
(つまみに合わせて酒を替えるから、ついつい飲みすぎちゃうんですな)

加満田にいると本当に食生活が豊かで、
我輩のお皿もつやつやしております。
今年はきゅうりが豊作で、毎日のように現物支給給与を頂いてるし、
女将は色々とおかずをくれるし、
社長さんは自分で買った酒のつまみを分けてくれる。
いやはや、河童天国ですなぁ。
[PR]

by keigappa | 2017-06-29 19:31

留守なのに頂いちゃいました

”かっぱ父”が亡くなって、”かっぱ母”が1人になってしまったため
我輩は月に2回のペースで、”かっぱ母”のところに行っている。
(加満田の社長さん、女将さんの温かいご理解あればこそです。
感謝、感謝!)

我輩も加満田の池で暮らすからには、加満田の一員。
常連のお客様、とりわけ”かっぱ愛”の深いお客様には、
出来るだけお目にかかって、ご挨拶したいと思っているのだが、
”かっぱ母”の通院の予定などとの兼ね合いで難しいときもある。

先日も、”かっぱ愛”の深いY・I様が来て下さったのだが、
我輩は留守でお会いできなかった。
にもかかわらず、お土産にバーボンウィスキーを頂戴してしまった。
いやはや、恐縮のかぎりである。(でも嬉しい♡)
( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
e0234016_1752037.jpg


我輩の知らないウィスキーだったので、調べてみた。
なんと!
これも我輩の好きな「ワイルドターキー」だったのである。
(お馴染の七面鳥ラベルじゃないから判らなかったよ)
ワイルドターキーの蒸留責任者がラッセルさんという人で、
提案した息子さんと親子二代の姓をとってつけた名前が、
「ラッセルズ・リザーブ」だそうな。

うーん、楽しみ!
いつ開けようかなぁ。

ちなみに、Y.I様は下戸で、お酒は一滴も飲まない。
なのにいつも我輩のために、珍しいお酒を持ってきて下さるのである。
かっぱ、感激~!!
o(*≧ω≦*)o

[PR]

by keigappa | 2017-06-25 17:07

蛍が見頃を迎えていますぞ


この時期、蛍を楽しみにお出かけになるお客様も多いと思う。
湯河原温泉のイベント「ほたるの宴」は終了したが、
奥湯河原の自生の蛍を見るなら今が見頃である。

加満田では、蛍を見たいというお客様を
その時期蛍が見られるスポットにご案内している。
当館から近くて、蛍が見やすい場所といえば、”屏風岩”辺り。
昨夜はかなりの数が飛び、お客様も大喜びであった。

蛍の寿命はわずか一週間。
蛍が見たい方はお急ぎ下さいね。
これから6月末位までは多分見られると思うけど。
幸い、梅雨なのにまだ雨も少ないし、今がチャンスですぞ。
(雨が降るとあまり飛ばなくなっちゃうんだよね。)

蛍を眺めて、クポッと一杯。
いや~、優雅ですな~!
ヽ(^◇^*)/
[PR]

by keigappa | 2017-06-17 18:38

きゅうりのシーズン到来!


「かっぱちゃん、ほらっ!」

女将さんが渡してくれたこれは・・・
きゅうり~!!
٩(๑>◡<๑)۶


e0234016_20292178.jpg


そう、我輩の愛するきゅうりのシーズンがきたのだ。
お仕事がんばると、現物支給給与としてきゅうりが加算される(?)
幸せな日々が訪れたのである。

でも、なんか早くない?
きゅうりは夏の野菜だよね?

我輩は食べるばかりで、育てる方には疎いのだが、
きゅうりも作付けと収穫のタイミングが色々あるらしい。
(きゅうり自体の種類もあるらしいよ)
それに、温暖化で年々気温が上昇していることも、原因のひとつかも。

加満田では夏の人気プランのひとつに、
きゅうりもぎ体験ができるっていうのがあるんだけれど、
その時期までにきゅうりが無くなっちゃいそうだといって、
女将が心配しているよ。
(我輩が食べちゃったせいではないので念のため)

加満田特製の梅紫蘇みそで食べるきゅうりは最高!
きゅうりが食べたい人は、夏休みまで待たずに、
早目に加満田にきてね~!
[PR]

by keigappa | 2017-06-14 20:30

湯河原は今、蛍のシーズンなのだ


奥湯河原の山の中でのんびりしていると、
あっという間に日がすぎていて愕然とすることがある。
気がついたら、今日は10日。
なんと明日で「ほたるの宴」が終了してしまうではないか!

でも皆様ご安心を。
万葉公園のイベントは明日までですが、
奥湯河原の蛍はこれからがシーズン。
(奥湯河原は町中より気温が低いからね)
加満田ではご希望のお客様を蛍の見られるポイントまで
車で送迎しております。
初夏の風物詩をお楽しみ下さいな。

蛍が舞うのも豊かな自然あればこそ。
皆で大切に守って行きたいものです。
蛍や河童の住める環境は、人間にとっても良いものだと思いますぞ。

今年は「ほたるの宴」に行きそびれちゃって、
焼鳥でビール・・・もやれなかったなあ。
ちょっと、残念!
[PR]

by keigappa | 2017-06-10 18:21

河童の植木屋?


我輩は今、全身筋肉痛である。
何故かって?
”かっぱ母”の処で、植木と闘ってきたからなのだ。

このところの暖かさ(というか暑さ!)で、
庭木も雑草もまあ伸びること、伸びること。
加満田の庭はちゃんと手入れをする人がいるけれど、
個人の家はそうはいかない。
プロの植木屋やシルバー人材センターに頼む人が多いが、
むろん、”かっぱ父”は自分でやっていた。
で、いまやその作業は我輩がやらざる得なくなったわけだ。

生垣の刈り込みやら果樹の剪定、
日頃の運動不足の解消にはもってこいだが・・・。
毎日少しずつやるならばともかく、
限られた時間で一気に片付けるのでかなりハード。

でもね、労働の後のビール、
これが最高に美味いんだ~!!
((○(^▽^)○))

梅雨に入る前に刈り込みが出来てひと安心。
皆様、わが労働の成果をご覧あれ。
e0234016_19183974.jpg

[PR]

by keigappa | 2017-06-07 19:19



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る