blog keiがっぱの言いたい放題

<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


白いゴーヤを見るとつい・・・


加満田では今、ゴーヤが採れている。
庭仕事担当のAさんが作っているのだが、
スーパーでお馴染の緑のゴーヤの他に、白いゴーヤもある。
むろん食べられるし、緑のゴーヤより苦みも少ないので、
料理もしやすいそうだが、
我輩はこれを見るとついついやりたくなることがあるのだ。

で、今年もやっちまいました。
本当は食べ物で遊ぶのは良くないことなんだけどねー。
e0234016_17374211.jpg


去年は女将が耳を貼りつけてくれたけど、
今年は我輩が自分で作ってみましたぞ。
”かっぱ母”の庭に勝手に生えていた南瓜を廊下に飾ってあったので、
その上に置いてみたけどいかがかな?
なかなか可愛いと思うのだが。

8月もあと数日で終わり。
台風もどうやら逸れたようだし、
今夜は白ゴーヤでなにかおつまみでも作ろうかな。
[PR]

by keigappa | 2016-08-29 17:39

ちりめんの河童君頂きました


毎年ご家族でみえる常連のK様から、ちりめん細工の河童を頂いた。
きゅうりを抱えた可愛い奴である。
e0234016_1753667.jpg

K様は我輩が加満田の池に住むようになるずっと前からの常連さん。
我輩のせいで(?)加満田が”河童の宿”となりつつあることを
暖かく見守って下さっているお客様である。

ちなみに昨年の”河童像に名前をつけてね♡キャンペーン”で、
池のほとりの河童像に「加満音(かもね)」という名をつけて
見事”名付け親賞”に輝いたのはK様の奥様である。
う~ん、家族皆で”河童愛”を深めて下さっておりますなあ。
有り難いことです。
ヾ(〃^∇^)ノ♪

今年、加満田の胡瓜は不作だったけれど、
やっぱり河童にきゅうりは不可欠。
さて、スーパーで買ってきて、胡瓜もみでも作ろうかな?
ちりめん河童君は今、フロントでお留守番中でーす。
[PR]

by keigappa | 2016-08-26 17:10

どうして加満田は河童の宿なのか


ただ今、加満田では”かっぱまつり”開催中である。
”かっぱブログ”愛読者の方々や加満田の常連の方には、
いまさら説明する必要もないのだが、
初めてご来館のお客様は、館内のあちらこちらに
河童の絵やグッズが飾られているので、戸惑われるようだ。

「何故、河童・・・?」

たしかに「文豪が定宿にしていた宿」とか、
「ミシェランにも載っている老舗宿」とか、
そういうイメージを抱いて来館すると、
???
となるかも。

そもそも駐車場に入る時、目に入るのは”かぱた”
あいつの姿はまるで”おばけのQ太郎”(知ってるかな?)
お世辞にも日本情緒溢れるとは言い難い。

廊下の壁には、清水菎先生の河童絵がずらりと並び、
そこはなかなか老舗らしいのだが、
フロントに寄ると、目に入るのは河童のぬいぐるみ・・・。
WHY?

表向きの理由は、こうである。
黄桜の初代河童絵で有名な清水菎先生が、昔、加満田の常連で
河童絵をたくさん残して下さった。
先生は加満田の緑豊かな環境なら、きっと河童も住みやすいと
言って下さったそうな。
加満田では先生の絵をパンフレットやコースターに使い、
河童の住みやすいような環境を守って行こうと思っている。

で、本当の理由は・・・
我輩が住みついたからなのだ~!!(笑)

我輩が加満田に来てから、早や6年。
着々と河童の仲間を増やし、
皆様の意識に”河童愛”を植え付けようとし続けてるのである。
有り難いことに、社長さんも女将も、
”加満田はこうあるべき!”
・・・なんて考えはまったくない柔軟な方々。

「まっ、いいんじゃない、河童の宿でも。」
という、こだわりのなさで今に至っているのである。

ほ~んとに、だから加満田は住みやすいんだよね。
(^。^)y-.。o○


[PR]

by keigappa | 2016-08-20 15:39

納涼縁日開催中!


お盆休みが終わると、夏休みも後半。
前半は精力的に、海へ山へと遊びまわった人達も、
温泉でゆっくりしたくなってきたのではないかな?

いつもはスマホ片手に”ポケモンGO”の人も、
やはり温泉地では、懐かしい夏の遊びをして欲しい。
というわけで、湯河原温泉では”納涼縁日”を開催している。
大道芸や地元子供会の太鼓演奏などのイベントを見ながら、
焼鳥、綿菓子、ラムネや生ビールなどを楽しめる。
観光協会の人やアルバイトの人の他、旅館のご主人や、
地元の飲食店の人が交代で手伝っているので、
商売っ気が今一つなのはご勘弁を。
(実は我輩も昔はここでトウモロコシを焼いていたのだ。)
e0234016_18333391.jpg


お祭りの縁日は楽しいけれど、けっこうお金がかかる。
しかし、”納涼縁日”はリーズナブルに子供を遊ばせられるのだ。
お子様の大好きなヨーヨーつり、スーパーボールすくいや
鬼なかせ等のアトラクションが楽しめるお遊び券セットが、
なんとたったの500円!
パパ&ママの懐に優しい催しなのですぞ。

今年の納涼縁日は21日(日)まで。
夜7時~9時までだから、夕食後に出かけるには最適。
加満田では、お子様に”お遊び券引換券”を差し上げていまーす。
(ああ、我輩も焼鳥で生ビール飲みたくなっちゃったなぁ・・・)

[PR]

by keigappa | 2016-08-15 18:35

骨休めしてきました


あ、暑い・・・。

我輩はどちらかというと暑さに強いタチで夏は好きな方だが、
(暑いとビールも美味しいしねぇ)
それでもやはり、この暑さには少々バテ気味である。

こういう時には、休むに限る。
このところ、休みはすべて”かっぱ母”の所に行っていたのだが、
自分のためにお休みを頂いた。
東京まで遊びに行く元気はないけれど、
せめてお出かけ気分を味わうことにしよう。

美味しくビールを飲むためには、まず汗をかかなくちゃ!
・・・と湯河原駅まで歩き、電車に乗って小田原へ。
小田原には子供の頃から行っていた焼鳥屋さんがある。
「鳥ぎん」という釜飯と焼鳥のお店である。
観光客で賑わう時間を避けて、午後3時位から昼酒を楽しむのが我輩流。

ここ数年は、東京で飲むことが多くて、
すっかりご無沙汰していたのだが・・・。

「あら~!!すごくお久しぶりじゃないですか?」
と、旧知の店員さんが、声を掛けてくれた。

”かっぱ父”を亡くして以来、初めての一人飲み。
こういうときは、やっぱり懐かしい店に足が向く。
”かっぱ父””かっぱ母”と、よくここの焼鳥を食べたものだ。
我輩は焼鳥のレバーが大好きなのだが、ここのレバーは絶品。
釜飯も美味しいのだが、ついつい焼鳥を食べ過ぎて、
なかなかご飯までいきつけなくなってしまった。
(・・・年だねえ・・・(^_^;))

夜は馴染みのマッサージさんにかかって、
甲羅の下の凝りをほぐしてもらったので、だいぶ元気回復!
やっぱり休養は大切だよね。
皆さんも上手に骨休めして、夏を乗り切って下さいねー!
(加満田の温泉は効果バツグンですぞ!)


e0234016_18321699.jpg

[PR]

by keigappa | 2016-08-06 18:34

今日はやっさまつり


今日は湯河原の”やっさまつり”である。
昨日から時折賑やかなお囃子が聞こえており、
お祭り好きの河童としては血が騒いでいるのだが・・・。
実は我輩、もう何年も”やっさまつり”を見ていない。
お祭りの日は忙しいから?
違うんだなあ、それが。

加満田には、”我輩よりお祭り好きなお方”がいるのだ。
そう、社長さん。
8月1日から3日は、社長さんがお祭りにかかりきりになるので、
我輩はお留守番をせざる得ない訳ですな。

まあ、正確に言うと、社長さんは”やっさまつり”ではなく、
同時期に行われる五所神社例大祭の関係で忙しいらしい。
一昨日も熱心に三角くじを作成しておりましたぞ。
この時期の社長さんの頭の中は完全にお祭りモード。

「社長さん、あの件はどうなっています?」

「うん、やるよ。お祭りが終わったらね。」

すべて、この調子・・・(笑)。
(^◇^;)

ちなみに明日は海上花火大会です。
明日は忙しいけれど、今日はなんだか暇だから、
夜はクポッと一杯ひっかけて、
久しぶりに”やっさ”でも踊っちゃおうかな?

♪ヤッサ~、ヤッサ~、ヤッサモッサソチャセ~♪
♪└( ̄◇ ̄)┐♪└( ̄◇ ̄)┐♪└( ̄◇ ̄)┐♪
[PR]

by keigappa | 2016-08-02 17:35



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る