blog keiがっぱの言いたい放題

<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


一足早いクリスマス気分


クリスマスが大好きな我輩。
ヒルトンが早々とクリスマスの飾り付けをしているので、
見学がてら、ランチビュフェに行ってきた。
(なにせ、メインはローストチキン!我輩の大好物なんだもん。)

今年のヒルトンのロビーには、大きなジオラマが設置され、
クリスマストレインが走っている。
e0234016_21174649.jpg


e0234016_21181190.jpg

これは地元企業の協賛によるものだそうで、
よく見ると見慣れた企業の名前があちこちに・・・。
(我輩のお友達の”早瀬のひもの”のコンテナもあったよ。)

ヒルトンのランチビュフェは、何度か行ったことがあるのだけれど、
レストランが改装してからは初めて。
我輩は当然、アルコールフリーの飲み放題をつけて、
昼間っから、ワインをクポッ!!

e0234016_2120326.jpg


さて、この手は誰でしょう?
有り難くも、かっぱが昼酒出来るように、
アッシーしてくれた女将さんでーす。
我輩はお休みだけど、女将さんは仕事の合間に抜けてきて、
付き合ってくれたの。
うれしーな♡

ビールとワインでかなりいい気分になって出てきたら、
サンタさんとの記念撮影コーナーが・・・!
酔った勢いで、記念撮影してきちゃいましたー!!

さて、お腹一杯食べて、ワインもたくさん飲んだから、
この週末もがんばってお仕事しなくっちゃね。
(かなりのカロリーオーバーだし・・・(^▽^;))
急に寒くなってきたから、皆様も風邪をひかないよう
お気を付け下さいね。
[PR]

by keigappa | 2015-11-27 21:21

赤ワインがおいしくなるグッズ


いつも色々と珍しいプレゼントを持ってきて下さる”J.I様”から、
こんなものを頂いた。
e0234016_18501587.jpg

これ、なんだかわかりますぅ?

我輩は???
”J.I様”からはこんなメッセージがついていた。

「500円のワインが5,000円に、5,000円のワインが50,000円に変わる
不思議なガラスです。2回通してもむだです♡」

ネットで調べてみました。
「エアレーター」っていうんですな。
赤ワインの味と香りを引き出すために、空気を含ませる
(ワインを開かせるとか言いますよね)
デキャンタージュという方法がありますが、
これはなかなか素人には難しい。
ところが、このグッズを使うと簡単に出来ちゃうらしいです。

いや~知りませんでした。
最近ちょっと注目の商品だそうです。
うーむ、さっそく使ってみなくては!

我が家のワインは、だいたい3,000円位の代物。
30,000円の味になるか!?
乞う、ご期待!


[PR]

by keigappa | 2015-11-23 18:54

初体験!スーパー歌舞伎


話題のスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」を観てきましたぞ!
e0234016_1942270.jpg

実は我輩、スーパー歌舞伎は初体験。
先代の時から、一度は観てみたいと思っていたのだが、
すごい作品で初体験してしまった。
e0234016_19124591.jpg


そもそも原作の漫画は、80巻位出ている超大作で、
「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」として
ギネス世界記録に認定されているそーな。
そういえば、昔、我輩は結構な量の漫画を読んでいたのだが、
その頃に連載が始まったのを覚えている。
まさかこんなに人気作品になるとは思わなかったなあ。

さて、今回のスーパー歌舞伎では、この大作の”頂上戦争編”
舞台化しているのだが、まずビジュアルがすごい。
とにかく派手!
でも見事に歌舞伎テイストを生かした衣装とメイク。
”かっぱ母”に見せてあげたくて、
思わずパンフレットを買ってしまいましたぞ。

主人公のルフィはゴム人間なので、身体が伸びるのだが、
それを黒子の腕を数珠つなぎにしてみせる演出には笑った。
いかにも歌舞伎的な手法である。
反面、映像や最新の舞台装置も自由自在に駆使して、
次々と観客を驚かせる仕掛けが用意されている。

スーパー歌舞伎の十八番”宙乗り”は、3階席まで客席を斜めに横断。
我輩は2階席だったが、本当に目の前までやってくる猿之助に大興奮!
客席は総立ちで、手拍子。
まるでコンサートホールのような盛り上がりで、びっくり!

とにかく盛り沢山の舞台で、白波五人男のような見得を切ったかと思えば、
オカマ達が歌って踊る。
ルフィは早替わりで、美女ハンコックになる。
(猿之助は三役やっているのだ)
舞台に滝(本当の水!)が出現し、びしょぬれになっての大立ち回り。
(前方のお客様はビニールシートをかぶっていたよ)
宙乗りで旋回することで、紙吹雪を舞わせて
・・・まさかの吹雪の術!!

いやはや、たっぷり楽しませて頂きましたぞ。
実際、時間もたっぷりで、休憩入れて4時間半の長丁場。
終わってから、夕食を食べようと思っていた我輩、
慌ててお弁当を買いました。
e0234016_1975138.jpg


今回は、さすがに客層も若い。
むろん歌舞伎ファンの和服姿の奥様方もいるが、
ロビーにはワンピースファンの若者達が溢れていた。
ロビーではグッズ販売が行われていて、その熱気たるやすごい。
松竹の戦略勝ちである。

でも、本当に観られてよかった~♪
(映画とハシゴをしたので、かなり腰が痛かったけど)
公演は25日まで、チャンスがあったら是非観てみてね。

・・・と、原稿を書いていたら、横で女将が一言。

「かっぱブログを読むと、かっぱって遊んでばっかりで、
ちっとも仕事してないみたいだね~。」

むっ!

( ̄ヘ ̄)凸 ムカッ
我輩が日々お仕事に励んでいることは、
女将さんがいちばんご存じのはず。
でも、お仕事の話ってブログネタにしにくいんだもん。
お客様をネタにするわけにもいかないし。

女将さんがまた変なことやってくれたら、
すぐブログネタにしてあげるからねー!
[PR]

by keigappa | 2015-11-19 19:13

下町ツアーは楽しいのだ

前回のブログで、パンダバスに乗ったと書いたら、
結構反響があったのだが、
”パンダバスに乗るために浅草に行った”
誤解されている節があった。

いや、いくらなんでも、そんなに酔狂じゃないですぞ。
我輩達の浅草ツアーは、下町満喫を目的としたもの。
1日目は、浅草寺にお参りしてから、
昔ながらの喫茶店でコーヒーを飲み、
懐かしの「花やしき」にレッツゴー!
同行の”K美ちゃん”は、なんと浅草育ち。
仲見世の店番している人が同級生だったりするのだ。

「花やしき」の迷路でひと汗かいて、
(思ったよりいい運動になってしまった。
単に二人とも方向音痴だっただけかもしれないけど。)
子供のころ、とっても怖かったスリラーカーに乗ってみた。

感想・・・。
これが怖かったのかぁ~。
うーん、子供ってかわいいもんだわ。
今、一番怖いのは、乗ってすぐ暗闇に入る前のところ。
崖が崩れそうで怖い!(笑)

居酒屋で腹ごしらえしてから、有名なホッピー通りへ。
ここは、人気店とそうでない店で、客の入りが全然ちがう。
”K美ちゃん”は、ホッピー通り初体験なので、
ここは人気のある「鈴芳」で、
定番の煮込みとホッピーなんぞいってみましょう!
e0234016_1743769.jpg


さんざん飲んだ翌日。
くだんのパンダバスで、浅草を一回りしてから、
なーんと、こんな所に入ってみました。
e0234016_1752373.jpg

わかるかな?
ここで、大衆演劇を観たのです。

ミュージカル、歌舞伎、宝塚と芝居は数多く見てきたものの、
いまだ未体験だった大衆演劇。
ついに体験してまいりましたー!

驚くなかれ、1,600円でなんと3時間半!
めっちゃ、コスパいいです。
(但し、時間のある人にとっては・・・ね。)
ショー、芝居、ショーの3部構成。
e0234016_1761216.jpg

我輩としては、芝居とショーの2本立てで充分という感じでしたが、
なかなかのイケメン揃いで、
ポーズを決めては流し眼~♡の嵐
おば様達にとっては、ホストクラブより健全かつフレンドリーで、
堪えられないかも。
公演の後には、ちゃんと外に出て挨拶し、
お客様との記念撮影にも応じてくれるのです。
e0234016_177065.jpg


ちなみに、大衆演劇につきもののおひねり。
紙に包んで投げるとか、帯に挟むとか・・・?
いやいや、もっと進化していました。
ヘアクリップっていうのかな、髪の毛を挟んで留める長いピン。
あれで万札を御贔屓の役者の襟元に留めるんです。
歌って踊る役者の胸元で、お札が揺れる・・・
なかなか、シュールな光景ですぞ。
是非、一度いかがですかな?
[PR]

by keigappa | 2015-11-15 17:08

浅草でパンダバスに乗ってみた


友人と泊まりがけで、浅草下町ツアーをすることとなり、
”なんか面白いことないかなぁ・・・?”と、
ネットをチェックしていたら、
”パンダバス”なるものを発見!
見た目も可愛いし、なんと無料で、浅草巡回してるのだ。
これは是非、ブログネタの為に乗らなくては・・・!

しかし、11日はあいにく運休日。
翌12日にホテルをチェックアウトして、始発のバスに乗ることにした。
バス停に着くと、そこにはなにやら札がかかっている。
「本日は運休日です」

ええ~っ!?
我輩は、ちゃんとネットでチェックしたのですぞ。
運休は昨日の予定でしょ!

あきらめきれず、時間まで待つことにした。
もしかしたら、担当者が札を外し忘れてただけかもと思ったのだ。
連休なんて絶対おかしい。

そして運命の9:52。
き、来たー!!
(*≧▽≦)σ!

e0234016_1883530.jpg


いや~、諦めずに待っていてよかった。
ちゃんと定刻に来たバスは、実に可愛い。
浅草にはよく来るけど、こんなのが走っていたとは知らなかったわ。

しかもこのパンダ、ウインクしちゃうんです!
運転席で操作できるようになっているようですぞ。
e0234016_189153.jpg


気になる車中は、こんな感じ。
e0234016_1893393.jpg

童心に帰りますなあ。

そうそう、くだんの”本日運休”のお知らせ札。
なんと、運転手さんが各バス停で外してました。
運転席から飛び降り、ダッシュで回収。
うーん、ご苦労様です。
たしかにそのためだけに、人手は割けませんわなぁ。
(なにせ無料だし)
でも、きっと諦めて乗れなかった人もいただろーね。

このパンダバス、我々が乗ったのは男の子でしたが、
女の子バージョンもありました。
(途中の停車場に停まっていたよ♡)
上野ルートもあるそうです。

1時間に1本くらいだけど、絶対楽しい。
一度は乗ってみる価値ありですぞ。
”かっぱ母”も、是非乗りたいと申しております。
[PR]

by keigappa | 2015-11-13 18:11

たまには食べたいホットケーキ


我輩はあまり甘党でないので、巷で流行りのパンケーキ
(生クリームやらフルーツやらがてんこ盛りになった奴ね)
には全然心惹かれない。

しかし、時々、無性にホットケーキが食べたくなることがある。
郷愁を感じると言ってもいい。
休日の朝、特に予定もなく、のんびりブランチ・・・
なんて時には、シンプルなホットケーキを焼いて食べるのだ。
バターとメイプルシロップか蜂蜜をかけて食べるホットケーキ。
それは子供の頃には、小腹を満たすおやつだった。
平気で何枚も重ねて食べたものだ。
だが、さすがに○○歳の我輩は一枚食べれば十分。
しかし、ホットケーキの粉は、だいたい4枚位焼ける量が入っている。
我輩がホットケーキを食べたくなるのは、せいぜい一年に数回なので、
粉を残しておきたくはない。

なーんてときに、どうするかって?
スコーンを作るのですよ。
ホットケーキの粉に水を入れて、軽く固めて、オーブンで焼けば、
”簡単スコーンもどき”が出来るのです。

ドライフルーツを入れると味も見た目もぐっと良くなりますぞ。
是非おためしくださいな。
ちなみに、今回は生のバナナをつぶして入れて、
”バナナスコーン”にしてみました。
e0234016_16363427.jpg


でも、ホットケーキってカロリー高いんだよねー。
粉物+油+糖質・・・。
(^▽^;)
その上、おやつにバナナスコーンでは・・・、
うーん、ちょっと泳いでこよっと!!


[PR]

by keigappa | 2015-11-10 16:39

天高く河童肥ゆる秋

ここ数日、見事な秋晴れが続いている。
e0234016_18431331.jpg

我輩は女将曰く、かなりの”お天気屋さん”なのだが、
(よーするに、気分屋で我儘ってこと?)
我輩の気分はその名の通り、天候の影響を大きく受ける。
秋晴れの青々とした空の下、甲羅と布団を干せば、
気分も晴れ晴れ~♪
お仕事もはかどるというものですな。

というわけで、我輩はここ数日、体調も機嫌も良く、
上機嫌で日々を送っているわけだが、
そのおかげで、ご飯もお酒もうまい♡
有り難いが、”食べる+飲む=肥える”
このシビアな法則は、河童とて例外ではない。

先月まで、不眠と胃腸の不調で、なんとなく減っていた体重が、
着々と元に戻って・・・いや、もう、まずい。
STOP!

秋に肥ゆるのは馬ばかりではなかったのね。
甲羅を買い替えるはめになったら大変だし、
これは、少し節制せねば。
と、真面目に考えていたら、女将さんが言いました。

「いいじゃない、秋だけなら。
一年中、肥えていく人はどーすんの!?」

うーん、それは自己責任というもので・・・。
(;^△^)ア、ァハハハハハハ

少なくとも、そのナッツとチョコレート、
夜中に食べるのはやめておいた方がいいと思うけどなぁ~。
[PR]

by keigappa | 2015-11-06 18:45

かっぱ果樹園より秋の果物便


”かっぱ父”は、趣味で野菜や果物を作っている。
皆様に一番好評なのは巨峰だが、我輩が一番好きなのはキウイである。
今年のキウイはとても数が少ないかわりに、実が大きいそうで、
今年の初採れキウイを送ってきてくれた。
e0234016_18464826.jpg

一緒に鬼柚子も入っている。

という果物は、酒飲みに良いらしいので、
せっせと食べているうちに、すっかり好物になってしまった。
は固いのが好きな人と柔らかいのが好きな人に分かれるが、
我輩は固い派、女将は柔らかい派なので、ちょうどよい。

鬼柚子は見たことがない人も多いらしく、館内に飾っておくと、
”これは何ですか?”
と聞かれることも多い。
日持ちがするので、しばらく館内に飾った後、
女将に頼んで砂糖煮にしてもらうのだ。
これがなかなか酒のつまみに良いのである。
きんとんなどと同様、日本酒は甘味との相性がいい。
ちなみに、スパークリングワインとも合いますぞ。

”かっぱ父”に似ず、我輩は土いじりは苦手で、
もっぱら食べるの専門。
”かっぱ父”がいつまでも元気でいてくれるよう、
心から願う、食いしん坊のかっぱなのでした。
[PR]

by keigappa | 2015-11-03 18:51



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る