blog keiがっぱの言いたい放題

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ふるさと割で右往左往


”ふるさと割”というものをご存じだろうか?
国が経済対策のために予算化した交付金を活用し、
地域の消費を喚起するため、県が指定した旅行券や県産品を
消費者に割引販売する。
つまり、簡単に言うと、旅行とか観光とかの費用を、
税金で援助してくれちゃうって、とってもありがたいお話。

神奈川県でも、”ふるさと割”をやっていて、
加満田も取扱店になっているんだけどね。
申請から、広報、実際の販売まで、わかりにくいやら、
めんどくさいやら、・・・まさに、”ザ・お役所仕事”
女将さんは、毎日怒っておりましたぞ。

そもそも、宿泊に使える「かながわ旅行券」
飲食やお土産に使える「かながわお楽しみクーポン」という
2種類のクーポンがあることさえ知られていない。
使っていい金額とか、購入できる枚数とか、色々な制約があって、
説明会に行った女将でさえ、ちんぷんかんぷんな代物を、
お座敷さんやお客様に分かるように説明しなくちゃならないのに、
現物が届いたのは、使用できる日の2日前。

それから、部屋に置くご案内を作って、お座敷さん説明をし、
なんとかスタートしたわけだけど、お客様もよくわからないらしく、
電話でのお問い合わせも多い。
観光業にとっては、大変ありがたい事業なんだけど、
もう少しわかりやすく出来なかったのかねえ・・・。
(^◇^;;

皆様のために、我輩が少し解説することにしよう。

e0234016_1724557.jpg

「かながわ旅行券」は宿泊料に使えるもの(飲食や土産代には使えないよ)で、
1枚10,000円の額面の券を半額の5,000円で購入する。
利用は1名様1泊につき2枚(20,000円)まで可能。
とはいえ、初回販売分の1万5千枚はわずか2分で完売し、
1千件近い苦情が殺到したそうな。
お役人さん達も、青ざめたんでしょうなあ・・・。
で、次回は発売日も販売方法も変更して、抽選方式にするそうです。
8月12日~23日まで、はがきかインターネットで受け付けて抽選。
是非、応募してみてね。
もちろん、購入出来たら、加満田で使って下さいな。

e0234016_17251239.jpg

「かながわお楽しみクーポン」は、飲食やお土産代に使えるクーポン。
こちらは、宿泊料には使えない(マッサージ代やエステ代もダメ)
1枚2,500円の額面の券を1,750円で購入する。
うまく使えば、あなたの飲食・お土産代の3割を税金で賄ってくれるという、
とても美味しいお話なのだ。
利用できるのは来年2月末までだけど、販売は売り切れ次第終了とのこと。
欲しい人は急いでね!

神奈川県の”ふるさと割”について、もっと詳しく知りたい人はこちら

なんだか我輩は夏バテ気味。
なかなかブログを書く気力がおきなくて困っちゃう。
我輩も”ふるさと割”で、どこか行こうかなぁ・・・。
[PR]

by keigappa | 2015-07-30 17:28

蝉が脱皮するところを初めて見た


お仕事を終えて帰ろうとした時のことである。
従業員用の玄関脇のポストの陰に、黒い影が・・・。

”ゴ、ゴキブリ・・・!?”
ご存じのとおり、我輩は死ぬほどゴキブリが嫌いなので、
このシーズンの虫の気配には、過敏に反応してしまうのである。
しかし、そこにいたのは、今まさに脱皮しつつある蝉だった。
脱皮した後の抜け殻は、しょっちゅう見かけるけれど、
実際に脱皮しているところを見るのは初めてである。
(TVの番組では見たことあるけどね)

まっ白い蝉が半分出ていたので、ちょっと触ってみたら、
ちゃんと動くので感動した。
女将さんも見たいかと思って呼びに行ったんだけどね。

「気持ち悪い!」

と、一言でおしまい。
蝉はきらいなんだってさ。

なんとか、写真を撮ろうとしたんだけど、暗くてだめでした。
まっ白い蝉って、なんだか神聖な感じだったよ。
皆さんに、見せてあげられなくて残念。

虫に詳しくないから、何て蝉だったかはわからないけれど、
これからわずか1週間の命。
せめて緑豊かな加満田の庭で、楽しい一生を過ごしてね・・・と、
蝉に語りかけてしまいました。
[PR]

by keigappa | 2015-07-24 18:51

「七之助ファン必見!」


いやぁ~、暑いですなあ。
いよいよ本格的な夏がやってきたーーーって感じです。
その分、ビールが美味しくなるのも確かなのですが。

先週、3連休で忙しくなる前にと、連休を頂いて、
芝居のはしごをしてまいりました。
1日目は、「阿弖流為」
e0234016_17422936.jpg

劇団☆新感線で上演された「アテルイ」を、完全に歌舞伎化し、
同じ市川染五郎の主演で上演するという試み。
”歌舞伎NEXT”と名付けられたこの舞台、
主役の阿弖流為の染五郎のほか、勘九郎七之助のそろい踏みで、
七之助ファンの我輩としては、絶対見たかった作品。

いや~、よかったですぞ!
七之助ファンには、美味しい作品ですな。
見せ場は多いし、二役(?)を演じているので、楚々とした手弱女から
勇ましい立ち回り、妖気漂う荒神の化身・・・と、
様々な演技を楽しめる。

”いのうえ歌舞伎”の特徴ともいえるスピード感と
”戦国BASARA”ばりの派手な衣装は、
歌舞伎っていうだけで敬遠しちゃうような若者でも、
とっつきやすいんじゃないかと思う。
主役級は美形ぞろいで、ビジュアル的にも楽しめるしね。

今回、染五郎は熱が入りすぎて、時々声が裏返っちゃっていたのが、
少し残念だったけど、舞台の完成度は高かった。
勘九郎は、ぴったりの役どころで、伸び伸びと気持ちよさそうに演じておりましたな。

この作品、今の日本に置き換えると、興味深い示唆に満ちている。
ネタバレになるから、詳しくは言えないけど、
セリフのいくつかは、そのまま安部総理に言ってやりたいかも。
いつの時代も、”大義”って怪しいものがウロウロしているんだね。

芝居の後、映画「ターミネータージェネシス」も見て、東京に泊まり、
翌日は、またまた花ちゃんの「エリザベート」を観てきた。
今回のトート役は城田優君
ビジュアル的には、これぞ死神!って感じで良かったけれど、
個人的には井上芳雄君の方が好みかな。
城田君のトートは今一つ、エリザベートに惚れている感がないんだよね。

二日間、遊びまくって、芝居の間に食べたり飲んだりしまくったせいで、
体重が2㎏増・・・!
しばらく節制しなくっちゃ。
ああでも、この暑さ・・・。
ビールが我輩に手招きしているよ~!!
。゚(゚^o^゚)゚。



[PR]

by keigappa | 2015-07-20 17:51

かっぱまつりが始まったよ


今年も加満田恒例の”かっぱまつり”が始まった。
”かっぱまつり”って何?」
という方のために、説明させて頂くことにしよう。

加満田のパンフ等には、河童の絵が使われているが、
これは清水菎先生の絵である。
清水先生は、黄桜の初代河童絵を描いた方で、
加満田にも度々ご来館下さったのだが、
その際に何枚も河童の絵を描いて残して下さった。
(もしかすると、宿代かわりだったのかも・・・。)

加満田が宣伝に使えるように配慮して下さった、
加満田の名前と当時の電話番号が入ったものもある。

せっかくの先生の絵を、皆様に見てもらおうと、
期間限定で館内に飾ることにした。
それが、”かっぱまつり”である。
(今年の開催期間は、7月15日~9月6日までだよ~!)

期間中は、先生の絵だけでなく、様々な河童グッズが館内に飾られるので、
そちらも楽しんで頂きたい。

そしてもうひとつ。
今年も新しい河童像が来たので、
「河童像に名前をつけてね♡キャンペーン」の第3弾も行われる。
e0234016_2015957.jpg

この子の名前を募集するので、加満田にご宿泊の折には、
是非ご応募頂きたい。

噴火だ、地震だ、台風だ、と色々不安なこともあるでしょうが、
天災は来る時は来るし、明日のことは誰にも分からない。
今日を大切に、幸せなひと時を過ごしましょうぞ。

我ら河童達一同、皆さまのお越しを
心からお待ちしておりまする!



[PR]

by keigappa | 2015-07-16 20:17

下呂温泉のげろぐる君


親元に帰省している間に、1泊旅行で下呂温泉に行ってきた。
”かっぱ父””かっぱ母”と我輩ともう一人、
何かと両親の面倒を見てくれている近所の”K美ちゃん”が一緒。
”K美ちゃん”が、我輩の帰省に合わせて休みをとったので、
ではいっそ温泉にでも・・・ということになったのだ。

我輩は知らなかったが、下呂温泉のキャラクターは、
「げろぐる君」というカエル。
目が大きくて、かなり可愛いキャラである。

実は、加満田の女将はカエルが大好きなのだ。
(残念ながら、河童より好きだそーだ。)
だもんで、ついつい我輩は”カエルグッズ”を見ると、
女将に買ってあげたくなってしまう。

”げろぐる君”と目が合った瞬間、
「女将さんへのお土産はこれ!」
と、思っちゃいました。
買ったのはこれ、大きなえびせんでーす。
e0234016_18403350.jpg


皆へのお土産買ったクッキーも、当然”カエルクッキー”
そばにある小さなカエルの置物は、
”K美ちゃん”から女将へのお土産だよ。
e0234016_18411523.jpg


カエルばかり買ってきたからか、
加満田の玄関先にもカエル君がやってきた。
e0234016_18415469.jpg

女将さんは、

「可愛い~っ!!」
って、しばらく愛でていたけど、

「うーん、この手の吸盤は・・・?」

と、ネットの写真と見比べては悩むことしきり。
吸盤があるから、ガマガエルじゃないんだってさ。
結局、アマガエルなのか、カジカなのか、判別はつかなかったみたい。

加満田の庭には、我輩の他にも住人がたくさんいるのだ。
自然が豊かだからね~。
鯉君や蛙君や沢蟹君とも、仲良く共存している我輩なのでした。
(池の鯉を食べたのは、我輩じゃないからねー!!)


[PR]

by keigappa | 2015-07-12 18:44

焼鯖寿司?いいえ焼鰯寿司でーす


加満田の女将は、料理上手である。
しかも魚を捌くのがとても得意なのだ。
毎週、朝市に行くと、色々な魚を買って(もらって?)きて、
ちゃちゃっと料理して食べさせてくれる。
河童の癖に、生魚に触るのが嫌いな我輩は、
おおいに助かっているわけなのだ。

女将さんは、よく〆サバを作って、鯖寿司を作ってくれるのだが、
今月号の読売新聞の家庭版に出ていた”焼鯖寿司”
とても美味しそうだったので、おねだりしてみた。

そうしたら、早速、こんなのを作ってくれた。
e0234016_97373.jpg

”焼鯖寿司”ならぬ、”焼寿司”である。
(今週の朝市でGETしたのが、鰯だったそーだ。)
さっそく、お昼につまみ食い。
もぐもぐ・・・おいしーい!!
(ノ≧ڡ≦)

今夜はこれで一杯・・・といきたいところなんだけどねぇ、
最近、寝不足で、ちょっと胃の調子が悪い我輩、
今夜は大人しく薬のんで、寝ることにしよっと。

”箱根の影響でこの夏はどうなるのかしら?”
不安はつきず、心労で胃が痛くなる・・・。
ああ、我輩は、なんてデリケートな河童なのかしらねー。
それに引き換え、社長さんの泰然自若たる様といったら・・・。
まったく、見習いたいものです。
(なぜか女将さんが、けらけら笑っております。)

[PR]

by keigappa | 2015-07-06 09:14

河童っぱアロハを頂いちゃいました


ご存じのように、加満田のパンフや箸袋には、
河童の絵が使われている。
これは、”黄桜”の初代河童絵で有名な清水菎先生の絵である。
先生が加満田の常連で、自作の絵を何枚も寄贈して下さったので、
今でもそれを使わせて頂いているのだ。

そして、”黄桜”の2代目河童絵を描いたのが、小島功先生
(色っぽい河童美女を見たことあるでしょ?)

その小島先生の河童絵が描かれたアロハシャツというのがあるのだ。
それが、これ。
”河童っぱ”という名のビンテージアロハシャツである。
e0234016_18335329.jpg


すごいでしょ?
これを下さったのは、常連の”M様”
女将さんに、
「はい、これお土産。」
って感じで下さったんだけど、
こういうビンテージアロハって、かなりお高いのでは・・・?

せっかくなので、今年の”かっぱまつり”に飾らせていただくことにしたけど、
どうやって飾ろうかなあ。
まさか、加門に着せるわけにもいかないし。
サイズ的には、社長さんだけど。
まさか・・・ねぇ。
(結構、喜んで着てくれそうなところが、怖い・・・。)

しかし、箱根の影響は大きい。
警戒レベルが引き上げられて、ますます夏の集客が不安。
実際、このところ新規のお客様は激減してしまっていて、
リピーターのお客様達に支えて頂いているのが現状なのだ。

奥湯河原は箱根に近いと思われているけど、
箱根の中でも、問題の大涌谷は山の向こう側。
どうか一緒にしないで~!!
皆様のご来館、切にお待ちしておりまーす!!
m(_ _)m

[PR]

by keigappa | 2015-07-02 18:36



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る