blog keiがっぱの言いたい放題

<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


箱根の影響少なからず・・・


なんだかである。
そろそろ蛍のシーズンも近づき、予約が入る時期なのだが、
早々と埋まっている週末を除き、客足が伸びない。

これは加満田だけの問題ではなく、辺りの旅館関係者が、
一様に嘆いている事実である。

もちろん、原因は箱根。
例の”大涌谷に噴火の恐れあり”という報道の影響なのだ。
”箱根”と一口に言っても、湯河原に比較的近いのは元箱根。
はっきり言って、大涌谷は山の向こう側なのだが、
観光サイトや何かでは、”伊豆・箱根方面”と一括りにされることが多く、
どうしても影響を受けてしまうのである。

湯河原でさえこうなのだから、当の箱根はもっと大変であろう。
そもそも温泉の多くは、火山の近くにある。
地下のマグマ熱によって熱せられ、様々な成分が溶け込んだ温泉を、
自然からの恩恵として受け、生活の糧としてきただけに、
この事態にも恨みの持って行きようがないのでる。
まさに、天を仰ぐ思いでしょうなぁ・・・。
(おいおい、他人ごとではありませんぞ!)

なんとか事態が沈静化してほしいと思っている矢先に、
今度は、鹿児島の口永良部島で、本当に噴火してしまった。
避難を余儀なくされた島民の方々は、本当に大変だと思うが、
TVに流れる噴煙の映像を、
絶望的な気分で眺めていた観光関係者は、沢山いたことだろうと思う。

まあ、ね。
嘆いていても、駄目な時はダメ。
こういう時でも来て下さるお客様一人一人を大切に、
今できることを精一杯するしかない。
(河童は本来、楽天的な生き物なのだ。)

というわけで、
皆様、応援よろしくお願いいたしまーす!


[PR]

by keigappa | 2015-05-30 17:43

リコッタパンケーキを食べてみた


昨年あたりから、パンケーキがブームである。
我輩は酒飲みなので、あまり心惹かれないが、
甘党の友人なんぞは、わざわざパンケーキを食べに、
遠出することもあるようだ。

その日も友人が、”美味しいパンケーキが食べたい”というので、
お台場で「bills」のリコッタパンケーキを付き合うことに。

お台場には、よく行く我輩だが、「bills」に入るのは初めてである。
出来た当初は、長蛇の列に驚いたものである。
最近はそれほどでもないのか、時間が半端だったせいか、
すぐに入れたけれどね。

さすがに、パンケーキでビールは飲めないから、
サラダとビーフトルティーヤを頼んだんだけど、
ボリュームがすごい!
e0234016_17384328.jpg


e0234016_1739852.jpg

アメリカンサイズというのだろーか。
サラダにアボガドとグリルチキンまでプラスしちゃったから、
これだけでお腹一杯という感じである。

しかし、本来の目的は”リコッタパンケーキ”
セレブ達を虜にしたというそいつを食べずには帰れまい!!
(1人じゃ絶対来ないしねー。)

じゃ~ん!
これが噂の”リコッタパンケーキ”だ!

e0234016_17404557.jpg

3枚重ねの上、バナナまでついてる・・・。(汗)
いけるのか、我々!?

いってしまいました、完食です。
ふわふわして、玉子焼きみたいで、勢いで食べちゃいました。
(生ビール3杯飲んで、満腹中枢が麻痺していただけかも。)
その日は、当然夕食抜きで、胃薬飲んで寝ましたけどね。

さすが、一味違うパンケーキです。
パンケーキ好きの人は、是非一度食べてみて下さいな。
お台場以外にも、表参道や横浜、鎌倉などに店があります。
女将さんにも食べさせてあげたいな。
[PR]

by keigappa | 2015-05-26 17:43

東をどりを見てきたよ


皆さまは、”東をどり”をご存じだろうか?
一年に一度、四日間だけ行われる新橋芸者衆の晴れ舞台である。
この四日間、新橋演舞場は、粋なお座敷遊びの場と化すのだ。

日頃、我々一般人には縁のないお座敷の世界。
(いや皆様の中には、縁のある方もいらっしゃるのでしょうが・・・。)
新橋芸者の踊りや料亭の味を手軽に体験できるイベントとあって、
是非一度、見てみたいものだと思っていた。
ネットで調べてみたら、ぐるなびで弁当付きのチケットを販売していたので、
「母の日のプレゼント」と称して、”かっぱ母”を誘ったところ、
おおいに乗り気であったため、一緒に出かけることにしたのである。

今回申し込んだのは、料亭のちらし寿司折付きの2階席。
もっと豪華な懐石弁当付きもあるが、我輩には贅沢すぎる。
吉兆のちらし寿司はこんな感じでした。
e0234016_16362671.jpg


e0234016_16365459.jpg


”東をどり”は、日本文化を紹介し、楽しんでもらうという目的がある。
むろん芸者衆の踊りは素晴らしいが、それ以上に会場全体が、
「日本文化のテーマパーク」のようで、楽しい。
幕間には、芸者衆がロビーに出て、記念撮影に応じてくれるし、
e0234016_16383788.jpg

和装小物や芸者衆の千社札を売っていたり、
ドンペリや東北の銘酒が飲めるコーナーがあったりと盛り沢山なのだ。

我輩は当然、枡酒を飲みながら、ちらし寿司を食べたけど、
つまみ用に売っている玉子焼が面白かった。
経木の上に玉子焼3つ、それぞれに料亭の名が焼きつけてある。
味比べが出来る趣向なのだ。
(写真を撮り忘れて、お腹に収めてしまいました・・・)

枡酒は飲んだ後、その枡を記念に持ち帰れるようになっている。
ちなみに1杯目は枡代込みなので1,000円。
お代りは500円。(当然、お代りいたしました。)
この枡、木の香りがとてもいい。
しばらく、これでお酒を飲んで、余韻に浸ろうかと思っております。
e0234016_16445050.jpg

[PR]

by keigappa | 2015-05-23 16:45

これが本当のかっぱ巻き?


我輩は原則的に、自分で食事を作って食べているが、
日帰りやチェックインの遅いお客様がいると、
夕食が遅くなるため、
女将さんがちょっとしたものを作ってくれることがある。

ある日、こんなものを作ってくれた。
e0234016_1741916.jpg


おおっ、これぞ本当の河童巻き~!!

ネットでこんな感じのかっぱ巻きの画像を見つけて、
女将さんに見せたら、早速作ってみてくれたのである。
(本人としては、いまいちのクオリティだそうで、
”加満田のきゅうりが採れるようになったら、リベンジする!”
とか、言ってますけど。)

可愛いけれど、正直、食べるのがしのびない・・・。
(河童の共食い?)
いじっていたら、巻きが崩れたので、
具合の悪い河童・・・なんていうのにもしてみました。
e0234016_17425632.jpg


なんだか、ハロウィンの南瓜のお化けみたいだけど、
河童も妖怪の仲間だから、まあいいか。

女将さん、これ、今年の”かっぱプラン”のかっぱ巻きでやりません?
受けると思うんだけどな~。
[PR]

by keigappa | 2015-05-20 17:44

薬飲むのって大変?


鎌田家の人々は、皆、とても丈夫である。
一応、社長さんは血圧の薬を飲んでいるらしいが、
(それより、お酒控えたほーが・・・って、
河童には言われたくないか・・・。)
女将は、およそ薬というものに縁がない。

そんな女将だが、今日は病院に行って、薬をもらってきた。
帰ってくるなり、なにかせっせと紙に書いている。
覗き込んで見ると・・・。
e0234016_16161995.jpg

なんと、薬を飲み忘れないためのチェック表である。
女将さ~ん、ここまでしないと薬飲み忘れるわけ?

「うん、自慢じゃないけど、
もらった薬を飲みきったことってない!」

そ、そんなに、きっぱり言い切らなくても・・・。

まあ、我輩は、年がら年中、なんかしら薬を飲んでいるので、
ほとんど飲み忘れることってないんだけど、
普段、飲まない人って、症状が治まると忘れちゃうのかもね。

えっ?
ところで、女将さんはどこが悪かったのかって?

笑わないでねー!
先日、あやこと”でんぐり返し”が出来るかって話になって、
やったとたん、めまいがして気持ち悪くなっちゃたんだって。
それ以来、なんだか目が回ったようなフワフワした感じがして、
気持ち悪いから、病院にいったの。

「なんで、でんぐり返しなんかしたのーっ?」
って、先生にも笑われたらしい。
本人は、
”森光子さんは、80過ぎてもやっていたし。”
と、よく分からない言い訳しておりました。

我輩も昔、なったことあるけど、
(注:でんぐり返しはしていません)
良性発作性頭位目眩症とかっていうんだよね。
頭を動かすと、世界がビックリハウスみたいに回って、
気持ち悪かったなぁ・・・。

そこですかさず、女将に突っ込まれました。

「しかし、あんたって、やっていない病気がないねぇ・・・。」

そ、そんなことは・・・あるかな・・・。
σ(^◇^;;
え~ん、やっぱり我輩、”ガラッパ”かも・・・。
[PR]

by keigappa | 2015-05-18 16:21

加満田の庭に怪しい物体が・・・


ある日突然、加満田の庭に謎の物体が出現した。
e0234016_2153033.jpg

近くで見てみると・・・
e0234016_2155499.jpg

なんじゃ、こりゃ?
もしや巨人のげんこつ!?

・・・なーんてね。
これは、女将の友人(我輩の友人でもありますけど)
Sちゃんの息子、H君の卒業制作作品なのです。
ちなみにH君は、去年の"かっぱまつり"で名前が決まった
「加門」の制作者でもあります。
e0234016_217438.jpg


このげんこつ、原材料の木が17万もしたそーで、
捨てるのは忍びないが、ではどこに飾る?
という話になって、加満田の庭に鎮座することとなりました。

なかなか坐り心地もいいそうです。
是非、坐って記念撮影してみて下さいね。
(椅子じゃないって・・・?)

[PR]

by keigappa | 2015-05-15 21:10

加満田は緑豊かなのです

5月はいい。
(ゴールデンウィークの忙しさは別としてですが・・・)
五月晴れの空は澄み渡り、緑は青々と生い茂り、
我輩の大好きな太陽が光り輝いている。
春先に悩まされた花粉もほとんど無くなって、
我輩は心ゆくまで、甲羅と布団を干せるのだ。

緑豊かといえば、加満田の廊下にも小さな緑があるのをご存じかな?
”どうだん””もくせい”の部屋の前には、
加満田の庭師(?)Aさんが丹精した、紅葉の盆栽が飾られ、
さながら小さな庭となっているのである。
e0234016_16405780.jpg


この紅葉は、加満田の庭の紅葉の実生(ようするに子供)を、
大事に育てて、形を整えたもの。
むろん、一緒に飾られている筍も加満田の庭で採れたものである。

ちなみに、紅葉の実生が出てくるのは、今頃だそうです。
欲しい方にはお分けするそうなのでので、
是非ご自宅でも小さな庭を作ってみて下さいな。
(我輩は食べられるものの方がいいけどね。)

食べられる緑といえば、クレソンはそろそろ終わりに近づき、
今はスナップエンドウが旬。
e0234016_16421140.jpg

ゴールデンウィークが終わって、お客様も少なくなったので、
我輩にも頂けるようになりました。
・・・というわけで、今夜は茹でて、ビールつまみにしまーす。
これが甘くてうまいんだなぁ♡

これが食べたい人は、今すぐ加満田に来てね。
採れるのは、1~2週間の間だって!
そういえば、今日は「母の日」
”「母の日」のプレゼントに、お母様を招待してあげる”
なんていうのはいかがかな?
[PR]

by keigappa | 2015-05-10 16:44

菖蒲湯と柏餅


昨日は5月5日。
今は国民の休日”こどもの日”として知られるが、
本来は”端午の節句”
菖蒲を軒に下げ、菖蒲湯に入って、邪気を払う風習である。

加満田でも、5月5日は、軒下に菖蒲を飾る。
e0234016_18544458.jpg

そして、お風呂は当然、菖蒲湯にするのだ。
ちなみにこの菖蒲、よもぎと一緒に束ねてあるのだが、
大風呂、露天風呂の他、各客室風呂にも用意するので、
結構な数になるのだ。
(我輩もひとつ頂きました。)

端午の節句でもうひとつ忘れちゃいけないのが、柏餅
なんで忘れちゃいけないのかって?
だって、我輩の好物だから・・・!(笑)
加満田では、5月5日のお着き菓子は柏餅にするんだけど、
従業員にも2個ずつ買ってくれるんだよ。
でも、我輩はあやちゃんの分までもらって、4個も食べちゃった。
(いやもちろん、一気喰いじゃありませんよー。)
今日は、体重計に乗らないことにしておこっと。

ゴールデンウィークも終わって、これからは暇な時期。
加満田の温泉と静かな環境を楽しむなら、
これからのシーズンが狙い目だよ~。
皆さまのご来館、お待ちしていまーす!!



[PR]

by keigappa | 2015-05-06 18:56

おねだりしたわけでは・・・


先日、女将の大学時代の友達が、
家族で加満田に宿泊して下さった時のこと。

「ピーナッツ好きなんだってねー。
うちの方(ちなみに千葉の方です)の名産品だから、
お土産に持ってきたよ。」

e0234016_16212074.jpg


沢山のピーナッツを頂いて、女将は大喜び。
でも、ここでふと疑問に思ったらしい。
大学卒業以来、数回しか会っていないのに、
何故、ピーナッツが好物だと知っているの・・・?

”かっぱブログ”に書いてあったよ。
あれ、面白いよね~。」

わーい、褒められちゃった♡。
((○(^▽^)○))

でも、我輩は確か、
”女将にナッツを与えないで!”
って書いたはずなんだけどなあ・・・。

女将さん、我輩がおねだりしたわけじゃないからね。
ピーナッツの摂取量の調整は自己責任でお願いしまーす。
[PR]

by keigappa | 2015-05-03 16:23



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る