blog keiがっぱの言いたい放題

<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ムササビの赤ちゃん!?


昨日のことである。
伸びすぎて電線の邪魔になるからと、
東京電力が、加満田の庭の端にある北山杉を伐採していた。
e0234016_1943139.jpg


そのうち、社長が呼ばれて出て行ったが、
戻ったと思ったら、今度は女将共々、タオル片手に出て行き、
2人でなにやらバタバタしているなぁ~と思っていると・・・。

なにやら、タオルに包んで持って帰ってきた。
中身はなんと、”ムササビの赤ちゃん”
(いやぁ~、我輩も初めて見ました)
伐採された木に巣があったらしく、落っこちてしまったのを、
作業の人が拾って、知らせてきたらしい。

まだ眼も開いていない赤ん坊である。
我輩は、タオルの上でぐったりしているの見たので、
ねずみのようにしか見えなかったが、
女将が木の上に乗せて撮った写真を見たら、
ちゃんとムササビの姿であった。
e0234016_1954927.jpg


e0234016_1962985.jpg


ご存じのとおり、加満田の社長さんは、獣医の資格を持っている。
ネットで調べると、犬用のミルクで育てられるようだ。
ここで、社長さんと女将さんの掛け合い漫才が・・・。

女将:社長さん、獣医なんだから、お育てになったら?(少し嫌味)

社長:いや、若い頃ならやったけどさ。ゴールデンウィークで忙しいしね。

女将:あらら、ゲームやる暇があれば、ミルクあげられますよ。
   (完全に嫌味・・・)

でもねー、昼間はともかく、夜は無理だと思うの。
社長さん、飲んだら絶対忘れちゃうし。
うっかり踏みつぶしちゃったら大変だからねー。

と言う訳で、2匹のムササビ君達は、専門家に保護してもらうべく、
社長さんが厚木にある自然環境保全センターに連れて行きました。
2匹とも、無事、生き延びるといいね。
(でも親は探しているかも・・・ちょっと可哀そうだね。)



[PR]

by keigappa | 2015-04-29 19:09

目に青葉、口にも青葉?


新緑の美しい季節である。
この時期の加満田庭園は、惚れ惚れするほど美しい。
e0234016_19252580.jpg

上を見れば、木々は生き生きとした新芽で彩られているし、
e0234016_19254634.jpg

下を見れば、青々とした苔が大地を覆っている。
e0234016_1926768.jpg


そして、この季節には、口にも青葉が・・・。
そう、クレソンである。
e0234016_19262290.jpg


加満田庭園で採れる、このほろ苦い葉を口にすると、
しみじみと春の訪れを感じるのだ。

世に温泉旅館は山ほどあるし、
加満田はそれほど立派な宿じゃないが、
この季節の庭に佇むと・・・
e0234016_19264312.jpg

”えっへん!すごいだろ~!”
という気分になるのである。
(ほとんど自分の庭気分・・・?)

[PR]

by keigappa | 2015-04-25 19:28

鎮痛剤か?酒か?それが問題だ


坐骨神経痛は持病だが、今回はどんどん痛みが増し、
左足に電気が走るような感じになってきたので、
医者に行って、レントゲンを撮ってもらった。

「あ~、離れちゃってますね。
腰椎分離症、よーするに腰の疲労骨折です。」

実は我輩、この病気を若い頃に一度やっているのだが、
第5腰椎が分離してしまい、神経を圧迫して痛みが出る。
で、治療法はというと・・・、ないのである。

「若い子なら、骨もくっつくんですけど、
年齢がいくと、くっつかないんですよ。」

炎症が治まるまで、鎮痛剤飲んでがまんして、
治まったら、腰椎の周りの筋肉を鍛えて支えるしかないそーだ。

というわけで、鎮痛剤をたくさんもらってきたが、
ここで問題がひとつ。
鎮痛剤という奴は、アルコールとの併用が禁じられている。
痛みがひくまで飲み続けるとすると、その間はずーっと禁酒?
だいたいどのくらい経てば痛みがひくの?

「人それぞれですね。3ヶ月とか、半年とか・・・。」

ひぇ~!無理!絶対無理!
半年も禁酒なんて、人生お先真っ暗!

しかし、鎮痛剤の効き目はすごい。
飲んで30分もすると、痛みが引いていく。
薬を飲んで、楽になるか?
痛みに耐えて、酒を飲むか?
(こんなことに悩むなんて、我輩くらいかなあ・・・。)

で、我輩の出した結論。
朝は鎮痛剤を飲む。
(痛いとお仕事出来ないしねぇ。)
夜は鎮痛剤の代わりに酒を飲む!

そう、アルコールでも結構痛みは麻痺するのだ。
でも主治医には内緒にしておこっと。
皆さんも、河童の真似をしてはいけませんよー。
[PR]

by keigappa | 2015-04-22 21:21

お土産は可愛くなくっちゃ!


皆さんは、旅行のお土産にどんなものを買われるだろーか?
やっぱり、その地方の名産品?
地酒?
今だけの限定品とか?

我輩は、見た目に弱いのだ。
毎回お台場で買ってくる「河童クッキー」もそうだが、
見た目が可愛いと、つい買ってしまう。
かくして加満田の皆は、我輩が出かけるたびに、
変なキャラものクッキーとか饅頭を食べる羽目になる。

今回の皆への土産はこれ。
e0234016_21182647.jpg

可愛いでしょ?
「どじょうすくい饅頭」でーす。
”ひょっとこのお面”のイメージらしいんだけど、
お皿のっけたら、河童にも見えるよね。

ちなみに、あやこや友達には、「鬼太郎の人形焼」
e0234016_21193675.jpg

よくわからないかもしれないけど、
鬼太郎ねずみ男猫娘目玉のおやじの4種類。
別の店では、餡の入った人形焼もあったけれど、
これはいわゆる”餡なし”
ほんのり甘くて、ホットケーキみたい。

湯河原でも、”ゆたぽんファイブ”の饅頭とかクッキーとか
色々あるけど、残念ながら、加満田では扱っていないんだよね。
欲しい人は、駅前のお土産物屋さんに寄ってみてねー。
[PR]

by keigappa | 2015-04-18 21:21

女将はかなりそそっかしいのだ・・・


加満田の女将は有能だが、かなりそそっかしい人である。
それゆえ我輩は、”なんちゃって女将”と呼んでいるのだが、
今回も筍で2回笑わせてくれたので、ご紹介しよう。

**** <その1:写真はどこに?> ****

先日、我輩が書いた「筍のシーズン到来!」
ブログを読んだ女将が一言。

「あれ?筍の写真、撮ったよ。
かっぱに送ってあるはずだよ。」

えーっ?本当?
気付かなかったなあ。

早速、チェックしてみると・・・

確かにこんなメールが来ていました。

”庭の手入れをしてくれているAさんが
「猪にとられる前に」と言って、お初の筍を掘ってきてくれました。
早速、あやこはタイカレーに入れて、お昼食べたけど、
初物はさっと炊いた方がよかったな。”

でもねー、来てたのは文章だけ!
女将は、写真の添付をコロッと忘れて、これだけ送ってきていたの。
ちなみに、本来付いてくるはずだった筍の写真はこれ。
e0234016_19274678.jpg

今年の筍、甘くておいしいよー!

**** <その2:かっぱ茫然・・・。> ****

昨夜のことである。

「かっぱちゃん、また筍持っていく?」

はーい♡もちろん、いただきます!

女将さんは、丸々とした筍をビニール袋に入れて包んでくれた。

「冷蔵庫に入れておくから、帰りに忘れずに持って行くんだよ。」

それから、2時間ほど後、
我輩は女将さんから筍の包みと木の芽をもらって帰った。

筍、筍、うれしいな♪
まずは、切って水につけとかなくっちゃね。

大きめのタッパに水を張り、
うきうきと包みを開いた我輩の目の前にあったのは・・・
ダイコン!?

Why!?なんでぇ~?
エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?
(水を張ったタッパを前に、茫然とする河童)

実は、先日女将が朝市でもらってきた立派な大根。
それの先っぽの方が新聞紙で包んであったのだ。
大きさも重さも確かに似ていたけどさぁ・・・。
自分で仕舞ったんだから、わかりそうなものじゃない?
大根の木の芽焼きはありえないでしょ、くすん。

すぐに、電話したら、本人は大笑いしていました。
女将にとっては、こんなの日常茶飯事。
だから、”なんちゃって女将”なのです。
”隙のない完璧な女将のサービス”が御希望なら、
加満田はやめたほうがいいかもね・・・。
(^_^;)
(おいおい、そんなこと言っていいのか~!?)
[PR]

by keigappa | 2015-04-14 19:38

妖怪仲間に会いに行ってきました


加満田の4日間の休館に合わせ、親子で旅行に行ってきました。
両親には温泉は必須。
そして、我輩としては行ったことが無い所へ行きたい。
両者の希望をすり合わせた結果、玉造温泉に滞在し、
出雲大社と境港の水木しげるロードを敢行することに。

6日はあいにく雨だったけれど、
夕方着いて温泉でのんびりするだけだったので、問題なし。

翌日は、どうにか雨もあがって、レンタカーで観光。
まずは出雲大社へ。
e0234016_19522438.jpg

我輩は初めてだけど、”かっぱ父”の母(つまり我輩の祖母)は、
ここで結婚式を挙げたそーな。
”縁結びの神様”では、我輩に用もないかしらん。

お昼をどこで食べよーかと考えていたら、
食いしん坊の”かっぱ父”は、ちゃんとネットでチェックしていました。
境港にある「弓ヶ浜」”かにトロ丼”を食べたいとのこと。
”かっぱ父”はかにトロ丼を、我輩は豪勢な二色丼をチョイス。
e0234016_19552376.jpg


e0234016_20681.jpg


外には大きな鬼太郎の像が・・・。
e0234016_1956420.jpg


ここからお目当ての「水木しげるロード」までは、車で10分ほど。
ロードには、ずらりと妖怪たちのブロンズ像が並んでいます。
お土産物屋も雑貨屋も酒屋も鬼太郎一色!
気合が入っておりますな、この町は。
じっくり見て歩きたかったのですが、なにせ風が冷たいし、
”かっぱ父””かっぱ母”も高齢なので、
半分ほどで引き返し、「水木しげる記念館」へ。

中には、鬼太郎の家もありました。
e0234016_19592629.jpg


e0234016_19595221.jpg


いや~、我輩も妖怪のはしくれ。
仲間達といると癒されますなぁ。
もっとゆっくり時間をとって、再訪したいものです。
(そうそう、隠岐の島には河童もいることだし・・・)

3日目は、我輩だけ足立美術館へ。
両親はすでに行ったことがあるので、のんびり温泉三昧。

足立美術館の庭園はさすがに見事。
e0234016_2014754.jpg


e0234016_2021624.jpg


しかし、この日は寒かった・・・!
玉造温泉を出る時には、そう寒くなかったので、
薄着で出かけてしまったら、風の冷たいこと、冷たいこと。
一発で風邪をひいてしまいました・・・(涙)。

4日もお休みして、お仕事も溜まっているのに、
風邪っぴきで、ゲホゲホ、ズビズビと情けない我輩。
肩身が狭くて、甲羅に隠れるようにして、これを書いております。
ヾ(_ _*)ハンセイ・・・


[PR]

by keigappa | 2015-04-11 20:07

筍のシーズン到来!


加満田のが採れ始めた。
猪に掘られないうちに・・・と、早めに採ったそうで、
まだ小さいけど、柔らかくてあま~い!

本当ならここで写真を載せるべきなんだけど、
あっというまに茹でられて、冷蔵庫へ。
というわけで、画像なし。
ごめんねー。

我輩も現物支給給与として(?)、分け前にあずかりました。
まずは、スライスしてバター焼き。
はぁ~、うんまい!
ビールが進む!

翌日はさっと煮て、三つ葉を散らして卵とじ。
夜のつまみ用には、千切りにした筍とピーマンを
挽肉と一緒に炒めて、中華風にしてみた。

クレソンもそろそろ採れ始めたので、
春の定番メニュー、筍とクレソンのパスタなんぞも作ったりして。

うーん、まさに筍三昧♡幸せーっ!
∈(*´◇`*)∋

えっ?
掘った筍の写真は撮れなくても、
料理の写真は撮れたんじゃないかって?

すっかり、忘れてたんですねー。
気付くのは、いつも半分位、お腹に収まっちゃた後で・・・。(笑)
加満田に来てから、すっかり筍の虜になってしまった我輩。
いまや、筍はきゅうりに優るとも劣らぬ好物になっちゃいました。

ところで、加満田は調理場の水道管工事のため、
明日から4日間休業させて頂きます。
我輩は親と旅行の予定だけど、
女将さんは疲れ果てて、スキーに行く元気もないみたい。
今年の春休みは忙しかったからねー。

では、皆様、しばしのお別れでーす。
次回のかっぱブログをお楽しみに。
[PR]

by keigappa | 2015-04-05 19:57

かっぱも花見をしてきたよ


桜が満開である。
なかなか花見の機会がない我輩なのだが、
花見日和の火曜日、午後からお休みをもらえたので、
お花見に行くことにした。

せっかくなので、ちょっと足を延ばして、
”長興山紹太寺のしだれ桜”を見に行くことにする。
子供のころに見たことがあるだけなので、ちょっと懐かしい。
小田原から箱根登山鉄道で3つめの入生田駅で降り、
山道を登ること約10分。

e0234016_20143984.jpg

たしかに満開だが、さすがに古木になって、色も褪せたような・・・。
近くの若木の方は、勢いもあって綺麗。
e0234016_2014586.jpg


小田原に戻って、今度は小田原城址公園でお花見。
ちょうど「桜まつり」が開催中で、食べ物の出店も出ている。
e0234016_20161080.jpg

”花より団子。団子より酒”の我輩、
まずは”とっぽっぎ”をつまみに、生ビールをクポッと一杯。

桜もほぼ満開。
桜とお城は絵になるねえ。
e0234016_201743100.jpg


その後、友人達と落ち合って、今度は夜桜見物。
e0234016_2018258.jpg


最後は、当然みんなで宴会!
といっても、シート広げての宴会じゃなく、
イタリアンレストランでだったけどね。
やっぱり、花見に酒は欠かせないでしょ?
(我輩だけかしらん・・・?)

湯河原の桜も今が満開。
加満田にタクシーで来るなら、運転手さんに頼んで、
一回りしてもらうといーよ。
花の命は短いから、急いでねー。
[PR]

by keigappa | 2015-04-01 20:20



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る