blog keiがっぱの言いたい放題

<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


映画とミュージカルでリフレッシュ(その1)


このところ、ちょっと凹んでいる我輩。
こういう時は、現実逃避(?)とばかりに、
映画とミュージカルをはしごしてきた。

まず映画は、「ノア~約束の舟~」
主演は我輩の大好きなラッセル・クロウ
義理の娘役は、エマ・ワトソン
”ハリー・ポッターシリーズ””ハーマーオニー役”といえば、わかるよね?)

いやー、いい映画でした。

でも、すごく重くて、人間の業というものを見せつけられるし、
現実世界と重なって見える部分も多く、現実逃避には程遠い。
あくまで、キリスト教の価値観が背景にあるから、
違和感を覚える人も多いと思うし。
ノアに共感できるかと言われれば・・・???ですが。

”正しいこと””正しくないこと”を判断するのは、
あくまで主観であって、絶対基準があるわけではないから、
それぞれが違う立場で自分の”正しさ”を主張すると、
当然食い違いや、争いが生じる。
まさに、今、世界中のあちらこちらで起きている問題だよね。

”絶対に正しい存在”───「神」の存在に縋ろうと思っても、
それぞれが自分の信じる「神」だけが正しいと主張して、
また争い合う。
不毛だねぇ・・・。

映画に話を戻すと、ノアは頑なに使命を果たそうとする。
そのためには、敵を殺し、人々を見殺しにし、
家族にも犠牲を強いる。
ノアの不幸は、自分もそして愛する家族も、
罰せられるべき”人間”であることを知っているところにある。
そして、彼の「選択」に、人類の未来はゆだねられるのだ。

生きることは、「選択」の連続である。
自分で下した「選択」の結果は、自ら引き受けなくてはならない。
しかし、最近はこれが出来ない人が多いようだ。
他人任せにしておいて、結果にだけ文句をつける。
(議員さんには特に多いようですねぇ・・・苦笑)

とにかく考えさせられる作品でしたな。
キャラメルポップコーンなんぞ、ぽりぽりやりながら見ていた我輩、
途中で居ずまいを正してしまいました。
楽しく気分をリフレッシュとはいきませんが、
個人的にはお勧めの映画です。

なんだか、真面目に論じたら、肩凝っちゃった・・・。
ミュージカルについては、また次回。
(といって、ネタ探しをさぼるかっぱなのでした。)



[PR]

by keigappa | 2014-06-28 16:19

かっぱもがんばる梅採りの日


1年1度、加満田では「梅採り」が行われる。
玄関近くにある梅の木から、梅の実を採って、
”梅酒””梅干””梅ジュース”の仕込みをするのだ。
従業員総出の一大イベントなのである。

当日、天気予報では雨の予報だったが、昼間は幸い好天に恵まれた。
板長と番頭さんが木に上り、我々は青いビニールシートを広げて、
両腕を高く上げて頭上に掲げる。
結構つらい姿勢だが、頭上に掲げていないと、
頭に梅の実の直撃を受けることになる。
これはかなり痛い
我輩にとって、頭のお皿は命にかかわる大事な物なので、
しっかりガードしないとね。

採れた梅の実は、調理場に運んで、よく水洗いする。
e0234016_9473246.jpg

傷んだものは捨て、大きさや熟し具合で、
”梅酒用””梅干用””梅ジュース用””梅ジャム用”に選別する。
”梅ジャム”は豊作の年しか作らないのだが、
昨年に引き続き、今年も大豊作。

「今年は裏作のはずだったのに、気象の影響かなあ?」
と、女将が首をひねっている。

洗い終わった梅の実を拭いて乾かし、今度はへたを取る。
竹串や金串で一個一個取っていくとーっても地味な作業。
e0234016_9491970.jpg

この作業はやっぱり板前さんが、ダントツ早い。
何事も修行ですなー。
へたを取った梅の実は、剣山の上を転がして傷をつけ、
重さを計って、氷砂糖とリカーで漬け込めば・・・
皆様の食前酒用「梅酒」の仕込み完了!
e0234016_9523441.jpg


いやー、壮観ですな。
今年の仕込みは、
梅酒75kg
梅干35kg
梅ジュース用冷凍してある梅16kg
廃棄約3kg
計 129kg!!

しかも取り損ねた実がまだまだ枝についてる。(ひぇ~!)
女将が始末するようになってからの最高収穫量だそーです。

日頃から、身体を使って仕事している面々は、ケロリとしているけど、
気の毒なのは板長。
木に上ったり、太い竹棒を振ったり・・・と、
普段使わない筋肉ばかり酷使した結果、
全身筋肉痛で、包丁を持つ手がぷるぷる震えておりました。

えっ?我輩はどうかって?
若いから全然大丈夫♪

「嘘おっしゃい!
こっそり、マッサージに予約入れていたでしょ!」

あーん、ばらしちゃだめ!

[PR]

by keigappa | 2014-06-25 09:54

旅館で働くということ


今日の我輩はかなり落ち込んでいる。
お客様から手厳しいご意見を頂いたのだ。
館内の設備の古さと不具合、掃除の行き届かなかった所、
接客の不手際などが、館内アンケートに書き連ねてあった。

旅館に泊まるということは、
多くのお客様にとっては大切なイベントである。
その貴重な一日を、楽しい気持ちでお過ごし頂けなかったことは、
本当に申し訳ない限りである。

無記名のアンケートだったので、
直接お詫び申し上げることが出来ないが、
その方のご意見の数々、きちんと原因を究明し、
対応していこうと思っている。
これを読んで下さるかはわからないが、
女将共々、ご意見に感謝するとともに心よりお詫び申し上げます。

最近、”旅館で働く”ということについて考えることがある。
実はこの業界は人気がない。
”拘束時間が長い”、”給料が安い”、”休みが取りにくい”
・・・等、ネット上には働く側の不平不満が渦巻いている。
はっきり言って、それは事実である。
条件だけで仕事を選ぶならば、”旅館で働く”ことを選ぶべきではないだろう。

では、何故、”旅館で働く”のか?

答えは働く人ひとりひとりが見つけるしかない。
ただ、我輩に言えることは、
お客様の笑顔と「ありがとう」の言葉に幸せを感じられる人は、
”旅館で働く”ということに、
喜びとやりがいを見出せるだろうということだ。

だからこそ、お客様が笑顔で帰られなかったことを、
我輩は深く悔むのである。
どうか、明日は皆、幸せな笑顔でお帰り下さいますように。
[PR]

by keigappa | 2014-06-22 19:47

かぱた愛ふたたび


”かぱた”を熱愛する(?)Y.I様が、またご来館下さった。

「かっぱさん、ほら!」

と、シャツの前を広げて見せて下さったのは・・・
なんと”かぱたのTシャツ”
e0234016_18915100.jpg

奥様もデザイン違いで着ていらしたので、
お願いして写真を撮らせていただいた。

ひぇ~、それも作られたんですかー?

「だって、かっぱさん、この間言っていたじゃない。
次はTシャツですねって。」


そーいえば、そんなこと言ったかも。
でも、だからって本当に作るかなあ?


「ほら、これも作ったから、あげるね。」

頂いたのは、”かぱたワッペン"
4㎝四方ほどの正方形で、かぱたが刺繍されているもの。
ご本人は、ズボンの後ろポケットのところに、
ワンポイントで付けてありました。
e0234016_18103728.jpg

うーん、たしかに可愛いけれど、かぱたばかりがなぜモテる?
(ちょっと、やきもち・・・?)

「今、ポロシャツも注文してあるんだ。
かっぱさんの分も頼んであるから、出来たら送るね。」


あっ、ありがとうございます!!

Y,I様、加満田とコラボで、「かぱたショップ」でもやりませんか?
(意外と売れたりして・・・)
[PR]

by keigappa | 2014-06-19 18:14

庭でも蛍が見られるよ

今年の「ほたるの宴」は本日までで終了。
でも、町内の川では、まだまだ蛍が飛んでいるよ。
とはいえ、蛍の命は約1週間。
蛍を見たい人は、お早目にねー。

加満田の庭でも蛍が見られるのは、知ってるかな?
e0234016_16311252.jpg

加満田庭園は川に沿って広がっているので、
川で自然発生した蛍が庭に飛んで来るんだよ。
夕食の後、お散歩がてら見に行ってみてね。
昨夜も何頭か飛んでいたそーです。

そうそう、蛍は”1匹”じゃなくて、”1頭”って数えるんだよ。
なんか変な感じだけどね。
明治時代、専門学的に英語で生物の個体を"head"で数えるのを、
日本語に翻訳した際、「頭」と直訳したのが始まりなんだって。
だから、チョウとかカブトムシなんかも、専門家は「頭」で数えるんだって。
なんだか、巨大なチョウやカブトムシをイメージしちゃうなぁ・・・。
(⌒▽⌒;)
[PR]

by keigappa | 2014-06-16 10:28

ヘルシーつまみで一杯


暑くなって、ビールがうまい!
・・・のはいいが、いい気になって飲んでいると、
あっという間に体重が危険水域に達してしまう。

女将に言わせれば、”飲まなきゃいいだけ”な訳だが、
それが出来りゃ苦労しませんって。

我輩と社長にとってのお酒は、女将にとってのスイーツと同じ。
他を減らしても、こればかりは減らせない。

となると・・・、つまみを工夫するしかありませんな。
本来、ビールと合うつまみは、揚げ物とかポテトやチーズとか
やたら高カロリーなものが多い。
(あと、女将の好きなスナック菓子とかね。)
しかし、ここはぐっとヘルシーにいかなくては。

というわけで、かっぱちゃんのヘルシーつまみ2種。
まずは、”アボガドサラダのトマトカップ詰め”
e0234016_18211662.jpg

中身はアボガドクリームチーズ木綿豆腐
レモン汁で和えて、ハーブソルトで味付けしてあるよ。

もうひとつは、”新タマネギのステーキ”
e0234016_18273414.jpg

カレー味ツナ味の2種類作ってみました。

どちらも、お手軽でヘルシー、しかもうまい!
あー、ビールがすすんじゃうなあ♪

「そうそう、つい飲み過ぎて、いい気になって、
スナック菓子をバリバリなんてことにならないよーにね。」

ぎくっ!!
き、気を付けまーす!

[PR]

by keigappa | 2014-06-13 18:29

初きゅうり獲得!


あらためて言うのもなんだが、我輩は河童である。
そして、河童の好物といえば・・・そう、きゅうり!

加満田では、自然の恵みを大切にしている。
小さな畑に色々な野菜を作っては、
「女将の一品」として、お客様に味わっていただいているが、
野菜の採れる量とお客様の数は必ずしも一致しないので、
時には、我輩にも現物支給給与としてまわってくるのだ。

そして、これからの季節。
我輩の大好きなきゅうりが採れ始めるのだ。
むろん、本格的に採れるのは、7月からなのだが、
初物が数本採れた。

「初物だからねー。あんたも1本持っていく?」

わ~い!!
きゅうり♡きゅうり♡

e0234016_17463131.jpg


新鮮なきゅうりは、手に持つと痛い。
まわりがトゲトゲしている。
スーパーで売っているようなのとは、わけが違うのだ。

早速、味噌をつけて丸かじり。
うまーい!!!
河童冥利に尽きますなー!(意味不明・・・)

とげとげきゅうりの醍醐味を味わいたい方は、
是非、7月に「かっぱプラン」で来てね。
きゅうりもぎ体験かっぱ巻かっぱえびせんもついてるよ。

「あんたねー、勝手にかっぱプランって呼んでいるけど、
”夏休みファミリープラン”っていうんだよ。」


そーなの?
ずっと、”かっぱプラン”だと思っていたけど。

「7月の宣伝もいいけど、まず6月の蛍の宣伝をしなさい。」

そーでした。
ただ今、湯河原温泉では、「ほたるの宴」開催中でーす。
イベント自体は、16日までだけれど、
6月中なら、だいたい蛍は見られると思うので、是非お出かけ下さいね。
地元の蛍情報に詳しい社長さんが、
その日飛んでいそうな場所にご案内しますから。

そういえば、なぜか我輩のブログを愛読してくれる社長さん。
先日のブログをチェックしていたようで、
蛍の当番に行ったついでに、我輩にお土産を買ってきてくれました。

いや~、やっぱり社長さんって、いい人♡
[PR]

by keigappa | 2014-06-08 17:52

休日満喫!?

交通費をかけて東京に行くからには、
あれもこれもと欲張ってしまうのは、我輩が貧乏性だからだろーか?

昨日はお休みで、”J”と話題の4DX映画を観る約束をしていた。
午前中は暇なので、たまには芸術に触れるのもよかろうと、
上野の東京都美術館やっている「バルテュス展」をみることにした。
混雑は苦手なので、9:30の開場にあわせて行くことにしたのだが、
そうすると、自宅を出るのは6:40!
ひぇ~っ!お仕事に行くより早起きしなくちゃならんの!?

正直に申し上げるが、我輩は美術分野の素養はない。
バルテュスという名も、
”どっかで聞いたことがあるなあ”程度の知識。
でも、誰かが言っていたんだよねー。
”分かろうとせず、とにかく触れることが大切”だって。

イヤホンガイドつけて、解説を聞きながら見たから、
美術のお勉強してきました・・・って気分だったけど、
まあ、日常と違うことをするのは、脳のためにもいいよね。
勢いで、国立西洋美術館の「ジャック・カロ展」も見てきちゃった。
こちらは実に細かい版画で、会場にはルーペが用意してあった。
視力検査されているような気分になるほど緻密に描きこまれていて、
けっこう面白かったよ。

午後は平和島で4DX版の「X-MEN フューチャー&パスト」を観る。
4DXとは、体感型の最新上映システム。
映画に合わせて、シートが動いたり、震動したりし、
また、ミストやエアーを使って、雨や風を感じさせることも。
(まあ、ディズニー・シーの「ストーム・ライダー」みたいなもの。)
これは、好みが分かれると思うけれど、我輩は結構好きだな。
4DXで観るなら、動きが激しい作品の方が楽しそう。
個人的には、「ノア 約束の舟」を4DXで観てみたいと思ってまーす。

映画の後は、”J”と日比谷のスパニッシュ・バルで、
たらふく食べて、ワインを飲んで、最終の新幹線で帰宅。
うーん、充実した休日。満足、満足。
でも今日は、肝休日にして、胃と肝臓を休ませてあげよっと!
[PR]

by keigappa | 2014-06-05 17:23

蛍が飛び始めました


6月の湯河原といえば”蛍”
毎年、楽しみになさっている方も多いが、
今年もそろそろ出始めた。

昨日、女将のお友達達が加満田に宿泊されたので、
女将は偵察かたがた、万葉公園に行ってきたのである。

「もう、結構飛んでいたわー!」

「ほたるの宴」は3日からだが、すでに自生の蛍は飛び始めたらしい。
(まあ、夏並みの暑さだからねー。)

奥湯河原近辺で見られるのは、もう少し後だが、
沢山飛ぶのが見たい方は、「ほたるの宴」の期間中にどうぞ。
期間中は観光会館で「花菖蒲展」も行われるよ。

イベント期間:6月3日(火)~6月16日(月)

「ほたるの宴」
  時間 午後7時30分~午後9時
  場所 万葉公園
「花菖蒲展」
  時間 午前10時~午後9時
  場所 観光会館

蛍と花菖蒲なんて、風流でしょ?
でも、それだけじゃ物足りない人(お前だろって?)
ご安心くださーい。
会場では、生ビールや缶ビールも販売中。
焼鳥、コロッケ、焼きそば等をつまみに一杯やれます。

このところ、急に暑くなったからねー。
生ビールをクーッと飲りたいもんですなぁ。

「のんきなこと言ってんじゃないの!
期間中は私と社長は送迎で忙しいんだから、
あんたは留守番!」


そーなんです。
加満田では、蛍を見たいお客様を見られる場所まで、
お連れしているんですねー。
だから、我輩は大人しくお留守番。
誰かお土産買ってきてくれないかなぁ・・・。
[PR]

by keigappa | 2014-06-01 10:39



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る