blog keiがっぱの言いたい放題

<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


美味!まるごとみかん大福


加満田は常連のお客様が多いこともあって、
(それと女将がスイーツ好きだから?)
お土産にお菓子を頂くことが多い。

我輩はあまりスイーツには興味がない方なのだが、
どちらかといえば、洋菓子より和菓子の方が好き。
それも、最中羊羹といった高級品よりも、
大福とか桜餅とかといった餅菓子の方が好きである。
いちご大福も好物で、時々、自分で買って食べるのだが・・・。

先日、常連の”T様”がくださった「まるごとみかん大福」は、
久々のヒット商品であった。

e0234016_1821016.jpg


ご覧のとおり、大福の中に、みかんが丸ごと入っている。
周りの求肥の柔らかさと白餡と果汁たっぷりのみかんが、
なんともいえない味のハーモニーを奏でていて、
我輩のみならず、社長や和菓子にはうるさい女将も、
「これ、うま~い♡」
と、とても気に入った様子であった。

考えてみると、湯河原はみかんが特産品なのだから、
湯河原の和菓子屋でも作りそうなものだが、
我輩はいまだ町内でお目にかかったことがない。
(みかん最中はあるけどね。)
是非とも、チャレンジしていただきたいものだ。

”T様””かっぱブログ”の愛読者。
ご来館の折には、マグカップでコーヒーを飲まれるので、
次回ご来館の折には、我輩の特製マグカップをお貸ししようと、
密かに思うかっぱなのでした。
e0234016_1823520.jpg

[PR]

by keigappa | 2013-11-26 18:25

”J"が泊まりにきたよ

このところ快晴が続き、旅行日和である。
お天気に誘われて・・・というわけではないが、
”J"がお母様と加満田に泊まりにやってきた。

女将ともすっかりお友達の”J"ではあるが、
ちゃんと加満田に宿泊するのは初めてである。
せっかくの機会だからと、
「伊勢海老プラン」で季節の伊勢海老を堪能することにした。

悩んだ末、伊勢海老刺身鬼殻焼の両方をお母様とシェア。
しかも、鬼殻焼にはマヨネーズをつけたいとのこと。
たれとマヨネーズのコンビネーションが絶妙なんだそうな。

翌日は、我輩もお休みだったので、3人で箱根の紅葉ドライブ。
今年は紅葉がいまひとつだけど、お天気が良かったから、
それなりに楽しめました。
富士山もとってもきれいに見えたよ。
(しかし、誰も写真を撮らなかったのであった・・・。)

女将が、
”今年は紅葉しないかも・・・”と心配していたが、
加満田の庭も、どーにか色付いてまいりました。
e0234016_15185894.jpg


e0234016_15193484.jpg


花見と違って、紅葉狩は風流すぎて、
我輩はどーも興味が持てないんだけどね。

「花見と違って、
酒が出てこないからでしょ?」


そーかも。
((^┰^))ゞ テヘヘ

[PR]

by keigappa | 2013-11-22 15:21

不調・・・


ブログの更新を一週間もさぼってしまった。

このところ、我輩はなんだか不調。
先月痛めた足の小指もまだ痛むし、
11月の1日ひいた風邪がいまだ治らず、ぐずぐずしている。

そのせいか、精神状態もよくなくて、
毎日、駄々っ子状態。

お仕事したくなーい!

なんか、寒くなってきたしさ、
かっぱだって冬眠していいと思うの。


でも、11月は、加満田の忙しいシーズン。

「馬鹿言ってないで、帯背負いなさい!」
と、甲羅の代わりに帯を背負わされる週末。

”お仕事忙しいから、風邪が治らないよー!”
とブチブチ言っていたら、女将さんに叱られちゃた。

「休みの度に、東京行って、飲んだくれてるからでしょ!
大人しく静養しなさい!」


の、飲んだくれてないもん!
東京には行ったけど、ホテルで静養してたもん。


「バーで飲んだでしょ?どれくらい?」

カクテル5杯・・・

「それだけ飲めば充分!」

いや、その他にビールとワインを少々・・・

「それじゃ、風邪薬が効かないでしょ!
今週の休みはどーするの?」


ええと、”J”が来るから、ランチでも・・・

「問答無用!働け!」

・・・はい・・・

あーあ、働かないでも、ごろごろお酒飲んでいられる身分になりたいな。
だって、それが、かっぱ本来の姿だよね?
[PR]

by keigappa | 2013-11-17 20:40

川島さん、落語家に転身?


”Sちゃん”が追っかけているシャンソン歌手の川島さんが、
先日、加満田に泊まりにきてくれた。

「川島さん、かっぱちゃんのこと、気に入ってるみたいよ。」

へぇ~、どーして?

「酔っ払うと、面白いからじゃない?」

面白いかなぁ・・・

「うん、シャンソニエで、お客が踊ったのは初めてだって。」

うーん、確かに。
歌う人はいても、踊る人はいないだろうなあ。
(かっぱだから、許してもらえたのかな?)

でもまあ、変なかっぱと一緒にご飯を食べたいという
物好きな川島さんの希望ゆえに、
我輩も加満田で夕食をご一緒することとなった。

さて、当日、お会いしてびっくり!
なんと着物姿!
似合いすぎて、どーみても落語家
e0234016_20481879.jpg


当人いわく、
”格式ある和風旅館に泊まるから気合を入れてみました”

でもねー、うちは温泉旅館だよ。
すぐ、脱いで浴衣になっちゃうじゃん。
(第一、そんな格式ある旅館でもないし・・・)

温泉入って、浴衣姿になって、まずビール。
e0234016_2049072.jpg


でも、やっぱり加満田の和食には日本酒が合うよね。
というわけで、次は冷酒。

赤ワインが好きという川島さんのために、
我輩はちょっと美味しい赤ワインを用意しておいた。
今月の焼物は、「三ケ日豚の朴葉みそ焼」
これが、また赤ワインと合うんですなあ。

パンとチーズも用意したけれど、
炭水化物食いの”Sちゃん”のために、
我輩特製のみそおにぎりも作ってあげました。
この頃には、川島さん、かなり出来上がっておりまして・・・
e0234016_20511235.jpg

ついにダウン!
e0234016_20513934.jpg

寝顔を撮られたとも気づかず、爆睡!
フランス帰りでも、そうお酒に強いわけじゃないのねー。

「いやいや、かっぱちゃんが強すぎるんだよ。(笑)」(社長談)

いやーっ、365日飲んでる社長には
負けますって!

[PR]

by keigappa | 2013-11-10 20:58

我輩のハンバーグ・・・


昨日、我輩はなんだかとってもハンバーグが食べたくなった。

”ハンバーグ食べたいな。
たまには、マックでも買ってこようかなぁ。”


とつぶやくと、女将が

「ちょうど、今日あたり、ハンバーグを作ろうかなって
思っていたんだよねー。
夜まで待ちなさい。作ってあげるから。」


わーい♡
女将さんの手作りハンバーグ!!
もちろん、待ちますとも!

昼のうちに、サラダを作ってスタンバイ。
赤ワインも飲んじゃおーかな・・・とウキウキ。

さて、その日の午後。

女将さんは、とっても忙しかった。
何とかの展示会に行って、メールの返信をして、
従業員の夕食を作って・・・
(担当者がお休みの時は、女将がつくるのだ!)

我輩も、負けずにがんばらなくっちゃ!
と、黙々とお仕事に励んだ。

「じゃっ、行ってくるねー!!後はよろしく!」

ん?
女将さん、お出かけ?


「そう、今日はまやさん!」

”まやさん”とは、日本画家の大谷まや先生
女将さんは、月に1度、大谷先生の日本画教室に通っているのだ。

女将が風のように去った後、
我輩はボー然と取り残されたのであった。

我輩のハンバーグ・・・(涙)。

すっかり、忘れ去られてしまい、意気消沈している我輩に
社長さんが声をかけた。

「かっぱちゃん、これ、忘れているよ」

ハンバーグ!?
・・・と思ったら、
社長のお土産の温泉卵でした。

そういうわけで、”温泉卵のシーザーサラダ”という、
とってもヘルシーな夕食となったかっぱなのでした。
(今日は、ハンバーグ食べに行こうっと!)
[PR]

by keigappa | 2013-11-06 09:40

えびせんショコラ


先日、東京に行った時に、つい買ってしまったのがこれ。
e0234016_167791.jpg


「えびせんショコラ」だそーです。

有名なロイズの「ポテトチップチョコレート」ってあるでしょ?
あれのかっぱえびせんバージョン。
かかっているチョコは、同じロイズのチョコレートらしい。

お味の方は・・・

まあ、想像通りです。
ロイズの「ポテトチップチョコレート」より、後を引かないし、
小分けしてあるだけ、お土産にはいいかも。
(特に女将さんには・・・ね。
いつも、「ポテトチップチョコレート」は一気食いです。)


でも、正直、特に美味しいわけじゃありません。
かっぱえびせんとチョコレートを一緒にモグモグすればいいだけの話。

”じゃあ、なんで買ってきたんだ?”

といえば、そりゃあ、愛する”かっぱえび家”のイラストがついているから。
土産といえば、”かっぱ”に由来するものを、
つい探してしまうのが、我輩の性。

ちなみにこの「えびせんショコラ」は、
東京駅の地下街にある「東京おかしランド」で購入できます。
カルビーの他、グリコと森永も出店していて、
ちょっと変わった限定商品も置いてあるから、
お菓子が好きな人は覗いてみてね。
(修学旅行生でいつも賑わっているよ)
[PR]

by keigappa | 2013-11-02 16:13



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る