blog keiがっぱの言いたい放題

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


加満田庭園の栗が採れました


である。

秋は美味しいものが多い。

しかし、加満田の庭に秋がやってくると、
女将はちょっぴりユーウツそうである。

なぜかって?

それは、加満田庭園でが採れるからなのだ。
e0234016_2023091.jpg

栗は確かに美味しいが、お客様に大好評の”女将の一品”
「栗きんとん」とか「甘露煮」にするには、
ひと手間もふた手間もかかる。
女将は、”なんちゃって女将”だから、
本当はかなりのめんどくさがり屋なのだ。

今年もたくさん採れた栗を前に、

「あー、めんどくさい!
誰かもらってくれないかなあ。」


と、知り合いに配りまくり、なんとか仕込みの量を減らそうと画策。
残った分を、諦めて(?)仕込んでおります。
e0234016_20244518.jpg


・・・というわけで、加満田にご来館の折、
”女将の一品”として、栗が出てきた時は、ラッキーだと思ってね。
女将の汗と涙と文句たらたらの(笑)結晶ですぞ!
[PR]

by keigappa | 2013-09-30 20:26

初体験!能舞台


歌舞伎は何度か観ている我輩だが、「能」は機会がなくて、
一度も観たことがない。

今回、ひょんなことから、「能」を初体験する機会に恵まれた。

”J”の誕生日祝いをするため、東京に行くことになったため、
(そう、やっぱり、それを口実に遊んじゃうのだ)
”何か観たいよーな芝居はないかなぁ・・・?”と、
ネットで探していたら、偶然、
「”第二回 能楽祭”のチケットを譲りたい」
という投稿にめぐり合ったのである。

そもそも、「能」の公演はほとんど、土日に行われるため、
我輩が行かれる可能性はほとんどない。
今回は、本当にラッキーだったのだ。

「能」を観にいくといったら、女将さんいわく、

前の日は、導眠剤飲んで、よーく寝ておきなさい。
そーしないと、100%寝るよ。」


そーなの?

でも、素直な我輩、ちゃんと言われたとおりにして、
よく寝ておきました。
それが、正解!
だって、譲って頂いたチケットは舞台正面最前列のど真ん中!
死んでも寝れないでしょ、ここじゃ!
e0234016_20221347.jpg


今回の「能」の出し物は、「國栖(くず)」という演目。
漁師の老夫婦が、追っ手に追われる天皇をかくまう話で、
最後に出てくる”蔵王権現”が、すごい迫力でした。
その他に、仕舞や狂言などもあって、バラエティにとんだ内容。
伝統芸能に触れた貴重なひとときでした。
(でも、やっぱり眠かったけど・・・)

「能」の足運びとか、坐り方には、独特のものがあるのですね。
席が良かったので、じっくり観ちゃいました。
「能楽祭」というのは、一種のファン感謝デーみたいなものらしく、
公演後、出演者を囲んでのカクテルパーティも開かれたようです。

何事も経験。
チャンスがあれば、また観てみたいとは思いますが・・・。
平日の公演は、やっぱりないんだろうなあ。

なーんて、ブログを書いていたら、社長さんがチラシを見て一言。

「あっ、僕、ここで踊ったことあるよ。」

えーっ?なんで?

「僕、仕舞やってたから、宝生流。」

そ、そーなの?

「あっ、私は観世。」(←女将です)

我輩と違って、育ちのいい(?)加満田の社長夫妻。
教養の差を感じたかっぱでありました。
[PR]

by keigappa | 2013-09-27 20:35

かっぱ像の名前が決まったよ


夏の”かっぱまつり”に併せて行った
「かっぱ像に名前をつけてね♡キャンペーン」
おかげさまで、99通の応募をいただき、厳正なる(?)審査の結果、
かっぱ像の名前は、
「かぱた」
に決定しました。
e0234016_14573150.jpg

我輩の弟分であるからして、今後ともよろしくお引き立てのほど、
お願い申し上げまする。
(ちょっと、えらそうな我輩)

各賞の当選者は以下の通り。
理由もなかなかふるっていて、感心させられたり、クスっと笑わせられたり・・・。
本当に、いろいろ考えて下さってありがとう♡
当選者の方には賞品をお送りしまーす。
また、応募者の方々には、宿泊補助券とドリンク券をお送りしますので、
また、「かぱた」に会いに来てあげてねー!!

**********************************************************

<名付け親賞>
かっぱ像の名前に選ばれた方
横浜市のM.T様   「かぱた」  
河童田(かぱた)と加満田(かまた)、響きが似ているのがポイント!

<同名応募賞>
かっぱ像の名前に選ばれたのと同じ名前を応募した方
川崎市のK.I様   「カパ太」

<ユニーク命名賞> 
思わず笑える名前をご提案下さった方
川崎市のM.T様   「加満之守 今昔」(かまのもりこんじゃく)
加満田を今も昔も守っているマスコット。

<KEIがっぱ賞>
KEIがっぱが独断で選ぶお気に入り?をご提案下さった方
堺市のK.I様   「加幸童」(かこぱ)
“河童”の間に幸を入れ、河の代わりに加満田の“加”を使った
幸福を呼び込むカッパ。
[PR]

by keigappa | 2013-09-24 15:04

かっぱクッキー増殖中


先日、我輩がお台場で買ってきた「かっぱクッキー」
遠野でも見たような気がしていたけど、やはり、他でもありました。

あのブログを書いて、ほんの数日後、
ご来館なさった常連の”I様”のお土産は、
「群馬温泉かっぱクッキー」「群馬温泉かっぱおみくじクッキー」
e0234016_164836100.jpg


かっぱブログの愛読者でもある”I様”
我輩が同じものをお台場で購入したことは、もちろんご存知で、

「群馬の温泉で見つけて、買ってきたんですけど、
被っちゃいましたねー。」


と、笑いながら、渡して下さいました。

ちなみに、「お台場バージョン」「群馬温泉バージョン」の違いは、
包装紙のみ。
「お台場バージョン」には、自由の女神や水上バスが描かれ、
「群馬温泉バージョン」では、河童が温泉に入って一杯やっております。

販売元は、それぞれ地元の会社でしたけど、
きっと製造元は一緒なんでしょーな。
(なんだか、お知り合いになりたい気がする・・・。)

ちなみに、「温泉かっぱおみくじクッキー」は、おみくじ型の容器で、
中のクッキーの包装紙が、おみくじになっております。

でも、中のクッキーのお味は、「かっぱクッキー」の方が美味!
これは我輩だけでなく、女将も一致した意見ですぞ。

というわけで、皆さんもどこかで、
”ご当地バージョンのかっぱクッキー”を見つけたら、
是非、買ってみてくださいね。
もちろん、我輩へのお土産にね・・・なーんちゃって(笑)
(ちょっとだけ、本気?)
[PR]

by keigappa | 2013-09-22 17:01

Jもがんばっています


我輩の友人の”J”こと、イラストレーターの加藤アケミ君
最近はお仕事に励んでいるよーで、(昔は励んでいなかったのか?)、
我輩はなかなか遊んでもらえない。

先日も、「Fad Fair 2013」というグループ展に出品したので、
見に行ってきました。
(そのついでにお台場遊びしてきたのだ。)

e0234016_17543198.jpg


彼女の"girlちゃん”シリーズも、だんだんとパワーアップ。
今回は、手描きの大物も何点かあって、土壇場まで大変だったよーです。

昨日、誕生日だった彼女。
お疲れ様会兼ねて、お誕生日祝いしてあげよっと♡

「あんた、それを口実に、また東京で遊ぼうと思ってるでしょ!」

・・・バレてる・・・・
[PR]

by keigappa | 2013-09-19 17:57

マダム・タッソーにいってきた


お台場に「マダム・タッソー東京」が出来てから、
行ってみたくて、うずうずしていた我輩。

若者につき合わせて、よーやく念願がかないました。

いくら一人遊びが好きな我輩でも、やっぱり、こういうところはねぇ。
連れがいないと淋しいものがあるわけよ。
なぜって?
ここは、ほとんどコスプレノリで、
世界のセレブと記念撮影ができちゃうからなんですねー。

たとえば、オードリー・ヘップバーンと朝食を食べたり・・・
e0234016_17102284.jpg


かつらを被って、シンガーになってみたり。
e0234016_17105411.jpg


政治家からスポーツ選手、ロイヤルファミリーやロックミュージシャン、
果ては映画の主人公たちまで。
e0234016_1715268.jpg


ちなみに、マダム・タッソー自身の蝋人形もあったよ。
でも、なんか怖い感じだなあ・・・。
e0234016_17121780.jpg


こういうところで遊ぶ時は、ある程度、テンションを上げていかないとね。
我輩は朝からワインを飲んでいたので、ハイテンション!
かなり、身体を使って遊んでまいりました。

ノリのいいカップルやグループにお勧めの「マダム・タッソー東京」
今度は、かっぱ母を連れていてあげよっと!
[PR]

by keigappa | 2013-09-16 17:21

お台場で河童?


お台場好きの我輩、今回は友人の都合がつかず、
いつもよりずーっと若い子と遊びに行ってきた。

そこで、普段は行かないような若者向けの店など覗いてみたら・・・

発見してしまいました!
「お台場かっぱクッキー」
e0234016_21195661.jpg


お台場にも、河童っているの?
そもそも、この箱、遠野かどっかででも見たような気がするなあ。

でも、そのお店では、”人気土産No.1”って書いてあったので、
つい気をよくして、皆様への土産に買ってしまいました。

中袋も可愛いのだけど・・・
e0234016_21204125.jpg


中身はもっと可愛い!!
e0234016_21212693.jpg


やっぱり、河童って可愛いよねー!
(・・・と、皆に強制する。)

「かっぱまつり」期間に実施した
”加満田のかっぱ像に名前をつけてね♡キャンペーン”
おかげさまで沢山の応募を頂きました。
ただ今、厳正に(?)審査中でーす。
結果を楽しみに待っていてねー!

ちなみに、今回買ってきた”かっぱクッキー”
お味もなかなかいけましたよ。
お台場の「台場一丁目商店街」で売っておりましたので、
お台場にお出かけの際には是非どーぞ♡
[PR]

by keigappa | 2013-09-14 21:26

お芝居三昧の休日(その2)


はい、お待たせいたしました。
(誰も待っていないって?)
先日の芝居のハシゴで、我輩が夜見たのは、
ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」

以前、「かっぱブログ」に書いたように、我輩はこれを
来日公演でも観ている。
今回は日本の若手俳優達による上演(再演)である。
さてさて、どんなものでしょ-か・・・?

一言で言って、熱演ではあった。
正直、若手俳優達の歌唱力は今ひとつであったが、
それを補うだけの情熱的な舞台であったと思う。
今回、主役級はWキャストなので、どの回を見たかで、
感想も大きく異なるとは思うが・・・。

我輩が観た際のキャストは、ロミオが古川雄大
ジュリエットが清水くるみ
初々しいコンビで、特に清水くるみ君は、声に伸びがあって、
今後ちょっと期待がもてる気がした。

全体に、ダンスのレベルは高く、ビジュアル的にも本家に引けをとらない。
(日本人も足が長くなったものだ・・・。)
ダンスといえば、このミュージカルの真の主役ともいえる”死”
人々に付きまとい、運命を翻弄するこの難役のダンスに挑んだのは、
大貫勇輔である。
(マシュー・ボーンの「ドリアン・グレイ」のJPキャストだよ~ん。)

いやー、素晴しいです。
彼のダンスだけでも、この舞台観てよかったー!!


そうそう、若手のやや未熟な歌唱力を補ってがんばったのが、
脇を固めるベテラン勢。
乳母役の未来優希とキャピレット夫人役の涼風真世は、
宝塚出身で歌唱力には定評がある。
モンタギュー夫人役の鈴木結加里は、「歌、うまいなあ!」と思ったら、
劇団四季出身のボイストレーナーだそうだ。

そうそう、ロレンス神父役の安崎求
もちろん、歌唱力は抜群だったんだけど・・・ね。
昔、「レ・ミゼラブル」に出ていた若き日の彼を思い出して、
しみじみと時の流れを感じてしまった次第・・・。
(それだけ我輩も年をとったってわけだよね。愕然!)

ただ、今回の演出で、我輩的に気に入らなかった点がひとつ。
通信手段として、スマホだか携帯だかが使われているんだけど、
とっても違和感があったのね。
意味もなくおちゃらけた感じになっちゃったのが残念。
神父からのメールが届かなかった(携帯壊されて)から、
ロミオは死ななきゃならなかったって・・・どーよ!?

簡素な舞台装置を使った演出は、全体としてよかっただけに、
若者受けを狙ったような部分が、かっぱ的には苦になりましたな。
(あくまで、我輩の私見ですぞ。)

全然関係ない話ですが、我輩の前の席にいた若者二人。
そのまま舞台に出してもいいようなイケメンでありました。
二人とも王子様キャラだったしね。
ダンサー仲間とかだったのかもしれませんが、
本当に日本人のビジュアルは良くなりましたなー!!

気が付けば、なんという長文。
酒も飲んでいないのにねぇ。
さあ、池に帰って、一杯やろっと!
[PR]

by keigappa | 2013-09-10 08:52

チーズ一杯もらっちゃったぁ♡


久しぶりに、我輩の大好きな”O様”がご来館。
しばらくお見えにならなかったので、心配していたのである。
でも、しっかり、「かっぱブログ」はチェックして下さっているようで、
我輩の近況はよくご存知であった。

「夏は大変だったのね~。はい、これお土産♡」

今回も頂きましたーっ!
チーズ♡チーズ♡チーズ♡

e0234016_15254630.jpg


「どれが一番お口に合うかしら?食べ比べてみてね。」

我輩、そーんな贅沢な河童ではございません。
どれも、お口にあっちゃいますぅー♡


夏はもっぱらビールだったけど、そろそろ涼風も立って、
ワインが美味しい季節になってきたしねー。

チーズは仲良く、女将と山分け。
チップスは2種類あったので、辛いチリ味を我輩が、
アボガド味を女将が頂くことにしたのだが・・・

「はぁ~、美味しかった♡」

ええっ!?
もう食べちゃったの?全部?


開けたら味見させてもらおうと思っていたら、
翌朝にはもうなかった・・・
我輩が帰るとき、女将はすでに夕食を済ませていたのに。

「別腹、別腹(笑)、楽勝よん♡」

この夏のハードワークで少し引き締まったからって、
女将さん、いい気になりすぎじゃなーい?
利息付でお肉が帰ってきちゃうよー。


「あんたもね、ワイン&チーズはデブるよ。」

どきっ!
ちょ、ちょっと、ウォーキングにいってきまーす!

そーいえば、今回は「ロミオ&ジュリエット」の感想を書くはず・・・
だったんだよねー。
チーズに気をとられて、すっかり忘れてしまってたわい。
まあ、同じよーなネタが続くのもなんですから、それはまたね。
[PR]

by keigappa | 2013-09-08 15:33

お芝居三昧の休日(その1)


お休みを頂いて、お芝居をハシゴしてまいりました。

ハシゴをするのには、ちゃんとした理由がありますぞ。
奥湯河原から東京まで出るのは、結構交通費が嵩むのです。
JRには”かっぱ割引”なんてありませんからねー。
芝居が終われば、帰りは新幹線。
湯河原からはタクシー・・・・となれば、

”行ったからには、
昼も夜も芝居を観てしまえ!”


という気にもなるわけですな。

まず昼の部は、赤坂ACTシアターで「真田十勇士」
我輩が観るのは、ミュージカルか宝塚か歌舞伎がほとんどなので、
お友達のSちゃんに、
「かっぱちゃんも幅広いねえ・・・」
と呆れられてしまいました。

主演は上川隆也

Sちゃんは、
「上川隆也って、地味な役者さんだよね?」
って言ってましたが、そーですかねえ・・・?

我輩はNHKの「大地の子」のイメージが強いので、
やや暑苦しいほどの熱演タイプだと思っていたのですが。
最近はTV俳優として活躍していますが、
もともとは”キャラメルボックス”という劇団の役者さんです。

芝居は分かりやすくて、なかなか面白かったけど、
中島みゆきの主題歌の使い方はちょっといただけませんでした。
唐突な感じで、TV的・・・あっ、製作はTBSだから当然か。

それにしても、意外なほど、客席は盛り上がっておりました。
上川隆也の人気なのか、イケメン若手俳優のファンか、
はたまたベテラン里見浩太朗や賀来千香子の底力か・・・。

客層も幅広く、老若男女とりどりでしたが、
なかでも、一際目立っていたのは、
立ち上がって指笛を鳴らすおじさんでありました。
(あんまりピーピーやるので、
そのうち鷹でも飛んでくるのではと思ったくらい。)


それにしても、最近は同じ題材の作品が続けざまに
上演されることが多いような気がしませんか?

「戦国BASARA」も真田幸村の話だし、
「真田十勇士」という同じ題で、来年1月にも上演されるんですよ。
こちらは、中村勘九郎主演。
なんと製作は日本テレビ!(ライバル意識剥き出し?)

ちなみに、我輩が夜観た「ロミオ&ジュリエット」も、
昨年フランス版が来て、今年の夏は宝塚でもやっていたし。
「モンテ・クリスト伯」も春に宝塚がやったら、
12月に日生劇場でもやるし・・・。
(花ちゃんが出るから、観なくっちゃ!!!)

なーんて、ぶつくさ書いているうちに、結構長くなってしまったので、
「ロミオ&ジュリエット」の感想は次回にね。
(同じネタでひっぱるねぇ・・・苦笑)
[PR]

by keigappa | 2013-09-05 20:42



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る