blog keiがっぱの言いたい放題

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


かっぱのミイラ?


ある日、”加満田のかっぱ様”宛てに、荷物が届いた。
別に冗談ではない。
運送屋さんから、不思議そうな電話が入ったのだ。
「あのー、かっぱ様宛に大きな荷物が届いているんですが・・・」

届いたのは、大きな木箱。
確かに「加満田旅館内 かっぱ様」とある。

開けてみたら、出てきたのは・・・。
e0234016_2141545.jpg


ぎぇーっ!!
かっぱのミイラ!?


実はこれ、以前に製作を頼んでいた河童像。
友人の息子さん(H君)が、武蔵野美術大学で彫刻を学んでいるので、
庭に飾れるような河童像を作ってくれるよう頼んでおいたのだ。
木彫りに彩色を施した大作だが・・・
e0234016_21422512.jpg


e0234016_2145827.jpg


・・・正直、ちょっとこわい・・・(゚◇゚;)

なんだかETみたいだとおもいません?
仲間には大うけしたけど、教授の評価はいまいちだったそうです。
(へんなもん頼んじゃってごめんね、H君)

彼としては、庭に飾って、お客様をびっくりさせようと思ったらしい。
でも、うちのお客様は高齢の方も多いし、
あんまり心臓に悪いのも・・・ねえ。

今のところ、玄関奥の階段踊り場に飾ってあります。
かっぱ着ぐるみと一緒に展示してあると、かっぱ博物館みたい。
見慣れてくると、なかなか可愛いよ。
今度は、この子の名前も募集しようかなあ・・・。
[PR]

by keigappa | 2013-08-30 21:46

かっぱの着ぐるみ裏話

"かっぱの着ぐるみ"を製作してくれたグループの1人
(というより、かっぱ製作の強力な推進者!)のSさんが、
”かっぱまつり”の展示作品を見にやってきた。

実のところ、彼女と会うのは、まだ3回目なのだが、
お互いに全然そんな感じがしない。
まるで旧知の友人のよう。
かっぱの取り持つ不思議な縁である。

ところで、彼女たちのグループが作った”かっぱの着ぐるみ”
当初は現物ではなく、コメント付きの写真パネルのみを
展示する予定であった。
e0234016_17551947.jpg


なかなか面白いのだが、池もあるし、いったいどこで撮影したのか
気になっていたので、聞いてみると・・・。

「あーそれ?会社の庭。」

えーっ!?

「製作も会社の会議室でやってたし、
池もあるからいいなって思ったんだけどさ。
モニターに映っていたらしくて、警備員さんが来ちゃった。(笑)」


いや、笑ってる場合じゃないのでは・・・(汗)

「もう、即、撤収~!!!って感じで。」

かっぱの着ぐるみを着て、ヘンなポーズとっていたら、
そりゃあやしいでしょ。


「でも、あの緑の服、私のいとこのなんだけどね。
あれが届いたのがぎりぎり前日。
あれがなかったら、A君は裸で腰みの着けた姿になるところだったから。
それで、つかまったら、人生終わっちゃうよねー。」


ひぇ~っ!!
”かっぱまつり”のために、人生賭けないで下さい!

ともあれ、”かっぱまつり”も、9月8日まで。
Sさんグループの人生を賭けた(?)かっぱ着ぐるみを、
まだ見ていない人は、加満田に急げ!
(緑の服はいとこに返すそうなので、来年はないよー。)
[PR]

by keigappa | 2013-08-27 18:00

ピクルスで一杯


いやはや、忙しい毎日であった。
我輩も皿がひび割れるまで、がんばったが、
女将や板長、従業員一同、この猛暑の中、よく働いた。
みんな、えらい!!

料理は苦にならない我輩ではあるが、
さすがに手の込んだものを作る暇も気力もなかったこの夏、
せっせと作って食べたのが、即席ピクルスである。

愛するきゅうり(大きくなりすぎたりしたのを、いつももらえるのだ)、
人参、タマネギ、パプリカなどの野菜に塩して、
香辛料と砂糖と塩を入れて沸かした酢に漬けるだけ。
簡単で、お酒のつまみにも最高なのだ。

で、こーんな感じで、本日のおつまみ。
e0234016_9302122.jpg

ウィスキーはワイルド・ターキー8年(我輩はバーボン派)。
お仕事後の一杯は最高!

「1杯じゃなくて、いっぱいでしょ!」

女将さん、突っ込み入れないで下さい・・・。
[PR]

by keigappa | 2013-08-23 09:33

加満田のかっぱ三兄弟?


”かっぱまつり”のアート作品紹介も、いよいよ終盤。
今回の作品は、「加満田のかっぱ三兄弟」
こちらは展示作品ではなく、ユーチューブで見られる動画である。

まずはこちらをご覧あれ。
  → 「加満田のかっぱ三兄弟」

時間がなくて、写真画像はHPのものを使用したため、
鮮明でないのが、惜しまれる・・・。
でもキャラはポケモンみたいで可愛いと思いませんか?
女将も大変気に入ったようです。
実は、女将、ポケモン好きなんですぞ。

こちらを製作して下さったのは、武山昌裕さんとそのお仲間。
イラスト担当、歌詞担当、音楽担当の3人組だそうです。
(こちらも三人組・・・?)

武山さんは、我輩の友人”J”の仕事仲間で、
展示企画やディスプレイなど、多方面に渡って、
一方ならぬお世話になっている方。

その内に、加満田のPR用動画も作ってくれるとかいう話もある。
今度は我輩も、キャラデザインしてもらっちゃおうかなあ。
うーんとかっこ良くして、近未来風に・・・。

無理!
(誰の声???)

どーせ、我輩はレトロなかっぱですよ。
ふんっ!

[PR]

by keigappa | 2013-08-18 19:52

頭のお皿が乾いちゃった!


連日の猛暑・・・というより酷暑に、我輩もついにダウン!
生まれて初めて、「熱中症」なるものを体験してしまった。

連日、防災放送で「高温注意報」なるものが発令され、
「熱中症になりやすい状況だから、こまめに水分をとれ」
などと、放送されているが、
”我輩は河童、誰よりも水分補給には気をつけているわい。”
と、高をくくっていたのである。

実際、我輩は、「水飲み河童」と呼ばれるくらい、よく水を飲むのだ。
(注:「酒飲み河童」ではありませんぞ)
だから、「熱中症」などなるはずがないと思っていたのだが・・・。

その日は、昼頃からなんだか調子が悪かった。
頭痛はするし、汗は大量に出るし・・・。
でも、お盆中で忙しいので、我輩も甲羅を脱いで、
料理を運んだりしていたわけだ。
そのうちに、なんだか気分が悪くなってきた。
頭がもうろうとして、どこに何を運んだのか、
よく分からなくなってきて・・・

ついに、クラッときてしまった。

「かっぱちゃん、大変!
お皿がひび割れてるよ!」


動けなくなった我輩は、脇の下に保冷剤を突っ込まれ、
冷房の効いた部屋に運ばれて、
皿にせっせと、水をかけてもらって、どーにか回復。

その日は、40度以上になった地域もあった猛暑日。
各地で熱中症による死者も出ていたそーで・・・
危なく、その中にかっぱが一匹加わるところであった。(冷や汗)

どんなに水を飲んでいても、油断は禁物。
皆さんも、頭痛やめまい、吐き気などを感じたら、
すぐ身体を冷やすようにしてね。

我輩も予防のために、かき氷食べとこっと!
社長さんに買ってもろた♡
[PR]

by keigappa | 2013-08-14 20:18

新境地?河童のワイヤーアート


いやぁ、猛暑でございますなあ。
(それでも奥湯河原は、かなり涼しい方なのですが・・・)
連日、水浴びをし、きゅうりを齧って、ビールを飲んでも(?)、
やっぱり暑いものは暑い。

こういう時には、仕事をしないで、のんびりお昼寝するのが一番!
・・・とはいえ、世間様はお盆休み。
いまや我輩も加満田の人手(かっぱだけど)だから、
働かないわけにもいかないのね。

「あったり前田のクラッカー!!」

・・・女将さん、古すぎますって・・・・

気を取り直して、”かっぱまつり”の作品紹介。
「河童のワイヤーアート」である。
e0234016_17365363.jpg

色違いでいくつか作って下さったので、
今までの作品のネームカード立てにも使わせて頂いた。

製作者の土屋智恵子さんは、ワイヤークラフト作家。
装飾品や実用小物など、幅広く製作されているものの、
さすがに、「河童を作って♡」なんて要望を受けたのは初めてで、
なかなか苦労して作って下さったよーで・・・。
とても可愛いので、”かっぱまつり”が終わっても、
ご案内立てに使わせてもらおーと思っております。

土屋さんは、作品制作のほかに、
ワイヤークラフトアクセサリーの講座なども行っているので、
興味のある方は、こちらを見てね。
ワイヤークラフトアクセサリー講座
     → 「Lapis Wire Art」
[PR]

by keigappa | 2013-08-09 17:46

芸術的な河童フィギュア


今回、紹介させていただく河童作品は、河童のフィギュア
作者は、以前にも”かっぱブログ”で紹介させていただいた
増山みゆきさんである。
「クリエーターEXPOに行ってきた」をご覧下さいな。)

あの時は、「マツコ・デラックス」の二頭身フィギュアが、
強烈なインパクトであったが、
その増山さんが、”かっぱまつり”のために製作してくれた
作品がこれである。

e0234016_1926365.jpg


e0234016_1927348.jpg


ちょっと、びっくりしませんか?
黒に金ですぞ。
なかなか、河童には用いない配色ではありませんか。
うーむ、増山さん、やりますなあ。

・・・と、我輩、感心することしきり。
そこに、増山さんからメール。

「緑色に塗ったら、生々しくて・・・(笑)。
で、色、変えちゃいました。」


あっ、やっぱり緑色に塗ってみたわけね。
河童といえば、緑色がお約束って感じだもんね。

加満田のパンフレットをお持ちの方はお気付きかもしれないが、
この河童にはモデルがある。
清水崑先生の描かれた河童の絵をもとに、製作されたものなのだ。
元の絵はこれ。
e0234016_19303774.jpg


この絵は加満田のパンフレットの表紙にも使われている。
(ちなみに、社長さんの名刺にも使っております。
イメージぴったり・・・飲んべさんだからねー。)


清水先生の河童絵は、ひょろりとした感じなので、
なかなか二頭身フィギュアにするのは難しかったらしい。
増山さん、有難うございました。
実に芸術的な河童君であります。

増山さんは、頼まれれば、人間やペットの二頭身フィギュアを
製作してくれるそうだ。

いかがですかな?
あなたも記念におひとつ・・・。

[PR]

by keigappa | 2013-08-04 19:33

六つ目の河童はちょっと怖い・・・



「かっぱまつり」に提供してもらったアート作品を、
ぼちぼちと紹介させていただいているが、
今回、紹介させていただくのはこちら。

e0234016_19173032.jpg

おおーっ、アートな感じですな。
でも、なんで六つ目!?


「私の頭の中では、河童とはこんな風に感じています」
とのことなのだが、
我輩、ちょっと怖い気がするんですけど。

製作者の南幅康哉さんは、グラフィックデザイナーで、
イラストは趣味で描いているのだそーだ。

ちなみに我輩は、この作品を描いた康哉さんとは面識がない。
”J”のパーティで知り合ったのは、お父様の南幅俊輔さん
”J”が昔からお世話になっている方だそうで、
グラフィックデザイナーでもあり、写真家でもあるそーな。
「ソトネコJAPAN」という本を出してまーす)
”J”のパーティの時は、盛り上がって、
一緒に新宿のゴールデン街まで飲みに行ってしまいました。
(その節はご馳走様でした・・・ペコリ)

今回は、息子さんのイラストだけでなく
それをポストカードにしたものと、
缶バッジを作って送って下さったのだけど、
なぜか、缶バッジの河童は六つ目じゃないのだ。
e0234016_19205482.jpg


やっぱり、こっちの方が可愛い気がするなあ。
皆さんは、どー思います?
[PR]

by keigappa | 2013-08-01 19:22



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る