blog keiがっぱの言いたい放題

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


かっぱだって歌舞伎見物!


「かっぱの癖に生意気ーっ!」

いきなり、女将に暴言を吐かれてしまった・・・。
いや、別に喧嘩をしたわけではありませんぞ。
羨ましさのあまり出た一言なんですな。
何故なら・・・

我輩は、歌舞伎座の杮落とし公演に行ってきたから。
e0234016_17123637.jpg


4月に新しくなったばかりの歌舞伎座。
好奇心一杯の”かっぱ母”と仲良く歌舞伎見物へ。
杮落としのチケットは、なかなか入手困難なプレミアチケットなのだが、
松竹歌舞伎会の会員になっているお友達の”Rちゃん”が、
余分にGET出来たからといって、譲ってくれたのである。
で、冒頭の女将の暴言なわけ。わかった?

我々が観たのは、第二部。
演目はこちら。
e0234016_1713778.jpg


「弁天娘女男白波」は、弁天小僧菊之助に扮するのが菊五郎
日本駄右衛門を演じるのは、”かっぱ母”の大好きな吉右衛門
弁天小僧はじめ白波五人男が、勢ぞろいして、口上を述べ、
見事な見得を切るシーンに、”かっぱ母”は大喜び。
いかにも歌舞伎らしい絵になる作品ですなあ。

「忍夜恋曲者」は、玉三郎が妖術を使う怪しい姫に扮し、
美しい舞いと所作で魅せてくれます。
我輩のお友達(?)”がま”君もでてくるよ。

新しい歌舞伎座は、地下鉄日比谷線の東銀座駅から直結したので、
とても便利になった。
地下は広場になっていて、お土産売り場やお食事処、
セブンイレブンやタリーズコーヒーもある。
e0234016_17154421.jpg


時間があったので、屋上庭園に行ってみた。
まあ、小さな庭園だが、前の歌舞伎座の瓦が飾られていました。
e0234016_1716734.jpg


庭園から赤い五右衛門階段で1階分降りてみる。
e0234016_17162933.jpg

瓦の鳥の向きが1箇所だけ違うとかで、皆が熱心に探しておりました。

で、これ、なんだかわかるかなー?
e0234016_1716516.jpg

歌舞伎座のタワー部分を屋上庭園から見上げたところです。
いやあー、首が痛くなるほどの高さですねぇ。

我輩は、ミュージカルとか、お芝居が大好き♡
女将が僻んでも、6月にはまた歌舞伎を観る予定。
へっへっへっー、女将さん、羨ましいでしょ♪
[PR]

by keigappa | 2013-04-28 17:18

でっかいバームクーヘン


先日、一緒に”三春の滝桜”を見に行った友人の”Hちゃん”は、
かつて筋金入りのタカラヅカファンだったそーで。

お気に入りのスターを追っかけて、宝塚大劇場に通った頃のお友達が、
今も関西にいて、その一人が送ってくれるバームクーヘンが、
とてもでっかいので、ブログのネタにと見せてくれた。
(いえ、もちろん、見ただけではなく、おすそ分けも頂きました♡)

e0234016_19135945.jpg


いかがですかな?
大きさが判るように、タバコを置いているのがミソですね。
本当に、木の切り株くらいあります。
座ってみたくなっちゃいますよー。
甘さも上品で、一度にかなりの量を食べられてしまいますが・・・、
その後の体重増加の恐怖!!

我輩、子供の頃から、バームクーヘンには目がないのですが、
食べ方にちょっと問題が・・・。
どーしても、皮を剥ぐように食べちゃうんです。
お行儀が悪いから、人前では我慢して、普通に食べますけど。

最近はバームクーヘンも色々なのが出ていますが、
子供の頃から馴染んでいる、ユーハイムのバームクーヘン
周りが砂糖で固められた感じが、やっぱり我輩は好きだなぁ。
[PR]

by keigappa | 2013-04-24 19:17

酒飲みは料理好き?


”かっぱブログ”の愛読者ならば、良くご存知だろうが、
我輩は結構、料理好きである。
(むろん、女将に作ってもらうのは、もっと好き♡)

大体、酒飲みには料理好きが多いものなのだ。
しかし、外見からは、あまり料理をするようには見えないらしい。
(やっぱり、水かきがじゃまだからかなあ)

「えー!?、かっぱさんて料理するんですかー!?」

と、驚きの声を上げたのは、永年、加満田を担当する
会計事務所のOさん
かれこれ3年近く、毎月お会いしているのに、
我輩の料理好きを知らなかったとは・・・。(心外!

ところで、今日は日曜日。
湯河原では、毎週日曜日に朝市が行われている。
加満田の女将は、朝市の常連さんで、ほぼ皆勤賞。
ごくたまに、お客様の状況や本人の体調が原因で行かないと、
朝市の出品者一同が心配するので、社長が言い訳に行くくらいである。

新鮮な野菜や魚をGETしてきて、女将が色々調理してくれるので、
日曜のつまみは、かなり豪華なものになる。

しかし・・・
最近、女将は良い手を思いついた。
朝市で買ったり、もらったりした食材を、我輩に分けてくれるのだ。
”さあ、何になってくるのかなぁ~?”という
思わせぶりな科白と共に・・・。

そう、同じ材料でも、我輩と女将で違う料理にすると、
2種類の味が楽しめるわけだ。

というわけで、本日、渡されたのは、”セリ”
女将は”ふりかけ”にするというので、我輩は”しらあえ”にしてみました。
e0234016_16573199.jpg

”せり”だけじゃなく、人参、油揚げ、干し椎茸に
加満田庭園で採れた筍まで入っております。

これは、今夜のつまみ用なので、
お昼には、”ホタテとクレソンのペペロンチーノ”なんぞも
作ってみました。
e0234016_16585535.jpg

もちろん、この"クレソン"も加満田庭園で採れたもの。
加満田に来てから、食生活は本当に豊か。
本当に幸せだけど、問題は上昇し続ける体脂肪率。

よし、ゴールデンウィークは、布団敷きでもしよう!

(ここで女将の声)
「また、ぎっくり腰なんてしないでよ!」

どきっ!
今から、ストレッチに励んでおこっと・・・!

[PR]

by keigappa | 2013-04-21 17:02

”三春の滝桜”を見てきた


日曜の夜、お友達の”Hちゃん”から電話があった。

「かっぱちゃん、今週の火・水って休めない?」

火曜はもともとお休みだけど・・・。水曜はどうかなあ?
どーして?


「母がね、”滝桜”が満開になったから、見に行こうって!」

えーっ!?
行きたい!
行きます!万難を排して!



「三春の滝桜」
ご存知、日本三大桜のひとつで、国の天然記念物にもなっている
ベニシダレザクラの巨木である。
推定樹齢は1000年を越すというからすごい!

実は、”Hちゃんの母"は、三春町の出身で、
子供の頃は、遠足で滝桜の下でお弁当を食べたそーな。
そのため、滝桜にはひとかたならぬ思い入れがあって、
湯河原町内にも、彼女が寄付した”滝桜の子供”
何箇所か植樹されているのだ。

社長と女将にお願いして、連休をGET!
いざ、福島へ!!

16日の昼過ぎに湯河原を出て、その日は郡山のホテルに泊まり、
翌朝5時起きして、花見に行きました。
(普通の時間に行ったのでは、大変な人ごみなのですよ。)

じゃーん、これが”三春の滝桜”でーす。
e0234016_20254981.jpg

早朝のため、空が青空でないのだけが、残念だったが、
当日は、NHKの取材が入っていたくらいで、まさに満開!
帰る頃には、青空になってきました。
e0234016_20261213.jpg


やはり、”河童と桜はよく似合う”のだよ。
車で行ったので、滝桜のところでは、花見酒は出来なかったけれど、
前の晩は、ホテルの裏の土手で、夜桜見物も楽しみました。

うーん、桜はよいのう!
やっぱり、我輩は生粋の”日本がっぱ”だわ。
(だから、英語が話せないのは仕方ないのだ。・・・言い訳だけど)
[PR]

by keigappa | 2013-04-18 20:30

アメリカのお友達より


最近、加満田もグローバル化(?)したようで、
外国のお客様や、海外在住のお客様が、いらっしゃることも多くなった。
(ミシェラン効果かしらん?)

とはいえ、加満田には、英語が話せる人がいない。
我輩は純粋の日本がっぱだし、社長が大学で勉強したのはフランス語だそうだ。
(だからって、フランス語が話せるわけではないらしいが・・・)

頼みの綱は、なんでも出来る”なんちゃって女将”
東洋英和女学院はミッション系の学校だったので、
一応、英語で賛美歌とかも歌っていたらしい。

まあ、かなりブロークンな英語ではあるが、
それを補ってあまりあるのが、女将の度胸フレンドリーな性格である。

最近、女将には、アメリカにメル友が出来た。
アメリカ在住の日本人女性なのだが、当館に1週間ほど滞在して、
女将とすっかりお友達になってしまった。

帰国してからも、メールのやりとりが続き、
加えて、アメリカのお菓子やら、あやこへのプレゼントやら、
いろいろなものを送ってきてくれるようだ。

たまに不思議なものもある。
e0234016_1647280.jpg

かなりグロテスクなグミだが、ハロウインの時などに使うらしい。

振り返ると、女将が遊んでいた・・・
e0234016_16472654.jpg

女将さ~ん、
貴女ってやっぱり、かなり変!


ちなみに、メールのやりとりは英語ではありません。
向こうから来るのは、なんと”ローマ字”
声に出さないと読めないらしく、女将は今日も音読しております。
[PR]

by keigappa | 2013-04-15 16:49

朝日新聞のコラムによれば


昨日の朝日新聞のコラムに、こんな一文があった。
”河童と桜はよく似合うのだ。”

「桜をたどって」というシリーズ化されたコラムの4回目で、
”桜ソング”として、いくつかの歌を取り上げ、
かの有名な黄桜のCMソングに、話が展開したのだ。

♪かっぱっぱ ルンパッパ♪
このメロディを聞くと、桜の下で日本酒を飲みたくなる。
潜在意識に刷り込まれた情景なのかも・・・。
(つくづく、花粉症の我が身がうらめしい。)

ちなみに、黄桜の初代河童キャラクターを描いた清水崑先生は、
加満田の常連さんであった。
それゆえ、加満田には先生の作品がいくつもあり、
パンフレットにも、先生の絵が使われている。

我輩が奥湯河原の自然豊かな環境に誘われて、
加満田の池に棲むようになったように、
河童を愛する清水先生にとっても、
加満田は居心地がよかったのであろう。

我輩も、もう少し早く生まれていれば、
先生と一緒に酒を飲めたであろうに・・・、
真に残念なことである。
(我輩の絵も描いてもらえて、有名になれたかも!?)

「はい、じゃあ、ちょっとお花見に行きましょーね。」

女将さんが、車で箱根のドライブに連れて行ったくれた。
花粉症の我輩のために、車中からの桜見物をさせてくれたのだ。
箱根の山には、山桜八重桜箱根米桜などが咲いていた。
e0234016_1624389.jpg


花見と酒はワンセット。
花粉症の河童の花見は、イタリアンとワインで締めくくられました。
女将さん、アッシーありがと♡
[PR]

by keigappa | 2013-04-12 16:03

春だねえ~♪


加満田の館内には、季節の花が飾られている。
むろん、なんでも出来る”なんちゃって女将”が生けているのだが、
今日は可愛いお客様が来ていた。

e0234016_20555961.jpg


ん?
よく見えない?
じゃあ、アップで・・・
e0234016_20563492.jpg

そう、バッタの赤ちゃんである。
どこから入り込んだのか知らないが、よく見つけたものだ。
大きさはわずか5mmほど。
最初は、アブラムシかと思ったくらいである。

そうそう、加満田の春といえば、クレソンである。
今日も、「春の味覚プラン」のお客様がいるため、
女将はクレソンを採りに行った。
そこで、我輩も袋を持って、いそいそと女将の元へ。
採れたてのクレソンは、柔らかくて美味しいからねー。
(下心たっぷり・・・)
e0234016_20582155.jpg


今年は猪にだいぶやられてしまったが、筍も本日初収穫。

いやー、春はいいねぇ~♪

我輩の今日のお昼は、「筍とクレソンと茸の卵とじ」
春を満喫いたしました。

皆さんも、この季節ならではの「春の味覚満喫プラン」で、
加満田の春を楽しみに来てねー!
[PR]

by keigappa | 2013-04-08 21:00

あやこも大学生になりました


さる4月2日は、あやこの入学式でした。
女将さんの母校である玉川大学の大学生になったのです。

しかし、女将さんは雨女のよーで、
何かイベントっていうと、雨に降られるんですよねー。

今回も肌寒く、雨に降られての入学式。
着物で行くのは断念して、洋服で行ったけど、
コートも脱げないくらい寒かったそうです。

一応、他人様に頼んで、2ショットを撮ってきましたが、
二人ともコート姿で、入学式の看板も入らず、
説明されなきゃ、入学式の写真だとはわかりませんよねぇ。
だもんで、文字入れしておきました。
e0234016_1714146.jpg


ちなみに、しっかり者(に見える・・・だけ?)のあやちゃんは、
クラス委員になったそうです。
(大学にもあるんだねぇー。ビックリ!)

あやちゃん、大学生活をたっぷり謳歌してね!
かっぱも応援してます!
でもって、人手の足りない時は、助っ人もよろしくー!!
[PR]

by keigappa | 2013-04-05 17:16

緑色といえば・・・?

まだまだ肌寒い日もあるが、季節は春。
木々も芽吹いて、新緑が楽しめるようになってきた。

女将は新緑が大好き。
”どの季節が一番いいですか?”と、お客様に問われると、
必ず
「新緑の季節が一番です!」
と、即答している。

今日も山桜と新緑が綺麗なので、
嬉々として、写真を撮ってきたのだが・・・

「写真、メールで送っておいたから、よろしくねー♡」

・・・って、おい!
また、我輩に振るのーっ!?
「女将ブログ」があるでしょーが。

ぶつくさ言いつつも、おかずをもらっている身なので、
とりあえず、写真は載せておこうっと。
e0234016_1727617.jpg


我輩は同じ緑でも、こっちの方が好き。
e0234016_1712736.jpg

新緑より草餅♪
桜より桜餅♪
春はなんとなく、和菓子が食べたくなりますねぇ。

ねえ、女将さん、お抹茶立ててくださいなー。
ん?
なにやってんの?


e0234016_1713799.jpg


・・・脱力・・・

どーして、こういうことには熱心なんでしょーねえ。
確かに、河童といえば緑色ですけど。
(我輩の桜餅が千切られて、皿と髪になってるし・・・)

こんなことやっている変な女将の宿ではありますが、
緑は豊かで、温泉の質も良く、料理も美味しい加満田です。
(酒飲みだけど働き者の河童もおりまーす♪)

本日より、「春の味覚満喫プラン」が始まりました。
加満田庭園の採れたての春の味覚を味わいに、
是非、お出かけ下さいねー!
(ふーっ、久しぶりに、営業してみました。)
[PR]

by keigappa | 2013-04-01 17:17



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る