blog keiがっぱの言いたい放題

<   2013年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


薔薇は甘ーく咲くのであった


常連のS様は、大変なスイーツ好きで、
いつも珍しい凝ったお菓子を、女将に持ってきてくださる。

「あーっ、また太腿のお肉がぁ~!!」
・・・と、女将は嘆きつつも、顔はにーんまり。

”あれ?太腿?お腹じゃないの?”
と思われるだろうが、なぜか女将は太腿から太るのである。
着物を着たときに、上前がどの辺にくるかで、
「そろそろ、やばい!ダイエットせねば。」
と思うらしい。

今回頂いたお菓子は、こちら。
e0234016_1093639.jpg

チョコレートとゼリーで繊細に仕上げた薔薇の数々。
美しいですなー。

「あんたは、本当の薔薇より、だんぜんこっちでしょ。」

そりゃあ、本当の薔薇はつまみになりませんから・・・。

「風流な人は、花を愛でながら酒を飲むものよ。」

・・・すみません、無粋なかっぱで・・・

まあ、我輩は女将に比べると、あまりスイーツは食べないのだが、
チョコレートは別。
洋酒のつまみになるし・・・
何を隠そう、我輩はバレンタインデー生まれなので、
チョコレートには愛着が深いのである。

とはいえ、親元で一回り大きくなったような気がする腹回り、
元に戻るまで節制しなくては・・・
(;~▼~;)
[PR]

by keigappa | 2013-01-29 10:12

帰ってまいりましたーっ!

皆様、1週間のご無沙汰でございました。

”かっぱブログ”が読めなくて淋しかったー?

「もしや、加満田の池から河童は引っ越しちゃったかも?」
・・・なーんて、心配しちゃったかな?
(んなわけねーだろ!・・・と、自分で突っ込んだりして)

21日の午後よりお休みをいただき、4日半ほど親元で
のーんびりと過ごしてまいりました。
おかげさまで、”かっぱ父””かっぱ母”共にまだまだ元気!
・・・ではありますが、”かっぱ父”の耳は益々遠くなり、
”かっぱ母”は記憶は都合よくまだらになり・・・というわけで、
掛け合い漫才のような日々を送っております。

我輩、いつもは4日間のお休みを頂くのですが、
21日の天気予報は、「大雪の恐れあり」だったので、
社長さんが気を利かせて、半日多くお休みさせてくれたのですよ。

あーなんと優しい社長さんでしょーか!
感謝!感謝!
(次回のために、ゴマスリ、ゴマスリ)

でもねー、半日早く休みに入るって言ったら、女将がにやにやしながら、

「じゃ、半日早く出てくるー?」
って聞くんですよー。意地悪でしょ?

でも、我輩には切り札があるのでした。
それは”カニピラフ”
親元近くのシーフードレストランの名物で、社長さんの大好物。

「お昼までに帰ってくるようにするとなると、
残念ながら、”カニピラフ”は買ってこられませんねぇ・・・。」

(と、社長さんをチラリと見るのであった)

「夜に帰ってくればいいよー♪」
社長さん、即答でございました。(わかりやすいお方じゃ)

25日の夜に”カニピラフ”背負って、無事帰ってまいりました。
写真を撮る間もなくお腹に収まってしまったので、
気になる方は、”メヒコのカニピラフ”で検索してみてくださいな。

昨日はお休みの間に溜まったお仕事をせっせと片付けていたのですが、
どーしてもブログまでたどり着かず・・・
なんやかやで、1週間空いてしまいましたー。
楽しみに待っていてくださる読者の方々(いるのかな?)、
ごめんなさいね。

親元でたっぷり英気を養い、腹回りもたっぷり・・・
しばし、ストイックにお仕事に励まねば!
ついでに、
女将と社長にも喝を入れねば!
と思うかっぱなのでした。
[PR]

by keigappa | 2013-01-27 17:48

元気な母達にばんざい!


先日、友人の”Hちゃん”(おっ、新しい奴が登場したぞ・・・)のお誘いで、
彼女のお母さんの家の新年会へ行ってきた。

考えてみると、先日は”J"の母と、東京でご飯食べたし、
昨年のクリスマスも、”Hちゃん”と、”Hちゃん母”と一緒だったし・・・、
我輩の周りって、母と仲良しな友人が多いのかしらん。

まあ、我輩も”かっぱ母”と一緒に遊ぶこと多いしなー。
それだけ、母たちが元気だってことだね。
ありがたいことです。感謝、感謝。

さて、この”Hちゃん母”、とっても元気なおっかさんで、
酒も煙草もどーんと来い!・・・のタイプ。
”Hちゃん”が飲まないので、我輩が行くと、
「ほら、かっぱ、飲め!」
と、どんどんお酒を勧めてくださる。
料理も得意で、色々なつまみを作ってくれるのだが、
中でも芋の煮っ転がしは絶品!

”Hちゃん母”は、とにかくじっとしているのがきらいらしい。
手先が器用なので、端切れで小物を作ったりしているのだが、
今は震災の被害者に送るため、「お地蔵さん」をつくっているそーだ。
e0234016_19212269.jpg

結構、手がかかりそうなのに、すでにこんなに量産されていました・・・。
e0234016_19214256.jpg


ちなみに、「大人のぬりえ」にも凝っていて、
もう何冊も仕上げてあるのが、これまた上手いこと!
料理はともかく、手先のことは苦手な我輩
(まあ、水かきがあるからねー)
ただただ脱帽なのでした。

”Hちゃん母””J母””かっぱ母”も、一応「後期高齢者(!?)」なわけだけど、
皆、元気で、きれいで(ちょっとだけお世辞♡)、パワフル。
日本の母達は強し!
・・・なのでした。

さて、お店も暇な時期だし、我輩もそろそろ
”かっぱ母”の顔を見にいってこよーかな。
[PR]

by keigappa | 2013-01-19 19:28

祝!成人


かつては1月15日が「成人の日」だったが、
最近は連休になるように祝日が動くので、
今年は14日が「成人の日」となった。

しかし、雨・風・雪の三拍子揃った大荒れの天気に見舞われ、
大雪で交通機関も動かなくなって、とっても大変だったようだ。
(加満田でもキャンセル続出・・・涙)

さて、鎌田家の長男・一輝も、今年で成人。
幸い、湯河原町の成人式は13日に行われたので、
青空の下、スーツ姿で母とツーショット!
e0234016_1952530.jpg


見よ!女将の嬉しそうな顔!
苦節20年の苦労が報われる瞬間ですなー!!
(まだまだ、脛はかじられそうだけどね。)

しかし、”俺様気質”一輝は、
「やっぱり俺って、いい男だな~!」とか、
ほざいておりましたが、さて、皆様のご意見はいかに?

”馬子にも衣装!?”
・・・なんて、我輩は言わないよー!?
(それにしても、一輝の顔って、浅田真央に似ているなあ・・・)
[PR]

by keigappa | 2013-01-15 19:58

正月明けのお休みだい!(その2)


(前回の続きでーす♡)

さて、本日は新年会兼ねてのお食事なので、
ちょっと贅沢をしてしまおうと「銀座かなわ」へ。

ここは、広島のかき船”かなわ”の直営店。
生牡蠣はもちろんのこと、様々な牡蠣料理があるのだが、
なんといっても絶品なのが”鯛めし”
(意外でしょ?牡蠣料理も、もちろん美味しいんだよ。)

以前に、”J”とも利用したことがあるのだが、
その後移転したため、場所がわからず右往左往。
”J”はスマートフォンで検索して、「わかった!」って
言っていたんだけどねー。
結局、店に電話して、教えてもらって、無事到着。

まずはやっぱり、生牡蠣でしょ!
・・・ということで、”オイスタープレート”
e0234016_17202928.jpg

広島産の他、アメリカ産、オーストラリア産の5種類の生牡蠣を食べ比べ。

ここで、”J母”が一発かましましたー!
「宮城産はないの?」

・・・おかーさま、ここは広島産が売りなわけですから・・・

生牡蠣の後は、牡蠣料理をあれこれ食べ比べ。
e0234016_1722282.jpg

e0234016_17224014.jpg

定番の”牡蠣フライ”に始まって、”牡蠣のさつまあげ”
”牡蠣のブルゴーニュバターいため””牡蠣のみそ焼き”
”牡蠣と林檎のグラタン”などなど。

そして、〆は当然、”鯛めし”で決まり!
e0234016_17245661.jpg

これは、姿のままの炊き上がりを見せてくれた上で、
お店の方が、ちゃんとほぐして混ぜて、茶碗に盛ってきてくれます。

はぐっ、はぐっ、はぁ~美味しい♡
いやはや、大満足の新年会でございましたー。

でもね、炭水化物食いの”J”の奴は、まだ未練気だったんだよー。
どーも、”牡蠣の塩辛クリームパスタ”も食べたかったらしい。
茶碗に2杯の鯛めしの後では無理と諦めたよーだけど、
そのかわり、デザートはちゃんと食べておりました。

今年も、「かっぱブログ」に楽しいネタを提供してくれそうな”J”
次は、誰かいい男と”牡蠣の塩辛クリームパスタ”食べてねー!
[PR]

by keigappa | 2013-01-12 17:32

正月明けのお休みだい!(その1)


お正月も終わり、めっきり暇になってしまった。
8日は全休日にして、大風呂「彩」の手すり工事。
工事の立会いは社長さんにまかせて、我輩はお休みを頂く。

8日はお墓参りに行き、9日は浅草へ。
昼食は馴染みのお蕎麦屋さん「十和田」
浅草には2軒あるが、こちらはメトロ店の方。
e0234016_18213615.jpg

子供の頃は、ここで天丼を食べたものだが、今はもっぱら
かるくつまんで、酒を飲み、蕎麦を食べる。
ここで、燗の日本酒を頼むと、杉の徳利と猪口で出てくるのだ。
e0234016_18221058.jpg

ちなみに、手前の”わさびなす”は、我輩の定番つまみ。
ここの”塩らっきょ”もうまいよ。
(うーん、渋い好みだ・・・)

それから、有楽町に出て、友人”J”と映画を観る。
(またまた、”J”が登場・・・本当に付き合いのいい奴です。)
今回はなんと、”J"の母上も一緒なのである!
「レミゼラブル」を観ようと誘ったら、母上も見たいと思っていたそーで、
ご一緒することになった。
母上とお会いするのは10数年ぶりであるが、
いつもかっぱと遊んでる娘が心配で、様子を見に来たのかも。

さて、映画版の「レミゼラブル」ですが、これは結構いいですぞ。
舞台とはまた違った味わいがありますな。
主演級の人々の歌唱力は今ひとつですが、それを補って余りある熱演。
フォンティーヌ役のアン・ハサウェイが泣かせます。
しかし、ジャベール役のラッセル・クロウ、やっぱり板長と似てるなあ・・・。

映画の後は、”J"”J母”と、新年会を兼ねてお食事へ。
この話は次に続く!
(ひとつのネタで、2回書こうとするかっぱであった・・・)
[PR]

by keigappa | 2013-01-10 18:28

七草かゆ、食べた?


♪セリ、ナズナ、オギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、
これぞ七草♪


セリとドクゼリの区別もつかず、顰蹙をかった我輩ではあるが、
一応、春の七草は言える。
(ただし、言えるだけで、摘んでくることは出来ないけどねー。)

ご存知の通り、本日1月7日は”七草”である。
若い頃は、年末年始の暴飲暴食で疲れた胃袋を休めるのに、
ちょうどよい風習だと思っていたが、
旅館で働いてみると、
年末年始はおちおち酒も飲んでいられないほど忙しい。
(・・・はずですがねー、社長さん!?)

まあ、特に胃袋が疲れてなくても、
我輩は、季節の行事は楽しむ主義なので、
毎年ちゃんと”七草かゆ”を作って食べている。
ただし、スーパーで”七草セット”を買ってきてだが。

しかし、今年は「加満田流七草がゆ」をご馳走になることにした。
何が、”加満田流”かって?
それはねー、加満田の庭と畑で採れたものだけで作っているから。
新鮮な加満田流七草は、クレソンとか山葵菜とか水菜とか、
本来とはちょっと違うものも入っているけど、とってもヘルシー。
女将が何を採ってきたのかは、「女将ブログ」をみてね。

板長の濱野さんが作って、お客様にお出ししたものを、
我輩も鎌田家で頂きました。
e0234016_16164430.jpg

ご馳走さま。(ぺこり)
さて、これで今夜も酒がうまいぞー!?
[PR]

by keigappa | 2013-01-07 16:19

寝正月は遠い・・・


今年はカレンダーが良く、6日までお休みの方が多いようだ。
おかげさまで、加満田も5日まで満室の状況である。

我輩もかっぱなりにがんばってはいるが、
12月にぎっくり腰をやってしまった上に、
水かきが霜焼けになってしまい、あまり戦力にはならないよーだ。
(あっ、今、カッパのくせに・・・って思ったでしょ!?)

幸い今年は、一輝あやこも遊び返上で手伝ってくれているので、
我輩はこれ幸いと寝正月!
・・・とはいかず、
地味な事務作業に励んでおります。
寝正月は遠いなあ・・・。
e0234016_881261.jpg


このガラス細工の河童は、我輩の友達のHちゃんが、
旅行のお土産に買ってきてくれたもの。
なーんか、のんきそうな奴ですなあ。
でも、Hちゃんは、我輩がこーいう奴だと思っているのかも。
なにせ、飲んだくれているところばかり見ているからねぇ。

忙しいのも、あと数日。
お休みもらえたら、初詣にまた浅草行こうかなあ・・・。
(すでに、頭の中は美味しいお酒とつまみで一杯のかっぱなのでした。)
[PR]

by keigappa | 2013-01-04 08:12

謹賀新年


皆様、あけましておめでとうございます。

e0234016_741213.jpg

おかげさまで、加満田旅館でも、
皆元気に新年を迎えることが出来ました。

12月には、けが人続出で、どーなることかと思いましたが、
(かくゆう我輩も、ぎっくり腰やっちゃったし・・・)
なんとか、年末にはフルメンバーが無事揃い、一安心。

ご来館のお客様に、良いお正月をお過ごしいただけるよう、
従業員一同+鎌田家一同、ねじり鉢巻でがんばっております。

我輩も、加満田の池に住みついて、早2年半。
すっかり加満田のヌシのような存在に・・・!?

今年も、読んで楽しく、ためにはならない(笑)ブログを
かっぱなりにがんばって書いてまいりまーす。

本年も加満田と”かっぱブログ”をよろしくお願いします。
(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*)
[PR]

by keigappa | 2013-01-01 07:43



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る