blog keiがっぱの言いたい放題

<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


明日はハロウィン


明日はハロウィンである。
e0234016_1115889.jpg

10月に入ってから、街中のあちらこちらで、かぼちゃのおばけやら、
こうもりやら、黒猫やらの飾りつけが見られるようになったが、
そもそも、このハロウィンとやら、いつから日本に浸透したのだろーか?
少なくとも、我輩が子供の頃には、なかったねえー。
(どのくらい昔だー!?)

やっぱり、東京ディズニーランドの力が大きいかな?
ケルトのお祭りに由来する”ハロウィン”とか、
キリスト教の”イースター”とか、
様々なお祭りの楽しいところだけをエッセンスにして、
お祭り大好きな日本人向けイベントに仕立てるのはお手の物。
まっ、楽しければいーのだ!
かぼちゃをくり抜いて飾るのも、絵付卵を探すのも、
平和だからこそ出来るんだからねー。
(でも我輩はクリスマスが一番好き♡)

加満田ではさすがに、ハロウィンのイベントなどはしないが、
”花の女子高生”あやこちゃんは、そーはいかない。
鎌田家の台所からは、なんだか甘~い香りが・・・
おお!これはっ!
e0234016_114409.jpg

かぼちゃの形をしてはいるが、これはスィートポテトである。
今月の献立でサツマイモを使っているため、
サツマイモの切れ端が大量に出る。
それを蒸して、裏ごしし、砂糖、バター、牛乳、シナモンを入れて、
かぼちゃの形に整えて、卵黄を塗って焼いたもの。

「うーん、可愛い顔もつけたい!」

好きなことには(←これ、強調しておきます!)
とっても熱心で労惜しみしないあやちゃん
チョコを溶かして、竹串で顔を書く。
e0234016_1153199.jpg


「やっぱ、帽子も欲しいねー」

折り紙でちゃちゃっと帽子を折って、見事完成!
e0234016_1162635.jpg


すご~い!あやちゃん、天才!

学校に持っていって、お友達にあげるんだそうです。
かっぱもひとつ頂きました。
甘くて美味しかったよー。

では、皆様も、
”HAPPY HALLOWEEN!!"
e0234016_119040.jpg

[PR]

by keigappa | 2012-10-30 11:10

脇板さんもがんばってます


加満田には、板前さんが二人いる。

板長は濱野さん
加満田の料理が美味しいのは、ほとんど休みもとらず、
下ごしらえからがんばってる板長のおかげ。
板さんには怖い人も多いけど、うちの板長はとっても優しいのだ。
魚の頭とか、野菜の切れ端とかも、ちゃちゃっと料理して、
鎌田家に持ってきてくれる。
(で、我輩もご相伴にあずかるわけである。
だから、ついヨイショしちゃう?)

脇板は橋本君
加満田に来て半年ほどになる。
包丁砥ぎが趣味で、几帳面なお兄さんである。
e0234016_1684339.jpg

こーんな感じに砥ぎあげるので、これ幸いと、
女将も自宅の包丁を砥いでもらっている。

先日、彼は「観光料理の祭典」で行われる技能コンクールに参加した。
e0234016_1691094.jpg

旅館やホテルの調理人たちが、同じテーマと限られた予算内で、
腕を競うコンクールだそうである。
あいにく我輩は行かれなかったのだが、
女将が行って写真を撮ってきた。
橋本君の出展作品はこちら。
e0234016_169453.jpg


彼の料理は「藤沢市長賞」を受賞。
なんだか順位がわかりにくいけど、神奈川県で4位だそうな。
50人以上参加していたそうだから、よくがんばりました。
かっぱも褒めてあげるぞ!

ちなみに、この橋本君、かなりのイケメンです。
入店時、女将あやこもウキウキしてましたからねー。
でも、ざーんねんながら、パパさんでーす。
今年、二人目のお子さんが生まれたばかり。
バリバリお仕事がんばんないとねー、橋本君!

えっ?板長もイケメンかって?

・・・・・(長い間)・・・・・

うーんと贔屓目に見てあげれば(?)、
ちょっとラッセル・クロウに似ているかな?

「あんた、そりゃかなり無理してない?
下心ありありじゃん!?」

     ↑女将の声です

あはは(^◇^;)
板長も、もうちょっと、お腹がひっこめばねぇ~・・・。
[PR]

by keigappa | 2012-10-27 16:15

”J”の個展に行ってきた

「かっぱブログ」にも時々登場する我輩の友人”J”は、
プロのイラストレーターである。
この際だから、実名を挙げて紹介しておこう。
「加藤アケミ」というのが、彼女の名前である。

ん???
じゃあ、なぜ”J”なの?
”K””A”じゃないの?

ふっふっふっ、これには理由があるんですな。
普段、我輩は彼女をジェニファーと呼んでいるのです。
で、イニシャルは”J”
何故、ジェニファーなのかは・・・・内緒!

前置きが長くなったが、その”J”が、個展を開いた。
e0234016_15545385.jpg

※河童の言い訳:
写真が下手で申し訳ない。
酔っ払いの河童が撮っているからねぇ。
実物の”J”はもっと美人です!(←ヨイショ?)


場所は、高円寺にある「ぽたかふぇ。」という小さなカフェ。
自家製のキッシュが美味しいカフェです。
ポタリーという陶器の絵付けもできるよー。
  => 「ぽたかふぇ。」HP

我輩が行ったのは、最終日の夜。
はらぺこだったので、まずは生ビールとソーセージのセットをいただく。
それから、お勧めの自家製キッシュをあれこれと、
エビとアボガドのサラダジャークチキンパテグラタンと、
ペンネアラビアータチキンバスケット・・・etc.

えーっ、そんなに食べたのー!?
・・・と驚かれるだろーが、食べたのは4人。
偶然居合わせた”J”の仕事仲間の”Tさん”と、
やはり個展を見に来た”J”の知人の”Sさん”が、
「一緒に飲もーよ!!」という、かっぱの誘いに乗って、
(・・・というより、強制参加させられて?)
ワインを飲みながらの、カフェ宴会。

カフェの皆さんも参加してくれて、楽しい打ち上げパーティとなりました。
まあ、”J”はその後、作品の搬出があったから大変だったろうけどね。

ちなみに、”J”こと加藤アケミ君の作品は、こんな感じでーす。
e0234016_16103969.jpg

ポップで可愛い感じでしょ?
お部屋に飾ってもいいと思うよ。
我輩も、一枚買ってきました。
興味のある方は、彼女のHPも覗いてみてね。
  =>加藤アケミHP

ここで当人より、
「HPは昔の作品だから、ブログにリンクしてー♡」
との連絡あり。
  加藤アケミのブログは=>こちら

よろしくー!!
[PR]

by keigappa | 2012-10-21 16:17

”かっぱ母”は好奇心旺盛なのだ


実は我輩、人混みが苦手である。
なにせ奥湯河原の緑豊な山中にて暮らしているので、
都会の人混みの中では息苦しくなってしまうのだ。
したがって、人が集まる観光名所なんぞも、
およそ行きたいとは思わないのだが・・・

「東京スカイツリーに行きたい!」
という、”かっぱ母”の希望で、スカイツリーにいくことになった。

我が”かっぱ母”殿は、とっても好奇心が旺盛なのである。
加えて、高いところが大好き。
当日は天気も良く、チケット購入は70分待ち(!)の表示。

いくら好奇心旺盛でも、後期高齢者の”かっぱ母”である。
どーするのかなあ?・・・と思っていたが、

「やっぱり、上る!」

ひぇ~っ!! ☆o☆

はい、並びましたよ。70分間。
結構、表示の時間は正確でしたけど。

でもねー、ほんとに人、人、人!
ちょっとくらい湯河原に来てよーって感じ。
さすがにへばって、天空回廊は挫折。
だって、こちらに上るのにまた40分待ちだっていうんだもん。

今回も宿泊は、”かっぱ母”の好きなお台場のホテル。
夕食後、お散歩がてら、新しく出来た「ダイバーシティ東京」へ。
ここの庭には、実物大の”ガンダム”が展示されているのだ。
しかし、”かっぱ母””ガンダム”を知っているのだろーか?

「何それ?」

やっぱり、知らなかったが、ライトアップされた大きなロボットを
見ただけでも満足感はあるそーな。
しかも今は10/28までの期間限定で、様々な花で彩られた
”フラワーガンダム”なるものもあり、こちらもえらくお気に召した模様。

翌日は、ミュージカル観劇。
新しく出来た東急シアターオーブで、フランス版「ロミオ&ジュリエット」を観る。
この劇場が入っているビル「ヒカリエ」も、この夏オープンしたばかり。
ここも人、人、人・・・!!!!

振り返れば、1泊2日で、「スカイツリー」「ダイバーシティ東京」
「ヒカリエ」と、この1年くらいの間に出来た新名所を巡る
”究極のお上りさんツアー”をしてしまったわけね。
奥湯河原で見る3年分の人間を2日間で見た気がするなあ。

そんなに名所を廻ったのに、なんで今回は写真がないのかって?
それはねえ・・・
あんまり人が多すぎて目が回っちゃったから。
ごめんねー!
(;^◇^;)ゝ
[PR]

by keigappa | 2012-10-18 16:50

我輩の影響かしら・・・?


社長さんが民生委員の旅行に行った。

社長さんは結構まめなところがあって、
出先でもきれいな風景とか、花とかあると女将にメールしてくる。
(愛が深いから・・・ということにしておこう)

「それっ、絶対ない!」

あの~、一家全員で声を揃えて否定しないで下さい・・・。

話を本題に戻そう。

旅先から、女将に届いたメール。
そこに添付されていたのは・・・
e0234016_16462797.jpg

売店らしきところで売られている河童グッズの山。
そして、こちらは河童の有料トイレ。
e0234016_1647175.jpg


社長の旅行先には、”上高地のかっぱ橋”が入っていたのだ。
我輩も行ったことがあるが、当時はこんなに河童グッズは売られてなかったぞ。
もしや、最近河童の人気は上昇中?

次々に送られたきたメールの中で、我輩が気になったのが、
この「河童焼」というお菓子。
e0234016_1648636.jpg

どうやら、今川焼のようなものらしい。
付いていたメッセージは、「食べちゃった」
食べないで持ってきてよー!!

しかし、社長さんもすっかり我輩に影響されて・・・
(というか、毒されて?)
河童愛が深まってしまったのか、色々とグッズを買ってきました。

「来年の”かっぱまつり”に使えるからいいよね?」
という社長に、女将の冷たい一言。

「来年までうちがあればね。」

・・・社長さん、笑顔がひきつってますけど。
どーか、我輩のためにも、加満田を死守して下さいねー。

今は気候も良くて、旅行には最適のシーズン。
秋の味覚も美味しいし、加満田の庭では栗もとれるよ。
皆さん、どんどん加満田に来てねー!!
(かっぱちゃん、必死の営業・・・)
[PR]

by keigappa | 2012-10-13 16:51

河童も肥ゆる秋?


一昨日辺りから、急に気温が下がり、一気に秋の気分。
慌てて長袖を引っ張り出して着ました。
10月も半ばに差し掛かっていることを考えれば、
今まで半袖だった方が変なんだけれどもね。

「読書の秋」とか「スポーツの秋」とか、色々言うけれど、
一番はこれ。
「食欲の秋」でしょ、やっぱ。

秋は美味しいものが沢山。
魚も脂がのって美味しくなるし、きのことか果物とか・・・。

そして加満田庭園の秋といえば、そう”栗”です。
e0234016_17193194.jpg

毎年、猿に先を越されぬよう、Aさんが頑張って採ってくる栗。
今年も一杯取れました。

加満田では、この栗で作った「栗きんとん」を、
”女将の一品”で出すことがあるんですな。
「栗きんとん」といっても、正月料理のねっとりとした奴ではない。
栗をゆでて皮を剥き、潰して砂糖と練り合わせたもの。
栗の粒つぶした食感が残ったお菓子のようなものですぞ。
なんでも、岐阜の有名な和菓子屋の「栗きんとん」が大好物な女将が、
それを目指して作ったらしい。
e0234016_17204455.jpg

加満田に来て、もし「栗きんとん」にありつけたなら、
あなたは運がいい。おめでとー!!(パチパチ)
手間がかかる上に、作れる絶対量が少ないからねー。
(我輩も今年一回もらったきりなのだ。)

秋の味覚といえば、やっぱり炊き込みご飯。
「栗ご飯」も一度は食べたい!
”でも、皮剥くのめんどくさいなあ・・・”と思っていたら、
我輩の心の声が聞こえたのか、
夜警のKさんの奥さんが、作ってきてくれました。
e0234016_17221413.jpg

もぐもぐ、おいしいーっ!
ご馳走様でーす。

ほっぺに、ご飯粒つけて食べていたら、女将が一言。

「馬ならぬ河童肥ゆる秋」

ドキッ!!
ちょ、ちょっと池で泳いできまーす!
[PR]

by keigappa | 2012-10-09 17:30

今年のゴーヤもいよいよ終わり



女将さんが大きなゴーヤをくれた。

「たぶん、大きいのはこれが最後だよ。
かっぱちゃんは、何作るのかなー?」


ん?
なーんか、下心を感じるんですけど・・・?


「こんだけ大きいと、食べであるよねぇ。
かっぱちゃん、一人じゃ食べきれないねー。」


それって、”何か作ってもって来い”ってことでしょ。
わかりましたよー。


今回は大きいので、そのまま詰め物にしたら火が通りにくい。
そこでまずは輪切りにして、塩もみ。
e0234016_1726832.jpg


今回はひと手間かけて、ハンバーグの種を作り、
それを輪切りしたゴーヤに詰めた。
それから小麦粉とカレー粉をふるいにかけてまぶし、
フライパンで焼いた上に、仕上げに卵をかけてピカタ風に。
e0234016_17263377.jpg


写真はいまいちですが、これかなり美味しいです。
ビールとの相性もばっちり!
社長さんにも気に入ってもらえました。

自分のつまみを作るのは楽しいけれど、
食べてくれる人がいるのは、もっと楽しいですね。

「でしょ!?で、今日は何作るー!?」

いや、女将さん、そう毎日はがんばれませんって・・・
[PR]

by keigappa | 2012-10-06 17:28

キャラクターは強し


最近は、中国や韓国ともギクシャクしている日本。
かつては、世界有数の技術力・経済力を誇った我が国も、
長引く不況とコロコロ変わる政権ゆえ(?)、見る影もない。

しかし、それに代わって、高い評価を得るようになったのが、
漫画、アニメ、ファッションといったサブカルチャーである。

「日本はきらい!」という中国の若者が、
”ドラエもん”のTシャツを着ていたりするのだ。
ちなみに、先日、小田急に乗ったら、こんな車両がありました。
e0234016_10483011.jpg


”ハローキティ”にいたっては、”ミッキーマウス””スヌーピー”
対等に勝負できるキャラクターに成長している。
こちらは、海外セレブに人気が高いため、
ジュエリーとのコラボとか、プラチナ製とかで、
1000万円を超す高額商品もあるとか・・・。

そうなると、やっぱり外国人観光客が喜ぶように、
はとバスも考えるわけですねー。
新宿の街中で、こんなの見ました。
e0234016_1050062.jpg


ここはやはり、我輩も奥湯河原で隠棲してないで、
世界に羽ばたく河童キャラクターを目指さなくては!

・・・なーんて、思うわけないでしょ。(笑)

池で泳いで、昼寝して、昼酒飲んで・・・ゴロゴロ。
これぞ、河童らしい生活。

「馬鹿言ってないで、仕事しなさい!
店が潰れたら、住む池もなくなるよ!」


女将さーん、冗談でもそんなこと言わないでー!!!
[PR]

by keigappa | 2012-10-02 10:53



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る