blog keiがっぱの言いたい放題

<   2012年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


♪かっぱっぱー♪な1日

かっぱまつりの準備のため、女将と相模原の方へ行ってきた。

加満田では、7月14日より”かっぱまつり”を開催する。
当館所蔵の清水菎先生の河童の絵はむろん展示するが、
それだけでは寂しいので、館内のちょっとした飾り用に
色々な河童グッズを借りてくるのだ。

昨年は「河童連邦共和国」の事務所からお借りしたのだが、
事務所が移転して、借りられなくなってしまったため、
今回は女将と親しい”淵野辺のかっぱ”こと、守屋氏にお願いしたのだ。
(河童サミットで河童の帽子を被っていた人ですぞ)

お客様のお見送りを済ませてから、車で相模原へ向う。
お腹もすいてきたので、きょろきょろと周囲を見回していたら、
「かっぱ寿司」の看板が!

女将さん、かっぱ寿司!
ここ行きたいっ!


いやー、つい興奮してしまった。
だって、噂には聞いていましたが、湯河原近辺にはないんですもん。
可愛いかっぱの看板に心惹かれても当然でしょ?

回転寿司って、あまり行ったことなかったけど、
すごく進化していて驚いた!
かっぱ寿司では、普通の回転している寿司のレーンのほかに、
特急レーンとかいうのがあって、
タッチパネルで好きなものを注文すると、
新幹線みたいなのに乗って、ピューっと出てくる。
e0234016_1945621.jpg

ちなみに乗っているのは、かっぱ寿司のキャラクター付きジュース。
可愛いので、持ち帰り用に注文してしまいました。

他にも、かっぱ茶とかキャラメルとか、ついつい買ってしまいました。
可愛い河童のキャラクターに弱いんだよねー、我輩。
e0234016_1945299.jpg


お腹も満ちて、無事、守屋宅に到着。
守屋氏は、自宅の庭に河童グッズ用の建物を建てて、
「かっぱ美術館」にしているのだ。
写真は守屋氏と理解ある奥様。
e0234016_19465435.jpg


しかし、すごかった。
美術館内だけではなく、庭にも部屋にも河童だらけ。
e0234016_19471895.jpg

河童の顔の座布団やら、ティッシュボックスやら、座椅子やら・・・
我輩も目が点になりましたわ。

何をお借りしてきたのかって?
知りたい人は是非、加満田の”かっぱまつり”にご来館あれ!
(営業♡営業♡)

帰りも遅くなったので、女将とご飯を食べて帰ることにした。
女将の希望で、居酒屋さんへ行くことに。
(最近のチェーン居酒屋に興味シンシンだったらしい。)
しかも、学校帰りのあやこも合流。
制服姿で居酒屋・・・いーのかねえ。
我輩は、生ビールでプハーッだったけど、二人はこのとおり。
e0234016_19482265.jpg

女将の狙いはそれだったか・・・。
だから、チェーン居酒屋がよかったのね。
納得!
[PR]

by keigappa | 2012-06-29 19:51

”カッパヌードル”はカレー味


以前ブログで紹介した、我輩作”カッパヌードル”を覚えておられようか?
(知らない人は、5月11日のブログ「かっぱの休日(その1)」を見てね)
横浜で「カップヌードルミュージアム」へ行った時、
”マイカップヌードルファクトリー”で、作成したあれである。

なにせ、世界でたったひとつの”カッパヌードル”
当然、可愛いあやちゃんにあげました。

で、先日、ついにお腹に収まっちゃたので、中身を公開!
e0234016_171439.jpg


我輩は辛党なので、味はカレー味。
スープの味は4種類の中から選べるようになっていて、
普通のカップヌードル、シーフード、カレー、チリトマトでした。
具材は12種類の中から、4種類選べるんだけど、
さて、我輩が何を選んだか判るかな?
ちなみに、12種類の具材は以下の通り。
エビ、角チャーシュー、玉子、ねぎ、ひよこちゃんナルト、ガーリックチップ、
インゲン、チェダーチーズ、蟹かまぼこ、コーン、キムチ、鶏つくね。
さあ、目を凝らして、当ててみてね。

お湯を注いで、3分。
さあ、召し上がれ!
e0234016_1723591.jpg

まあ味は、普通のカレーヌードルだけど、
(スープがそうなんだから、あたりまえか)
具がたっぷりで美味しかったそうです。
ファクトリーのお姉さんが、気前よく入れてくれたからねえ。

夏休み、お子様連れで行くなら、
「カップヌードルミュージアム」はなかなかお勧めですぞ。
むろん、その後のお泊りは
加満田をよろしく!!
[PR]

by keigappa | 2012-06-26 17:05

I LOVE きゅうり!


じゃーん!
e0234016_20292791.jpg

今年も我輩の愛するきゅうりの季節がやってまいりましたー!!
庭仕事万能のAさんの丹精のかいあって、今年もおいしそうですなー。

とれたてきゅうりは、やはり丸かじりが一番ですな。
マヨネーズ派の人もいるが、我輩はもっぱら味噌です。
加満田の梅味噌もうまいし、
炒ったごまを入れた味噌もいけますぞ。
まだ、採れる量が少ないから、我輩のところまではまわってこないかなー。
がまん、がまん。


あやこ(鎌田家の長女)に言われてしまった。
”かっぱブログ”ってさー、食べものの話ばっかだね。」

仕方ないでしょー!
かっぱの関心があるのは、食べものと酒だけなんだから。

「そーいえば、去年、うちの朝顔が咲いたのも気づいてなかったね。」

花はたべられないもん!

だいたい、女将がちゃんとブログを更新してくれれば、
我輩がせっせと書く必要はないんですぞ。

「うん、でも、車で一緒だったお客さんも、”かっぱブログ”読んでるって言ってたよー。
だから、がんばってね♡」


なんだかんだ言って、あやちゃんは可愛いのであった。
なぜか父の日には、こんなの作ってくれました。
e0234016_203613100.jpg

”かっぱパパ”(?)、がんばりまーす。
[PR]

by keigappa | 2012-06-22 20:42

女将にお菓子を与えないで下さい?


女将はかなりのスイーツ好きである。
食事の後には、”お甘”がかかせない。
幸せなことに(?)、旅館というのは、結構お客様から頂き物があるので、
女将のスイーツライフは、なかなかバラエティに富んでいるのだ。

し・か・し!
当然のことながら、好きなものを好きなだけ食べていいのは、
基礎代謝の多い若いうちだけなのである。
「食べたい」でも「痩せたい」
相反する願望のせめぎあいは、多くの女性に共通する悩みではないだろーか?

かくして、女将も毎回、苦しい言い訳をしながら、おやつを食べている。
いわく、
「さっき、しょっぱいもの食べたから・・・。」
「初めて見るお菓子だから・・・。」
「今朝、朝ごはん食べ損ねたから・・・。」


どのお菓子を食べるか、というのも重要で、
満足感が高く、それでいてカロリーは低め、という無理な要求をしているのだ。
e0234016_1994840.jpg


ただねぇー。
せっかく、がんばってお菓子を1個にしても、
スナック菓子をガガ喰いしたら、何にもならないと思うんだけどなあ。
(女将はスナック菓子に目がないのだ。)
こないだ”河童サミット”でもらった「かっぱえびせん」だって、
一晩で消えうせていたし・・・。

女将の弁:「そこにお菓子があるからいけないの!」

いや、だから、我輩にくれればいいんだってばー。
特に、「かっぱえびせん」はね。
[PR]

by keigappa | 2012-06-18 19:12

食べるの大好き♡


ブログを愛読(?)している友人から指摘されてしまった。
「最近、料理ネタ少ないねぇ。料理さぼってる?」

いえいえ、そんなことはありません。
ちゃんと、作ってはいるんですけど・・・。

ハレの料理がないんですねー。
食材が派手で、絵になるよーなのが。
サラダとか、野菜炒めとか、しょうが焼きとかじゃ、
写真撮る気にもならないし。

なーんてぼやいていたら、もらってしまいました!
北海道産の新鮮なホタテ貝と大好きなアスパラ
このコンビなら、やっぱりパスタでしょ。
アスパラも茹でずに、そのままソティして風味を生かします。
出来上がりは、こんな感じ。
e0234016_1823956.jpg

まずは、スパークリングワインを一杯。
あとは当然、白ワインですな。

たくさん頂いたので、翌日は和風に仕立ててみました。
あっさりと木の芽焼きです。
e0234016_1825683.jpg

素焼きのピーマンを添えて、冷酒をきゅっ!
はぁー、美味しい♡

美味しいものを食べて、美味しいお酒を飲んで、
あとはゆっくり寝るだけ・・・
河童の生活って、単純で平和でしょ?
うらやましい?
[PR]

by keigappa | 2012-06-15 18:08

建国25周年記念・河童サミット開催


以前にもブログで紹介したが、加満田は(というより、女将が)、
「河童連邦共和国」「みなと横濱カッパシティ」の市民である。

「河童連邦共和国」の一大イベントが、
年1回開催される”河童サミット”で、
全国から河童を愛する共和国のメンバーが集まり、総会を行うのだ。
(えらいぞ!諸君!)
今年は東京での開催とあって、女将も参加した。
e0234016_2016596.jpg

”河童サミット”なのになぜか、我輩はお留守番だったが・・・。

墨田区のホテルが会場だったせいか、こんなバージョンのビールも。
(ラベルにご注目下さい。)
e0234016_20162539.jpg


総会の後は懇親会があったそうだが、皆芸達者だそうで・・・。
まあ、河童に酒と唄はつきものだからねえ。
河童を愛するあまり、自らが河童と化してしまう人もいたようだ。
e0234016_2017154.jpg

ちなみにこの方は、女将と仲良しのMさんです。
加満田にも何度もお出でいただいております。(ぺこり)

来年は「大山隠岐かっぱ村」での開催がほぼ決まっているとのことで、
こんなおまんじゅうをお土産にもらってきました。
なんか、可愛いでしょ?
e0234016_20175280.jpg


サミット記念の手拭いなんてものもあるんだよー。
e0234016_20181050.jpg

今年の”かっぱまつり”には飾ってもらおうっと!

加満田では、夏休みに”かっぱまつり”を開催。
清水菎先生の原画も飾るから、是非見に来てねー!!!
[PR]

by keigappa | 2012-06-12 20:20

加満田産きゃらぶきで一杯!


加満田では、夕食時に”女将の一品”なるものが出る。
季節によって、きゅうりだったり、大根だったり、筍だったりするが、
原則として、加満田で採れたものに女将がひと手間かけたものを
お出ししている。
(ひと手間が大変なときは、Mさんが助っ人しております。
我輩は食べるの専門!)

今の時期は”きゃらぶき”
加満田の庭では、立派な蕗が採れる。
e0234016_1955437.jpg


それを三日がかりで炊き上げると・・・
完成!!
e0234016_19585520.jpg

このいい色に仕上げるために、3日かかるそうな。

完成したきゃらぶきは、
ご来館のお客様に、”女将の一品”として提供するほか、
お馴染みさんへの進物にも使う。
日持ちがするように、袋詰めして、真空パックで仕上げる。
e0234016_19592841.jpg


「はい、これあんたの分ね。」

わーい、またまたおつまみもらっちゃったー♡
[PR]

by keigappa | 2012-06-09 20:04

蛍のシーズン到来!

いよいよ、のシーズンである。

今日から、「ほたるの宴」が始まる。
湯河原温泉が結構、力を注いでいるイベントである。
e0234016_157317.jpg

我輩も何度か行ったことがあるが、なんとも幻想的で美しいものですぞ。
蛍は我輩同様、きれいな水を好むので、
湯河原は居心地がいいのでしょうなあ。

蛍のシーズンが近づくと、社長はなんだかそわそわしている。
社長とそのお仲間たちは、蛍育成にかかわっており、
毎年、”どこで何頭見た!”と、情報交換しているしているのだ。

昨年もブログで説明したが、蛍は”〇頭”と数える。
ちょっと違和感があるが、これが正式らしい。
(河童は”〇匹”で正しいのかなあ・・・。)

数日前より、蛍の目撃情報が集まり始めた。
今年は、少し遅れ気味だったらしく、社長もほっとしたようだ。

これから大体6月一杯は、町内のどこかで蛍を見ることができる。
加満田では、社長のネットワークを駆使して(?)、
その日一番見られそうな場所にご案内するので、
蛍を見たい方は、予約時に是非、その旨お申し出あれ。
社長の薀蓄付で、ご案内しますぞ。(いらないって!?)

会場では、生ビール坦坦焼きそばなども売られていて、
早めの夏祭り気分も味わえる。
これらを出店しているのも、皆、地元の八百屋さんや魚屋さん。
湯河原を盛り立てるべく、皆、がんばっているのです。
応援してあげてねー!!

じゃ、我輩も、地元に貢献するために、
一杯飲んでこよっと!

(ここで、女将の声)
「甘ーい!!社長が帰ってくるまで、あんたは留守番してなさい!」

(しぶしぶ)・・・・はーい・・・
社長さん、お土産よろしくねーっ!
[PR]

by keigappa | 2012-06-05 15:13

河童が怖い!?

最近、ちょっと気になることがある。

女将がなにかというと、
「あーまた、河童に怒られちゃう!」と言うのだ。

たとえばである。
パソコンの側に、なぜかアイスクリームの蓋が
置きっぱなしになっているとしよう。
我輩がそれをチラッとみると・・・
「あーまた、河童に怒られちゃう!」
と言いながら、いそいそと片付ける。

しかも、女将だけかと思ったら、
娘のあやこも同じようなことを言うのだ。

学校から帰ってきて、制服を脱ぎ散らかしたまま
TVを見ているあやこ。
そこに女将が意味ありげな視線を我輩に送って一言。
「あやこ、ほら。」
「いけね。河童に怒られる!!」

なんかねー、我輩ってうるさいお舅さんみたいじゃありませんか!
”河童に怒られる!”って、鎌田家の合言葉?

そこに社長、登場。
「僕は言わないよ。”河童に怒られる”なんて・・・。」

そーですよね、社長!

「うん。時々、棒で叩かれるけど。(笑)」

そーいう、誤解を招くことを言わないで下さい!

実は、加満田には我輩の作った「社長専用!河童の根性入れ棒」
あるのである。
むろん、冗談で作ったものだし、紙製で大して痛くはないのだが、
時々、社長の肩たたきとして使われている。
(頭を叩いたりはしておりません。断じて!)

しかし、我輩って、自分で思っているより怖いのかしらん。

(女将、あやこ、声を揃えて)
「うん!」

そんなに力強く断言しないでよーっ!!
[PR]

by keigappa | 2012-06-02 20:12



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る