blog keiがっぱの言いたい放題

<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


女将の内職?

女将が内職に励んでいる。

えっ?
加満田がいよいよ危ないからかって?
いえいえ、そーいうわけではなくって、
(そーだったら、どうしよう・・・不安)
単に自分の楽しみのためでーす。

加満田では、栃木産の「穂の香」というお米を使っているのだが、
これを取り寄せているJA全農とちぎには、
”穂の香マイレージクラブ"というのがあり、
バーコードを集めると景品と交換できるのである。

薄給の(?)女将としては、このバーコードを集めて、
温泉宿泊券や、ちょっと贅沢な食材をGETするのが、
大いなる楽しみなのだ。

で、せっせとバーコードの切り抜きに励むわけですな。
e0234016_2033857.jpg

しかし、この内職の成果で、昨年は
我輩も地ビールの分け前にあずかったわけだから
(2011年10月11日のブログを見てね♡)
地味な作業でも、侮れませんぞ。

さて、皆様。
ここでお願いです。
加満田に泊まって、せっせとご飯を食べて下さい。
加満田のご飯は美味しいと評判ですから。
(これは本当だよー!
わざわざ、おにぎりを注文して、持って帰る方もいるくらい。)

そうするとお米をいっぱい注文することになって、
女将さんがまたせっせと内職して、
バーコードがいっぱい貯まると、
きっと、我輩にも分け前が・・・

「なんか、あんたもいじましくなったねぇ。」

誰のせいよーっ!!
[PR]

by keigappa | 2012-05-28 20:12

ちりめんの河童

先日、社長が河童の置物を買ってきたが、
我輩も、どこかに行くとやはり河童グッズを探してしまう。

しかし、これが意外なほど少ないのだ!

赤れんが倉庫の若者が集まるよーな雑貨屋でも
あるのは”カエル”のグッズばかり。
同じように水かきがあるのに、
この差別はなんだーっ!!

むろん遠野のように、”河童”に縁があるところは別。
我輩も一度行ったことがあるが、あらゆるところで
河童にちなんだグッズが売られている。
しかし、そうでないところでは、めったにお目にかかれない。
だからたまに出会うと、嬉しくてつい買ってしまう。

今のお気に入りはこれ。
e0234016_10235798.jpg

これは、湯河原のきものショップで飾られていたものである。
あまりに可愛くて、つい自分用に買ってしまった。
我輩の部屋に飾ってあるのだが、
加満田では夏に「かっぱまつり」を開催するので、
その時にご披露しよーかな・・・なーんて思っております。
[PR]

by keigappa | 2012-05-24 10:29

女将の力作?


最近、加満田の庭にいくつかの案内板が出来た。

まず、加満田庭園に下りる入り口に設置したのがこれ。
e0234016_1541990.jpg

加満田には自然豊かな広い庭園があるのだが、
あまりにも自然が豊か過ぎて(?)、庭だと思わない方もおり、
「お庭ってどこですかー?」
と聞かれることが度々あるのである。

竹炭を焼くための窯のところにも、
「かまたろ窯」の表示をした。
e0234016_1541593.jpg

(しかし、”竹炭”はいつ売るんだろうーか。
たしか、お土産用にするって袋詰めしてたはずなのに・・・。)

そして、池のそばにも・・・
e0234016_15424427.jpg


これらの看板、実は女将の力作である。
加満田のなんでも屋”Aさん”が板を切って作った看板に
にじみ防止のため、”どうさ引き”をした上で、
絵と字を描いて、ニスで仕上げてあるそうだ。

この可愛い河童は、もしや我輩・・・?

「んなわけないじゃん!」
言下に否定されてしまいました・・・くすん。

しかし、女将は多才ですなあ。
字も書く、絵も描く、料理もうまい。
花も生ければ、お茶も点てる。
加えて、大工仕事に庭仕事、力仕事もこなしちゃう!

「あんたねぇー、おだてても何も出ないわよ。」

そんな、下心ありませんってばー。(冷汗)

次の看板も計画中です。
どこの看板かは、出来てからのお楽しみでーす。
(さあ、これで女将もサボれなくなったぞ。ケケケ)
[PR]

by keigappa | 2012-05-20 15:46

しげガッパ?


かっぱと女将が遊んできたすぐ後、
負けてはならじと(?)、今度は社長が出かけた。
お友達と”富士芝桜まつり”に行ったのである。

そこで、小さなかっぱの置物を買ってきたのだが・・・。
e0234016_16351566.jpg


社長・・・、これ似てますよね?

「ん?誰に?」

皆様、ご覧下さい。
似てると思いませんかぁー?
e0234016_16355749.jpg


あんまり似ているので、ふさわしい場所に置いてあげました。
お花の下で、のんびりお昼寝。
e0234016_16361741.jpg


「おい、それって、僕がいつも昼寝してるってことかー!?」

いーえ、かっぱは決してそんなことは申しませんよ。
お給料もらっている身ですもん。
口が裂けても・・・って、くちばしだからもともと裂けてるか・・・。

ともあれ、加満田ではちゃくちゃくと河童が増殖中。
加満田に来たら、”しげガッパ”も見つけてね!
[PR]

by keigappa | 2012-05-17 16:38

かっぱの休日(その3)



”朝3時半起きして、藤を見に行く”
”花より団子”の我輩にはありえない休日は、
女将の一言から始まった。

何年か前にかっぱの両親が、”足利の大藤”を見に行ったのだが、
それを聞いた女将が、
「いいなあ、私も是非一度行きたい!」と言ったのだ。
我輩の父上は、人の喜ぶことは何でもしてあげたくなるタイプで、
これは連れて行ってあげねば・・・と思って気にかけていたらしい。

偶然にも我輩の休みと休館日が重なる幸運もあって、
女将の望みは叶えられたのである。

よほど嬉しかったらしく、女将も珍しくブログを書いているが、
当日は4時出発。開園の1時間前から駐車場にて待つ。
一番乗りかと思ったが、残念ながら2番でした。

園内は藤とつつじ、クレマチスなどが咲き乱れ、
花好きの女将は大喜び。
実に嬉しそうなこの笑顔をご覧下さい。
e0234016_1843470.jpg

これが、「足利の大藤」
なんと600畳敷の大藤棚である。
e0234016_1845337.jpg


せっかく足利まで来たのだからと、近くにある「足利学校」
見学することにした。
ここは日本最古の学校で、国指定の史跡になっている。
ここの入場券が面白い。
「足利学校入学証」となっているのである。
女将も無事(?)入学しました。
e0234016_1855317.jpg


足利学校に「宥座の器(ゆうざのき)」というものがある。
e0234016_1862152.jpg

壺状の器がぶら下がったようなものだが、
これにに水が入っておらず空の時は傾き、
ちょうど良いときはまっすぐに立ち、
水をいっぱいに入れるとひっくり返ってこぼれてしまう。
孔子の教えである”中庸”を身近な形で教えるためのものだが、
これを見た女将いわく
「かっぱの酒みたいなもんだねー。
飲みすぎるとひっくり返る。(笑)」


こらーっ、
親の前でそーいうこといっちゃだめ!


天気も下り坂なので、早めに帰って一休み。
夕食は実家の近くにあるシーフードレストラン「メヒコ」へ。
ここはなんとフラミンゴを見ながら食事ができるのだ。
e0234016_186576.jpg

館内でフラミンゴが飼育されているので、
時期によっては、フラミンゴの赤ちゃんが見られることもある。
(今は抱卵の時期だったよーです)

あれこれ頼んで、皆でシェアしたが、
かっぱの母の一番のお気に入りはこれ。
e0234016_1871798.jpg

タバスコの瓶と比べてみてねー。


かくして、3回にわたった休日の報告はおしまい。
そもそも、3回に分ければ、3日に一度のペースとして、
10日位は大丈夫・・・と思っていたのに、
社長が
「やっぱり、藤の花について書くのは早い方がいいんじゃない?
花終わっちゃうよ。」

なーんていうから、毎日せっせと書く羽目に・・・。(涙)

”別に、フラワーパークのブログじゃないんだから、いーじゃん”
と思いつつ、
真面目な我輩はがんばってしまいました。
楽しようとして、仕事を3倍に増やしただけだった、くすん。

ノルマ終了!
さっ、ビール飲んで寝よっと。

[PR]

by keigappa | 2012-05-13 18:11

かっぱの休日(その2)


横浜ですっかり観光客気分のかっぱと友人”J”
好天に誘われて、今度は「野毛山動物園」
足を延ばしてみることにした。
”日頃の運動不足解消!”とばかり、
歩け歩けの元気な休日。
(大丈夫かいな・・・)

桜木町駅で荷物をロッカーに預け、歩くこと10分。
こじんまりとした「野毛山動物園」に到着。
e0234016_18161761.jpg

ここは市営のため、なんと入園無料。
遠足らしき幼稚園児が多数、来園しておりました。

でも、小さいながらも、キリンとかライオンとかもいるし、
腹の黒いこんな奴も・・・
e0234016_18164824.jpg


ここは”気軽に訪れ、触れ合える動物園”がテーマ。
「なかよし広場」というコーナーでは、
ひよことかハツカネズミとかモルモットに触ることが出来る。
(残念ながら、河童はいないよー)

こんなやつも、勝手に散歩しておりました。
e0234016_18184778.jpg

”写真を撮れ!”といわんばかりに、カメラの方を向く
目立ちがり屋の孔雀でした。

お昼はまたまた”赤れんが倉庫”へ。
昨日、”シーフード・ビュッフェ”の看板をチェックしていた
”J”の強い希望です。
本当に食いしん坊なやっちゃ!

”J”いわく
「類は友を呼ぶってことよ~♪」
だそーな。

というわけで、昼食はシーフードビュッフェ。
赤れんが倉庫3階の「フィッシャーマンズ・マーケット」
e0234016_1820269.jpg

シーフードグリルにパエリア、ピザにグラタン。
おー、トムヤムヌードルにちらし寿司もあるぞ。
では、いただきまーす♡
e0234016_1821460.jpg


”J”にとって、ポイントが高かったのが、デザート。
なんと、パフェを自作できるのだ。
甘党でない我輩も、つい食べちゃいました。
えへへ。

前日に引き続き、たぬきのようにポンポコ腹になって別れたけど、
”J”はあの後、仕事になったのだろーか。
”今日中に送らなきゃならない仕事がある”って言ってたけど。
ま、お仕事できなくても、かっぱのせいじゃないもん。

我輩は、電車に乗って親元へ。
かっぱの休日は続くのであった。
[PR]

by keigappa | 2012-05-12 18:22

かっぱの休日(その1)


ゴールデンウィークも終わって、世間の皆様がせっせと
仕事に励む今頃、旅館はぐっと暇になり、
加満田の皆も順番にお休みをとる。

我輩も3日間の休暇を頂いたのだが、
今回はかなり遊びまわったので(?)、
3回に分けてご紹介しよう。
(なんてことはない。
1回のネタで、3度書こうとしているわけだ。
ネタ仕入れるの大変なんだもん。)

7日の日、友人の”J”と横浜へ。
「中華街で中華料理をたらふく食べよう!」というのが、
主な目的だが、飲んでから帰るのもめんどーなので、
今回は泊りがけの小旅行。

せっかくなので、観光気分を味わおうと
まずは「カップヌードルミュージアム」へ行ってみる。
ここは”チキンラーメン”生みの親である安藤百福氏の記念館。
”チキンラーメン”を手作りできる”チキンラーメンファクトリー”
自分でカップをデザインし、スープと具を選んで、
「世界でひとつだけのマイカップヌードル」が作れる
”マイカップヌードルファクトリー”といったアトラクションが楽しめる。
e0234016_8364855.jpg


我々も「マイカップヌードル」作りに挑戦することにした。
まず、300円で空のカップを買い、マジックで絵を描く。
e0234016_8373693.jpg

ちなみにモデルは我輩ではなく、”J”です。
(当人の承諾を得て、写真初公開!)
彼女は本職のイラストレーター。
こーいうのは、お手のもんだね。

絵が完成すると、中を消毒して、麺を入れてくれる。
それから、スープと具を選んで入れてもらう。
(具は4種類選べます。)
e0234016_839018.jpg


それから、ふたをシールして、普通のカップ麺同様の包装。
見よ!我輩の作品を。
世界でたった一つだけの「カッパヌードル」じゃあ!
e0234016_8395524.jpg


夜は中華街で、中華料理をたらふく食べ、
腹ごなしのために赤れんが倉庫まで散歩。
e0234016_8403056.jpg

ここで、夜景を見ながら一杯飲んだのだけど、
なぜかテーブルの上には山盛りのサラダとチーズが・・・。
(腹ごなしに行ったんじゃなかったんかい!)

より重くなったお腹を抱えて、ホテルに戻った我輩たち。
窓から見える美しい夜景もそっちのけで、爆睡したのでした。
e0234016_8405934.jpg

[PR]

by keigappa | 2012-05-11 08:43

ゴールデンウィークもおしまい


賑やかなゴールデンウィークも今日でおしまい。
加満田の皆さんもお疲れ様~!

昨日は5月のお節句
お客様にもお口菓子として”柏餅”が出ました。
もちろん、我輩も女将からいただきましたよ。
そのためにがんばったんだもん。
あー美味しかった♡

加満田では、柏餅の他に、”菖蒲湯”もご用意。
e0234016_15575198.jpg

これは、季節の変わり目に薬湯に入り、健康と長寿を願う慣わし。
冬至の”柚子湯”と同じようなものだけど、
なかなか自宅ではやらないのでは?

「はい、これあんたのぶんね。」
と、女将が渡してくれたので、かっぱも池に入れてみました。
加満田にいると季節感が豊かだなあ。

季節感といえば、今はのシーズン。
庭でとれた筍を客室前に飾ってみました。
e0234016_1634228.jpg


我輩は食べるの専門です。
今回は”木の芽みそ焼き”にしてみました。
e0234016_164126.jpg

御飯は炊き込みご飯。
e0234016_1559399.jpg


ゴールデンウィーク後の静かなシーズン。
豊かな温泉と自然の恵みを満喫するなら、
お客様が少ない今がお勧め!ですぞ。
(と、今日も営業に励むかっぱであった。)
[PR]

by keigappa | 2012-05-06 16:05

もうすぐ”こどもの日”


ゴールデンウィークも後半戦。
加満田のみんなも、ちょっとお疲れモードだけど、
ファイトでがんばっています。

えっ?我輩?
も、もちろん、がんばってますよー。(汗)
お酒も控えて、良い子でお仕事しております。
だって、もうすぐ”こどもの日”だしー。

ん?
なぜ、”こどもの日”が関係あるのかって?

”こどもの日”といえば、「柏餅」
実は我輩はこれに目がないのである。
でもって、加満田では5月5日のお節句には、
お口菓子に柏餅を用意するのだけれど、
従業員にも買ってくれるのだ。
(本当は、くちばしにくっつくから、良くないんだけどね)

”こどもの日”を前に、加満田の談話室には、
「兜」が飾られている。
e0234016_20292087.jpg


まさか、一輝のだったりして・・・?

「決まってんじゃん!」

女将にあっさり言われてしまいました。
加満田の飾り物って、ほんとアットホームですなぁ。
あやこの雛人形やら、一輝の兜やら、
ばあば作の人形とか・・・。

「お金ないからねー。」

女将さーん、
それを言っちゃあお終いよ!



[PR]

by keigappa | 2012-05-03 20:32



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る