blog keiがっぱの言いたい放題

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ホタルイカのパスタはいかが?


朝、社長さんに聞かれた。

「かっぱちゃん、ホタルイカ食べる?
女将さんが朝市で買ってきたんだけど。」


はーい、いただきます!

ホタルイカかぁ~
うーん、春の気配ですな。
(寒くって、ぜんぜんそんな気はせんが・・・)

王道ならば、酢味噌あえですが、このところ
和食で日本酒の日が続いたので、気分は白ワイン。
パスタにしよっと!

菜の花があると、より春らしいパスタになったのだが、
まあ、ブロッコリーとアスパラとインゲンが少しずつ残っているから、
全部入れて、お野菜たっぷりのペペロンチーノにすることにした。
出来上がりは、こちら。
e0234016_16132423.jpg


辛口で軽めの白ワインと合わせて、美味しく頂きました。
自分では、魚介類をなかなか買わないので、
鎌田家のおすそ分けは、実にありがたいですなー。

冬場はどーしても、湯豆腐とかキムチ鍋とか、
絵にならないものばかり作っているので、
久しぶりの料理ネタでございました。

社長さん、またネタの提供よろしくねー♡
[PR]

by keigappa | 2012-02-28 09:00

メモホルダーも手作りなのだ


今年の正月から加満田の客室に置いてあるメモホルダーを
ご存知だろうか。
木と竹で出来たメモホルダーに加満田の名入りのメモ用紙が
セットされているものだが、このメモホルダーは、手作りなのである。
e0234016_1654693.jpg


昨年までは、ただの白いメモ用紙とボールペンを
文箱の中に置いておいたのだが、
メモホルダーを置くようになったのにはわけがある。
印刷関係のお仕事をしておられる、お客様のK様が
加満田の名入りメモ用紙を作ってくださったのである。
(それも無料でですぞ!
女将が狂喜したことはいうまでもありません。)

せっかく素敵なメモ用紙があるのに、
”文箱にしまっておいてはもったいない”
というわけで、メモホルダーをおくことにしたのだが、
なかなか加満田のイメージに合うものがない上に、
既製品とはメモ用紙のサイズと合わない。

「うーん、やっぱ作るしかないか!」

こういうとき活躍するのが、加満田の大工庭師木工屋
(よーするに何でも屋さん?)のAさんである。
板を切って削り、細い竹を割ってやすりをかけ、
女将のイメージ通りのものを作ってくれた。

女将といい、Aさんといい、あやこといい、
加満田には器用な人がたくさんいるなあ。

えっ、我輩?
我輩ははっきり言って不器用です。
だって、水かきが邪魔なんだもーん。
[PR]

by keigappa | 2012-02-25 16:57

干物が消えた!?


女将が朝市で鰯と鯖を買ってきた。

「鯖は鯖寿司にして、鰯は干物にしよっと。
かっぱちゃんにもあげるねー。」


おおっ、では今夜は日本酒ですな。
楽しみ、楽しみ♡
では、我輩は湯豆腐でも作っておきますか。

と、気分はすっかり日本酒モード。
このところのお天気は干物作りには最適ですなあ。
なーんて、のんびりしてなのだが・・・

「あーっ!!!ない!」
女将の悲鳴に、飛んでいくと・・・
e0234016_17531187.jpg


な・無い!!
一番美味しそうに脂がのっていた大きいやつが消えている!

「そーいえば、さっきカラスがその辺りを飛んで行ったよ。」
(社長:談)

くぅぅ~!
”トンビに油揚げ”ならぬ”カラスに干物”さらわれるとは・・・。

結局、鯖寿司はもらえたけど、干物は食べ損ねたぞ。
カラスの奴めー!
”いつか焼鳥にして食ってやる!”
(・・・と言いたいところだけど、まずそうだなあ・・・。)
[PR]

by keigappa | 2012-02-21 17:55

参上!ゆたぽんファイブ


我輩の強力なライバルが登場した。
その名も「湯河原戦隊 ”ゆたぽんファイブ”という。
(しかし、いったい何と戦うのであろーか・・・?)

日本全国で、様々なキャラクターが生み出される中、
湯河原町も「遅れてはならじ!」と思ったのであろう。
湯河原温泉といえば、やっぱり
(湯河原温泉は狸がみつけたということになっているらしい)
そういうわけで、狸をモチーフにした”ゆるキャラ”軍団が、
湯河原町の広報キャラクターとして、活動を開始したのだ。

e0234016_19192420.jpg

戦隊シリーズは子供たちに人気がある。
その辺りを狙って、キャラクター設定も細かく、
ストーリー性を持たせているようだ。

レッドの楓太(ふうた、10歳、♂)は、温泉好きの熱血たぬき。
ブルーの海人(かいと、10歳、♂)は、サーフィン好きのクールガイ。
イエローのたん平(たんぺい、10歳、♂)は、食いしん坊で
みかんと坦々やきそばに目がない。
ピンクのさくら(12歳、♀)は、おしゃれな女の子。
グリーンの小太郎(こたろう、8歳、♂)は、メジロと会話が出来る。

現在は、オリジナルグッズ第三弾として、
「ゆたぽんファイブ オリジナルシール」を配布中。
我輩も、さっそくもらってきたぞ!
e0234016_19205063.jpg

おお、なかなか可愛いではないか。
こんど、母上に手紙を書く時に、つけてあげよっと。

湯河原梅林の”梅の宴”の会場でも配布されるそうだが、
先着順でお一人様一枚限りとのこと。
キャラクター好きの人は、早めに行って、
是非GETしてくれたまえ!!
[PR]

by keigappa | 2012-02-18 19:25

今日はなんの日?


本日は2月14日である。
さて、なんの日でしょう?

そう、バレンタインデー!
チョコレート業界の陰謀(?)により、
日本中をたくさんのチョコレートが飛び交う日なのだ。

とか文句言いつつ、我輩もしっかりもらいました。
e0234016_1952234.jpg

ちなみに、袋に入ってるブラウニーはあやこ作です。
あやこは昨夜、これを40~50個、量産しておりました。
”友チョコ”というやつですな。

そもそも、バレンタインデーというのは、
一昔前までは、女の子が好きな男の子にチョコレートをあげて
愛を告白するものだったんですな。
しかし今は、”友チョコ””義理チョコ””自分チョコ”
バリエーション豊か。
中でも、”友チョコ”は、小学校から高校くらいまでの女の子の間で
大流行だそうで、手伝うお母さん達も大変なようですぞ。

し、か、し、諸君。
2月14日には、もっと重要な意味があるのだ。
実は、本日2月14日は
我輩の誕生日なのだー!!

(はい、拍手!拍手! ←強制的)

でも、今日もお仕事だから、せめて、おうちに帰ったら
シャンパンでも開けよっと♡
チョコレートとシャンパンって、とっても合うんだよー。

では、皆様もバレンタインナイトをお楽しみ下さいねー。
[PR]

by keigappa | 2012-02-14 19:55

湯河原観光にお勧めのパスがでたぞ!


JR東日本より、「湯河原・真鶴パス」という
トクトク切符が発売された。
e0234016_8553270.jpg

これは、かなりお得である。
大人820円、小人410円で2日間有効。
”小田原駅~熱海駅間”のJR東海道線と、
”真鶴駅~ケープ真鶴間”及び
”湯河原駅~奥湯河原間”のバスが乗り放題になる。

例えば小田原から加満田まで来るとすると、
JR    小田原~湯河原   320円
バス   湯河原~奥湯河原 300円
往復で1,240円かかるわけだから、これだけでもお得。

観光のために途中で何度か乗り降りするなんて場合は、
当然・・・
すっごくお得!!

今年は梅の開花が遅れているため、まだそれほどでもないが、
例年2月~3月は、道路が混む。
熱海の梅園と湯河原の梅林の観梅客で賑わうのだ。
でも、観梅は電車とバスに限りますぞ。
えっ?何故かって?
梅を愛でたら、やはり一献傾けたくなるではありませんか。
湯河原梅林にも、色々お店も出ていることだし・・・・。
”それは、あんただけ!”・・・と女将に言われてしまった。)

というわけで、是非、このお得なパスをご利用いただきたい。
販売場所は「小田原」、「真鶴」、「湯河原」、「熱海」各駅の
みどりの窓口、指定席券売機、及び「びゅうプラザ小田原駅」。
今年の8月30日までの発売(利用は8月31日まで)だから、
春休みや夏休みにも利用できますな。
まずは、一度お試しあれ!
[PR]

by keigappa | 2012-02-10 09:00

サイレント映画?

昨日は節分であった。

豆まきは本来、社長がやるのだが、
今年年男である社長は、五所神社で豆まきをし、
お神酒をいただいて、早々と出来上がってしまったので、
今年はかっぱと女将で豆まきをすることになった。
(かっぱに追われる鬼も複雑であろう・・・。)

お神酒が入ってご機嫌の社長は、
お土産に「恵方巻」を買ってきてくれた。

ご存知の方も多いと思うが、「恵方巻」というのは、
節分の日の関西の風習である。
一応、以下の様なルールがある。

(1)恵方の方角を向いて食べる
(2)恵方巻は切って食べてはいけない。(切らないで食べる)
(3)食べてい最中は無言で食べる
(4)食べている時にお祈りをする


夜になって女将とあやこ(鎌田家の長女)と我輩の三人(?)で
食べたのだが・・・

動画でご紹介できないのが残念なほど、ヘンな光景であった。
シナリオ風に紹介するので、
どうか、想像力を働かせてイメージしてみて下さい。

*************************************************

鎌田家のリビングルームに3人が並んで立っている。
左から、着物姿の女将、制服姿のあやこ、そして河童である。
今年の恵方は北北西とのことで、皆、そちらを向き、
手には恵方巻を握り締めている。

一斉にかじりつき、皆、もくもくと食べる。
直立不動で海苔巻きを食べている姿・・・
”傍から見たら、かなりヘンな光景だろーな”なんて考えた瞬間、
目の前にかんぴょうがコロン!

慌てて拾う女将。
かじり損ねて、中身を落としたらしい。

!!☆○☆!!
笑うわけにはいかないので、隣であやこがヒクヒクしている。
我輩も噴出しそうになるのを堪えて、せっせと海苔巻きをかじった。

そこにおもむろにお茶を差し出す女将。
無言のまま、表情だけで”どーぞ”と言っているのだが、
それがまたなんとも漫画のような表情で・・・。
(妖怪”ぬらりひょん”みたいでしたな)
またあやこは必死で海苔巻きを飲み込む羽目に陥ったのであった。

****************************************************

恵方巻を食べ終えて、皆で大爆笑。
小林聡美もたいまさこの出る映画にありそうな場面でした。
「かごめ食堂」とか「プール」とか「マザーウォーター」とかね。)

でも、食べている間に、電話が鳴ったらどーするつもりだったんでしょうねぇ。
[PR]

by keigappa | 2012-02-04 18:01

冬はやっぱり鍋ですなー


寒い日が続いている。
こういうときはやっぱり鍋が一番である。

加満田ではこの季節、鍋プランを実施している。
皆さんもご自宅でいろいろな鍋を楽しんでおられることであろーが、
やはり、湯豆腐とか寄せ鍋とかが多いのではなかろうか。

“旅先では、ちょっと贅沢で、変わった鍋を
味わっていただきたい“
・・というわけで、
加満田の鍋プランは、“蟹鍋”“すっぽん鍋”“あんこう鍋”
3種類をご用意してある。

“蟹”はともかく、“すっぽん”だの“あんこう”だのは、
まずご家庭で食べる機会はないであろうから、
是非ご賞味いただきたい!

しかも、この鍋プラン、お一人様でもご利用いただけるのだ。
冬の寒い夜、温泉に入って、まずビール。
一人で鍋を突きつつ、熱燗をきゅっ!
はぁ~、堪えられませんなあ。
(いかん、よだれが・・・)

そこにチャンス到来!
我輩の友人達が加満田に泊まりにくることになり、
一緒に食事をすることになったのである。

“鍋プランあるよ!お勧めだよー!!”

下心たっぷりに勧めたかいあって、“蟹鍋"に決定!
(あー、すっぽん鍋じゃなくてよかった。
甲羅があるものを食べるのは、やっぱり気がひけるよね。)

しかも、板長の暖かいお言葉・・・

「へぇ~、かっぱちゃんが食べるの?
じゃ、蟹、奮発してあげよーね。」


濱野さーん、有難う!!(感涙!)

見よ!この豪勢な蟹鍋を!
e0234016_1814294.jpg


e0234016_1821311.jpg


いやー、おいしゅうございました。
雑炊までしっかりいただきましたぞ。

我輩達は蟹鍋だったけど、温まりたければ、
すっぽん鍋あんこう鍋がお奨め。
滋養豊かで、身体がぽかぽかしてきます。
しかも、コラーゲンが多く含まれているので、
美肌効果もバッチリ!

源泉100%の温泉と美味しい鍋で、
心身ともにぽっかぽかになってくださーい!

[PR]

by keigappa | 2012-02-01 18:05



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る