blog keiがっぱの言いたい放題

<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


かっぱの父は名コックなのだ


”にんにくはどこだ?”
”ブーケガルニはどこにしまった!?”


大騒ぎをしているのは、我輩の父上である。
昔から、料理が得意で、我輩が親元に帰ると
あれやこれやと色々作ってくれたのだが、
最近は、めっきり料理をしなくなっていた。
(やっぱり、年のせいかしらん)
しかし、どなたからか珍しい”鹿肉”を頂き、
久々に料理欲が刺激されたらしい。

今回は”ビーフシチュー”ならぬ、”鹿肉のシチュー”に挑戦とのこと。
もともとシチュー系は得意で、かなり本格的なものを作る。
以前”トルコシチュー”に凝っていたときは、
家中がクミン(香辛料の一種です)の匂いになっていた。

前日から、下ごしらえして、6時間煮込んだ完成品がこちら。
e0234016_20404591.jpg


いやー、おいしゅうございましたな♡
女将にもちょっぴり味見させてあげようと、もらって帰ってきたくらいです。
しかも、今回の料理はこれだけではありませんぞ。
見事な海老が手に入ったとかで、
e0234016_20413838.jpg

母上の大好物の海老のチリソースも作成!!
e0234016_20415832.jpg

このソースをつけて、サラダを食べると絶品ですぞ。
ちなみに、母上はパンにつけるのも好きだそーで。

しかし、持つべきものは、料理好きな父親ですなー。
我輩がお客人と酒飲んでる間に、料理は次々出てくるから、
我輩は飲んで、食べるだけ・・・
いやぁ~極楽!!

唯一の問題は、体重増加。
親元から帰ってきた後は、しばしダイエットに励むかっぱでありました。
[PR]

by keigappa | 2012-01-28 20:43

虎姫一座の昭和歌謡レビュー


さーて、前回のつづきである。
ロック座近くにあるビルの4Fには何があるのか?
我々二人は、何をしにいったのか?

答えはこちら。
e0234016_2038093.jpg

何だと思います、これ。
なんだか小劇場っぽいでしょ。

実はこれ、浅草のコシダカシアターというところでやっている、
”昭和歌謡レビュー”なるものなのである。
「虎姫一座」という劇団(?)が、懐かしの昭和歌謡曲で、
歌ったり、踊ったり、真似たり、跳ねたりしているのである。
(跳ねたりは本当です。メンバーにアクロバットの人がいるので。)

e0234016_20383390.jpg
e0234016_2038446.jpg


実はこの「虎姫一座」”昭和歌謡レビュー”を生み出したのは、
㈱アミューズの創業者・大里洋吉氏なのだ。
㈱アミューズはサザンオールスターズや三宅裕司の所属する
大手芸能プロダクションである。
若者文化の発信に飽き足らず、シニア層の知的好奇心を満たす
エンターテーメントを・・・というのが、このシアターの発足理由らしい。

我輩は偶然、この人に会ってしまっているのだ。
この公演が始まったばかりのころ、母たちと昼の公演を見たことがあった。
その時、隣の席にいたのが、大里氏だったのである。

「どーです、面白かったですか?」
と話しかけられ、
「来週また、曲を変えますから、もっと良くなりますよー。」
などというので、演出の人かなーと思っていたのだが・・・。

数日後の朝日新聞に写真が載っていて、びっくり!

当時は、いかにも急造の小劇場風だったが、今は内装もよくなり
おしゃれになった。

昼公演は「エノケン・笠置のヒットソングレヴュー」
夜公演は「シャボン玉だよ!牛乳石鹸!!」

ハイボールでも片手に、気楽に楽しんでいただきたい。
70代の方は懐かしさで胸一杯になることであろーが、
有名な曲が多いから、若くても楽しめると思うよ。
浅草観光の折には、是非一度ご体験あれ!
[PR]

by keigappa | 2012-01-23 09:00

浅草かっぱツアーにようこそ


初詣を兼ねて、浅草に行ってきた。
12月に行ったのに・・・と思われるだろうが、
12月の”納めの観音様”と1月の”初詣”で浅草へ行くのは
我輩の年中行事のようなものなのだ。

今回は、珍しく友人のも一緒だったので、
ちょっとおのぼりさんのようなコースを組んでみました。
いま、スカイツリー効果か、浅草は観光客で賑わっているからねー。
e0234016_940414.jpg


まずは、初詣を済ませてから、昼食。
「天婦羅たべたーい!」というので、「葵丸進」にて、天婦羅を食す。
酒飲みの我輩とが、のんびりとわかさぎの天婦羅をつまみに
一杯やっている傍らで、がしがしと天婦羅定食を平らげる
うーむ、素晴しい食いっぷりですな。
とても○才とは思えません。

「あっ、その天婦羅もおいしそー。ひとつ頂戴♡」
・・・と、われらのつまみもちゃくちゃくとお腹にいれる
よっぽど、天婦羅が食べたかったのねー。

食後は新仲見世を散歩しがてら、「やげん掘」に寄り、
愛用の七味唐辛子を購入。
(我輩は大辛に麻の実を増量したのが好みなのだ。)

しばし腹ごなしに、町をそぞろ歩きしてから、
「アンジェラス」でケーキとコーヒー。
これもの希望である。
(しかし、なにゆえ、の希望が優先されるのだろーか??)

店を出て、と別れた我々二人は、ロック座近くにあるビルの4Fへ。
さて、ここで問題でーす。
我々は、どこに何をしにいったのでしょーか?

ふっふっふ、答えは次回を待て!
(次回も読ませようとしている???)

浅草には昼に行くことが多いけれど、
今回は夜のライトアップがきれいでした。
e0234016_947403.jpg
e0234016_9475526.jpg


浅草は通りごとに違った表情があって、歩くだけで楽しいよ。
かっぱのお気に入りは“伝法通り”
芝居のセットみたいな町並みで建物の壁や屋根に
怪しい盗人がいたりするから、
きょろきょろしながら歩いてみてねー!
[PR]

by keigappa | 2012-01-19 09:51

レオナール・フジタ展が見たい!


朝から、女将がばたばたしている。
(まあ、いつものことだけど・・・)

今日は、昼休みをもらって、ポーラ美術館に行くのだそうだ。
女将が出かけるためには、社長に留守番を頼まなくてはならないのだが、
社長さんは町内で引く手あまたなので(?)、
なかなか店にいてくれないのである。

今回女将が、1週間ほど前から予定表に書き込んで、
必死でお休み時間をキープしたのには理由がある。
女将が見たいと思っていた「レオナール・フジタ展」
今月の15日で終わってしまうからなのだ。
昨年の3月から10ヶ月もやっていたのに、
行く暇がなかったのだから、
女将がいかに忙しい身か分かっていただけよう。
(単に計画性がないだけ・・・なんて口が裂けても言いません。
あっ、嘴だから裂けないか・・・。)

昼休みに車を飛ばして見に行った女将、
うれしそうにカタログを抱えて帰ってきました。
e0234016_16474234.jpg


うーん、やっぱりカッパに芸術はわからんなあ。
あんまり可愛い顔じゃないし・・・。

「そー言うと思った。はい、あんたへのお土産はこれ。」
e0234016_1648166.jpg

きゃあ、かわいい♡
箱根プリンスホテルのパン工房の”ラッコパン”だそうです。
やっぱり、食べられるもののほーがいいなあ。

でも、レオナール・フジタさんて、
ヘアスタイルがカッパそっくり!
だと思うのは我輩だけでしょうか。
[PR]

by keigappa | 2012-01-13 16:50

かっぱと飲んじゃう?


年末年始の忙しさもやっと一段落。
(というより、もうガラガラって感じ?)

繁忙期だけ働きに来ているHさんが帰る前に、
一緒に飲もうということになり、
お休みの日に、Hさんは我輩のうちにやってきた。
(加満田のお座敷さんたちは、皆、下戸なので・・・。)

いつもは料理好きの我輩も、さすがにお疲れモード。
しかも、この半日の休みの間に、病院に行ったり、
お墓参りをしたりと忙しかったので、
今回はデリを買ってきて、盛り付けるだけ。
ちょっとズルしちゃいました。

e0234016_1918538.jpg


でも、美味しそうでしょー?
あなたも、かっぱと飲んでみたくなっちゃたかな?
二人でしこたまワインを飲んで、正月の疲れを癒しました。
さて、今度は誰と酒盛りしよーかなぁ・・・。
[PR]

by keigappa | 2012-01-09 19:20

親子でチャカポカ?


前にこのブログで、女将は変な擬音を使う癖があることを紹介した。
その中に”目がチャカポカする!”というのがあったのだが、
覚えておられるだろーか?

これって、日常的に使う方います?
(どこかの地方の方言だったりして・・・)

というのも、鎌田家では、普通に使われる表現らしいのだ。

年末年始は忙しいので、あやこ(娘です、念のため)も
バイトとして、布団を敷いたり、お皿を洗ったりしていた。
我輩も、皿洗いは得意なので、
(日常的に頭のお皿の手入れをしているからねー)
一緒に皿洗いをしていたら、あやこが突然、
「あー、目がチャカポカするー!!」
と叫ぶではないか!

あやこちゃんも、チャカポカするんですか・・・。

「えーっ、普通でしょ。目はチャカポカするもんだよ。」
きっぱりと言われてしまいました。

我輩はチカチカとか、ゴロゴロすることはあっても、
チャカポカしたことはないので、どんな感じかわかりませんが、
人間の目はチャカポカするのかなあ。
それとも、鎌田家の人だけ?

社長一輝にもこんど聞いてみよーっと。
[PR]

by keigappa | 2012-01-05 16:48

新年のご挨拶


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。


e0234016_1630552.jpg


まずは、ちゃんと新年のご挨拶から始めさせていただいた。
2012年最初のブログであるから、
品位をもって書かなくては・・・。

「もぐもぐもぐ。」

ん?
誰じゃ、いきなり品位を落としてるのは?

振り返ると、正月の着物姿のまま、
あたりめを噛んでいる女将の姿が・・・

・・・なにやってんですか、正月早々。

「いやー、あんまり眠いから、口を動かせば眠気が覚めるかと・・。」

で、あたりめかいっ!
普通はガム噛むとかしませんかぁー。

でもね、年末年始の女将は、スーパーハードワーク。
正月の飾り付けをしたり、従業員のおせちを準備したりと忙しい。
加えて、鎌田家は連日、一輝やあやこの友人達で大賑わい。
食べ盛りの若者達のご飯の支度に追われて、
自分はご飯を食べる暇もない。

あー、ほんとに、女将やって、主婦やって、お母さんやるのって
すっごく大変そう・・・。

眠そうにぼーっとした顔で、あたりめ齧っているけど、
あんたはえらいっ!!
  (お正月なので、持ち上げてみました。)

持ち上げたからってわけではないでしょーが、
かっぱも、従業員用のおせちをもらいました。
e0234016_16325615.jpg

やはりお正月はこれで、日本酒ですなー。
今夜は、きゅっと一杯・・・

「お皿洗ってからね!」

・・・・はーい、がんばります。
(頭のお皿もついでに洗っちゃおっと。)

では、皆様、本年も加満田かっぱブログ
よろしくお願い申し上げま-す。(ぺこり)
[PR]

by keigappa | 2012-01-01 16:37



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る