blog keiがっぱの言いたい放題

<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


お土産屋さんの珍味はいかが?


”かっぱブログ”を書くようになって、10ヶ月ほどになる。
きゅうりや酒に釣られて始めたのだが、それなりに愛読者(?)も獲得し、
かっぱなりに責任感をもってがんばっているのだ。

ブログのせいで、我輩が酒飲みであることが知れわたり、
たまにお酒やつまみの差し入れを頂く。
(ここで女将の声)
「あんたが、いかにも欲しそうに書くからでしょ!」

い、いえ・・・けっして、そんなことは・・・
(しどろもどろ)

と、とにかくですねー。(冷汗)
今回も、常連のO様が我輩にお土産を下さったので、
ご紹介しようかなーと・・・

「ほら、下心、丸見え!」

えーん、
女将だって豚まんシュウマイもらって喜んでたくせにー。

今回のお土産は真空パックされた一口おつまみ4種。
「まぐろチーズ」「チーズかつお」「まぐろのチーズフランク」
「ししゃも明太子」
我輩が愛飲しているバーボンと合わせてみました。
e0234016_1618073.jpg

実はこれ、湯河原駅前の御土産物屋さんで売っているのだ。
O様は”地元のものでごめんなさいねー。”とおっしゃっていたが、
意外と地元のお土産品を買う機会はないものですぞ。
「ししゃも明太子」以外は初体験。
(これ、結構好物なんだー。)

もぐもぐ、うん、おいしい。
ビールでも、バーボンでもいける感じです。
ワインでもよさそう。
「まぐろチーズ」は市松模様が可愛い。
お弁当にも入れられそうですぞ。
「まぐろのチーズフランク」はまぐろとは気づかないかも。
意外だったのが、「チーズかつお」
かつおとチーズ・・・!?ちょっとなあ・・・と思っていたのですが、
かなり美味しいです。
かっぱのお勧め♡

こんど湯河原に来たら、買ってみてね。
駅前の一福堂さんで売っていまーす。

いつもながら、O様ご馳走様でした。
今度、バーボンとも合わせてみて下さいねー。
[PR]

by keigappa | 2011-11-29 16:23

女将のヘンな口癖


”びぃよょ~ん♪”

また、女将がへんな声を発している。
ちなみに、これはメールを送る時の癖である。
彼女的には、メールは空中を”びぃよょ~ん♪”と飛んでいくらしい。
尚、急ぎの時は
”びゅん!”と掛け声を掛けている。

女将の擬音の使い方はちょっと変わっている。
さっきもいきなり、
「あーっ、目がチャカポカする!」
と言い出した。

”チャカポカ??”
なんじゃそれ?
普通、目がチカチカするって言いませんかぁー。

「えー!?言うでしょ?目がチャカポカするって。」

・・・言いませんよ、普通。・・・

仕事したくなくなると、口にするのが”ふにゃふにゃ”である。
まあ、猫がごろごろしている感じを想像してください。

「あんたもあるじゃん、変な口癖。」

えっ、そうですか?

「あの。”クポッ”っていうの何よ?」

”クポッ”は河童共通の返事です。
詳しく知りたければ、「かっぱの飼い方」を読んでくださいね。

   注:「かっぱの飼い方」は漫画です。
     我輩も愛読しており、全巻所有しております。

今日も、加満田ではへんな擬音が飛び交っております。
[PR]

by keigappa | 2011-11-26 17:53

かっぱの宴会


今日、加満田には、カッパが来ていた。
と言っても、我輩の仲間というわけではない。
「港横濱カッパシティ」のメンバーが
加満田で昼宴会をやってくれたのである。
(昼から宴会というところが、実にカッパらしいであろう?)

以前にもブログで紹介したが、
加満田は”河童連邦共和国”の一員として、
「港横濱カッパシティ」の市民になってるのだ。
そこのメンバー諸氏の河童狂ぶりといったら、
かっぱの我輩の方が引いてしまうくらいすごいのである。

例えば・・・
かっぱ柄のネクタイを締めていたり、
携帯にかっぱのデコレーションが施されていたり、
かっぱのコレクションでギネスに載っちゃたり・・・・

そうなのである。
メンバーの一人は、河童への愛が高じて、
自費でコレクションの展示館まで建ててしまい、
そのコレクション数でギネスに認定されているのだ!
(興味のある方は、「龍ちゃんのカッパ館」で検索してみてね。)

うーむ、恐るべき河童愛・・・。

そんな方々が飲む酒は、当然普通ではない。
わざわざ、こういうのを持ち込んで飲む。
e0234016_2054273.jpg


女将が我輩を”うちの河童です”と紹介したら、
「港横濱カッパシティ」のピンバッジをくれた。
e0234016_206492.jpg

この顔も我輩に似ていると女将は言うのだが、
真偽はいかに。
気になる人は、加満田に来て確かめてみてねー。
[PR]

by keigappa | 2011-11-23 20:29

一生一度の高級ワイン体験!?


「かっぱちゃん、いるー?」

"ふきやのまりちゃん"から、久しぶりに電話があった。
まりちゃんはふきや旅館の若女将さん。
とっても可愛くて、我輩のお気に入り♡である。
大学生の息子がいるようには、まったく見えない。
(しかも、息子さんは慶応の柔道部で一輝の先輩なのだ!)
同じ女将でも、加満田の”なんちゃって女将”とはえらい違い・・・
ぼかっ!(←何の音かご想像下さい)

「あとで、いーもの持ってってあげるねー。」

はーい♡お待ちしてまーす!

・・・で、まりちゃんが持ってきてくれたのは生ハムと飲みかけのワイン。
驚くなかれ、
「シャトー・ラフィット・ロートシルト1998」
e0234016_9322088.jpg

かっぱなんぞには、一生飲めない高級ワインですぞ。

「1本16万って言ってたから、これで8万くらいかな~。」

ひえぇぇ~!
e0234016_9335533.jpg

思わず、ひれ伏してしまいました。

さて、どーして、この高級ワインが我輩の元にやってきたかという点が
皆様も気になるであろうから、説明しよう。

以前、まりちゃんのブログで、
”お客様が「シャトー・ムートン」「ラ・ターシュ」を持ってきて、
ご相伴させてもらった”というのを見て、
”いーな、いーな”とコメントしておいた。
それを読んだまりちゃんが、またまたそのお客様がお越しになったので、
今度はかっぱにも味見をさせてくれようと思ってくれたのである。
なんて優しいんだー!!(感涙)

しかし、なんて太っ腹なお客様であろーか。
半分位も残してくださるなんて・・・。
(可愛いまりちゃんに飲んで欲しいからかな~。
まさか、かっぱが飲んじゃったとは思うまい・・・。)

雑味を入れないよう、フランスパンだけで、じっくり味わいました。
まず、香りが素晴しい!
それと飲んだ後の余韻が違いますな。
まさに、”神の雫”??
(有名なワイン漫画でーす)

でも、これ1本で、かっぱが普段飲むようなワインは
100本位買えちゃうの?
やっぱ、100本の方がいいかも・・・(所詮、庶民です)。

何はともあれ、一生一度の高級ワイン体験でございました。
まりちゃん、ありがとねー!
[PR]

by keigappa | 2011-11-18 09:52

かっぱもぎっくり・・・


いててっ・・・!!
我輩はどーやらぎっくり腰をやってしまったようだ。
午前中はなんともなかったのだが、
昼ごろからどーも腰が痛くなってきた。
動けないほどではないが、ちょっとした角度でピキーンと痛みが走る。
情けないが、腰痛ベルトをしてそろりそろりと歩いていると・・・

「何?どーしたの、おじいさんみたいな歩きかたして。」
(むろん、女将の声)

・・・どーも、ぎっくり腰みたいです・・・

「えーっ!?河童でもなるの、ぎっくり腰!」

はあ、一応、2本足歩行の動物ですからねー。
(動物というのは、正しくないかも・・・)
甲羅も結構重いですし。


正直、他の河童はどうかしらないが、我輩は何度かぎっくり腰を
やっている。
それだけに、日頃から腹筋をしたり、ストレッチをしたりして用心して
いたのだが・・・

「やっぱ、年のせいじゃない?」

がぁあ~ん!
そんなぁーー。

今日、急に寒くなったからだと思っていたのに。

「気温の変化に対応できなくなってくるのも、年だよね、やっぱ。」

なんだか、急に老け込んだ気分・・・。(涙)
甲羅を脱いで、温泉入って、しばらく、おとなしくしてよっと。
くすん。
[PR]

by keigappa | 2011-11-15 20:02

かっぱも好きなディズニー・シー


10周年で賑わうディズニー・シーに行ってきた。
e0234016_20243834.jpg

実は我輩はディズニーランドが大好きで、
ディズニーランドには開園以来、60回以上行っている。
(うーん、年がばれるかしらん?)
しかし、ディズニー・シーが出来てからは、もっぱらシーばかり。
何故って?
だって、ディズニー・シーはお酒が飲めるんだもん♡
やっぱり、我輩にとって休日とアルコールは切っても切れない仲
なのである。

ディズニー・シーにも10回以上は行っているから、
少なくとも年1回は行っていた計算になりますな。
オリエンタルランドにだいぶ貢いでしまったわい。

しかし、すごい混雑でございました。
クリスマスの新しいショーが始まったばかりのせいか、
はたまた好天に恵まれたためか、
とにかく混んでいる!
クリスマスのショーなんか抽選ですぞ。
かっぱはあえなく落選してしまいました・・・(涙)

ショーを見るために3時間並んで最前列をとる気力と体力は、
もはや我輩にはありません。
そろそろディズニーランド&シーも卒業かしらん。
でも、開園から閉園まで13時間、遊びつくしてまいりました。
一足早いクリスマス気分、皆様も味わってくださいな。

e0234016_20261949.jpg
e0234016_20273613.jpg
[PR]

by keigappa | 2011-11-11 20:29

加満田の源泉はすごいのだ!


加満田は自家源泉を2本持っている。
当然、循環や加水など一切無しの掛け流しである。
(注:但し、源泉の温度が低いので加温はしております。)
温泉といっても、自家源泉であるか否かで、
お湯の質には天と地ほどの差があるのだ。

我輩も暇な時は、時々入らせてもらうので、
加満田の湯質の良さはよーく分かっているのだが、
このたび、プロの方からお墨付きを頂いてしまった。

テレビ業界で長い間、温泉番組を取材・制作してきた
元プロデューサーの小森氏が出版した
「正真正銘 五ツ星源泉宿66」という本で、
加満田が取り上げられたのである。
e0234016_208497.jpg


ちなみに湯河原では加満田だけですぞ、エヘン!
(お前が威張ることじゃないだろーが)

温泉には様々な効用があり、健康のためにもとても良いが、
わざわざ温泉旅館に来て、温泉に入るからには、
風呂の環境も大切であろう。
緑に囲まれた貸切露天風呂とかね。
e0234016_20104465.jpg

そして、風呂上りにはビールをキュっと一杯!
うーん、至福の時だなあ・・・。
[PR]

by keigappa | 2011-11-03 20:12



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る