blog keiがっぱの言いたい放題

<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


かっぱと悪友たち


悪友たちと小田原の居酒屋に行ってきた。
かっぱはかなりの酒飲みのように思われているが、
外で飲む機会はそう多くはない。
なにせ遅くまでこきつかわれているので・・・
ボカッ!☆。☆
   ↑
(なんの音かはご想像下さい)

ちなみに悪友といっても、みな人間である。
かっぱみたいな髪型の人はいるけどね。

で、そのなかの一人が最近再就職したので、
そのお祝いの飲み会。

なんでこんな私的なこと書いてるのかというと、
その再就職した奴(M君)は、なんと
この”かっぱブログ”の愛読者なんですねー。
なかなか皿の似合いそうな愛嬌のある顔しております。
(写真がないので、ご想像下さい)

他には、大学の講師で太極拳のインストラクターをしているY君、
逆境に陥るたびにパワーアップする女社長のH氏、
優雅な趣味人のR嬢。
それぞれ個性豊かな方々である。

仕事の悩みや家庭の悩み、愚痴もあれば文句もあり、
でもあーだこーだと言っては、誰かがつっこみを入れて
笑いがおきる。
実に友とはありがたきものである。

M君、君の今後の活躍を祈って・・・
かんぱーい!!
e0234016_1822841.jpg

[PR]

by keigappa | 2011-08-27 18:23

かっぱ肌もつるつる


以前、我輩の皮膚が日焼け止めにかぶれて、
赤く腫れあがってしまったことをブログに書いたが、
それを読んでいたお客様の何人からかご心配を頂いたので、
経過報告をしておこう。

ご安心あれ!
我輩の肌はすっかり元に戻った。
むろん薬もつけたが、何より効いたのはやはりこれ。
加満田の温泉石鹸である。
e0234016_9343870.jpg

毎日、温泉に入って、温泉石鹸で丁寧に洗うのを繰り返したら
一週間ほどですっかりきれいになった。

石鹸というものは、素材の質が大切だそうで、
温泉石鹸には源泉の質の差がはっきり出るのだ。
加満田の泉質はアトピーや洗剤かぶれなどの皮膚トラブルに
効果が高いため、当館の温泉石鹸も皮膚のトラブルには効果的!
なのである。
   (ちょっと宣伝ぽいかなあ・・・)

温泉石鹸は加満田の大浴場でお試しいただけるので、
是非一度使ってみて下さいねー。
でもって、お土産に一杯買ってくださーい。
   (完璧に宣伝だ・・・)

なお、どーしても忙しくて加満田に泊りには来られないけれど、
石鹸は欲しい!という方は、女将宛にメールか電話でご注文下さい。
(かっぱに注文してもだめですよ)
1個840円。
10個以上なら送料サービス
でーす。
[PR]

by keigappa | 2011-08-24 09:37

”ばあば”の特技


社長のお母様は”哲子さん”という。
鎌田家の人たちは、愛情を込めて”ばあば”と呼んでいる。
もう80代も半ばのはずだが、実に元気で、
気ままな一人暮らしを謳歌している。

この”ばあば”の趣味・・・というよりは、もはや特技なのが
「陶芸」である。

”なあーんだ、あの、皿とか作るやつね。”
などと甘く考えてはいけない。

実は、加満田の廊下に飾られている、
かっぱの灯篭も”ばあば”の作品なのである。
e0234016_205884.jpg

清水菎先生のかっぱの絵をモチーフにしてあるので、
我輩はてっきり買ったものだと思っていた。
なかなか見事な腕前である。

そこで、我輩はちょっとお願いをしてみることにした。

「あのー、かっぱの小物なんかも作っていただけるんでしょうか?」

「河童?何が欲しいの?」

「たとえば箸置きとか・・・」

「できるわよ、ちょっと日にちがかかるけど。」

あっさり、引き受けて下さいました。
完成品はこちらです。
e0234016_2061021.jpg


女将の希望で、焼酎を入れる酒器も作って頂きました。
e0234016_2063029.jpg


いやー、すごいですねえ。
(ぱちぱち)

こうして加満田は、ますます河童にとって
居心地のいい宿となっていくのでした。
[PR]

by keigappa | 2011-08-19 20:09

かっぱもバテバテ


かっぱブログを楽しみに読んで下さっている方々、
(そんな人いるのー?なんて言わないよーに)
ブログを更新していなくて申し訳ない。

けっしてサボっていたわけではない。
のらくら酒を飲んでいるのが好きなかっぱとしては、
かなり無理して仕事し続けていたのであるが、
世間様はお盆シーズン、
かっぱの手伝う仕事が多くて、
ブログまで手が回らなかったのである。

ゆっくり水遊びもできないせいか、
さすがに、我輩も夏ばてしてしまった。
我輩が4日間もお酒を飲まなかったのだから
いかに不調であったかわかるであろう。

本日、ついに血の涙がぁ~
  ・・・というのはオーバーだが、
白目が血で赤く染まってしまった。
(酒で充血したわけではないので、念のため。)

”血の涙を流すほど社長にこき使われてます”
って書こうかなと社長に言ったら、
社長いわく

「労働基準局にしかられるから書かないで。」
???
かっぱも労働基準法が適用されるのかなあ?

でも、みんなもがんばっているんだから、
かっぱもがんばらなくっちゃ!

ゆったり水辺で寝そべって、冷えたビール・・・
は、もうしばらくお預けです。
きゅうりかじって、がんばるぞー!!
[PR]

by keigappa | 2011-08-16 20:46

納涼縁日に行こう!


皆さんは縁日に行ったことがあるだろーか?
我輩は縁日が大好きなのである。
綿菓子や金魚すくいの夜店が立ち並ぶのを見ていると
わくわくした気分になってくるのだ。

夏休みの子供たちに、そんなわくわく気分を味わってもらいたいと
湯河原温泉では8月5日~21日まで、「納涼縁日」を行っている。
e0234016_19411744.jpg

この「納涼縁日」、湯河原町の観光協会主催であるため、
プロのテキ屋さんは店を出していない。
スーパーボールすくいとかヨーヨーつりも
綿菓子や焼鳥、とうもろこしなどの販売も
観光協会の人&旅館や飲食店の人&アルバイトで
運営しているのである。

ちなみに、加満田の娘のあやこは、ここでバイトしている。
時には、狸の着ぐるみに入ることも・・・。
e0234016_1942469.jpg

(この狸、湯河原温泉のマスコットキャラクター
”ぬっくん””のんちゃん”といいます。)

期間中、各旅館にも当番の日がまわってくるのだが・・・

「当番は〇日と〇日と〇日だからねーっ。」

・・・・って、我輩が行くの?
遊びにじゃなくて、お仕事に???

「だって、好きでしょ、縁日。はい、お駄賃。」
  (きゅうりもろた♡♡)


加満田では、「納涼縁日」に行きたい方には、
お遊び券を差し上げてまーす。
(お子様に限らないからねー)
期間中に加満田に泊まったら、是非行ってみてね。
もしかしたら、かっぱがお仕事してるかもよ。
[PR]

by keigappa | 2011-08-07 19:46

狸ではありません!


加満田で”かっぱまつり”を開催中であることは、
前のブログをお読みいただいた方ならご存知であろう。

清水菎先生のかっぱ絵都築進先生のネオシルエットのように
芸術性の高い作品もあれば、
河童のお面河童のダッコちゃんのように
なんだか和む品もある。

その中でも、我輩の一番のお気に入りがこれ。
e0234016_17112442.jpg

そう、蚊取線香入れである。
豚のはよく見かけるが、河童のは珍しいであろーが。
我輩がネットで見つけて、GETしたのである。

蚊取線香に火をつけると、口から煙が出て、
なんともいえず可愛い。

一人悦に入って見ていると、通りかかったMさんが一言。

「あら、可愛いねー。狸?

がぁぁん!(ショック!)

たしかにグラマラスなボディだけどー。
ちゃんとお皿があるでしょ!
狸ごときに間違われるなんて・・・。

河童の蚊取線香入れは談話室に置いてあります。
是非、蚊取線香に火をつけてみてね。
[PR]

by keigappa | 2011-08-04 17:15

ながーいきゅうりに注目!


今年は加満田のきゅうりが不作である。
したがって、なかなか我輩の口に入らない。
きゅうりに釣られて、ブログを書いているのにぃーと
不満げな様子を察したのか、
ある日女将が猫なで声で近づいてきた。

「かっぱちゃーん♡、いいものあげようか?」

「いいもの?」

「じゃじゃーん!!!」

「きゅうーり♡??」

女将が取り出したのがこれ。
e0234016_201557100.jpg

見よ、このど迫力!
四葉(スーヨー)きゅうりという種類だそうだ。
あんまり日持ちはしないらしいが、
今夜食べちゃうからいいもんねー。

今夜はきゅうりがメイン。
夏らしくさっぱりとしたつまみで冷酒とまいりましょう。
e0234016_20171936.jpg
e0234016_202215100.jpg

ついでに、先日のゴーヤも・・・。
e0234016_20181010.jpg

なんて健康的なつまみでしょーか。
毎日こうだったら、太らないのにねぇ。
えっ?飲まないのが一番だって?

「酒なくして、なんの人生か」         
          by KEIがっぱ
[PR]

by keigappa | 2011-08-01 20:30



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る