blog keiがっぱの言いたい放題

<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


おつまみ、いただいちゃいました


いやーっ、言ってみるもんである。
(正確には、書いてみるもんだというべきか・・・。)

先日、白ワインをまとめ買いしたことを、このブログで書いたが、
それを見たお客様のO様が、おつまみの差し入れをして下さった。
e0234016_1540279.jpg

結構、見てくださっているもんですな。
確かに、ちょっぴり下心のある一文ではありましたが・・・。

実はO様は、我輩が加満田に来る前からの知り合いである。
我輩は以前も別な旅館の池に住んでいたのだが、
O様はそこのお客様だったのである。
明るいお母様と孝行息子さん2人、仲良し親子さん。

しかし、かっぱが酒飲みであることはご存じなかったようだ。

「あらー、かっぱさんが、お酒を飲まれるの知らなかったわー。」

いきなり、女将の声
「いーえ、飲むんじゃなくて浴びるんです!」

女将さーん、人聞きの悪いこと言わないで下さい!
このブログ、かっぱの親だって見てるんですから。

まったく女将は口が悪い。
先日も、お客様に社長を紹介する際、言ったセリフがこれ。
   ↓
「スルメイカのように尻に敷いてる亭主です。」

・・・ はああ~、社長、ご同情申し上げますー。

O様、おつまみ有難うございました。
今後も”かっぱブログ”をご愛読くださいねー。
是非、次回は写真付でご登場下さいませ。
きゅうりのシーズンのご来館、お待ちしてまーす。

・・・と言っているそばから、来月のご予約のお電話を頂きました。
毎度有難うございます。 
  (ペコペコ)

さて、池に帰って、ちょっぴり(?)飲むとしますか・・・。
[PR]

by keigappa | 2011-06-28 15:41

白ワインの出番


このところ急に暑くなってきた。

人間にとっては、何を着るかが問題であろうが、
我輩にとってそれよりも大事な問題がある。

気温の変化は、飲む酒の変化に結びつくのだ!
(あっ、呆れちゃった?)

冬はじっくり熱燗をたしなみ、
食後にはホットワインやウィスキーのお湯割りを飲む。

春には常温の日本酒や赤ワインが多い。

そして初夏、俄然、白ワインの出番が増える。
スパークリングもいいねぇ。

・・・というわけで、白ワインをまとめ買いしてしまった。
スパークリングも入れて、1ダース。
e0234016_161135.jpg

こういう時、ネットは便利。
相手がかっぱだろうと、気にせず送ってくれる。
(まあ、このあたりの人は、我輩が酒を買っていても
驚かないだろーが・・・。)

えっ?写真には10本しか写っていないって?
よく気がつきましたねー。(ぱちぱち)
すでに2本は、かっぱのお腹の中でーす。

皆さん、加満田の池に白ワインが冷やしてあっても、
それは我輩のですからねー。
飲んじゃだめだよ。
(つまみの差し入れは歓迎です!)
[PR]

by keigappa | 2011-06-24 17:04

かっぱ、座禅を組む


鎌倉に行ってきた。
何を隠そう、座禅を組むためである。

「えーっ!、かっぱが座禅?」
・・・そんなに、驚かないでいただきたい。
かっぱにだって、悩みのひとつやふたつはあるのだ。
座禅を組んで、心や安らかなるひとときを・・・。

うそ言うんじゃありません。
他に目的があるでしょ!」

まあ、紫陽花もきれいな季節ですし。
加満田に縁があるということで、鏑木清方さんの美術館
覗いてみたりして、
あ、鎌倉地ビールも飲んでみなくちゃ!

なんのことはない、鎌倉小旅行ですな。
締めに座禅を組むってだけで。

まずは、北鎌倉で降りて、紫陽花で有名な明月院へ。
まだ、紫陽花は咲き始めですが、花菖蒲がなかなかきれいでした。
e0234016_18123144.jpg

それから、お蕎麦屋さんで遅めのお昼。
天婦羅と3種類のお蕎麦のセットを食べたけど、
つまみにとった蕎麦味噌が美味!
ついおかわりしてしまいました。
むろん鎌倉地ビールも飲んでみましたよ。
e0234016_18134434.jpg

(これだけで終わらなかったのは言うまでもなし・・・ははは。)


ほろ酔い気分で、鏑木清方美術館へ。
e0234016_18142834.jpg

昔は加満田によくいらしていたそうな。
確か、加満田にもこの方の絵がありましたぞ。

てくてく歩いて、建長寺へ。
毎週金曜日と土曜日の午後5時から、ここで座禅会が行われます。
e0234016_18145453.jpg

酔っ払いのかっぱはお坊様に警策(きょうさく)で、
ビシバシと叩かれ・・・
たわけではありませんよ。
(甲羅があるから痛くないけどねー。)

心安らぐ、梅雨のひとときでございました。
   - 合掌 -
[PR]

by keigappa | 2011-06-19 18:19

ヒイラギの干物


飲んべ仲間のよしみか、社長はかっぱにつまみをくれることがよくある。

旅館を継ぐにあたって、1年ほど板前修業をしたので、
社長は一応、刺身なんぞもおろせたりするのだ。
スーパーで柵で買った刺身をおろして分けてくれたり、
小田原に行ったついでに焼鳥を買ってきてくれたり、
なにかと気に掛けていただき、ありがたい限りである。

今回はちょっと変わった干物をもらった。
「ヒイラギ」という魚の幼魚の干物である。
あまり聞いたことのない魚だが、大きくなると10cm位にはなり、
福岡あたりでは珍重されているらしい。
周りにトゲトゲがあって、確かに柊の葉っぱに似てなくもない。

美味な魚だそうだが、今回のは5cm位の小さい奴。
はてさて、お味はどんなもんでしょーか・・・?

あんまり小さいので、フライパンにクッキングシートを載せて焼いてみた。
e0234016_19441360.jpg


意外!
うまい!
しっかりと油がのっています。
頭から食べられるから、カルシウム補給もばっちりですな。

相模湾では、キスの外道として釣れるそーな。
釣りが趣味の方、捨ててはもったいないですぞ。
[PR]

by keigappa | 2011-06-15 19:51

女将の好物


我輩のブログを真っ先に読んでくれる愛読者がいる。
実は・・・
加満田の社長なのだ。
(うーん、社長の悪口は書けませんな。)

で、早速、先日のきゃらぶきのブログについて、
社長からチェックが入った。

「女将の好物を土産に持っていくと・・・って書いてあるけどさ、
なにが好物なのかは書いてないね。」

いやー、そうなんすっけど、そこまで書くと物欲しげかなーと。
でも、いーか。
別にかっぱが欲しがってるわけじゃないし。

というわけで、女将の好物を書いちゃうぞ。
お土産のご参考にどーぞ!?
(いや、決して女将に言われて書いているわけではありませんよ。)


<洋菓子>
実家が茶懐石の料亭だったせいか、女将は和菓子にはかなりうるさい。
”やっぱり、〇〇の△△でないと・・・・。”とかぬかすのだ。
しかし、洋菓子はどこのでもいいそうで、ケーキ、クッキー、チョコレート、
なんでもこい!の状態である。

<ナッツ類>
これは危険な好物。
なぜなら、袋を開けたら最後、お腹をこわすまで食べ続けて
しまうからである。
酒飲みにとってはつまみだが、女将にとっては麻薬らしい。
以前、かっぱが女将にあげた時は、食べ過ぎないようにと
あやこ(娘)が袋を取り上げていた。

<スナック菓子>
和風旅館の女将がポテトチップスとかキャラメルコーンが好物
というのもどうかと思うが、
昔のCMどおり、”やめられない、止まらない”状態に陥るらしい。
女将はスナック菓子を食べる時、面白い癖がある。
少し食べて、きっちり袋を閉める。
    ・・・・少しの間・・・・
また、開けて少し食べ、袋を閉める。
    ・・・・少しの間・・・・
またまた、開けて食べる。
     (繰り返し)
当然、最後は袋は空に・・・。

なんで、いちいち袋をちゃんと閉めるのかと聞いたら、
一応そこでやめようと思うらしい。
この開け閉めは、心の葛藤を表しているんだそーな。
見てるとけっこうまだるっこしくて、
「一気に食えーっ!!」
と言いたくなるけどね。

<中華>
女将は中華料理が大好物。
したがって、豚饅とかシュウマイとかギョーザとかを頂くと
♪狂喜乱舞♪している。

<そのまま、食べられるもの?>
これは、好物というより有難いものというべきか・・・。
いなりずしとかカツサンドとか、そのまま社長や娘のご飯になるものは、
とっても嬉しいらしい。
いつも、ご飯つくりに追われているもんねー。


今回はかっぱブログ初の”写真無しブログ”になってしまった。
(まさか、豚饅の写真を載せるわけにもなあ)
女将、お土産もらったら、かっぱのおかげだからねー。
おすそ分けよろしくー!

****<おことわり>****
KEIがっぱは、勝手なことを言っておりますが、
加満田旅館のご宿泊にお土産が必要なわけではありませんので、
お間違いになりませんようお願いいたします。
[PR]

by keigappa | 2011-06-10 17:07

ほたる博士の出番です


6月4日から湯河原温泉の「ほたるの宴」が始まった。
e0234016_14583021.jpg

湯河原温泉では、蛍の生育に力を入れていて、毎年この時期には
万葉公園でイベントを行うのである。

加満田の社長は、民生委員やらPTAやら社外活動に大変熱心だが、
(いえいえ、決して社業に不熱心と言っているわけではありませんよー。)
こと”蛍”に関しては、特に熱が入っている。
なにせ、蛍の着ぐるみまで作って着てしまったことがあるのだ。
ただし、ゴキブリのように見えて、不評だったらしいが・・・。
(この写真、どこかにあるらしい。後日公開予定。)

毎日、どこで何頭(蛍って、”頭”で数えるんだよ、知ってた?)でたとか、
どこら辺まで飛んでるとか、仲間たちと情報交換している。
ちなみに、昨夜は万葉公園より下流の川沿いでたくさん飛んでいたそうだ。

蛍のシーズンには、ご希望のお客様を蛍の見えるスポットまで車でご案内
しているのだが、昨夜はたまたま女将の手が空かず、社長がご案内した。
蛍について熱く語ったようで、お客様は大喜び。
今度、NHKで湯河原温泉と蛍を紹介する番組の取材があるが、
多分そこでも、蛍について熱弁をふるうことであろう。

加満田では、この時期、蛍を見たいというお客様向けのプランを実施している。
蛍にちなんで、LEDソーラーライトキーホルダーのプレゼント付。
e0234016_14585366.jpg

車のキーや家の鍵につけると便利ですぞ。
かっぱも愛用しておりまーす。
[PR]

by keigappa | 2011-06-07 15:07

加満田名物きゃらぶき


加満田の庭では色々なものが採れる。
蕗もそのひとつである。

女将はこれできゃらぶきを大量に作るのだ。
この”自家製きゃらぶき”、常連さんの間では良く知られた
加満田の名物なのである。

しかし、きゃらぶき作りはなかなか大変な作業なのだ。
実は心ひそかに手伝えと言われるのではないかと
心配していたのである。
というのも、毎年、女将を手伝っていたMさんが入院中だったからである。

し、か、し、
ありがたいことに、お座敷係のゆうこさん
自ら女将の助手を買って出てくれた。
e0234016_2025127.jpg

なんか、楽しそうですなー。
二人で、蕗を塩ずりしております。
ゆうこさんは、とっても料理上手で、
先日も、かっぱは手作りの煮物をご馳走になりました。
(ゆうこさん、またちょーだいね~♪)

はい、蕗のあく抜きが終わって、準備完了です。
e0234016_20264230.jpg


でっかい鍋で、じっくり煮ます。
e0234016_2027628.jpg

煮ては冷ますを繰り返すこと、3~4日。
  (うーん、気長な作業だ・・・。)
ついに”自家製きゃらぶき”の完成でーす。
e0234016_20273281.jpg


優しい女将は、手伝わなかったかっぱにもくれました。
山椒の実の風味が利いていて、とってもおいしいよー。
加満田名物”自家製きゃらぶき”が食べたい人は、
加満田に泊まって、女将におねだりしてみてね。

ちなみに女将の好物をお土産に持ってくると、
帰りに持たせてくれる
・・・らしい。
    (かなり真実に近い内緒のお話でーす。)
[PR]

by keigappa | 2011-06-04 20:32



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る