blog keiがっぱの言いたい放題

カテゴリ:未分類( 618 )


穏やかな心で暮らしたいものですな

皆様、台風は大丈夫でしたかな?
幸い湯河原辺りは何事もなく過ぎましたが、
大きな被害が出た地域もあったようで・・・。

地球温暖化の影響で、最近の台風は大型化するばかり。
局地的に豪雨が降って、洪水や土砂災害も起きる。
便利な世の中は有り難いけれど、
ちょっと立ち止まって考えてみる必要もあるんじゃない?

河童なんて呑気な生き物だから、
日々、酒でも飲んでのんびり平和に暮らせれば、
それだけで十分に幸せなのだけれど、
それすら今は危ぶまれますなぁ・・・。

国と国の欲と意地が絡み合って、
頭の上をミサイルが飛んでいく。
そんな状況なのに、衆議院解散してまた選挙。
費用だってタダじゃないでしょーに。

そういえば、ネットでこんなニュースを見てビックリ!
プレモルのCMに出ている人に対して、
”エセ日本人”とか”反日モデル”とかの差別ツイートが投稿され、
けっこう問題になったらしい。

ええっー!?
ビールのCMって日本人じゃないとだめなの?
なんで?

だいたい日本のCMなんて外国人だらけじゃない。
第一、ビールって元は外国の飲物だよ。
じゃあ、河童もだめなのかなぁ?

なんかねぇ・・・。
ツイートっていうの?
言いたいこと言っていいって風潮はどうかと思う。
トランプさんが悪い見本になっちゃった感じ。
好きなことつぶやくのはいいけれど、礼節を守って欲しいよね。
それこそが日本人の美徳だと思うんだけれどなあ。
(^。^)y-.。o○




[PR]

by keigappa | 2017-09-19 20:13

気分はブロードウェイ?

9月は暇な時期なため、結構お休みが取りやすい。
我輩も久しぶりに、東京での休日を楽しんで参りましたぞ。
やりたいことを盛り込み過ぎて、かなりハードな一日だったけれどね。

なにせ朝6:30出発で東京へ。
日本橋で9:20から映画
を鑑賞。
それから渋谷に出て、軽く昼食を取り、
東急シアターオーヴでブロードウェイミュージカルを観劇。
銀座に移動して、”J”の誕生日祝いのディナー・・・。

丸一日遊びまくってきた~!!・・・って感じでしょ?

”かっぱ母”のところに通うようになって、
なかなか観劇も難しくなってしまった。
”どれくらいぶりかなぁ・・・?”と、考えてみたら、
1月の浅草歌舞伎以来だったよ。
なんと半年ぶり!?

今回観てきたのは、

という作品。

ジョニー・デップ主演の「ネバーランド」という映画をもとに
(我輩はこれも見ております・・・)
「ピーター・パン」という作品が誕生するまでの
作家とモデルになった少年の家族との交流を描いた作品である。

いや~、よかったですぞ!
ピーターはじめ兄弟達を演じる子役は達者だし、
音楽も現代風なのに心に残る。
(作曲家はイギリスではよく知られたバンドの人らしい)
あえてフライングを使わず、大人が子供を持ちあげて、
空を飛ばせる演出もよかった。

我輩、今回は来日ミュージカルでありながら、
まるでブロードウェイで観劇しているような気分を味わってきました。
なぜかって?
ネットで手に入れたチケットが最前列中央だったからです。
役者さん達の表情までしっかり見られる!・・・のは、
いいんだけど、左右の字幕がまったく見えないんですな。
見ようとすれば、舞台が見られないし。
まあ、知らないストーリーではないので、
ブロードウェイで鑑賞しているのだと思うことにしました。
(もう少し英語力があればねぇ・・・苦笑。)

やっぱり、ミュージカル最高!
来週もお休みを頂いて、ミュージカルを見て来る予定です。
暇を喜んでいちゃあいけないんだけどね~♪


[PR]

by keigappa | 2017-09-14 17:07

葡萄も今年で最後かなぁ・・・


”かっぱ父”は、花や野菜や果物を育てるのが趣味であった。
残念ながら、我輩はもっぱら食べるのが専門。
育てる方には全く興味がなかったので、
”かっぱ父”に教わったこともない。

かくして、野菜畑は紫蘇のジャングルとなり、
ほったらかしにされた蘭たちは枯れてしまった。
かろうじて生き延びているのは、柿、柚子、夏みかんといった樹木と
”かっぱ父”が愛した葡萄の木である。

葡萄の栽培は消毒や剪定、芽かきと手がかかる。
手をかけて甘い巨峰を育て、
ご近所に配るのが”かっぱ父”の楽しみであった。

昨年から今年にかけ、我輩なりにネットで調べて、
枝を切ったりはしたが、肥料やりも消毒もしてないので、
どうなることかと思っていた。
でも、少ないながらなんとか実をつけ、それなりに色づいた。
(えらい!)

e0234016_16223746.jpg

甘みは今ひとつだが、これ以上置いておくと、
全部鳥に食べられてしまうので収穫し、
ささやかながら近所におすそ分けした。

e0234016_16245653.jpg


これから葉っぱが落ちて、毎日庭掃除が大変になる。
”かっぱ母”も高齢なので、負担が大きいだろう。

「この葡萄を食べられるのも今年限りかも・・・」
そう思うと、なんだか心淋しくなってしまった。
(ノ◇≦。)


[PR]

by keigappa | 2017-09-09 16:34

違いの分かる蒲鉾

加満田で朝食の際に出しているのは、”土岩”の上蒲鉾である。
ご存じの方も多いと思うが、小田原は蒲鉾の名産地で、
全国的にも有名な蒲鉾店がいくつもある。
”鈴廣””籠清””丸う”などがよく知られており、
お土産店で売られているのも、これらが多い。

”土岩”はどちらかというと通好みで、
寿司屋や料理店などのプロが好んで使うようだ。

我輩は蒲鉾が好きで、友人が加満田に来ると、
親方にわざわざ板わさを頼んで作ってもらうほどだが、
この蒲鉾という奴、値段の幅が実に広い。
スーパーで売っている数百円のものから、
進物用の数千円(!)のものまであるのだが、
その違い、なんでだか分かるかな?

まず、決定的に違うのが材料。
蒲鉾は白身魚で作るわけだが、この原材料となる魚に何を使うかで、
大きく値段が変わる。
ちなみに蒲鉾に使われるのはグチ、エソ、ハモ、スケトウダラ等で、
グチは最も蒲鉾に適した高級魚なんだそうな。

そしてもちろん、高い蒲鉾は手作りなのだ。
鈴廣の工場では職人さんが、蒲鉾を成形する様を見学できるが、
あれは感動ものですぞ。

さて先日のことである。
”土岩”の担当者が、社長に試作品の蒲鉾を持ってきた。
高級魚のグジ100%の蒲鉾だそうで、我輩もご相伴にあずかった。
「うーん、味が深い・・・」
歯ごたえといい、味わいといい、ひと味ちがう。
よーく噛んで食べたい感じ。
年末に向けての新商品らしいけど、
さて、お値段が気になるところですなぁ・・・。
[PR]

by keigappa | 2017-09-03 17:33

30数年ぶりのショートヘア


女将さんが久しぶりに東京に行って、髪を切ってきた。
なんと30数年ぶりのショートヘアである。
すごいイメチェン!

当日のあやことのLINEのやりとり。

女将 :「時子さんみたいにツイッギーにはなれないけれど、
     時子さんにはなった。」

あやこ:「湯河原のツイッギーに会いに帰るよ♡」

女将 :「うーん、わかめちゃんかも・・・。」

我輩には何のことかわからなかったけれど、
NHKの朝ドラに出てくる”時子さん”という人の
ヘアスタイルに似ているらしい。
さて、皆様、いかがでしょーか?

e0234016_16442459.jpg


ちなみに、女将曰く、
”失恋したわけじゃないからね~!!”

「じゃあ、なんで短くしたの?」
と、聞いたら、驚きの返答が・・・。

「これで2年間は髪を切らなくて済むでしょ?」

た、確かに・・・(絶句)
(@_@;)

[PR]

by keigappa | 2017-08-31 16:46

デザートは別腹?

我輩は酒飲みなので、あまり甘いものは食べない。
決してきらいなわけではないのだが、
酒に比べて優先順位が低いのだ。
したがって、デザートを食べるくらいなら、
食後酒を一杯・・・となる。

しかし、女将はじめ我輩の周りにいる女性陣は甘党が多い。
そして彼女達は、口々にこう言うのだ。

「デザートは別腹よ♡」

この”別腹”というものが曲者である。
もちろん胃袋がもうひとつあるわけではない。
しかし、人間の身体と言うのは恐ろしいメカニズムを持っていて、
好物を目にすると、
”食べたい!”
という欲求がオレキシンというホルモンの分泌を促す。
そしてこのホルモンが胃の働きを促進し、
新たな食べ物を受け入れるスペースを作ってくれるのだ。
”別腹スペース”の誕生!?)

ちなみに”かっぱ母”も小食な癖に、デザートは別腹のくち。
先日行った焼肉レストランでも、肉より喜んだのはこれ。
e0234016_203858.jpg

パイナップルに入ったシャーベット、桃のもあったよ。
ちょっとおしゃれな感じでしょ?
[PR]

by keigappa | 2017-08-26 20:03

意外なところにかっぱファン


あやこの中学からの親友のあやなちゃんが、
お母様と一緒に加満田に泊まりに来てくれた。
e0234016_17441138.jpg

あやなちゃんは鎌田家によく遊びにきて泊まったりしていたので、
我輩もよく知っているお嬢さんである。

そのあやなちゃんが、なにやら包みを取り出すと、
「母からでーす」と、我輩に下さるではないか。

あやなちゃんの”母”
お知り合いだったかしらん?

開けてみると、ウィスキー&ソーダの詰め合わせ。
我輩の酒好きを御存じとは・・・。

「母は”かっぱブログ”のファンなんですよ。
いつも読んでるんです。」

な、なんと!
こんな身近に愛読者がいたとは・・・感激!

ちなみに、頂いたウイスキーは”知多”
e0234016_1747273.jpg


酒には興味ない女将さんが、
”佐藤健がCMに出てる奴だ~!”
と騒いでいたおりました。
(イケメン好きだねぇ・・・)
ハイボール向きのウィスキーとのこと。
お盆からずっと忙しかったから、
落ち着いたら、じっくり味わってみよっと!

しかし、お仕事でブログ書いてるのに、
お酒がもらえちゃうなんて、
役得ですな~♪
かっぱだからかなぁ・・・、エヘヘ。
ヾ(〃^∇^)ノ♪

社長さんが羨ましそうに、
「僕もウイスキー飲むんだけどなぁ・・・」
だってさ。(笑)
[PR]

by keigappa | 2017-08-19 17:54

みかんジャムではありません


お盆シーズンはさすがに忙しく、遊ぶ暇もないので、
撮ってある画像の中から、ブログネタを探したところ、
こんな写真が出てきた。
e0234016_1744656.jpg


”みかんジャム”・・・ではありませんぞ。
これ、”みかんケチャップ”なんです。
でもねー、この色でケチャップ味って、かなり微妙・・・。
なんか視覚と味覚にギャップが生じちゃう感じ。
話のタネにはいいけどね。
お土産に買いたいという人は、石澤商店で売っておりますぞ。
石澤商店は湯河原のみかん問屋さんで、
加満田では柑橘類をここから仕入れております。
柑橘類が好きな人は、ここで買うのがお勧めでーす。

しかし、女将さんも、食べちゃう前に写真撮ればいいのにねぇ。
σ(^◇^;;
[PR]

by keigappa | 2017-08-14 17:07

闘う休日?

いやはや庭を維持するというのは、本当に大変なことである。
(庭師を雇えるようなお金持ちは別です、はい。)
”かっぱ母”の元に行くたびに、あっという間に伸びた枝を切り、
雑草を抜き、葉や枝を片付け・・・。
今回はその作業に新たな闘いが加わった。
毛虫との闘いである。

2階の窓から何気なく外を眺めた我輩は異変に気付いた。
青々と繁っていたはずの柿の葉が、すべて茶色く枯れてしまっている。
慌てて外に出て調べてみると、葉が葉脈だけになり、
なにやら糸のようなものがかかっている。

”なんじゃこりゃ?”

早速、ネットで調べてみた。
その結果、アメリカシロヒトリという蛾の幼虫の仕業であることが
判明したのである。
よーく見てみると・・・いた!
白い小さな毛虫の奴がうじゃうじゃしている。

さてそれからが大変。
糸状のものは巣らしいので、まずその枝を全部切り落としたけれど、
すでに奴らは柿の木を食いつくし、キウイや葡萄の葉に移っている。
”かっぱ父”の園芸用品の中から、消毒液らしきものを探し、
一応スプレーしてみたが、あまり効かないようだ。

数時間闘ったが、力尽きてあきらめた。
敵の数が多すぎるし、葉っぱを食べてしまうだけで、
無害、無毒の毛虫を大量殺戮するのも、ねえ。

今年は雨が少なかったため、近所でも大量発生しているそうだ。
ちなみに、アメリカシロヒトリなんて名前は知らなかったが、
成長した蛾の姿は、良く知っている奴でした。
背中に白い毛が生えていて、
”ちょっと歌舞伎の連獅子みたいで可愛い”
と、我輩は常々思っていたのだ。
画像をお見せしたいところだが、
加満田の女将は死ぬほど蛾がきらいなのでやめておく。
(おかずがもらえなくなっちゃうと困るからね。)
興味のある方は、ネットで見てみて下さいな。

まあ、毛虫だって生きているんだし、
生きていれば、食べなくちゃならないし。
共存共栄・・・とまいりますか。
(^◇^;)

[PR]

by keigappa | 2017-08-11 17:55

ますます緑色濃くなる河童なり


今年は本当にきゅうりが良く採れた。
おかげで我輩も毎日、現物支給給与としてきゅうりを頂き、
河童冥利に尽きる(?)日々を過ごさせて頂いておりまする。
☆⌒(*^▽゜)

きゅうりは本当に簡単に食べられるし、美味しいし、便利!
河童じゃなくたって、大好きだよね~♪

そういえば、以前浅草でこんなのを見かけたよ。
e0234016_18535287.jpg

ようするに、きゅうりの一本漬を棒にさしたもの。
でも外国人観光客から見たら、日本のソウルフードって感じかも。

加満田では、そろそろゴーヤも採れ始めたよ。
緑の野菜を一杯食べて、
我輩はますます鮮やかな河童色になるのさ!
[PR]

by keigappa | 2017-08-06 18:57



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る