blog keiがっぱの言いたい放題

違いの分かる蒲鉾

加満田で朝食の際に出しているのは、”土岩”の上蒲鉾である。
ご存じの方も多いと思うが、小田原は蒲鉾の名産地で、
全国的にも有名な蒲鉾店がいくつもある。
”鈴廣””籠清””丸う”などがよく知られており、
お土産店で売られているのも、これらが多い。

”土岩”はどちらかというと通好みで、
寿司屋や料理店などのプロが好んで使うようだ。

我輩は蒲鉾が好きで、友人が加満田に来ると、
親方にわざわざ板わさを頼んで作ってもらうほどだが、
この蒲鉾という奴、値段の幅が実に広い。
スーパーで売っている数百円のものから、
進物用の数千円(!)のものまであるのだが、
その違い、なんでだか分かるかな?

まず、決定的に違うのが材料。
蒲鉾は白身魚で作るわけだが、この原材料となる魚に何を使うかで、
大きく値段が変わる。
ちなみに蒲鉾に使われるのはグチ、エソ、ハモ、スケトウダラ等で、
グチは最も蒲鉾に適した高級魚なんだそうな。

そしてもちろん、高い蒲鉾は手作りなのだ。
鈴廣の工場では職人さんが、蒲鉾を成形する様を見学できるが、
あれは感動ものですぞ。

さて先日のことである。
”土岩”の担当者が、社長に試作品の蒲鉾を持ってきた。
高級魚のグジ100%の蒲鉾だそうで、我輩もご相伴にあずかった。
「うーん、味が深い・・・」
歯ごたえといい、味わいといい、ひと味ちがう。
よーく噛んで食べたい感じ。
年末に向けての新商品らしいけど、
さて、お値段が気になるところですなぁ・・・。
[PR]

by keigappa | 2017-09-03 17:33
<< 葡萄も今年で最後かなぁ・・・ 30数年ぶりのショートヘア >>



KEIがっぱの言いたい放題
by keigappa

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る